野ブタをプロデュース なぜ野ブタ。 『野ブタ。をプロデュース』なぜ男女3人の物語に? 木皿泉が脚色で重ねた世界観|Real Sound|リアルサウンド 映画部

なぜ『野ブタ。をプロデュース』には「。」がつくのか|眞野いるか|note

野ブタをプロデュース なぜ野ブタ

ネットニュースの「文春オンライン」(2020年5月16日 で、霜田明寛さんというライターが、15年ぶりに再放送されている『』が、なぜ今の時代に大反響を呼び起こしているのか? … ということを分析されていた。 私は、当時そのドラマをまったく観ていない。 そして、それが現在再放送されているということも知らなかった。 しかし、そのライターさんの分析から、いまの時代を考える大事なヒントをもらったような気になった。 記事を読んだだけの印象だが、そのドラマがいまもトを持ち続けているとしたら、それは、ドラマの開始時 … すなわち2005年の日本と今の日本が状況的に酷似しているか、もしくは、2005年に撒かれた問題が、今ようやく可視化される時代になってきた、ということを物語っている。 では、どういうドラマなのか? ライターの霜田さんは、『 … 』の再放送を見たとき、 「こんな暗いドラマだったのか!? 」 と、びっくりしたという。 ストーリーだけ追うと、爽やかな青春ドラマのように感じられるが、ライターの霜田氏は、桐谷修二という男子学生の内面にメスを入れていく。 実は、修二がしようと思ったのは、彼女を「いじめ」から助けるためではなかった。 むしろ、自分の退屈を紛らわすために、ゲームとして、するという遊びを始めただけだった。 そこで浮かび上がってくるのは、「人生はすべてゲームだ」と割り切る修二のニな心である。 修二は、「マジになった方が負け」と常に自分をいましめ、「うまく立ち回っていれば傷つくことなくゴールまでいける」と諦観する寂しい青年である。 そういう青年を主人公に据えた『 … 』というドラマの暗さが、15年ぶりに見た霜田氏の心に鋭く突き刺さったらしい。 霜田氏の年齢は35歳(1985年生まれ)。 『 … 』の放送が始まったときは、登場人物の一人であると同じ19歳だったそうだ。 しかし、主題歌が明るかったり、登場人物たちが若いこともあって、ドラマそのものの底に沈んでいた暗さに気づかなかったとか。 それから15年後。 基本的に、このドラマは「」を描いたドラマである。 主人公の修二は、の上位に君臨している男子で、頭もいいし、運動能力にも恵まれた人気者。 コミュニケーション能力も高いため、周囲の空気を読むのもうまく、人の気持ちを和ませる才能に恵まれている。 しかし、その内面は乾ききっていて、寂しい。 の上位にいる(はずの)人間を襲う孤独と虚無感。 私は、これと同じ構図を、氏が書いた『』という小説に見出す。 『 … 』が放送されたのは、2005年。 『』が出版されたのは、2010年。 しかし、すでにその当時の教室には、「容姿に恵まれ、身のこなしのうまい特定グループがクラスを牛耳り、そのに組み込まれて、発言すら許されない下位グループが存在した」という事実があったらしい。 霜田氏は、このように構造化された教室は、すでに「大人の社会」とまったく変らず、大人が感じる息苦しさを子供たちも経験していたと書き加える。 