着流し。 着流し

着流しと浴衣の違いって?

着流し

着物にも色々な種類がありますが、女性の着物と男性の着物にも大きな違いがあります。 男性の着物で特に気を配っていただきたいのが「袴」なのです。 礼装、準礼装の時は、袴は履かなくてはいけないもの。 フォーマルな場で袴を履かないのは、相手にとっても失礼にあたりますから、注意して下さい。 逆にカジュアルな席では、袴は堅苦しい印象となるので、着物だけの「着流し」というスタイルになります。 この着こなしは女性にはありませんので、覚えておいていただきたいものです。 昔から言われる「紋付き羽織袴」が決まりです。 着物や羽織は、季節に関係なく黒の無地で、それぞれに染め抜きの五つ紋を付けなくてはいけません。 袴も白黒の縞織りのものとなります。 半襟は白、羽織紐も白の丸組紐、そして草履の鼻緒も白というこだわりが必要なのです。 花婿のお色直しや主賓ゲスト、親戚などが着る正礼装は、黒以外の色(例えばベージュとかグレー、ブルーなど)でもOKです。 ただしこちらも、染め抜きの五つ紋を着物と羽織に付けて、袴は縞模様となります。 正礼装が五つ紋でなくてはいけないのに対し、こちらは三つ紋もしくは一つ紋として、少し格式を下げましょう。 また着物と羽織は色無地ですが、袴は縞、無地どちらでも大丈夫です。 「袴で行ったら周りから浮いてしまう?」 「着流しでは、少しカジュアル過ぎるかも……」など、判断が難しいですよね。 女性の着物で例えるなら、「付け下げ」を着て行く場所なら、袴を着用しましょう。 ドレスコードが求められる「クラシックコンサート」や「歌舞伎」へのお出かけや、高級レストランでのお食事は、女性も「小紋」で、お洒落に装います。 男性も、着流しスタイルでOKです。 気流しは、着物に慣れた粋な雰囲気になるので、おすすめ。 是非、楽しんでお出かけ下さい。 略礼装の時と同じく、羽織はあっても無くても問題ありませんが、紋は付けません。 着物と羽織がお揃いのアンサンブルも良いですが、慣れたら色や素材を変えてお洒落を楽しむのも良いでしょう。 半襟や羽織紐、草履の鼻緒もカラフルなものを使うと個性が出ます。 木綿や麻など、肌触りが良いものが人気となります。 もちろん着流しで、ラフな雰囲気で着ていただきたいものです。 長襦袢などを着る必要もなく、肌襦袢やTシャツでもOK。 素足に下駄という組み合わせも、くつろぎ着ならではです。 ただし、近所のお散歩くらいなら良いですが、遠出する際は長襦袢を着て、足袋も履く気遣いは必要でしょう。 女性の着物は「色留袖」「訪問着」「付け下げ」「小紋」など種類も多く、TP0に合わせて着るのも、難しい場合があります。 男性の着物の場合は、その点シンプルかも知れません。 ポイントは「袴」です。 フォーマルな席なら袴を履いて、カジュアルな場では着流しにする・・・これを念頭に置いていれば問題は少ないようですね。

次の

着物と浴衣の違い|男着物の加藤商店

着流し

夏のお洒落として 定番になった浴衣 まず最初に、現代においては浴衣には2種類あると思っておいて下さい。 1つは寝巻や温泉街などで見かけるような 夕涼み着としての浴衣。 もう一つは花火大会や夏祭りなどにきる 洒落着としての浴衣です。 構造は少々異なりますがどちらも浴衣です。 浴衣は昔、湯帷子 ゆかたびら とも呼ばれていて、 風呂上りの衣服として着られたのが始まりとされています。 夕涼みをしたりするのにも着られていて、日常着としての着物とは 区別して着られていたという歴史背景がありましたが現代においては、 どちらかというと洒落着としての用途としての着方に変わってきています。 着物や浴衣の仕立て方を知る 袷の場合は裏地があります 着物には仕立て方の違いで 「袷 あわせ 」と 「単衣 ひとえ 」とがあります。 裏地があり生地が二重になったものが「袷」で、 裏地の無いものが「単衣」ということになります。 ジャケットなどで例えるなら裏地のある秋から春にかえて着るのと夏に着るサマージャケットの違いのようなものです。 ちなみに浴衣は単衣仕立てのみです。 着物にも色々な着方があるので一概には言えませんが、 一般的に、イメージされる着物姿というのは肌着を着て 長襦袢を着た上から着物を着ます。 夏の単衣仕立ての着物であっても長襦袢を着てから着ます。 浴衣の場合は肌着を着た上から着るのが一般的と されていますので、着物と浴衣の違いは何かというと 「長襦袢を着るか着ないか」と言う事も言えるでしょう。 浴衣を着物風に シャツの上に浴衣を着ると 一味変わった雰囲気を出せます。 襦袢の上から浴衣を着用すると 夏着物としても使えます 浴衣と着物の構造は同じなので、 長襦袢を着た上から浴衣を着たりする事もできます。 詳しくは 「」 というコンテンツでもご紹介していますので 形にとらわれず和装を楽しんでもらいたいと思います。 気温や気候が許すのであれば、浴衣は夏以外にも楽しむことができます。 ただ、逆に着物を浴衣風には着ることは少ないです。 というのも着物の素材には絹やポリエステルなどがあります。 絹の場合、手入れがしにくいということもあり、 肌着の上から浴衣風に着ることもないし、ポリエステルの場合も、 蒸れて夏の時期に浴衣として着るには不釣り合いです。 一昔前と比べて、着物や浴衣もそれぞれ着ていく シチュエーションであったり、私たちの捉え方が変わってきているので、 着物と浴衣の違いを端的にはお伝えできませんが、基本を押さえた上での 自由な着こなしができるのも着物や浴衣の楽しみでもあります。

次の

女性の着物で着流しは無理ですか?

