動画 編集 macbook pro。 MacBook Proを買う!

Macbook Pro13インチでの動画編集の使い心地まとめ!実際の様子を動画でも紹介します!|ナシタカムービー

動画 編集 macbook pro

家庭用やクラス会など簡単な動画編集から、プロ向け用の動画編集まで全てこなせます。 幅広く使えてオススメです。 ソフト名 用途 Photoshop CC 画像編集や加工 Illustrator CC イラスト作成 アートワーク作成 Lightroom CC 写真の補正、加工 Audition CC 音声の編集 After Effects CC CGやVFXの作成 映画とかでも使われている Animate CC アニメ作れる Character Animator 自分の顔に合わせてキャラクター動かせる ただこれらのソフトを単体で揃えようとすると、 かなりの金額になります。 そこでAdobeが用意している Creative Cloudコンプリートプランがオススメです。 このプランは上記すべてのAdobeソフトが、 月額5,680円でどれでも使い放題! 2019 MacBookpro 13 i7 16GB 256GB を購入検討中です。 これから、勉強していかないといけませんが、goproで撮ったものを、編集していきます。 基本的にフルHD か、たまに4Kでの撮影といったとこでしょうか。 動画編集にあたり、つないでいくだけではなく、トランディションを活用していきたいと思っています。 繋ぐだけなら13インチ?エフェクトを使うなら15インチ?どこ YouTuberみたいに頻繁にしません。 旅行などツーリングにいった際などの動画編集のみです。 個人の趣味の範囲内です。 別に書き出しに時間がかかっても気長に待てばいいんですが、編集中にカクツクの上手くつくれないとおもいます。 このスペックでどこまで可能なのでしょうか? 買うに買えない状況です。 安くないので、、、 サイズ、軽さ、持ち運びのことを考えて13インチがいいんですが、頻繁に持ち運ばないので15でもいいのかなぁとは思っているのですが、それに合うカバンがありません笑 宜しくお願いします。

次の

MacBook Pro 16インチでPremiere Proの動画編集はどれくらいサクサクできる?おすすめなの?

動画 編集 macbook pro

こんな方におすすめ• MacBook Pro16を買うけど、スペックどうするか?悩んでいる方• 動画編集用にMacBook Pro16を買う予定の方 2015年から長年、連れ添ったMacBook Pro13。 顔を合わせない日はなく、嫁ちゃんとのデート以外は毎日一緒にいた相棒。 動画編集もなんでもこいつと一緒に学び成長してきたのに、2019年の10月頃から熱を帯び休ませてくれと言わんばかりにフリーズを始めた。 そして2019年の12月の第1週目にFinal Cut Pro Xを開いて10分もすると、インフルエンザでもなったのかという高熱を帯び「ビギっ」という音ともにフリーズ。 頑張れと思い再起動するが、今やブログ記事を書いているだけで発熱するようになってしまった。 「もう、限界だよ、カオデカさん」 「長い間、使ってくれてありがとう」 の声が聞こえた・・・。 ONE PIECEのウォーターセブンでのゴーイング・メリー号が炎に包まれ別れを告げたシーンのように・・・。 もう、お別れなんだね。 と現実を受け入れなくては・・・この文章を書いていると涙が出てくる。 初代MacBook Pro13が永眠につく前にバトンタッチをさせてあげたい。 この子の魂を引き継いで欲しく、 MacBook Pro16という新しい相棒を受け入れることにしました。 本記事を先読み• MacBook Pro16のスペック紹介 MacBook Pro16で悩むのが、Apple公式での右か?左か?です。 まずは、コアの6?8?でどうするかで悩みますよね。 コア数に関しては下記の引用を参照にして判断しました。 CPUの中心部分であり実際の処理を担っている場所です。 基本的にコア数が多いほどパソコンが一度に処理可能な作業数が増えます。 複数のコアを搭載していることを「マルチコア」と呼び、パソコンで複数のソフトウェアやさまざまな操作を同時に実行する際に、複数のコアで作業を分担することで作業効率が向上し結果として処理が速くなります。 なお、コアが2つで「デュアルコア」、4つで「クアッドコア」、6つで「ヘキサコア」と呼ばれていて、最近では8つ搭載された「オクタコア」が登場しており技術上はコア数が多いほど高性能となります。 そのために、オタクコアと言われる8コアを選ぶことにしました。 従来の動画編集なら6コアあれば充分、迷う人はゆくゆくどうしたいか?で選ぶとよいと思います。 それで選んだプロセッサは プロセッサは、調べれば調べるほどどっちがいいのか?と迷ったので、予算都合上で2. 3GHzにしました。 増設できないからこそ悩む、メモリは? Final Cut Pro XでもAdobeでも、メモリは16GBあればよいとされています。 はじめは16GBでもいいかと思っていましたが、YouTubeでのMacBook Pro16レビューで色々な人が、色々言うので迷いました。 16GBでいいと言う人もいれば、64GBでも足りないという意見もあるので、モリモリの3Dや多くの動画編集なのでするなら64GBに投資していいと思います。

