包茎 治す。 仮性包茎を手術せずに無料で治す方法

包茎の種類別、自力で治す3つの方法|包茎&手術のデメリットも紹介

包茎 治す

仮性包茎の治し方は、自主療法か医療機関での治療! 仮性包茎の治療方法は、 自主療法か 医療機関での治療の2つにわけることができます。 面倒臭いからといって適当なクリニックを選んだりすると、 思うような出来栄えにならなかったり、法外な金額をぼったくられたりする恐れがあります。 自主療法は大きくわけて2つある! とにかく誰にもバレずに、安く仮性包茎を治したいという人は 自主療法がオススメ。 これは文字通り、 自分の力だけで仮性包茎を治すということです。 病院やクリニックに頼らないので、 1人でコッソリと治療できるのが最大のメリットとなります。 主な方法は以下の2つ。 自力で剥いて固定する• ペニスそのものを大きくして皮の割合を減らす それぞれ詳しく解説していきます。 自力で剥いて固定する 最もシンプルな方法がこれになります。 やり方としては、 亀頭を露出させてその状態をキープするだけ。 あまりにも有名なので、言われるまでもなくやっている方も多いでしょう。 剥く習慣を続けることで、 少しずつ亀頭の露出時間が長くなっていきます。 最初はちょっとした刺激にも敏感な反応をしてしまうかもしれませんが、ズル剥けになることを夢見て我慢しましょう。 専門器具(いわゆる包茎リング)を使うのはやめておこう 「自分では中々うまく固定できない…俺の皮長すぎ」 「ついつい刺激に負けて戻しちゃう」 「自力で頑張っているけども中々剥き癖がつかない」 このような人たちのために、 仮性包茎治療専用の器具も多数発売されています。 いわゆる 包茎リングというやつです。 治療の原理こそ「自力で剥いて固定する」と同じですが、この手の製品は 力の制御が難しくペニスが傷ついてしまう恐れがあることに加えて、 着脱や掃除の必要がありとても面倒です。 なので当面は専門器具の使用は控え、手間もお金もかからない「自力固定」を頑張るのがよいでしょう。 ペニスそのものを大きくして皮を足りなくさせる ペニスを人間の脚に例えれば、ペニスの皮はジーンズのようなものです。 この例えを聞いて「ペニス 亀頭 がでかくなれば、自然と皮は剥けるんじゃ?」とピンと来た方もいるでしょう。 まさにその通りです。 太って脚が大きくなればジーンズが入らなくなるように、 ペニスがでかくなればぶかぶかだった皮も亀頭まで覆えなくなります。 ペニスをでかくする方法でオススメなのが以下の2つ。 ペニス増大サプリを飲む• ちんトレする どちらか一方でも増大効果は期待できますが、この 2つを並行してやることでさらに効果が高まります。 増大サプリを飲む 増大サプリとはその名の通り「 ちんこを大きくするためのサプリメント」のこと。 ペニスを再成長させる成分が、粒にギュギュッと詰まっています。 医薬品ではないので速効性こそありませんが、 継続して飲み続けることで安全に増大を狙うことができるのは嬉しいですね。 ペニス増大サプリについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 関連記事: 医療機関 病院やクリニック での治療は基本的に手術一択! 自主療法と違い、病院・クリニックでの治療は非常に高コストとなります。 しかしその分確かな効果を期待することができるので、今まで試してきた どの方法もうまくいかなかったという人にオススメ。 プロの施術により 安全に・確実に仮性包茎を治療することができます。 同じ医療機関といっても、病院とクリニックには微妙な差異がありますので確認しておきましょう。 病院…施術後の見栄えは度外視、とにかく最安値でズル剥けにする• クリニック…多少お値段が張っても仕上がりがキレイなズル剥けにする 審美性に重きを置く人はクリニック、 お値段が気になる人は病院に行くとよいでしょう。 これらで行われる施術内容ですが、基本的には 手術となります。 包茎手術の種類を全て挙げるとキリがないので、ここでは 切る方法 亀頭直下埋没法 と 切らない方法の2つを紹介します。 切る方法 亀頭直下埋没法 亀頭直下埋没法のメリットとして「 仕上がりがキレイ」ということが第一に挙げられます。 せっかく仮性包茎を治しても、いざセックスする・銭湯に入るなどの際に「あの人、なんかペニスの形異常だな」「うわ、この人のペニス、ツートンカラーや、気持ち悪い」と思われるなんて最悪ですよね。 限りなく自然なズル剥けになれるからこそ、亀頭直下法は多くの人から支持を得ているのです。 