頑張って 類語。 「激励」は目上に使える?意味と例文、類語、四字熟語、英語表現を解説!

頑張りの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

頑張って 類語

まずは、「頑張る」という言葉の正確な敬語表現について見ていきます。 相手に、頑張ってくださいという意味で使う「頑張る」は、尊敬語で「お励みになる」、謙譲語で「努力させていただく」となります。 なかなか聞きなれない言葉ですが、最上級の敬語として使われるケースがあるのです。 とはいえ、、非常に難しいの言葉であり、先ほども言ったようにビジネスはおろか普段の生活でも「頑張って」という意味の敬語としては、余り使わないフレーズでもあります。 それに、「頑張ってください」というフレーズは、もともと目下の人に対する言葉なのであまり意識する必要もないという考えもあります。 ですので、現実にビジネスシーンで使うのであれば、次にご紹介する「頑張る」と同義の言葉もあるという事を覚えて、頑張ってくださいの敬語としていくつか認識しておくのが吉です。 表現方法は大いに越した事はないですからね。 敬語として「頑張る」の代わりに使える言葉 頑張ってください、を目上の人に使う場合、または自分が目上の人に対して「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする際に、「頑張る」の代わりに使いたい言葉がいくつかあります。 それを、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けてご紹介しますので、覚えておきましょう。 ですが、どんな動詞でも謙譲語、尊敬語が作れる訳ではなく、それは「頑張る(頑張って)」という言葉についても同様です。 注意しましょう。 まるで相手が、手抜きをしているかのように受け取られてしまいます。 「頑張ってください」が敬語としては一番無難 上記で紹介したように「頑張る」を敬語に変換したからと言って、必ず使える敬語になるという訳でもないようです。 むしろ、嫌味に聞こえて相手にとって不快に感じるケースもありますので、「頑張る(頑張って)」という意味合いで掛ける言葉としては、「頑張ってください」が一番無難で使いやすい言葉だと考えておきましょう。 とはいえ、ビジネスでは目上の人に使う言葉は丁寧語でもなく謙譲語でもなく、尊敬語ですよね?その場合も「頑張ってください」で良いのでしょうか? では次に、「頑張る」を尊敬語にするときの、正しい言い回しについて見ていきます。 「頑張る」の尊敬語は色々!ビジネスで目上の方への正しい使い方とは? ビジネスシーンで気をつけるべき言葉遣いですが、目上の人に「頑張る」を使う場合は、応援する意味を込めた言葉が最適です。 あくまでも正しい敬語としては、「頑張ってください」となりますが、同じ意味でも目上の人に使う場合は少し違ってきます。 ですが、言い方は非常にたくさんあります。 では、「頑張る」を目上の人に対して言うときに、使う場合が多い尊敬語について詳しく見ていきましょう。 ビジネスで目上の方に「頑張ってください」はNG!「頑張る」を言い換えよう ビジネスシーンで、目上の人に対して「頑張る」という動詞を、そのまま用いて尊敬語とすることはできません。 しかし、形の上では「お励み下さい」「お励みなさいませ」「期待しています」「陰ながら応援させていただきます」「御健闘をお祈りします」などという言い方に変換して使えば、相手を敬っているので問題ありません。 