クイック シフター と は。 Ninja250 クイックシフターのインプレッション

バイクのクイックシフターのメリット・デメリットを解説!レースでは必需品|モリバイク

クイック シフター と は

クイックシフターセンサー部分(バトルシフター) 今回はNinja250に クイックシフターを付けましたので まずは 感想だけ! すげ良い! そんなすげ良い クイックシフターのインプレッションをしてみたいと思います。 仕様 今回 Ninja250のサブコンとして装着している DYNOJETのパワーコマンダーに クイックシフターの設定がありバトルファクトリー のバトルシフターはセンサーのみ装着。 シフトアップのみの仕様になっています😁 効果は? 通常 バイクのギアを シフトアップする時(走行時)• アクセル閉じる• クラッチ切る• シフトアップする• クラッチつなぐ• アクセル開ける 5つの動作でシフトアップさせていると思うのですが クイックシフターを入れると エンジンの回転数が3000回転以上であれば アクセル開けっぱなしでクラッチ操作なしで ギアをシフトアップできるので 楽チンですし、スムーズなシフトアップが可能になるのでサーキットならばタイムに繋がります😁 ツーリング や ストリートユーズなどでクラッチ操作での疲労軽減にもなりますので 装着する 効果が大きいですね! 実際使用してみて パワーコマンダーにてセッティング中 まだまだ Ninja250を乗りあぐねてる状態でしたが とにかく気持ちよく パンパンつながります!瞬間的に繋がるので上手くなったと錯覚してしまう感じです。 特に今走っているSPA直入ではバンク中にシフトアップする時があるので、もっとライディングに集中できると思います! 正直、付けて良かった! という感想しかないです😁 ちなみに バトルシフターの場合は自動補正ですが、パワーコマンダーだと多少セッティングは必要なのですが、決まってしまえばコレまた気持ちよくつながります! 価格は? 毎度ですが ザックリ書きますが 私の場合 パワーコマンダー+バトルシフター(センサー)+燃調セッティング+取付工賃+税なのでほぼ参考にならないかと思いますので 通常ならば クイックシフター+工賃+税と考えると良いかと思います! バトルファクトリー さんのバトルシフターの 価格は なかなかの価格になるかと思いますが 高いと思うかは あなた次第です! 基本的に 装備してみたい場合は 電装+調整が必要ですのでショップさんに相談する事を強くオススメいたします! 動画だとこんな感じに付いてます(他のカスタムもあり) ZX-6Rは標準装備 実際、 私の場合は ZX-6Rでその 恩恵 や 楽しさを知ってしまってクイックシフターが出てみたいレースレギュレーション的にもOKになったので Ninja250にはつける! と最初から思っていました😁 昨今では 大型車両に標準装着されているモデルも沢山出てきているのですが、クォーターではまだまだ標準装着されていないモデルがほとんどですのでストリートでもサーキットでも 人と違って且つ楽しくなるこのカスタムはいかがでしょうか? 楽しい以外にもスムーズなギアチェンジを行えることはマシンを労ることにも繋がるのではないかと私は考えます。 ちなみに こやつには付いてるっぽいですけどね😁.

次の

バイクの〈オートシフター〉〈クイックシフター〉とは? 大型スポーツモデルを中心に標準装備車が増加中!【現代バイク用語の基礎知識2019】

クイック シフター と は

最近、じわじわと普及が進んでいる(別名:オートシフター)。 新型のMT-09にも、クイック・シフト・システムという名称で搭載されましたね。 ところが、クイックシフターに対する誤解が、ちらほら見かけます。 使ったことのない人が多い普及初期によく見られる現象ですが、クイックシフター愛好者としては、ちょっと弁護させて欲しいと思う次第です。 クイックシフターとは クイックシフターとは、クラッチ操作とアクセル操作を省略してギアチェンジできるパーツです。 いわゆる「ノークラッチ・シフト」という技法と原理は同じです。 シフトアップの圧力をセンサーが検知すると、ECUが瞬時にアクセルオフの状態を作ります。 そのままシフトアップすると、ギアがスコンと入るって寸法です。 人間の操作じゃかなわない、電光石火の早業ですよ。 その名の通り、クイックにシフトできちゃいます。 クイックシフターの本質は そしてライダーは、 アクセルを戻さずにシフトアップ ができます。 これこそが、クイックシフターの本質なのです。 タイムアップのセオリーは、できるだけアクセルを開ける区間を長く取ること。 クイックシフターを使えば、加速中にアクセルを戻すムダを省けるので、タイムアップを図れます。 決して、クラッチ操作をサボるためのパーツじゃございませんぞw そもそもの成り立ちが、 速く走るためのレーシングパーツ ですから。 普段使いではどうか 街乗りやツーリングなどの普段使いの用途では…わりと使えます。 ただし、強めに加速している最中の、ギアが2速以上の場合だけですけど。 これ以外の場合は、普通のクラッチ操作をしているkurokiです。 そのほうが、変速ショックが少なくスムーズに走れますね。 ツーリングメインの乗り手には、一種の面白パーツでしかないと思います。 あってもデメリットはありませんが、わざわざ取り付けるほどじゃないでしょう。 むしろ、を搭載してクラッチを軽くした方が、よっぽどメリットありますよ。 ギアチェンジのオートマチック化を期待しちゃいけません。 ですが…ワインディングやサーキットをガシガシ走る方には、手放せないパーツになることを断言します!.

次の

クイックシフター搭載バイク一覧!純正標準装備の国内モデルはどれ?