着流し

仲代達矢 望月小平太 「斬る」や「殺人狂時代」での軽妙なキャラクターが復活。 小姓頭から堀に抜擢されて奉行職に付く。 中谷一郎 堀郷之助 西尾藩大目付。 小平太に協力する旧友だが、じつは・・・という役柄。 近藤洋介 安川雄之助 西尾藩従士目付。 殿山泰司 小助 望月家の代々の使用人をユーモラスに演じる。 浅茅陽子 お玉 濠外の親分才兵衛(北村英三)の孫娘。 酒を乳代わりに飲んで育った酒豪。 柾木剛に惚れる。 明るく弾けた演技が魅力的だ。 神崎愛 小勢 小平太の馴染みの芸者。 西尾藩内まで小平太を追ってくる。 はばかりが近い。 岡本富士太 柾木剛 西尾藩の若手改革派。 健士隊なる一団を率いて、奔走する血気の若者。 草野大悟 五十吉 濠外のチンピラだがじつは・・・の役柄。 その個性と演技力を買われながら、惜しくも亡くなったバイプレイヤー。 俳優論の著書もある。 今福正雄 中井勝之助 西尾藩書役。 全編、彼のナレーションで物語は進行する。 出頭しない奉行に怒り狂う 笑。 天本英世 市川六左衛門 中井の同僚で新任の書役見習。 ラストであっと言わせる。 ご存じ死神博士。 この人も岡本組常連。 岸田森 佐渡 濠外の不逞浪人。 この牧歌的作品で唯一の斬られ役 笑。 斬られるときは、例によってオーバーアクトを見せてくれる。 小沢榮太郎 巴の太十 小平太の気風の良さに惚れ込む。 濠外の親分衆のひとり。 役所広司 健士隊員。 その他大勢。 益岡徹 〃 〃 ストーリー 享和元年、西尾藩の町奉行は今年になって三人も辞職していた。 濠外という地帯が、アンタッチャブルの無法地帯となっており、そのためである。 新任の町奉行望月小平太は、奉行所に出頭せず、たった独りでその濠外に乗り込んでいく。 評判の悪い望月に、若手改革派で正義漢の柾木は早速健士隊を率いて襲撃。 じつは悪い噂をバラ巻いたのは、望月本人だった。 そうして仕事をしやすくするというのが、彼の狙いだった。 五十吉やお玉といった濠外のならず者を手なずけていく小平太。 小平太の気風の良さに親分たちは従うようになっていく。 しかし不気味な風体の浪人佐渡は、小平太を警戒する。 不逞浪人たちにとっては、この無法地帯は格好のエサ場であったのだ。 遂に親分衆との談合で、濠外からの立ち退きを承諾させる小平太。 しかし親分衆から賄賂を受け取っていたのは親友の堀だった。 堀と対決、切腹に追い込む小平太。 一方、佐渡ら浪人たちが騒ぎを起こす。 お玉の父親才兵衛の抜け荷を押さえようというのだ。 乗り込む小平太、それに従う健士隊、浪人たちの間でチャンチャンバラバラ。 濠外の大掃除も片づいて、小平太は奉行を辞職、江戸に帰るのであった。 解説 え〜、これだけではこの作品の面白さってのは、万分の一も伝わらないのであるが、例えば悲憤慷慨する西尾藩書役の中井勝之助。 物語の最初から最後までつんぼ桟敷で、奉行が何をやっているのかもぜんぜん知らない(したがって西尾藩の正史には、望月小平太のこの活躍はまったく残らない)。 最後は同僚の市川六左衛門が公儀隠密であることを知り、愕然とする。 六左衛門は、西尾藩は平穏無事であると公儀に報告すると中井に言い残して、同じく隠密だった五十吉とともに去っていく。 といったアイロニーであるとか、使用人の殿山泰司と仲代達矢との漫才的やりとりであるとか、濠外のヤクザ親分の孫娘浅茅陽子の酒豪ぶりとか、面白い小ギャグと仕掛けが沢山入っているのである。 喜八ファンなら見逃せない。 ほかにも無名塾からは、文字通り無名時代の役所広司と益岡徹がそのほか大勢役で出演しているのも珍しい。 先だって放映された「闇の歯車」では、もう主役格だったが・・・ そしてなんといっても最後に流れるクレジット 安川雄之助は大目付に昇進した。 柾木剛も、町奉行に昇進した・・・・ 望月小平太は、江戸へ帰って、小勢と所帯を持ったが、一生うだつが上がらなかった。 1998. 30追記: この作品、大昔に黒沢明監督らの四騎の会で映画化が企画されていた作品。 タイトルは最初の企画通り「どら平太」。

次の