そして、氏は、 「あれから15年が経って自分も大人になったが、そのままの構造をただ拡大しただけの社会を今も生きている」 と吐露する。 2005年から2010年にかけて、つまり学校にが生まれた時代というのは、いったい日本で何が起こっていたのだろうか? 2005年に高校生活を送るようになった子供たちというのは、だいたい1997年~1999年ぐらいに小学校生活か中学生活を経験している。 年齢でいうと10歳~12歳、もしくは13歳といういちばん多感な時期だ。 この時代、彼らの父親・母親は、戦後はじめてといえるくらいの大激動期に翻弄されていた。 1990年にバブルが崩壊する。 以降、国内企業の大型倒産が相次ぎ、世の中を「リストラ」、「事業所閉鎖」、「希望退職」などという言葉が行き交うようになる。 その原因は、国際社会の変化にあった。 1989年にが崩壊し、冷戦構造が終焉を迎えたことを機に、「資本主義社会の全面勝利」を謳った西側企業が、的な経済政策をとり始めたからだ。 それによって、「人、カネ、物」の移動が一気に地球規模に広がり、の時代が始まった。 日本はこの流れに追いついていけなかった。 大手銀行まで倒産しかねないという経済不安が日本中を覆い、国際競争を勝ち抜くために、どの企業もを確保する方向に舵を切らざるを得なかった。 そのために、多くの企業がとった方法は、「人件費の削除」であった。 つまり、を抑え、非を増やすことで難局を乗り切ろうとした。 このときに、それまで日本企業の美徳とされていた「終身雇用」や「」という制度も、「時代に合わない悪弊」として切り捨てられ、社員の評価軸はドライな欧米風の「」に移行し、それになじめなかった社員の大量リストラが断行された。 日本に、そういう大規模な社会変革が訪れたのが、1997年から1998年ぐらいにかけてであった。 この間に、雇用を奪われた日本人の自殺者は33,000人に達したという。 2004年以降の日本の高校に登場した「」という現象は、この時代に小学校や中学校に通っていた子供たちの間から生まれたといっても過言ではない。 つまり、「」の上位を目指した子供たちは、親が企業や組織のなかで繰り広げてきた熾烈な生き残り作戦を観察し、それを自分の生活圏のなかに持ち込んだものといえよう。 卒なく、スマートに身を処し、上司(教師)への忖度を忘れず、仲間同士の世界に戻れば、立場の弱いグループを徹底的に叩いて競争相手を減らし、常に自分たち上位グループだけにスポットライトが当たるような工夫を凝らす。 もちろん、それがうまくいけば、学園生活を送っている間は心地よい気分を満喫できる。 しかし、そういう暮らしがずっと自分の将来まで続くとは限らない。 彼らは、自分の親たちが必死に身に付けた処世術を見てきたから、社会に出ても息が抜けないことを知っている。 つまり、常に周りの空気を読み、上司の意向を忖度し、一生「仮面」を被って生きなければならないことを自覚しているのだ。 だから、辛くても必死に耐えるしかない。 なぜ、「ありのままの自分」がそれほどのか。 それは、「ありのままでは生きられない」と覚悟した若者たちの密かな願いだったからだ。 霜田明寛氏の記事は、そんなことまで教えてくれたように思う。 campingcarboy.

