チャレンジタッチ google play。 初心者でもできる!「問題が発生したためGoogle Play開発者サービスを終了します」エラー解決方法まとめ。【対処作業手順画像ありで詳しく解説】

「問題が発生したため、Google Play開発者サービスを終了します。」に対しての暫定対処

チャレンジタッチ google play

「問題が発生したためGooglePlay開発者サービスを終了します」 Androidでこのメッセージが何回も出るようになったら、他の操作がままならず何もできなくなってしまいます。 友人のスマホにこのトラブルが多発してなかなか解決できずにいたのですが、 「Androidデバイスマネージャ」をオフ(無効)にすることで、 Google Play開発者サービスの「アップデートをアンインストール」(Google Play開発者サービスアプリの初期化)を行うことができました。 その結果、 「Google Play開発者サービスを終了します」のメッセージは出なくなり、エラーを解決することができました。 記録も兼ねて、実際の作業手順の画像を交えながら詳しく書いていきます。 同じ問題で困っている方の参考になれば嬉しいです。 【目次】• 「問題が発生したためGooglePlay開発者サービスを終了します」が頻発してメッセージが画面から消えない理由 今回、この問題がスタートしたきっかけは、乗換アプリをスマホに入れたことでした。 普通なら問題が起こる直前に入れたアプリを削除すれば解決するのですが、「GooglePlay開発者サービスを終了します」が頻発するようになってしまいました。 「問題が発生したためGooglePlay開発者サービスを終了します」だけでなく、「問題が発生したためGoogleChromeを終了します」「Gmailが使用できません」「Gmailを終了します」などメッセージの嵐です。 スマホを使おうとする度にこんなメッセージが多発したら憂鬱になってしまいますよね。 この問題は、 Google Play開発者サービスのバージョンとアプリが合わないことで起こるようです。 直前に入れたアプリの削除だけで解決できない場合は、「Google Play開発者サービス」のアプリへの対処が必要になります。 Google Play開発者サービスの「アップデートをアンインストール」ボタンがグレーになってタップできない所でつまづきやすい 「GooglePlay開発者サービスを終了します」 メッセージが多発する原因はGoogle Play 開発者サービスのエラーであることまでは突き止められました。 「再起動」のみでは、その場しのぎでエラーが解決したように思えるもののまた問題が多発。 「これは何とかしなくては…」そう思って色々調べていた所、 「ガジェット通信」で解決方法が詳しく解説されていました。 そうだったのか! シンプルなことですが、そこを知らないとつまづいてしまい先に進まないので大切なポイントです。 「Androidデバイスマネージャー」をオフ(無効)にすることで解決する 「ガジェット通信」に書いてあるとおりに作業を進めると、スムーズに進みました。 とのことで、この作業を行います。 「端末管理者アプリ」の表示は端末によって異なるようで、友人のスマホでは 「端末管理」、私のスマホでは 「端末管理者」と表示されていました。 これは一旦行う作業なので、Google Play 開発者サービスを復旧させた後は再度有効にします この手順を含めた一連の作業手順を、私が実際に作業した画像を交えて次で詳しくご説明します。 ( 「キャッシュの削除」も随時しておけば安心。 ) (場合によっては、ここで 「Google Play開発者サービス」の更新が行われる。 まとめ 今回は、「ガジェット通信」の記事の情報と、実際に私が作業を行った時の手順を記録も兼ねてまとめました。 Androidのエラーに関しては、トラブルシューティングが掲載されている本もなかなか販売されていなくて「このままでは友人のスマホはメーカー修理か買い替えすることになる…!?」とも思っていたので、解決できて良かったです。 トラブルシューティングの情報がもっと簡単に見つけられるようになればいいなぁと思ってブログ記事に書きました。 同じ問題で困っている方が、今回ご紹介した方法でトラブルを解決できれば嬉しいです。 急速充電OKでゲームや映像を楽しみたい人に大人気のモデルです。 おすすめ記事 sanpogarden.

