タモリ ビール。 なぜにビールは泡立つのか? 泡ができるメカニズムからタモリ流ビールの注ぎ方まで一気にご紹介!

【究極グルメ】プロも絶賛する「タモリ流ビールの注ぎ方」がマジでウマイ! | バズプラスニュース

タモリ ビール

同日からCMメーキング映像と、「本麒麟 タモリさんスペシャルインタビュー」も公開される。 久々の対面 江口洋介がタモリに本麒麟を紹介 江口がさまざまなゲストを迎えて、グラスに注いだ「本麒麟」の味を体験してもらう同CMシリーズ。 CM本編では、おなじみの深紅の背景に、テーブルを挟んで向かい合う江口とタモリ。 「お久しぶりです、タモリさん」と江口が声を掛け、タモリも「久しぶり」と笑顔で返す。 江口が「早速なんですけど、これが新しい『本麒麟』です」と商品を紹介すると、タモリは「うまいんだってね」と答える。 「お、ご存じですか」と驚く江口に、タモリは「うまいもんなら何でも知ってるよ」とニヤリ。 「いやしかし、タモリさんと『本麒麟』を飲む日がくるとは…」としみじみしながら、江口は「本麒麟」をグラスに注ぎ、タモリへ。 飲んだタモリが、しばし間をおいて「…うまいねぇ」とこぼすと、江口は「良かった~!」と、思わず安堵の笑顔と喜びの拍手。 その後は二人で乾杯すると、満面の笑みでCMを締めくくった。 江口洋介のコメント タモリさんと久しぶりにお会いできてうれしかったですね。 すごくグルメな方というのを知っているからこそ、「本麒麟」を飲んでいただく時はとてもドキドキしましたよ 笑。 今までも、色々な方に「本麒麟」をおすすめしていますが、タモリさんのお墨付きはやっぱり嬉しいです。 乾杯して、話して笑って、楽しい撮影でした。 タモリのコメント 江口くんとは、随分と会ってなかったので、今回の撮影楽しみだったね。 久々に会ったけど、楽しい現場でしたよ。 「本麒麟」は初めて飲みましたが、うまい。 これは、江口くんにおすすめされたら飲みたくなるよね 笑。 ビール類のCM撮影は初めてだったんですが、おいしく飲めたのでスムーズにいきました。 「本麒麟」が 売上 10億本、と言われた時は、すごすぎてよくわかんないねと笑っちゃいました。 CM本編と同時に、タモリがビールの注ぎ方のこだわりを明かすスペシャルインタビューも届けられた。 ちょっと想像したよりもうまかったですね、本当正直なところ。 ーたった2年で 2年で!? あ、そう。 へぇ~。 「本麒麟」は僕も想像以上にうまくて、2年で10億本突破するっつうのは、これちょっと驚きだったんですけどもね、納得できます。 ちゃんとグラスについでから飲むのが本当うまいんで。 ええどうしようもない時はしょうがないんですけど、私は必ずグラスについで、何のグラスでもいいです。 注ぎ中 こうやって、飲みたいんですが、これ我慢するんです。 結構な泡の量を立てるってことですね。 そうです、そうです。 これ上がってくる、上がってきますからね、えぇ。 グッとこらえるんですねこれ。 期待感が高まるんですよ。 まだまだこの辺ぐらいまで。 これ、ずっとやってますね。 これでも、ビール好きの人は大概やってんじゃないかと思います。 まだまだ。 1杯目は必ずきちっとやりますね。 泡と、やっぱりこのバランスですかね。 これまだ多すぎるんです。 これね、ここからがね、ここからが注意深くゆっくり、ゆっくりこうやるんですよ。 本当はもうちょっとここまでくるまで我慢するんですけども、ちょっとあんまり時間をとっちゃダメなので、これでね、ゆっくりこう注いでいくんですよ。 それで場合によってはこの上の方の泡が粗いんでちょっと盛り上がったときに、お箸でぺッととるんですね。 これこうずーっとこう。 注ぎ中 どうです?! さすがビール好きの飲み方。 えぇ、これで味が2倍違うと思ってます。 せっかくなのでぜひ、「本麒麟」を飲んでいただければと。 いや 笑。 飲んで うん、うまい 笑。 拍手 ありがとうございました。 (ザテレビジョン).