また、医師の腕によって見た目の良さが違ってくるため、 費用のことは一旦無視して評判の良い医療機関に行くといいでしょう。 繰り返しとなりますが「確実に仮性包茎を治したい」という人の中でも、「仕上がりをキレイにしたい」という人は亀頭直下法が特にオススメです。 神経の通っている性感帯の一部を切ることになるので、セックス時の快感が減る可能性があることに留意しよう。 切らない方法 「仮性包茎は絶対に治したいけど、メスはいれたくない…」、こんな人にオススメなのが 切らない方法です。 始めに言っておきますが、切らない方法が有効なのは 軽度の仮性包茎の人だけ。 重度の仮性包茎の人は、どうしても包皮を切除する必要があります。 このことを心に留めておいて下さいね。 具体的には包皮の一部を糸で縫い付けたり ナチュラルピーリング法 、余っている包皮を接着剤でくっつけたり 根本部固定法 などの方法があります。 施術後に元に戻ってしまうリスクはあるものの、 包皮を切らないというメリットは非常に大きいですね。 ご自身の症状に合わせて是非一度ご検討ください。 仮性包茎と上手に付き合って快適な人生を送ろう 仮性包茎の治療方法にお悩みの方、気苦労はなくなったでしょうか?包皮を切らずに仮性包茎を治せるなんて夢のようですね。 ご自身の仮性包茎具合やお財布事情と相談しながら「どうやって治そうかな」と悩むのも結構ですが、ぎんぎん君的には 一度病院に相談に行ってみるとよいのかなと思います。 お医者さんとしっかり話し合うことで、自分にピッタリの治療方法がきっと見つかるはずです。 自分に合った治療方法を選んで快適な性生活を送りましょう。

次の

包茎を自分で治す方法・5日間で自力で露茎になった方の体験談

包茎 治す

包茎とは? 男性の亀頭が包皮で覆われている状態 包皮は亀頭を保護する目的であるため、男性のほとんどは生まれつき被った状態です。 成長の過程で、生殖機能を高めるため、徐々に亀頭が露出するようになります。 しかし、このときの亀頭の成長によって、自然に剝けていく力が弱いと亀頭が出てこない状態で成長が終わってしまいます。 これを 包茎といいます。 なんと、日本人の60%が包茎と言われています。 包茎の種類 包茎の種類は一般的に3種類あります。 3種類の中でも軽度~重度に分けられます。 自身の包茎の種類を理解し自分の状態を判断してみましょう。 適した治療や手術の方法を選ぶにはしっかり自分がどういった包茎なのかを知ることが大切です。 真性包茎 真性包茎とは 正常時も勃起時にも亀頭部分に皮が被っている状態をいいます。 また、勃起時に皮を剥こうとしても、包皮と亀頭がくっついてしまっていて剝けず、剥こうとすると痛みが伴います。 加えて、包皮が常に被っているため、垢やカスが溜まりやすくなり、炎症を起こしたり、感染症になったりするリスクが高まります。 他にも、勃起時に激しい痛みが伴うため、上手く性行為に及べなくなってしまうケースもあります。 このように真性包茎は、日常生活のみならず性生活にまで影響を及ぼす為、手術が必要な場合もあります。 仮性包茎 仮性包茎とは 正常時は、亀頭に皮が被っているものの、勃起時には皮が剥ける状態を言います。 勃起時に手で皮を剥いて剝けるもの、勃起時に自然に皮が剥けるものも含まれます。 また、正常時に自分で手を使って、剥く事が出来るのも特徴です。 もし勃起時に剥いてしまってから、戻らなくなり、痛みを伴う場合は、次の【カントン包茎】となります。 カントン包茎 カントン包茎とは、普段は亀頭を露出することができるが、勃起時に露出しようとすると、痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられる違和感があったりします。 軽度のカントン包茎の場合、若干の違和感がある程度で済みますが、重度の場合、締め付けがきつく感じ、無理に剥いてしまうと包皮が戻らなくなり、亀頭下の皮膚の部分が腫れることがあります。 また、その状態が続くと亀頭が鬱血して壊死してしまうこともあります。 雑菌が溜まりやすいため、性行為を通して女性に菌が移ってしまう可能性もあります。 また、激しい痛みが伴うため、快感よりも痛みがましてしまい性行為どころではなくなります。 包茎治療のメリット 衛生面が良くなる 包茎治療で亀頭が露出することにより、垢やカスが溜まりづらくなるので、雑菌の繁殖を防ぎ、においも減らすことができます。 簡単に亀頭が洗えるようになるので、清潔な状態が維持できます。 見た目が良くなる 亀頭が露出する分、長く大きく見せることができます。 