これらの敬語を、そのときの状況に合わせて使い分けるようにするのがビジネスで「頑張ってください」と目上の人に声を掛ける際の、正しい敬語となります。 「頑張ってください」を目上の方に使う場合のケース例をご紹介 目上の人に対して「頑張れ!」「頑張って」いう気持ちと伝えたいときに、例えば「お頑張りください」はおかしいですよね。 ですが、上に挙げた尊敬語を単純に当てはめてみても、「部長、お励みになってください!」となります。 なんだかしっくりきません。 そもそも「頑張る」という言葉は、最初に述べたように、目下の人に対して使う言葉です。 そこで、こういった場合は尊敬語にこだわらず「頑張ってください」「陰ながら応援させていただきます」のように言うのが無難でしょう。 これが、状況に合わせた使い分けですから、是非とも覚えておきましょう。 「頑張る」を謙譲語で言うと?目上の方に決意表明をする際の使い方とは では最後に、目上の人に対する決意表明として、「頑張る」を謙譲語にする場合の言葉遣いについて紹介していきます。 「頑張る」とは、自分自信が努力する意味で、この「頑張る」を謙譲語に直すと「頑張ります」ではなく「努力させていただきます」や「努めさせていただきます」という形で使うのが最適です。 ですが、ビジネスメールなどで「努力します」「頑張っています」という意思表示をする際などは、こんな長いフレーズを使うのも少し気を遣いますよね。 その際の最適な使い方もチェックしておきましょう。 「努力させていただく」「努めさせていただく」は堅すぎる謙譲語に 「努力させていだたく」というのは「頑張る」の正しい謙譲語で、「努めさせていただく」も同じです。 ですが、これだと「頑張ります」という意味としてはやや固すぎるので、受け取る方にとっても、何だか仰々しく感じてしまいますよね。 固い表現では、「犬馬の労をも厭わず精勤する所存です」なんて言い方もあるようですが、ビジネスシーンではもう少し違い言い方をするのが好ましいでしょう。 「頑張れ」の謙譲語は「精一杯努力させていただきます!」がベスト 目上の人に対して、「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする場合は 「精一杯努力させていただきます!」 「精一杯努めさせていただきます!」 のように言うのがベストでしょう。 上記にある、「頑張る」を謙譲語に変えたものは、自分をちゃんとへりくだった言い方にした言葉遣いで、かつ自分を下げて相手を上げる言い方にもなっています。 そのため、仕事では、上司や目上の方や先方などに使う敬語として最適であり、使用機会も多くなるので、必ず覚えておきたいですね。 結論:場面とその人との間柄にもよるので特段これだとNGというわけではない 「頑張る」という言葉を敬語(尊敬語・丁寧語・謙譲語)に変換して使う言葉の言い回しについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 「頑張る」という言葉を、相手に対して「頑張ってください」もしくは自分が「頑張ります」という意味で使う際は、そもそも「頑張る」という言葉を敬語に変換するのは難しいといえるので、結論としては失礼にならない言い方であれば自由で構わないでしょう。 ですが、今回紹介した敬語の言い回しを覚えておくのも、ビジネスマナーを弁えた社会人として見られるかどうか、大切な部分でもあります。 非常に細かい部分ではありますが、ビジネスシーンにおいて正しい言葉遣いは必須のスキルと言っていいものです。 そのため、この機会にこういったビジネスで使うであろう言葉遣いのポイントはしっかりとおさえておきましょう。