次の

野ブタをプロデュース 犯人黒幕は誰?いじめっ子はあの人だった!|movie

野ブタをプロデュース なぜ野ブタ

今年1月にキャッチした亀梨。 性格は真面目でメンバーにも気を遣うという 新型コロナウイルスの影響で、ほぼ全てのドラマ撮影がストップしてしまった。 そのため各テレビ局は、過去ドラマの再放送で今クールを凌いでいるが、むしろ視聴者からは新ドラマよりも歓迎の声が上がっている。 中でも好評を博しているのが、2005年に放送され社会現象を巻き起こした『野ブタ。 をプロデュース』(日本テレビ系、以下『野ブタ。 』)だ。 演じているのはKAT-TUNの亀梨和也(34)と、山下智久(35)、そしてこの作品でスターダムを駆け上がった堀北真希(31)。 若く無敵であるはずの10代の不安と生きづらさを丁寧に描き、全ての世代の心に刺さった一作だ。 そして15年経った今、あらためて見ても『野ブタ。 』は名作だと感じる。 その要因は多数あると思うが、一番はやはり主演を務めた亀梨和也にあるだろう。 なぜなら『野ブタ。 』の主人公で、学校の人気者・桐谷修二は、亀梨和也そのものであると感じたからだ。 ドラマのストーリーを簡単に説明しておこう。 高校二年の桐谷修二は、イケメンで何でもスマートにこなす、いわゆるスクールカーストのトップにいる存在。 ひょんなきっかけで変わり者のクラスメイト・草野彰(山下智久)と、クラスのいじめられっ子・野ブタこと小谷信子(堀北真希)を人気者にする、というプロデュース業をおこなうことに。 もちろん修二は自分の人気を落としたくないので、プロデュース業は3人だけの秘密。 こっそりと進行される。 しかしその過程で修二は、何事も器用なだけで薄っぺらい自分と否応なく向き合うことになり、葛藤する。 そして不器用ながらも自分らしく生き、着実に成長していく彰や野ブタの姿を見て、どうしようもない不安と焦りを覚え始めるのだ。 この修二の息苦しさと心の揺れ動きが、ドラマでは実に丁寧に、リアルに描かれている。 それゆえ見る人誰もが共感を覚えたのだが、今にして思うと、この修二の心境は、まさに演じる亀梨和也の心境そのものだったのではないだろうか。 好対照な亀梨と赤西 『野ブタ。 』に主演したときの亀梨は19歳。 この4年前に結成された6人組アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーであり、赤西仁(35、2010年に脱退)とツートップを務める亀梨は、ジャニーズファンから既に絶大な人気を得ていた。 亀梨はもともと野球少年で、小学生のときに軟式野球の世界大会に投手として出場したこともあるなど、抜群の運動神経の持ち主だ。 当然、歌もダンスも上手く、バラエティ番組でのスポーツ企画や挑戦もの企画も、ソツなくスマートにこなす。 本来なら焦りなど全く感じる必要のない能力の持ち主なのだが、これが幸だったのか不幸だったのか、隣には常に天性のカリスマ性を持つ赤西仁がいた。 赤西もまた、抜群の歌唱力とダンススキルの持ち主だ。 しかし彼は、実力がありながらも努力を怠らずメンバー思いな亀梨とは違い、気分屋で我が道を行くタイプ。 周囲に合わせることをしないうえ、嫌なことはやりたがらないなど怠惰な一面もあった。 なのにひとたびステージ立つと、圧倒的な色気とオーラでファンを魅了する。 そのためどんなに素行の悪さが目立っても、人気は全く衰えることがなかった。 アイドル優等生の亀梨からしたら、「なぜ?」「どうして?」という思いが常につきまとっていたのではないだろうか。 そして修二同様、大きな不安と焦りを覚えたに違いない。 亀梨が『野ブタ。 』で大ブレイクした翌年の2006年、KAT-TUNはシングル『Real Face』で華々しいCDデビューを飾る。 が、その後の亀梨はグループ内のゴタゴタもあって、期待された以上の活躍は見せられなかった。 それでも『妖怪人間ベム』(2011年/日本テレビ系、2012年に映画も公開される)では、アイドルながら妖怪人間というキワモノ役に挑戦して評価を得たり、野球経験を生かしてスポーツキャスターを務めたりと、常に新たな分野への挑戦を続けてきている。 そこからは、絶対に器用貧乏にはなるまいという、彼の必死の思いが伝わってくるのだ。 そんな亀梨の、『野ブタ。 』以降の涙ぐましい15年を見てきた今だからこそ、修二の姿は当時以上に私たちの胸に刺さるのかもしれない。 取材・文:奈々子 '72年生まれ。 愛媛県出身。 放送局勤務を経てフリーライターに。 タレントのインタビュー、流行事象の分析記事を専門としており、連ドラ、話題の邦画のチェックは欠かさない。 雑誌業界では有名な美人ライター• 撮影:島 颯太.

次の

野ブタ 一人勝ちの亀梨和也と山下智久理由はガッキーが可愛すぎ!