また、正常時も陰茎が縮みにくくなるので、大きく見えますし、実際に真性包茎やカントン包茎の方は、サイズが大きくなる方もいる様です。 詳しくはをご覧ください。 性行為が強化される 包茎だと、勃起時に痛みが伴ってしまい性行為どころではなくなってしまう場合もありますが、そんな心配もなくなるのでパワーアップが期待できます。 また、性行為時、痛みや皮に邪魔されないので、大きくなりやすく、女性器にしっかりと刺激を与えることができます。 早漏が解消される 亀頭が露出され、日常生活で下着などに直接擦れることにより亀頭が強くなり、早漏防止の効果があるようです。 早漏が解消されて自信が持てるようになります。 病気の心配が減る カントン包茎の場合、亀頭の締め付けがきつく感じ、無理に剥いて、鬱血して壊死したりする場合もあります。 また、真性包茎の場合は、皮が全く剝けない状態ですので、亀頭炎や尿道炎になりやすいと言われています。 陰毛を巻き込まない 皮と亀頭の間に陰毛が巻き込まれてしまい、引っ張られる事によって、痛みや不快感があります。 これは、仮性包茎の方に多いですが、包茎が治ればこの痛みもなくなります。 上記の症状が不快な方は、MDSAの陰茎周り脱毛トライアル5950円をお勧めします。 包茎手術のデメリット 常に突っ張った感じがする 通常、勃起時に余っている皮を切除します。 この場合、正常時には皮が余ってしまいます。 正常時に合わせてカットをすると、勃起時に皮膚が突っ張ってしまいます。 見た目ばかり気にしていると、実用性が失われてしまいますので、しっかりと医師に相談しましょう。 感度が低下する 包皮の内部には、快感をつかさどる神経が集中していると言われています。 包茎手術による皮の切除によって、その神経が取り除かれることで起きると言われています。 感覚が鈍くなって遅漏気味になってしまう可能性もあるようです。 ツートーンカラーになる 特に手術を受けた直後は、皮を被っていた亀頭部分はピンク色で、皮の部分がくすんだ色になっています。 その為、明るい所で見ると手術を受けたことが解るかもしれません。 ただし、日を追うごとにピンク色の部分が、くすんだ色に近くなり、ツートーンカラーが目立ちにくくなります。 メリットばかりの包茎治療だと思われますが、包茎の治療にはデメリットもあることを知っておきましょう。 包茎は自分でも治せる! 軽度の包茎なら自力で治すことができます。 種類別の自分で治す方法をご紹介します。 真性包茎の場合 包皮に隠れてしまっている亀頭を毎日自分で剥くことで、亀頭の先だけが見える状態にまでなれることもあります。 亀頭の先だけが出るようになったら、包皮輪と呼ばれる皮の先端の穴を広げることを続けることで、数ヶ月後には剝けるようになる場合もあります。 ですので、真性包茎の方は、1.亀頭を毎日剥く、2.カントン包茎の治し方を参考に、穴の先端を広げていきましょう。 ただ、真性包茎の場合、自分で剥こうとすると痛みを伴うことが多いので、あまりに痛みが激しいようでしたら、病院での治療をオススメします。 仮性包茎の場合 陰茎に覆いかぶさっている包皮を毎日剥くことで、慣れさせることができます。 剥いた状態に慣れてくれば、余った状態で垂れている包皮も少しずつ縮んでいきます。 勃起時以外にも、剥いておきましょう。 カントン包茎 カントン包茎を治すには、まず剥いても痛くない包茎の状態にすることから始めます。 カントン包茎の人は、皮の先端の穴が狭いので、その穴を広げることに慣れさせます。 皮の先端の穴に指を入れて左右に優しく引っ張ります。 少し痛みが感じると思うので、一気に亀頭まで出そうとせずに少しずつ慣らしていきましょう。 まとめ どの治し方も、痛みは感じると思いますが、毎日続けることで痛みもなくなっていくと思います。 どの種類の包茎でも、 自力で治るまでだいたい数ヶ月から半年ほどかかると見ていてください。 焦らず毎日続けることが大切です。 また、激しい痛みが伴うようでしたら、無理やり治そうとせずに、病院で治療することをオススメします。 包茎の事が相談できる病院 包茎である事で自信が持てない、コンプレックスになっているなど悩みの種なら、一度専門の病院で受診しても良いかもしれません。 その際には、リスクやデメリットなどをしっかりと聞いて、安全な施術を行ってくださいね。 最近の記事• 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の

仮性包茎の治し方を徹底解説!手術しないでズル剥けにする方法はある?