次の

迷いに迷った!MacBook Pro16を副業の動画編集用に購入!34万円のスペック紹介。

動画 編集 macbook pro

結論:動画編集やブログならiPadProで十分です。 早速結論ですが、Magic Keyboardがあればほぼパソコンと変わらない感じで作業が行えます。 WordPressの独特の仕様にもしっかり対応してくれました。 動画編集アプリは有料のLumaFuisonを使っています。 カット作業やテロップ貼りとか簡単な動画編集であればこれ1台で気軽にサクッと出来ちゃいます。 めちゃおすすめです。 iPadProのデメリット・メリット iPadProを使っていて気がついたデメリット・メリットをご紹介します。 WordPressの「段階」のショートカットが少しメンドイ• デリートキーがない• SDカードやUSBタイプAを使う場合は 上記の通り。 スタバでドヤれる。 画面をタッチで操作できる。 タッチパッドがなめらか。 MagicKeyboardで楽々作業。 画面が鮮やか。 優秀なアプリが多い。 パソコンよりバッテリーが持つ。 人によっては意見が分かれるところ「独特の漢字の変換」 iPadもMacBookも同じですが、変換が独特です。 それは「入力したら自動で変換をする」というもの。 メリットととるかデメリットとるか、多分人によって分かれる機能だと思います。 もちろん使えるアプリやソフトが異なります。 LumaFusion• iMovie• FINAL CUT Pro• Adobe Premiere• フィモーラ9Pro• iMovie どれも優秀なアプリ・ソフトだけれど・・・ まあぶっちゃけどのアプリもソフトも優秀なのですが、 問題は動画編集するためにはそれなりの性能が必要で、性能を上げると価格がバカ高くなるということ。 例えばパソコンで動画編集をしようと思ったら、かなり性能を上げないといけません。 性能の良いものを買おうとすれば価格がかなり高くなります。 MacBook Pro13インチはグラフィックスが入っておらず、カクつくらしいので、必然的にMacBook Pro16インチを買うことになります。 でもiPadならそこまで性能が高くなくても大丈夫です。 ぶっちゃけiPad無印でも簡単な動画編集ならできます。 アプリ自体がタブレットで使うことを前提に作られているので、かなり最適化されているんですよね。 MacBook Pro:248,800円• iPad Pro:84,800円 価格差が16万4,000円もあります。 MacBook Proめちゃめちゃ高い。 ソフトにもお金がかかる。 FINAL CUT Pro:36,800円• Adobe Premiere:月額5,680円• フィモーラ9:8,980円• LumaFusion:3,680円 ソフト・アプリの価格から見てもiPadがおすすめです。 結論:iPad Proのほうが圧倒的におすすめ いかがだったでしょうか。 価格面から見ても性能面から見てもiPad Proの方が圧倒的におすすめです。 MacBook Proは安いものだと性能が中途半端なので何もできないし、性能を上げるとめちゃめちゃ価格が高くなる(平気で40万円とか)のでお世辞にもコスパが良いとは言えません。 まあ、かっこいいんですけどねえ。 動画編集やブログならiPadProでOKです。

次の