クイック シフター と は

バイク用クイックシフターの仕組み クイックシフターはシフトロッド部分にセンサーを装着し、シフトペダルを動かすとセンサーが反応し、瞬間的にエンジンの点火をカットしています。 するとエンジン動力が一瞬切れるため、クラッチを切った時と同じようになります。 シフトペダルを動かしているため、すぐにギヤをあげることができるようになります。 バイク用クイックシフターの点火カット時間は0. 05秒ほど クイックシフターの点火カット時間は調整できるものもありますが、平均的なカット時間は50mS( 約0. 05秒)ほどのため、ほとんど失速することがありません。 ただし、単純にカット時間が短ければ短いほど良いというわけではありません。 カット時間が短いと、シフトミスをする可能性が出てきます。 そうなると、ミッションを傷めてしまうリスクもあるため、調整できるクイックシフターであっても、むやみにカット時間を短くせず、少しずつ調整していく必要があります。 クイックシフターの点火カット調整方法は主に2種類 ほとんどのクイックシフターは、装着したら点火カットのタイミングを調整してあげる必要があります。 調整の仕方は、• 加速のロスがなくなる• ミッションに負担をかけない• ライディングが疲れにくくなる 順に説明しますね。 加速のロスがなくなる クイックシフターの一番の売りであるのが、加速のロスがなくなることですね。 このおかげでシフトアップ時にエンジンの動力を最低限のカットで済ませるため、サーキット走行などで大いに効果が発揮されるでしょう。 ミッションに負担をかけない クラッチを切ってシフトアップすると、失敗する可能性があるため、ミッションを痛める可能性があります。 しかし、クイックシフターの点火カットはシフトペダルを動かし、ギヤを入れ替える直前に点火カットするため、 ミッションを痛める危険性がなくなります。 ライディングが疲れにくくなる シフトアッップ時にクラッチ操作が必要ないため、その分 ライダーの負担は軽くなります。 これはツーリングなどの街乗りでも同じで、長時間バイクに乗れば乗るほど効果が発揮されるでしょう。 バイク用クイックシフターの3つのデメリット では逆に、クイックシフターのデメリットは以下のことがあげられます。 センサー部分が消耗品のため買い換えないといけない• 本体の値段が高い• セットアップが難しい 1. センサー部分が消耗品のため買い換えないといけない クイックシフターが取り付けられているロッドのセンサーは、内部でスイッチのような機構になっているため、何回も使用すると当然消耗し、交換しないといけなくなります。 といっても、よっぽどのことがないと壊れるといったことはありませんが、レースをしていたときはレース中に誤作動するといけないため、1年に1回はセンサーを新品に交換する必要があります。 街乗りの場合はそこまで気にする必要はないかもしれませんが、それでも1年以上使用するのであれば、故障のリスクは考えておく方がいいでしょう。 本体の値段が高い クイックシフターは車種によっても異なりますが、最低でも5万円くらいしますので、後付けで取り付けると考えるのであれば結構な出費になりますね。 ただし、最近の新型バイクは標準で装備されていることが増えたため、新車でバイクを買うときはクイックシフターが付いているバイクを選ぶといいかもしれません。 セットアップが難しい 点火カットのタイミングが調整できるクイックシフターは、セットアップが難しいこともデメリットです。 実際に走らないとわからないため、少し調整しては走って、また調整しては走って…の繰り返しになるんですよね。 また、点火カットを短くしすぎるとミッションを傷めてしまうこともあるため、くれぐれもやりすぎには気をつける必要があります。 クイックシフター同様クラッチを切らなくてもシフトダウンできる「オートブリッパー」という機構もある 最近の最新バイクには、シフトダウンの特にもクラッチを切らなくても済む「オートブリッパー」と呼ばれる機構が開発されています。 クイックシフターが搭載されているバイク クイックシフターが標準装備されているバイクも存在しますのでご紹介します。 もちろんこれ以外にもたくさんありますので、欲しいバイクがあれば、一度販売店に聞いてみましょう! CB1000R ホンダ伝統のCBシリーズの最新バイク「CB1000R」はネイキッドバイクでありながら快適な乗り心地が追求され他バイクですので、クイックシフターも標準装備されています。 価格:164万円〜 クイックシフターは後付けできる クイックシフターは後付けできるものも販売されていますので、自分が所有しているバイクにも使用できるかもしれません。 主に販売しているメーカーをご紹介します。 バトルファクトリー 三重県鈴鹿市にあるロードレース専門のショップから販売されています。 主にレーサーバイクのクイックシフターを販売しています。 本体にはダイヤル式のリモコンが付いているため、専用のドライバーで簡単に調整できるのも特徴です。 AxxL バイクパーツだけではなく、車のカスタムパーツも販売しているAxxLのクイックシフターも、調整ダイヤルが付いているため、簡単に点火時期を調整できます。 また、配線類はカプラーも装着されているため、簡単に取り付けることもできるでしょう。 Dynojet ノーマルのECUを書き換えることなく燃料の調整ができる「パワーコマンダー」で有名なDynojetからもクイックシフターが販売されています。 シフトロッドやセンサーを交換すればバイクのみならずATVやミニバイクでの使用も可能です。 サーキットでは必需品のクイックシフターは今後さらに復旧していく サーキット走行では限りなくロスがない走行を求められるため、現在はほとんどの人が使っています。 たまに、「機械に頼らないと速くなれないの?」という声も聞きますが、機械でどうにかできることは機械に頼れば良いのです。 その分人間が他のことに集中して、さらに速く走れるようにすれば良いのですからね。 レースの話ばかりになってしまいましたが、もちろんたくさんの街乗りバイクにもクイックシフターが標準で採用されれば、バイクがもっと乗りやすくなり、さらにライディングが楽しくなるでしょう。 そうなってどんどんバイクユーザーが増えればいいですね! バイクの最新電子制御システムは、ABS以外にもさまざまなものがありますので、下記の記事も参考にしてみてください。

次の