包茎 治す

あなたは仮性包茎を改善すべきかどうか悩んではないでしょうか?包茎という言葉には、ネガティブなイメージがつきまとっていますよね。 「包茎=臭い、性病、気持ちよくない」などなど、女性の仮性包茎のイメージはあまり良くないのが実情です。 そもそもあなたはなぜ仮性包茎を改善したいと考えているのでしょうか? もし、漠然と「仮性包茎も包茎という言葉がついているから、改善しないと…。 」と考えているなら、それは間違いです。 ここでは仮性包茎を改善するための具体的な方法もしっかりと紹介しますが、それ以前に仮性包茎の治療の必要性についても書いていきます。 この記事があなたが仮性包茎の改善の必要性をしっかりと理解するための手助けとなり、その上で自分に合った改善方法を見つけるための参考になれば幸いです。 1、仮性包茎は必ず改善するべき? 他人のペニスをまじまじと見る機会は少ないですが、世の中の成人男性の7割が仮性包茎だといわれているため、仮性包茎は決して珍しいものではありません。 むしろ 日本人にとっては普通の状態です。 そうなると「仮性包茎はそもそも改善する必要があるのか?」という疑問が出てきますよね。 改善方法について考える前に、この疑問を先に解決していきましょう。 (1-1)仮性包茎によるデメリット 改善する必要があるか考えるためには、仮性包茎のデメリットを知る必要があります。 もし デメリットがあなたが許容できるものであれば、改善の必要はないと判断できますよね。 仮性包茎のデメリットとしては次のようなものがあげられます。 ・臭いの発生 垢と尿や精子の残りカスが合わさったものを「恥垢」といいます。 なににも覆われていないペニスの竿の部分の垢は、普段通り入浴して体を洗えば簡単に流れ落ちますが、カリに溜まった恥垢は、包皮が邪魔になって流れ落ちづらいのです。 何日も恥垢が残ったままになると、亀頭と包皮の間の湿った環境で雑菌も繁殖して、 恥垢から腐ったチーズのような臭いが漂ってきます。 あなたも自分のペニスに付着した恥垢、いわゆるチンカスの臭いは一度は嗅いだことがありますよね。 その臭いはこうして発生していたのです。 仮性包茎だと包皮をむいて恥垢がたまりやすい亀頭の段差部分も露出できるため、入浴時にしっかりと恥垢を洗い流すせば、その分臭いの発生も抑えられます。 そういった意味では、まったく恥垢を洗い流せない真性包茎と比べると、仮性包茎で発生する臭いはそこまできついものではありません。 ただし、これはあくまで「真性包茎と比べた場合」の話です。 例えば、1日デートをして夜に彼女とセックスをすることになったとしましょう。 前日にしっかりとお風呂に入ってしっかりと恥垢を洗い流したとしても、次の日の夜になると日中に亀頭と包皮の間で蒸らされた恥垢から、臭いが漂ってきます。 この状態でセックスをするとなると、やはり 彼女は臭いを気にしてしまうでしょう。 もちろん、セックスの前に入浴をしてしっかりと恥垢を洗い流すとなれば話は別ですが、その場の雰囲気で入浴せずにセックスをする流れになることもありますから、いくら真性包茎よりは臭いがマシだといっても、無視できないデメリットになってしまいますよね。 あわせて読みたい ・性病や病気になる可能性がある 包茎だと亀頭と包皮の間に雑菌が繁殖しやすいといいましたが、この雑菌が繁殖している環境は性病や病気の原因となるウイルスや細菌にとっては非常に住みやすいものです。 常に亀頭と包皮が覆われている真性包茎は、特に性病や病気になりやすいと言われているのですが、これは仮性包茎でも普段から入浴時に恥垢を洗い流す癖がない場合は当てはまる話です。 単なる病気ならまだ良いかもしれませんが、性病はセックスで 相手に感染する危険があるので自分ひとりの問題ではなくなってしまいますよね。 仮性包茎が原因で発症しやすくなる性病や病気をあげてみましょう。 HIV• クラミジア• 亀頭包皮炎• 陰茎がん• ケーラー紅色肥厚症 実際に病名をあげてみると危機感が増しますが、あくまでこれは発症する「可能性」がある病気で、 仮性包茎だからといってこれらの病気を必ず発症するわけではありません。 しっかり、入浴時に包皮をむいてペニスを清潔に保てば、発症の可能性はぐんと低くなります。 あわせて読みたい (1-2)仮性包茎を改善するかは本人次第! 仮性包茎の致命的なデメリットは、臭いの発生と性病や病気の発症の可能性の2つだけです。 ただし、中にはみんなと変わらない仮性包茎なのにもかかわらず、女性にセックスを断られてしまうケースもあります。 あなたは今まさにインターネットで仮性包茎に関する情報を調べていますが、女性も同じように包茎に関して調べる可能性はありますよね。 あなたにとって包茎は自分自身の問題なので、包茎の種類、デメリットなど細かく調べると思いますが、女性にとっては包茎はあくまで他人の問題なのです。 