次の

問題が発生 したため Google Play開発者サービスを終了します チャレンジタッチ

チャレンジタッチ google play

ESファイルエクスプローラー 自己責任で!! Google Playからなくなったようなので・・ ・ GooglePlayが入っていない「らくらくスマホ」と同様の方法で導入することができました。 GooglePlayの導入 ・ファイルのコピー ・ファイルの属性の設定 ・再起動 ・設定で、アカウント追加 ・GooglePlayが自動で導入される 流れ的には上記のような感じです。 今回は、ES ファイルエクスプローラーを使って、アンドロイド端末だけで作業を行いました。 「ファイルの属性設定」は忘れずにしてください。 apk ・GoogleLoginService. apk ・Vending. apk 上記の場所に3つのファイルをコピーしてください。 ・ ファイルは上記から入手したかと思います。 ファイルは3つだけでよく、再起動時あたりに、このファイルが最新のファイルに勝手にアップデートされるので古くても問題ないかと思います。 上記の3つには、GooglePlayの本体は入ってませんが、それもアカウント追加時あたりに自動で入るようです。 ・ファイルの属性はすべて644に設定 ファイルの属性を644にしないと、分鎮化(起動しない)する可能性があるので注意してくださいね。 google. android. maps. hardware. sensor. accelerometer. xml ・android. hardware. sensor. compass. xml ・android. hardware. location. gps. xml ・com. google. android. maps. apk NetworkLocation. apkですが、バージョンがあるようで(ファイルサイズなどが違う)、どれがよいかはわかりません。 264 KB 270,429 バイト のを私は使用しています。 com. google. android. maps. jarは、Googleマップ用のサービスのようなので、Googleマップを使わない人は必要ありません。 ここから、Googleアカウントを追加してください、追加時に、GooglePlayが導入されてGooglePlayの承諾画面が出てきます。 補足 GooglePlayストアでダウンロードだけできない 【補足】14. GooglePlayストアに接続できるか確認。 ・インストールしようとすると[PRC:S-7:AEC-0]というエラーが発生した場合、playストア内でアカウントを設定してませんか?その場合、いったん設定>アプリからplayストアのキャッシュとデータを削除し、設定>アカウントからアカウントを削除して再起動。 そのあと先に設定>アカウントでアカウントを登録してからplayストアを開いてください。 フルマーケット化できてない 設定のアプリから、GooglePlayストアを選択して、データとキャッシュをクリアして初期状態にして、GooglePlayの設定をやり直せばOkです。 GooglePlayの初回起動時に、端末の属性を保存するようです。 だから、一度でも起動してしまった後に、フルマーケット関係のファイルをコピーしてもそれが反映されないのだと思われます。 無料版は広告がうざくなったので有料版を使ってます。 UIは昔と変わってるけど、やり方はほぼ同じだと思います。