次の

タモリが「本麒麟」CMに登場 ビールの注ぎ方のこだわり明かす

タモリ ビール

昼のバラエティ番組の司会者として国民的知名度を誇る タモリさん。 いっぽうで、料理や音楽、鉄道などさまざまな趣味を持つことでも知られています。 船もそのひとつで、過去には船舶の免許をとるために「笑っていいとも!」をお休みしたこともあるほど。 そんな海を愛するタモリさんですが、 ご自身が名誉会長を務める「タモリカップ」というヨットレースがあるのを皆さんはご存じでしょうか? 毎年夏に開催されており、昨年で5回目を迎えたこのレース。 前夜祭や海上パレードなどもあり、かなり本格的に行われているようですが、このイベントのバーベキューパーティー用に特別に作られたビールこそが「 」なのです! グルメで料理上手なタモリさんのビールですと!? これは飲んでみたいっ!! ……ということで、タモリカップビール、取り寄せちゃいました! いったいどんな味なんでしょうか? このタモリカップビール、タモリカップ実行委員会と御殿場高原ビールを運営する米久が共同で作ったもの。 そう聞くと「なんだ、よくあるタレントのただの名前貸しか」と思うかもしれません。 けれど、実際にタモリさんも考案にも関わっているというから興味深い。 ますます期待が持てますね! グラスにあけると普通のビールより少し黒っぽい色をしているのがわかります。 あとに残らない上品なホップの苦味が、モルトのうま味を引き立て、香り、コク、甘みのバランスにこだわりました」とあります。 まさにタモリさんのように深みのある大人のビール! ちなみに毎年恒例のバーベキューパーティーのバーベキューソースは、タモリさん特製の「 タモちゃんダレ」なんだって。 ああぁ、タモリカップビールとともに食べて飲んだら、そんなの間違いなくおいしいに決まってるよぅ……。 タモリカップビールは米久のオンラインショップなどで購入可能。 料理とともに、お風呂あがりに、ぜひ皆さんも飲んでみては? 参照:、 (写真・文=).

次の

御殿場高原ビール

タモリ ビール

同日からCMメーキング映像と、「本麒麟 タモリさんスペシャルインタビュー」も公開される。 久々の対面 江口洋介がタモリに本麒麟を紹介 江口がさまざまなゲストを迎えて、グラスに注いだ「本麒麟」の味を体験してもらう同CMシリーズ。 CM本編では、おなじみの深紅の背景に、テーブルを挟んで向かい合う江口とタモリ。 「お久しぶりです、タモリさん」と江口が声を掛け、タモリも「久しぶり」と笑顔で返す。 江口が「早速なんですけど、これが新しい『本麒麟』です」と商品を紹介すると、タモリは「うまいんだってね」と答える。 「お、ご存じですか」と驚く江口に、タモリは「うまいもんなら何でも知ってるよ」とニヤリ。 「いやしかし、タモリさんと『本麒麟』を飲む日がくるとは…」としみじみしながら、江口は「本麒麟」をグラスに注ぎ、タモリへ。 飲んだタモリが、しばし間をおいて「…うまいねぇ」とこぼすと、江口は「良かった~!」と、思わず安堵の笑顔と喜びの拍手。 その後は二人で乾杯すると、満面の笑みでCMを締めくくった。 江口洋介のコメント タモリさんと久しぶりにお会いできてうれしかったですね。 すごくグルメな方というのを知っているからこそ、「本麒麟」を飲んでいただく時はとてもドキドキしましたよ 笑。 今までも、色々な方に「本麒麟」をおすすめしていますが、タモリさんのお墨付きはやっぱり嬉しいです。 乾杯して、話して笑って、楽しい撮影でした。 タモリのコメント 江口くんとは、随分と会ってなかったので、今回の撮影楽しみだったね。 久々に会ったけど、楽しい現場でしたよ。 「本麒麟」は初めて飲みましたが、うまい。 これは、江口くんにおすすめされたら飲みたくなるよね 笑。 ビール類のCM撮影は初めてだったんですが、おいしく飲めたのでスムーズにいきました。 「本麒麟」が 売上 10億本、と言われた時は、すごすぎてよくわかんないねと笑っちゃいました。 CM本編と同時に、タモリがビールの注ぎ方のこだわりを明かすスペシャルインタビューも届けられた。 ちょっと想像したよりもうまかったですね、本当正直なところ。 ーたった2年で 2年で!? あ、そう。 へぇ~。 「本麒麟」は僕も想像以上にうまくて、2年で10億本突破するっつうのは、これちょっと驚きだったんですけどもね、納得できます。 ちゃんとグラスについでから飲むのが本当うまいんで。 ええどうしようもない時はしょうがないんですけど、私は必ずグラスについで、何のグラスでもいいです。 注ぎ中 こうやって、飲みたいんですが、これ我慢するんです。 結構な泡の量を立てるってことですね。 そうです、そうです。 これ上がってくる、上がってきますからね、えぇ。 グッとこらえるんですねこれ。 期待感が高まるんですよ。 まだまだこの辺ぐらいまで。 これ、ずっとやってますね。 これでも、ビール好きの人は大概やってんじゃないかと思います。 まだまだ。 1杯目は必ずきちっとやりますね。 泡と、やっぱりこのバランスですかね。 これまだ多すぎるんです。 これね、ここからがね、ここからが注意深くゆっくり、ゆっくりこうやるんですよ。 本当はもうちょっとここまでくるまで我慢するんですけども、ちょっとあんまり時間をとっちゃダメなので、これでね、ゆっくりこう注いでいくんですよ。 それで場合によってはこの上の方の泡が粗いんでちょっと盛り上がったときに、お箸でぺッととるんですね。 これこうずーっとこう。 注ぎ中 どうです?! さすがビール好きの飲み方。 えぇ、これで味が2倍違うと思ってます。 せっかくなのでぜひ、「本麒麟」を飲んでいただければと。 いや 笑。 飲んで うん、うまい 笑。 拍手 ありがとうございました。 (ザテレビジョン).

次の