他人の問題なのに、包茎について事細かに調べる女性はまず少ないでしょう。 その結果、仮性包茎であれば臭いや性病といったリスクは低いのにもかかわらず、おそらく女性は 仮性包茎も真性包茎もまとめて「包茎」と捉えて「包茎=性病、臭い、危険」という漠然としたイメージを持ってしまうのです。 そういった偏ったイメージをもった女性からすれば、仮性包茎のあなたもセックスの対象外となってしまうでしょう。 これはあくまで一部の女性の話ですが、可能性はゼロではありませんよね。 このように仮性包茎でも大なり小なりデメリットが有るわけですが、「仮性包茎は必ず改善するべきか?」という問いの答えは「仮性包茎を改善するかは本人次第」になります。 例えば、あなたが毎日しっかり入浴しながら包皮をむいてペニスを清潔にするなら、臭いや性病のリスクはぐっと低くなるので、無理に改善する必要はありません。 しかし、「そんな毎日包皮をむいて恥垢をとるなんて面倒くさい。 」と考えるなら、リスクは高くなるため仮性包茎の改善も考えなければいけません。 また、たまたまあなたの彼女が包茎に対する偏ったイメージをもっていてあなたの仮性包茎も拒絶されれば、「仮性包茎は危険じゃない。 普通のペニスだ。 」と言って彼女を説得するか、彼女を納得させるために仮性包茎を改善する必要もでてきます。 「しっかりとペニスの手入れをすれば改善の必要はない。 」ということを頭に入れた上で、あなた自身が仮性包茎を改善したいと思うかどうか、もう一度考えてみてくださいね。 仮性包茎を改善するための方法は? もし「やっぱり仮性包茎を改善して、ズルムケになりたい!少しでもリスクを減らしたい!彼女に満足してもらいたい!友だちの前で見栄をはりたい!」と考えるのであれば、改善するための方法を一緒にみていきましょう。 また、改善するための方法の中には手軽に取り組めるものもあるので、改善するか悩んでいるという人も一度紹介する方法にすべて目を通してから、改善するか決めても良いかもしれませんね。 仮性包茎を改善する方法は、大きく「自力で治す」「手術で治す」の2つに分類できます。 普段から亀頭が包皮に覆われている原因のひとつとして、包皮の狭さがあげられます。 このトレーニングは特に包皮がやわらかくなる入浴時に行うとよいですが、おしっこをしたとき、オナニーをする前など生活の中でこまめに行うことで、より効果を出しやすくなります。 ただし、いくら効果を出したいからといって包皮が裂けてしまうほど強く引っ張るのはやめてくださいね。 また、必ず効果が出る保証はありませんし、効果が出るとしてもトレーニングを毎日数カ月以上継続しなければいけないことも忘れないで下さいね。 上で紹介した方法では、指で包皮を引っ張っている間しかトレーニングはできません。 効果を出すためには、トレーニングをしている時間が長ければ長いほど良いのですが、1日中包皮を指で引っ張っているわけにはいきませんよね。 そこで、活躍するのが絆創膏やセロハンテープです。 包皮をむいて亀頭をすべて露出したら、亀頭の根元部分にぐるっと絆創膏やセロハンテープを巻きつけて、ズルムケの状態をキープするのです。 これならば、巻きつけている間はずっとトレーニングをしていることになるので、より高い効果を期待できます。 ただし、ペニスは非常に敏感な部分なので絆創膏やセロハンテープの素材が肌に合わずにかゆみを感じる場合もあるかもしれません。 かゆみやかぶれを感じたら、無理に絆創膏やセロハンテープを使わないようにしましょう。 また効果を出したいからといって、強く巻きつけすぎると亀頭の血液が滞ってパンパンに腫れる危険もあるので、しめつけを感じない程度に加減してくださいね。 しかし、矯正グッズといっても目的は「むきぐせをつける」ことなので、仕組みとしてはトレーニングや絆創膏・セロハンテープを使った改善方法とさほど変わりません。 矯正グッズにもいくつか種類があるので、紹介してみましょう。 ・リングタイプ リングタイプは、その名の通りリング状になっている矯正グッズであり、ペニスにはめてむきぐせをつけていきます。 矯正グッズとしては非常にポピュラーなもので、数多くのリングタイプのグッズが販売されています。 中でも有名なグッズとして「カリバウアー」といった商品です。 数千円で買えるものから1万円程度かかるものまでピンきりです。 カリバウアーをもっと詳しく ・シールタイプ シールタイプは、亀頭をすべて露出した状態で亀頭の根元部分にシールを貼り、そこに包皮をかぶせるようにして使うものが多いです。 絆創膏やセロハンテープと仕組みは非常に似ていますが、シールタイプだと上に包皮を被せるように貼り付けるので、 シールをつけていることがバレにくいという点が絆創膏やセロハンテープと異なる点でしょう。 