次の

「頑張る」の言い換え「類語」まとめ!

頑張って 類語

お体に気をつけての意味 日本語には、相手の体調や健康を気づかう表現が数多くあります。 その中でも一番シンプルで分かりやすい言葉がお体に気をつけてです。 文字通りの意味を持つフレーズではありますが、その言葉にはどのようなニュアンスを含んでいるのか、あらためてチェックしておきましょう。 相手を気づかう言葉 お体に気をつけては、相手の体調を気づかう気持ちが込められた表現です。 今の体調に気をつけてほしいという意味に加え、今後の健康を願うニュアンスも強く含んでいます。 メールや手紙などの文書で使われたり、挨拶での一言として使われたりすることが多いでしょう。 身近な人とのコミュニケーションでも用いられる言葉です。 上司・恩師・先輩など目上の人や、同級生や同僚など同じような年齢・立場の人、部下や後輩といった人まで、前後の細かい表現に気をつければ誰に対してでも使用できます。 よく使われるシーンこそあるものの、相手が実際に体調を崩しているような状況でなければ使えるタイミングも問わない、とても使い勝手のよい言葉です。 お体に気をつけての使い方 相手の体調を気づかう言葉であるお体に気をつけては、会話や文書に関係なくさまざまな場面で使用できます。 よく使われる主なケースを紹介します。 メールや手紙の締めとして お体に気をつけては、メールや手紙などで比較的まとまった内容の文章をやり取りする際、結びの挨拶でよく使われます。 前文で季節の挨拶などを記し、主文でメインとなる内容を書いた後、末文でお体に気をつけてを使った締めの言葉を差し込めば、相手に対する印象がグンと良くなるでしょう。 また、メールやFAXなどのビジネス文書は、文章全体が伝えたい用件だけになってしまいがちです。 文書の内容にもよりますが、相手を気づかう一言を最後に添えるだけで、読む人の心を和ませ、好印象を与えられます。 ただし、相手が病気や怪我で入院していたり、自宅療養中であったりする場合は、使用を控えるのが賢明です。 退職や転職する方へ お体に気をつけては、退職・転職により今の場所から離れる相手に対し、お別れの言葉としても使えます。 「健康に気を配りながらこれからも頑張って」というように、相手の体を気づかいながら、将来に向けてのエールを送るニュアンスも含められます。 目上の人にも使えるため、前後に付け加える言葉に留意し敬意を示す表現にすれば、上司や先輩が職場を離れる際にも気の利いた一言として喜ばれるでしょう。 体と身体の使い分けは? お体は『お身体』と書くことも可能です。 どちらも『おからだ』と読みますが、漢字が違うと意味も微妙に異なるため、手紙やメールでは違いを意識しましょう。 『体』とは、頭から足までの肉体全体を指す言葉です。 一方、『身体』は、精神や心を含めた心身を表し、フィジカルとメンタルの両方を指しています。 お体に気をつけての場合は、単純に肉体としての『からだ』を案じていることになり 、基本的にはこちらを使うのが無難です。 お身体に気をつけての方は、厳密には心身ともに健康であることを願う意味になるため、「気持ちの上でも強くあれ」というようなニュアンスを含みたい場合に使えます。 ただし、実際には、このような違いを意識して使い分けられることはほとんどありません。 どちらも同じように使えることを覚えておきましょう。 