次の

問題が発生 したため Google Play開発者サービスを終了します チャレンジタッチ

チャレンジタッチ google play

スポンサードリンク 息子が小学生になったので、チャレンジタッチを申し込んだものの、紙面での教材に比べてやっぱりいまいち… と言う事で、紙面に変えたのを機に放置していたチャレンジパッドですが、今回タブレット化を試みたものの、 2017年頃までに書かれているブログでは、みなさん旧型タブレット?ですんなりいく様ですが、最近のタブレットは一手間必要みたいで全くうまくいかず、あちこちのブログを読みあさり、かなり苦戦したのでそれらを全て纏めたブログを作成してみました。 普通にYouTubeアプリ・ゲームアプリ・Amazonプライムビデオが使えています。 ちなみに今回タブレット化できたチャレンジパッドを含め、 ビルド番号が02. xxx以降のチャレンジパッド2では、パソコンが必要です。 2018年度に契約したチャレンジパッド2ではかなりの苦戦の末、タブレット化に成功しました。 あなたがその苦戦を回避できるよう、こちらのブログに纏めたので試してみてくださいね(自己責任でお願いします)。 チャレンジパッド2 の初期化の方法 ビルド番号0. xxxバージョン 電源をオフにする。 ホームボタン(家マーク)と電源ボタンを同時に長押しする。 「システム復旧モードに入ります」と表示されたら両方のボタンを離し、直ぐにホームボタンのみ長押しする。 「工場出荷状態に戻しますか?」と表示されたらホームボタンを離し、音量ボタンで「はい」を選択する。 ホームボタンで決定すると、「工場出荷状態に戻しました」という表示が出て、電源がOFFになる。 チャレンジパッド2 タブレット化の設定 真ん中の「…」がある所を押す。 「設定」を選択(タップ)する。 「Wi-Fi」の設定をする(ここはスマホやPCなどを自宅のWi-Fiに繋ぐ方法と同じ)。 xxx以降の新しいチャレンジパッドでは、 以前は簡単にできた「提供元不明のアプリ」がインストールできません。 それができる様にするために、PCからの設定が必要となってきます。 ここでは難しい言葉は使わずに手順を記載していきます(難しい事が書いてある様に感じてしまいますが、手順通りにやるとできると思います)。 頑張っていきましょうーーー! 「」と言うファイルをご自身のPCにダウンロードする(我が家はWindowsなのでここをクリック)。 「上記の利用規約を読んだうえで利用規約に同意します。 」にチェックしてダウンロード開始。 何でも良いので適当なフォルダをダブルクリックして開き「PC」を右クリックし「プロパティ」を選択する。 「提供元不明のアプリ」をインストールできるように設定する2 [adb devices] いよいよPCとの接続です。 あともう一息です! 頑張りましょう!! パソコンとチャレンジパッドを接続する(接続にはこの様なUSBコードが必要。 どのご家庭にも1つはあるタイプだと思われます)。 楽天で購入 接続するとこの様にPCにチャレンジパッドが表示されればOK。 PCで「Windowsマーク」と「R」を同時に押し、出た画面に「cmd」と入力する。 出た画面に「adb devices」と入力しエンターを押す。 このメッセージに気付かずOKをしなかったせいで、上の黒画面でエラーが出て先に進めませんでした。 原因はOKをしなかった事による、チャレンジパッドが認識されないためでした。 次にこの文字をコピーして、先ほどの黒い画面に貼り付けてエンターをする(改行等なしの1行です)。 パソコンでの設定は以上です。 また、 ちゃんとチャレンジパッドで「USBデバッグを許可しますか?」がOKになっている事も確認してください。 チャレンジパッド2をよりタブレットらしく設定する ここではタブレットの様な画面にする為のアプリを入れる作業です。 表示されたテキスト(文字)を適当な場所で長押しをし、この様なグレーで選択された状態に表示にする(選択する単語は何でもOK)。 右上にこの様な文字が出るので「ウェブ検索」をクリックする(Androidスマホでテキストをウェブ検索する時と同じ方法)。 ウェブ検索をするとブラウザ(インターネットが見れるソフトの様なもの。 URLが表示されているのがそれです)が自動で立ち上がる。 タブレット仕様にする タブレットの様な画面にする為にタブレットに「」と言うアプリを入れる。 赤枠の 「Direct Download APK」と言うところをクリックしダウンロードする。 ここから必ずダウンロードすること! 青い四角の「Download Now」からではないので要注意!! インストールのメッセージが出たら「次へ」を選択し、インストールする。 インストール後、Nova Launcherを常時表示を選択すればOK。 チャレンジパッド2にアプリを入れる 色々やり方があるようですが、調べた所ではAmazonアプリ(Google Playの様な位置づけ)から入れるのが一番手っ取り早い様です。 文字で読むとけっこう大変だと思いますが、やってみると案外簡単だったので、頑張って設定してみてくださいね!.

次の