シールタイプに分類される矯正グッズに「マグナムシール」という商品がありますが、これは60枚入りで1万円近い値段です。 シールという特性上どうしても消耗品になってしまうので、「消耗品に1万円」と考えると少し割高に感じますよね。 ・接着剤タイプ 接着剤タイプはシールのかわりに接着剤を塗ってむきぐせをつける矯正グッズです。 接着剤といっても瞬間接着剤のように強力なものではなく、女性がアイプチをするときに使うようなタイプの接着剤なので、体に害が出ることはまず少ないでしょう。 シールタイプと比べるとさらに使っていることがバレにくいというメリットがあります。 ただし、お風呂に入れば落ちてしまいますし、体に害はないといっても接着剤がついたままで包皮を動かすと痛みを感じるので、このままセックスをするのは厳しいでしょう。 接着剤タイプに分類される矯正グッズに「ドクターK2」という商品がありますが、値段は7千円程度です。 こちらも消耗品にはなりますが、矯正グッズの中ではかなりバレにくい部類に入るものですから、 バレにくさを重視する人には良いかもしれませんね。 ただし、バレにくいとはいっても、セックスをするときには痛みを回避するために接着剤を落とさなければいけず、そうなれば結局仮性包茎だとバレてしまうので、このメリットを活かせる人はかなり少ないかもしれませんね。 矯正グッズにもさまざまな種類がありますが、 根本的にはどれもむきぐせをつけるためのものなので、わざわざ矯正グッズにお金をかけるのか、それとも絆創膏やセロハンテープで代用するかは、その人次第になりますよね。 これは、ペニスの血流が増え、亀頭や竿の部分が大きくなって包皮が押し広げられているからです。 つまり、勃起時に関わらず通常時でもペニスが大きくなれば、その分包皮が押し広げられて仮性包茎から常にズルムケの状態になるということです。 そのために役立つのが、ペニス増大をサポートするサプリメントです。 しかし、残念ながらサプリメントに極端にペニスを増大させる効果は期待しづらく、実際に飲む人の体質や飲み方、飲み続ける期間によっても増大するかどうかは変わってきます。 常に亀頭が3分の2以上露出しており、「あと一歩で仮性包茎から脱却できる!」という人であれば効果は期待できるかもしれませんが、それ以上包皮を被っている場合はサプリメントによるペニスの増大だけで仮性包茎を改善するのは困難でしょう。 インターネットでサプリメントの紹介を見ると、言葉巧みで「サプリメントを飲めば、ペニスが大きくなり女性も大満足!!」というようなイメージを植え付けられますが、 実際にはそこまでの効果は期待できないと考えたほうがよいでしょう。 ただし、5mmでも1cmでもペニスの増大は男にとっての永遠の夢ですよね。 包茎を改善するという目的ではなく、単純に「ペニスの増大」という目的でサプリメントを利用するのはありかもしれませんね。 どうしてもサプリメントで仮性包茎を改善したいというのであれば、せめて上で紹介したトレーニングや矯正グッズを使ったむきぐせをつける方法とセットで試してみるとよいでしょう。 これまで紹介した自力で治す方法をしようと考えているなら、合わせて生活習慣の改善も行って少しでもペニスの状態をプラスの方向に持っていくべきでしょう。 なにより、生活習慣の改善はペニスに限らず、体の健康を維持するためにも大切なことですからね。 特にペニスに影響を与える生活習慣をあげておくので、参考にしてみてくださいね。 ・食生活の乱れによる栄養不足 食生活が乱れて栄養不足になってしまうとペニスは成長しづらくなりますし、勃起力も半減してしまいます。 特にペニスに影響を与える栄養としては、「シトルリン」「アルギニン」「トリプトファン」「テストステロン」「マカ」「亜鉛」といったものがあげられます。 こういった栄養素を含んでいる食べ物、例えば スイカ、牡蠣、すっぽんといったものを積極的に食べることでペニスにも必要な栄養が行き渡りやすくなるでしょう。 もちろん、バランスの良い食事をするのが大前提です。 ただし、実際にバランスの良い食事を毎日3食しっかりと食べるのは難しいですよね。 包茎に悩んでいる働き盛りの独身男性ならなおさらです。 そういった場合には、それこそサプリメントで足りない栄養を補うのもひとつの手ですね。 ・睡眠不足 「成長期には成長ホルモンが活発に分泌されて、体が成長する。 」これはよく耳にする話ですよね。 当然ペニスも体の一部ですから、 成長ホルモンが活発に分泌されればされるほど大きく成長し、勃起力も向上するのです。 成長ホルモンは常に体の中で分泌されているわけではなく、特に睡眠中に活発に分泌されます。 成長ホルモンが活発に分泌される思春期は、特に夜更かしをせずにしっかりと眠るように言われましたよね。 