お体に気をつけての例文 自然な言い回しでお体に気をつけてを使える例文を、シーン別に紹介します。 実際に口頭で使う場合は、言葉に気持ちを込めることも大切です。 カジュアルな間柄の場合 親しい先輩や上司が退職・転職などで職場を離れるような場面では、後ろに「頑張ってください」という言葉をつけて、以下のようなお別れの挨拶にできます。 ・お心づかいに感謝いたします。 このように丁寧な言い回しで返せば、単なる「ありがとうございます」に比べ、より感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 後半の相手を気づかう言葉は、次に解説する類語や言い換えを覚え、いろいろな表現ができるようになるとなおよいでしょう。 お体に気をつけての類語や言い換え表現 相手の健康を願うフレーズにはさまざまな種類があります。 利用シーンや相手の状況にも注意し、適切な言い回しを選択することをおすすめします。 お体にはご留意ください 『留意する』とは「気にする・気に留める」という意味の言葉です。 類語の『注意する』『用心する』よりは、気をつける程度が弱くなります。 『お体にはご留意ください』は、健康を気にしてほしい、体調を気に留めてほしいという、相手の健康を気づかう表現です。 お体に気をつけてくださいに比べ、より丁寧な表現となり、以下のような例文にすればかなり目上の人に対しても使えます。 ・慣れない部署に異動してこられたばかりで、なにかとお忙しいとは存じますが、どうかお体にはご留意ください。 ご自愛ください 『自愛』は、「自分を愛する」、つまり「精神面を含めた自分の体調全てを大切にする」という意味の言葉です。 『ご自愛ください』という場合は、「ご自身の体調を大事にしてください」と相手の健康に気を配る敬語表現になります。 『愛』という語が柔らかなイメージを与えやすい上、男女共に用いることが可能です。 目上の人にも使えることから、手紙やメールの末文に以下のようなフレーズでよく使われます。 ・季節の変わり目ゆえ、くれぐれもご自愛ください。 ご体調を崩されぬようお気をつけください お体に気をつけてというフレーズは、体調を気づかう気持ちをあいまいに表す意味合いであるため、相手の立場や状況にかかわらず広く使えるメリットがあります。 一方で、「ご体調を崩されぬようお気をつけください」という言い回しは、気をつけてほしい対象をストレートに示していることから、より親しげな印象を与える表現です。 似たようなフレーズとしては、「お風邪をひかれぬようお気をつけください」などが挙げられます。 いずれも、目上の人などに使うと、やや馴れ馴れしい印象を与えてしまう恐れがあるため、ある程度距離感の近い相手に対して使うのがよいでしょう。 お大事になさってください 『大事(だいじ)』とは、大切にすることを意味する言葉です。 「用心する・自重する」という意味でよく使われる「大事をとる」の大事と同じ言葉になります。 「お大事になさってください」という表現は、病気や怪我で弱っている相手の体を気づかい、回復を願っていることを伝えるフレーズです。 健康を願う他の表現と異なり、使える相手がすでに病気や怪我で休んでいるような人に限られます。 病院などで言われる『お大事に』という言葉は、お大事になさってくださいを省略したものです。 以下の例文で使い方を確認しましょう。

