あられ ひょう みぞれ。 「霰(あられ)」「雹(ひょう)」「 霙(みぞれ)」の違い

ひょうとあられの違いは?降りやすい季節は?雪とみぞれでは?

あられ ひょう みぞれ

Contents• はじめに 以前から気にかかっていたことがあります。 それが「あられ」と「ひょう」の違いです。 正式な定義は別として雪とか雨はその区別を何となく説明することはできます。 でも、あられやひょうはどうでしょうか。 そもそも漢字からして難しい。 あられは漢字で「霰」。 ひょうは漢字で「雹」。 漢字検定を受けている人を別にしたら、この字を書ける人はそうは多くないのではないでしょうか。 そこで、あられとひょう、合わせてみぞれにの違いについてちょっと調べてみました。 あられとひょうの違い 大きさ あられとひょう、最大の違いは大きさです。 あられとひょうも空から降ってくる氷粒 ひょうりゅう という共通項目がありますが、その氷粒は大きさによって区分されています。 具体的には、 あられは、直径で5㎜未満。 ひょうは、直径で5㎜以上。 あられとひょうは5㎜未満、5㎜以上という違いがあります。 なお、ひょうは直径で5㎜以上と規定されていますが、その大きさに上限はないようです。 たまにテレビのニュースでピンポン玉みたいな氷の塊が降ってきたと報道されますが、あれはひょう。 大きな氷の塊が空から降ってくる。 現実にひょうが降ると農作物に大きな被害を与えると言われますが確かに怖いですね。 スポンサーリンク あられが成長するとひょうになる? 直径5㎜未満のものがあられです。 そのあられは2種類あります。 一つは雪あられ、もう一つは氷あられです。 この2つは大きさという共通項目はあるものの性質には違いがあります。 雪あられは、雪に水滴がついて凍ったものです。 雪が中心にあることから見かけは白色で不透明です。 一方、氷あられは全体が氷でできているので半透明という特徴があります。 気象庁の見解では、雪あられは堅い地面に当たると簡単に割れ、容易につぶすことができるとあります。 また、天気の分類で雪あられは「雪」になるそうです。 一方、氷あられは堅い地面に当たっても割れにくく、指で押してもなかなかつぶれないとあります。 また、天気の分類で氷あられは「雨」になるそうです。 実は雪あられと氷あられの定義は様々にあり意見は一様ではありませんでした。 そこで気象庁のHPをのぞいてみたわけですが、ここでの表現が違いとしては一番分かりやすかったのでご紹介しました。 ところで問題はひょうです。 気象庁の見解で、ひょうは直径で5㎜以上とあります。 ただ、雪あられが成長してひょうになるのか、氷あられが成長してひょうになるのか。 そのあたりがよくわかりませんでした。 調べていくといくつかの意見がありました。 ひょうは大きさだけはっきりとした定義がありますが、できかたに様々な意見のあるのが面白いところです。 ところで、あられやひょうが降る時期ですが雪あられが降るのは冬に限定されるが、氷あられやひょうは夏でも降るという記述がありました。 この説が正しいとすると、あられとひょうの関係は「氷あられが成長して大きくなったものがひょうになる」というのが正しいように思われますが果たしてどうでしょうか。 スポンサーリンク あられとひょうのできる原因 あられとひょうのできる原因もいくつかの意見の違いが見受けられました。 ただ、あられとひょうのできる原因については共通する部分もあります。 それは、あられもひょうも積乱雲の中で発生するということです。 積乱雲の中では激しい上昇気流が発生します。 その上昇気流に氷の粒や雪の粒が巻き込まれると、その粒を核にして周囲に水蒸気が付着してあられができます。 さらにそれが何度も続くとあられはさらに成長してひょうになるというものです。 あられとひょうの違いでわかったこと これは大きく2つあります。 一つはあられとひょうでは大きさに違いがあること。 もう一つはあられが成長してひょうになるということです。 あられとひょうについてはたくさんの意見はあるものの、この2点は共通の認識になっているようです。 みぞれとは さいごに、みぞれについてちょっとだけ触れておきたいと思います。 みぞれも硬さを感じるのであられやひょうと近い関係にあるのではという疑問があります。 でもあられやひょうとみぞれはまったくでき方が異なります。 あられやひょうは雪の粒あるいは氷の粒が大きくなったものという考えでした。 一方、みぞれは気象庁の見解によれば、雨混じりに降る雪または解けかかって降る雪とあります。 みぞれは雪が前提にあることがわかります。 そのため、みぞれの予報については一般的に「雨または雪」、「雪または雨」と表現されるようです。 さいごに あられやひょう、そしてみぞれについてそれぞれの違いをご紹介してきました。 晴れや雨などは普段の生活の中で当たり前のように接しているのでわかりやすいですね。 でも、あられ、ひょう、みぞれは接する機会も少ないので、それだけ解釈も難しいし、意見も複数あるみたいです。 気象用語には霰や雹だけでなく他にも難しいものがたくさんあるみたいです。 機会があったらまた調べてみたいと思っています。