ペニスの成長にも睡眠は関係しているため、いくら成長期をすぎたからといって夜更かしばかりして、毎日睡眠不足になってしまうのよいことではありません。 ・喫煙 ペニスに多くの血液が流れ込むことで、大きく固く勃起します。 ペニスにつながる血管が細いと血液が流れこむ量が減少してしまい、勃起力も衰えてしまうのです。 タバコには血管を細くしてしまう効果があるため、 喫煙者は血流の悪化によって勃起力が低下するのです。 また血液は、体の各部分に栄養を届ける働きもしていますから、血管が細くなるとペニスに栄養が届きづらくなり、成長も阻害される可能性があるのです。 「百害あって一理なし」とといわれるタバコは、ペニスにとっても害となってしまうのですね。 ・運動不足 血流が悪いとペニスにも栄養が届きづらくなり、成長しづらくなってしまいます。 心臓が収縮と拡張を繰り返してポンプのように働いて血液を循環させていますが、実は筋肉も血液を流すために働いています。 そのため、運動不足になって全身の筋肉が衰えると、血流も悪化しやすくなり結果としてペニスの成長にも影響が出てしまうのです。 あわせて読みたい (2-6)手術で治すことも可能! 仮性包茎を自力で治す方法を5つ説明していきましたが、次は仮性包茎を手術で治す方法について説明していきましょう。 包茎を手術で治すとなった場合に、話題になるのが「医療保険の適用」です。 医療保険は簡単に言えば、「放っておくことで健康が損なわれてしまう病気の治療」に適用されるものです。 では包茎の場合はどうなると思いますか? 真性包茎やカントン包茎なら、泌尿器科で受ける手術に限って医療保険が適用されます。 なぜなら、真性包茎だと自分で包皮をむけないため恥垢がたまり、性病や病気を発症する可能性がありますし、カントン包茎だと狭い包皮によってしめつけられることで亀頭が壊死する危険があるからです。 これはあきらかに健康が損なわれていますよね。 しかし、仮性包茎を治療する手術は、医療保険が適用されないケースがほとんどです。 仮性包茎も確かに性病や病気を発症する可能性はありますが、真性包茎と違い自分で包皮をむいてしっかりと洗えば、危険は十分回避できますし、カントン包茎のように包皮によって急激に亀頭がしめつけられることもありません。 このように仮性包茎は、治療をしなくても健康を損なう危険が少ないため、手術をするとなっても医療保険が適用されないのです。 仮性包茎の手術は医療保険が適用されないことを頭に入れた上で、実際に仮性包茎の手術にはどのような種類があるのか説明していきましょう。 仮性包茎の手術は「切らない手術」と「切る手術」の2種類が存在しています。 ・ノンカット法(ノーカット法) ノンカットという名前からも分かるように、ノンカット法は昔は切らない手術の主流として多くのクリニックで扱われていました。 包皮を根元の方へひっぱり亀頭をすべて露出させ、 包皮が元に戻らないように医療用の糸で固定します。 そうすることでむきぐせがつくのですが、軽度の仮性包茎にしか効果を発揮しない上に、 絶対にむきぐせがつく保証もありません。 ペニスに大きな傷跡が残らず、費用も5万円程度と比較的安くすみますが、せっかく手術を受けるのに効果が保証されないのはちょっといただけないですよね。 ・亀頭増大術 亀頭増大術も切らない手術のひとつであり、亀頭に ヒアルロン酸やコラーゲンといった体に害がないものを注入して、亀頭そのものを大きくすることで仮性包茎を改善します。 亀頭が大きくなれば、その分自然と包皮が押し広げられますよね。 また特にカリの部分を大きくなると包皮がむけた状態からもとに戻ろうとするときに ストッパーの役目を果たせるので、仮性包茎が改善できます。 ただし、亀頭が大きくなることで押し広げられる包皮にも限りがありますし、カリが大きくてもカリ高を上回るほどの包皮が余っていると、結局仮性包茎に戻ってしまいます。 そのため、亀頭増大術も軽度の仮性包茎にしか効果を発揮しません。 ・長茎術 長茎術も切らない手術のひとつであり、ペニスそのものの長さを伸ばすことで仮性包茎を改善します。 ペニスそのものの長さを伸ばすといっても、ペニスの根本と先端をもって強引に引き伸ばすわけではありません。 実はペニスには外に露出されている部分だけでなく、体の中にたるんで埋まっている部分も存在しているのです。 長径術ではペニスの根本を切開して 埋まっている部分のペニスを引き出すことで、ペニスの長さを伸ばします。 ペニスの根本を切開するため厳密にいえば切る手術ですが、手術跡は陰毛に隠れますし、ペニスそのものにはメスが入らないので、そういった意味で切らない手術に分類しています。 ペニスの長さが伸びると、普段は余って亀頭をおおっていた包皮が亀頭の根元あたりにずれるので自然とズルムケになるのです。 