次の

「持ち前の明るさ」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

頑張って 類語

お体に気をつけての意味 日本語には、相手の体調や健康を気づかう表現が数多くあります。 その中でも一番シンプルで分かりやすい言葉がお体に気をつけてです。 文字通りの意味を持つフレーズではありますが、その言葉にはどのようなニュアンスを含んでいるのか、あらためてチェックしておきましょう。 相手を気づかう言葉 お体に気をつけては、相手の体調を気づかう気持ちが込められた表現です。 今の体調に気をつけてほしいという意味に加え、今後の健康を願うニュアンスも強く含んでいます。 メールや手紙などの文書で使われたり、挨拶での一言として使われたりすることが多いでしょう。 身近な人とのコミュニケーションでも用いられる言葉です。 上司・恩師・先輩など目上の人や、同級生や同僚など同じような年齢・立場の人、部下や後輩といった人まで、前後の細かい表現に気をつければ誰に対してでも使用できます。 よく使われるシーンこそあるものの、相手が実際に体調を崩しているような状況でなければ使えるタイミングも問わない、とても使い勝手のよい言葉です。 お体に気をつけての使い方 相手の体調を気づかう言葉であるお体に気をつけては、会話や文書に関係なくさまざまな場面で使用できます。 よく使われる主なケースを紹介します。 メールや手紙の締めとして お体に気をつけては、メールや手紙などで比較的まとまった内容の文章をやり取りする際、結びの挨拶でよく使われます。 前文で季節の挨拶などを記し、主文でメインとなる内容を書いた後、末文でお体に気をつけてを使った締めの言葉を差し込めば、相手に対する印象がグンと良くなるでしょう。 また、メールやFAXなどのビジネス文書は、文章全体が伝えたい用件だけになってしまいがちです。 文書の内容にもよりますが、相手を気づかう一言を最後に添えるだけで、読む人の心を和ませ、好印象を与えられます。 ただし、相手が病気や怪我で入院していたり、自宅療養中であったりする場合は、使用を控えるのが賢明です。 退職や転職する方へ お体に気をつけては、退職・転職により今の場所から離れる相手に対し、お別れの言葉としても使えます。 「健康に気を配りながらこれからも頑張って」というように、相手の体を気づかいながら、将来に向けてのエールを送るニュアンスも含められます。 目上の人にも使えるため、前後に付け加える言葉に留意し敬意を示す表現にすれば、上司や先輩が職場を離れる際にも気の利いた一言として喜ばれるでしょう。 体と身体の使い分けは? お体は『お身体』と書くことも可能です。 どちらも『おからだ』と読みますが、漢字が違うと意味も微妙に異なるため、手紙やメールでは違いを意識しましょう。 『体』とは、頭から足までの肉体全体を指す言葉です。 一方、『身体』は、精神や心を含めた心身を表し、フィジカルとメンタルの両方を指しています。 お体に気をつけての場合は、単純に肉体としての『からだ』を案じていることになり 、基本的にはこちらを使うのが無難です。 お身体に気をつけての方は、厳密には心身ともに健康であることを願う意味になるため、「気持ちの上でも強くあれ」というようなニュアンスを含みたい場合に使えます。 ただし、実際には、このような違いを意識して使い分けられることはほとんどありません。 どちらも同じように使えることを覚えておきましょう。 お体に気をつけての例文 自然な言い回しでお体に気をつけてを使える例文を、シーン別に紹介します。 実際に口頭で使う場合は、言葉に気持ちを込めることも大切です。 カジュアルな間柄の場合 親しい先輩や上司が退職・転職などで職場を離れるような場面では、後ろに「頑張ってください」という言葉をつけて、以下のようなお別れの挨拶にできます。 ・お心づかいに感謝いたします。 このように丁寧な言い回しで返せば、単なる「ありがとうございます」に比べ、より感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 後半の相手を気づかう言葉は、次に解説する類語や言い換えを覚え、いろいろな表現ができるようになるとなおよいでしょう。 お体に気をつけての類語や言い換え表現 相手の健康を願うフレーズにはさまざまな種類があります。 利用シーンや相手の状況にも注意し、適切な言い回しを選択することをおすすめします。 お体にはご留意ください 『留意する』とは「気にする・気に留める」という意味の言葉です。 類語の『注意する』『用心する』よりは、気をつける程度が弱くなります。 『お体にはご留意ください』は、健康を気にしてほしい、体調を気に留めてほしいという、相手の健康を気づかう表現です。 お体に気をつけてくださいに比べ、より丁寧な表現となり、以下のような例文にすればかなり目上の人に対しても使えます。 ・慣れない部署に異動してこられたばかりで、なにかとお忙しいとは存じますが、どうかお体にはご留意ください。 ご自愛ください 『自愛』は、「自分を愛する」、つまり「精神面を含めた自分の体調全てを大切にする」という意味の言葉です。 『ご自愛ください』という場合は、「ご自身の体調を大事にしてください」と相手の健康に気を配る敬語表現になります。 『愛』という語が柔らかなイメージを与えやすい上、男女共に用いることが可能です。 目上の人にも使えることから、手紙やメールの末文に以下のようなフレーズでよく使われます。 ・季節の変わり目ゆえ、くれぐれもご自愛ください。 ご体調を崩されぬようお気をつけください お体に気をつけてというフレーズは、体調を気づかう気持ちをあいまいに表す意味合いであるため、相手の立場や状況にかかわらず広く使えるメリットがあります。 一方で、「ご体調を崩されぬようお気をつけください」という言い回しは、気をつけてほしい対象をストレートに示していることから、より親しげな印象を与える表現です。 似たようなフレーズとしては、「お風邪をひかれぬようお気をつけください」などが挙げられます。 いずれも、目上の人などに使うと、やや馴れ馴れしい印象を与えてしまう恐れがあるため、ある程度距離感の近い相手に対して使うのがよいでしょう。 お大事になさってください 『大事(だいじ)』とは、大切にすることを意味する言葉です。 「用心する・自重する」という意味でよく使われる「大事をとる」の大事と同じ言葉になります。 「お大事になさってください」という表現は、病気や怪我で弱っている相手の体を気づかい、回復を願っていることを伝えるフレーズです。 健康を願う他の表現と異なり、使える相手がすでに病気や怪我で休んでいるような人に限られます。 病院などで言われる『お大事に』という言葉は、お大事になさってくださいを省略したものです。 以下の例文で使い方を確認しましょう。

次の