次の

あられ ひょう みぞれ

ひょう、あられ、みぞれ、それぞれの定義は? ひょう、あられ、みぞれが何を指すのか? まずは 気象用語で調べてみましょう。 ひょうは氷の小粒または塊の降水。 直径は5mmから50mmの範囲。 あられは氷の小粒の降水。 直径は5mm未満。 みぞれは雨と雪が混在して降る降水。 以上となります。 こちらの定義を見てみるとひょうとあられは同じもので、 氷の粒の大きさが異なるもの。 みぞれはひょうやあられとは完全に別物だと分かりますね。 ひょう、あられ、みぞれはどのようにしてできる? それではこれら3つはどのようにできるのでしょうか? ひょうやあられは氷の塊な訳ですから、 寒い季節にできるかと思われがちですが、そうではありません。 ひょうやあられは積乱雲の中で水滴が氷の粒となり、 徐々に周りの水滴を集め、大きくなって塊となって発生します。 積乱雲の中は上昇気流が吹いているので、 氷の粒はなかなか落ちていかず、大きくなっていくんですね。 ひょうとあられのサイズの違いはこの上昇気流の強さによります。 ひょうは大きく発達した積乱雲があって初めてできるんですよ。 日本で降った最大のひょうは1917年に埼玉で降ったもの。 直径27. 6cmあったそうですから驚きです。 ちなみに あられは雪あられと氷あられに区別されます。 違いは何かというとでき方とできる時期によります。 氷あられはひょうと同じでき方ですが、 雪あられはでき方が全く違います。 雪あられは雪の周りに水滴がついたものです。 ですから、色も白色で不透明です。 雪が降る気温ですから当然0度付近の気温で発生します。 というわけで ひょうと 氷あられは 積乱雲で作られるので、 よく降る季節は 初夏ということになります。 それに対しては みぞれはどうでしょうか? みぞれは雨と雪が混在して降る降水。 ですから、 雪の降り始めの頃や降り終わりの頃に 雪が空気中で溶け出したものと言えます。 ですから、 降る季節も冬の初めや春の初めです。 スポンサードリンク ひょう、あられ、みぞれ、英語では? 最後に英語を見ておきましょう。 英語では ひょうと あられは同じ単語です。 hailstoneと言います。 hailstoneは可算名詞ですが、 不可算名詞や動詞だとhailです。 可算名詞として hailstoneとある辺り、 ひょうが大きなものだってことがわかりますよね。 では、 みぞれはというと sleetと言います。 こちらは 不可算名詞と 動詞です。 まとめ それではまとめて見ましょう。 ひょうとあられは空から降る氷の粒で、 大きさによって分けられる。 みぞれは雨と雪が混じって降るもの。 ちなみに 俳句の季語では同じ現象でできる ひょうとあられの季語が異なっていたりします。 ひょうは夏、あられは冬の季語です。 この辺も面白いところですよね! -.

次の

雪とは別物!?『ひょう』と『あられ』と『みぞれ』の特徴とは

あられ ひょう みぞれ

「ひょう」は、初夏のころ(5~6月)に雷雨を伴って降ることが多く、発生のメカニズム(仕組み)について『NHK気象・災害ハンドブック』は次のように説明しています。 そのあられが過冷却水滴の集まっているところに落下する。 このとき、強い上昇気流のために落下できないでいると、次々と過冷却水滴が衝突してあられが大きくなる。 これを繰り返すうちに氷あられは大きな塊になり地上に落ちる。 > このように、初期の段階では小さかった氷の粒が積乱雲の激しい上昇気流の中で何度も上昇(上がったり)と下降(下がったり)を繰り返すうちに直径が5ミリ以上の大きさに成長し、ついには、その重さ(重力)で地上に落ちてきます。 特に発達した積乱雲の中は上昇気流が強く、氷の粒の上昇・下降が長時間にわたり繰り返されるため氷の層が幾重にも重なっていって粒が大きく膨れ上がります。 「ひょう」は時には直径5センチ以上になるものもあり、農作物や家畜などに大きな被害を与えます。 気象学では「氷あられ」と「雪あられ」に区別されます。 主に「ひょう」は初夏「あられ」は初冬に降り、俳句では「ひょう」は夏「あられ」は冬の季語です。 「雹」(ひょう)と「霰」(あられ)」は、いずれも表外字(常用漢字表にない字)なので、放送での表記は「ひょう」「あられ」です。 (『NHK気象・災害ハンドブック』p. 51~52、p. 95『NHK新用字用語辞典 第3版』p. 15、p. 476参照) 「いかめしき音や霰の檜笠」(芭蕉) 「鉄鉢に霰」(種田山頭火) 「雹晴れて豁然 かつぜん とある山河かな」(村上鬼城) メディア研究部・放送用語 豊島 秀雄.

次の