ちなみにこの手術で伸ばせるのは、主に 平常時のペニスの長さだけです。 例えば、手術をして平常時のペニスが3cm長くなったとしても、勃起時の長さもそのまま3cm長くなるというわけではありません。 費用は15万円ほどが相場となっています。 ・環状切開術 環状切開術は包茎手術の中でも最も基本的なもので、亀頭をおおってしまっている包皮を輪っか状に切り取ってしまい、縫合する手術です。 余っている皮を切り取ってしまうわけですから 確実に仮性包茎を治療できますが、仕上がりを重視した手法ではないので、 術後にペニスがツートンカラーになる、手術跡が目立ってしまうというデメリットがあります。 医療保険が適用となる真性包茎、カントン包茎であれば泌尿器科で3万円程度の費用で環状切開術を受けられますが、仮性包茎は医療保険が適用されないため7万円程度の費用がかかってしまいます。 性病や病気、亀頭の壊死といった重大なりリスクがある真性包茎、カントン包茎であれば、見た目が悪くても安い費用で環状切開術をするメリットがありますが、そもそも健康上のリスクが少ない仮性包茎を治すために7万円程度のそこそこ高い費用を払い、さらに見た目を悪くしてまでズルムケにする必要性は正直あまり感じられません。 実際に仮性包茎の人が環状切開術を受けることは少なく、もう少し費用を上乗せして仕上がりの見た目が良くなる手術を受けるのが一般的です。 ・亀頭直下埋没法 亀頭直下埋没法は、仮性包茎の手術の中でも最も普及している手法であり、ひとことで言えば「傷跡、手術跡が目立たない手術」です。 この手術も環状切開術と同じように包皮を輪っか状に切り取るのですが、 勃起状態のペニスのサイズに合わせて包皮を切り取るというのが大きな違いです。 こうすることで、切除後の縫合部分がちょうど亀頭の真下、カリの段差部分にくるため、 傷跡や手術跡がほとんど目立たないのです。 またツートンカラーになってしまう心配もほとんどありません。 ただし、切除する包皮内板という部分にも神経が通っているため、術後にセックスやオナニーで得られる快感が少なくなる、感覚が鈍くなるケースもあります。 また中には医師が経験不足で包皮を切りすぎてしまい勃起時につっぱりや痛みを感じたり、逆に包皮を切らさすぎてしまい術後も包皮が亀頭にかぶってしまうということもあります。 こういったデメリットや失敗のリスクを少しでも減らすならABCクリニック、上野クリニックと言った大手で症例数が多いクリニックで手術を受けたほうが良いでしょう。 軽度の仮性包茎だけでなく重度の仮性包茎にも対応できるため、仮性包茎手術のスタンダードとなっています。 環状切開術と比べると傷跡を目立たせいないための技術と経験が必要になる手術なので、費用は15万円程度かかるのが一般的です。 あわせて読みたい 3.まとめ あなたはネガティブなイメージを持っている「仮性包茎」を、どうにかして改善しなければいけないと焦っていたのではないでしょうか?しかし、ここにたどり着いたことで、仮性包茎の改善の必要性、そして改善するためのさまざまな方法について正しく理解できたことでしょう。 最後にもう一度、仮性包茎改善の必要性と改善方法についてまとめておきましょう。 自分の意識次第で性病や病気というリスクを回避できる仮性包茎は、「必ず」改善する必要はない• 自力で治す方法は、費用を安く抑えられ安全性も高いが、長い期間が必要で効果の確実性は保証できない• 手術で治す方法は、費用がかかりペニスにメスを入れるリスクを伴うが、確実に早く治療できる• 仮性包茎は健康面でのリスクがないため、特別な理由がないなら安全性を重視して自力で治す方法から取り組むのがおすすめ! 仮性包茎は健康面でのリスクは低いため、必ず治療する必要もありません。 まずは本当に自分が仮性包茎を改善したいのかどうか考えてみてくださいね。 確かに仮性包茎だと女性関係の面でコンプレックスを感じるかもしれませんが、仮性包茎が理由で女性にセックスを拒まれることって少ないですよね。 だって世の中の成人男性は7割が仮性包茎で、仮性包茎は普通なことなのですから。 それでも仮性包茎を改善したいと考えるなら、安全性を優先してまずは自力で治す方法を試すのをおすすめします。 もし、これで仮性包茎が改善できたらラッキーですよね。 手術のことを考えるのは、「自分の仮性包茎は自力で治す方法では効果がない。 」と分かってからでも遅くありません。 あなたが自分の仮性包茎を本当に改善する必要があるのか正しく判断して、もし「それでも改善したい」と考えたのなら、自分に最もあった方法を選び、なるべく少ないリスクで希望を叶えられるように願っています。 この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

次の