野ブタをプロデュース なぜ野ブタ

野ブタをプロデュース第6話のネタバレ! 今日は野ブタをプロデュース特別編が放送されます。 🐷私がテレビ業界を目指すキッカケとなった作品のひとつ。 社会人3年目、演出の北川監督とご一緒することがあって、熱烈に語る私に野ブタキーホルダーをくれました。 辛くなったらこれをみて、7年頑張ったんだ。 そんなの普通だよという浩二に、友達がスーツケースをやってくる、その中にバラバラ死体。 わけあって殺してしまったので、悟を頼ってやってきたそいつに、最後までちゃんとは安納話を聞いてやる、それが本当の友情。 警察に行かないの、という浩二に、そんなのはあと、と言い切ってしまいます。 そんなとき・・・桐谷家を頼ってやってきた、びしょ濡れの彰。 なんとその手にはスーツケース。 「やべえよ・・」という彰は話を聞いてくれる?と修二に聞き、おもむろにスーツケースを開けると、中にはお泊りセットが。 「家出をしてきました!」という彰は圧倒的に自分のペースにしてしまいます。 そして、野ブタのアップリケを電球につけて、修二のベッドで寝ようとする彰。 家出の理由は・・・彰の下宿先に来たこと。 いきなり会社を継げと言われて大ゲンカになってしまったこと。 「修二とか、野ブタとか毎日・・・。 」声が聞こえなくなって彰を見ると、もう寝息を立てていました。 そして二人は寝ることに・・・。 ** 翌日、彰はいつまで修二の家にいるのかわからないといいます。 俺たちはこんな退屈なおっさん連中になるのかな?と修二は問い・・。 そして学校には進路提出の紙が回ってきました。 他のクラスメートはスポーツ推薦や英文科での進学を考えており、「みんなけっこうマジに考えているじゃん」と焦り気味の修二。 屋上で紙飛行機を折っている彰に、進路のことを聞きますが・・それ以外にやること、野ブタを人気者にすることがあると答える彰。 しかしそれも前途多難・・・・嫌がらせが悪化することを懸念します。 それに、修二はこっちからウワサを流して、やられっぱなしはつまらない、と宣言。 進路希望の紙で折った紙飛行機を飛ばして、俺たちはここから、この空を見られるのはほんの少しなんだから・・と思う修二。 ** バイバイセコーといって帰る修二に、クラスの女子たちが野ブタのお守りを可愛いといってきたことで、修二はひらめきます。 「小谷が作ったんだよね、これ」とクラス中に言います。 そこでクラスメートたちが取り囲み、作ってくれるように頼みます。 修二は新しい作戦、野ブタのキーホルダーを作って、信子がこんなものを作れるんだ、という意外性を見せて、もっと野ブタの名前を知らしめる、と考えます。 信子はタダで配れば、と言いますが、お金を払うことでもっとありがたみが増す、そして費用を彰にもってもらうように頼みますが、ケンカをしているからお金はないと答えます。 そして・・彰の下宿先にやった3人は、彰と親父の喧嘩の跡を見てびっくりしますが、ぶつぶつ言いながら野ブタのキーホルダーを作り始めます。 1つできたところで信子が「野ブタパワー、注入」と言ってキーホルダーにパワーを注入すると、彰が「マジ野ブタパワーすげーんだから」とあとづけ。 それを聞いて、ひらめく修二。 これを持っていると願いことが叶うという噂を流そう・・。 ** 翌日。 野ブタのキーホルダーは爆発的に流行ろうとしていました。 修二は裏で動き、野ブタのお守り手に入れた子の願いが叶うように工作します。 クラスメート同士が付き合うように仕向け、クワガタが欲しい人に届け、さらに大々的に野ブタキーホルダーを売りさばこうとします。 修二はまり子と昼の弁当を食べているときに、信子たちの話題が出ます。 そこで、修二は野ブタキーホルダーのこと、アイデアを出していること、儲かったことをあることなことを話します。 信子の周りには、たくさんの人がキーホルダーを求めにやってきて、かすみの信子から買おうとしますが、かすみ用に特別に作ったキーホルダーを渡し、お金も受け取らないこと、友達だからと伝えました。 そして、代わりにお土産をもらった信子は、彰にすぐにそれを伝えに行きます。 「と、と、、、友達ができた」 「アミーゴ?」 そういってぎこちなく微笑んだ信子は、彰と一緒にたいやきを食べます。 頭の方が好きだ、幸せなく気分になる、と彰は言います。 たい焼きをもらったことを彰は聞き、そしてどんどんみんなのものになっていくようで寂しい、とつぶやきます。 私は全然変わってないと思うけど、という信子ですが、キーホルダーを欲しがっている子がいると呼ばれていってしまいます。 引き留めようとする彰ですが、信子は行ってしまいました。 「プロデュースをするってことは、みんなのものになるってことか・・ってそれじゃ、俺、救われねえだっちゃ・・」 ** その夜。 一台の車が一平の豆腐屋にやってきて、彰の父・庄一が降りてきました。 野ブタキーホルダーを二人はなぜか作りながら、ぶつくさ文句を言います。 豆腐と同じ値段だという一平。 庄一は、自分が何かイライラしていることを訴え、ずっと一緒にやってきたやつをリストラさせなくちゃいけない、その仕事を息子に継がせなくちゃいけないこと、みんなに納得させなくてはいけないと言います。 そこに帰ってくる彰。 会社を継ぐ・継がないことでまた口論が始まりますが・・・。 とうとう始まる大乱闘。 巻き込まれる一平。 彰がプロレス技をかけ、一平の部屋はぐちゃぐちゃに・・。 庄一は、すぐに結論を出さなくていい、でも覚悟を決めろと言いますが、俺はまだ17、何十年も続く人生、なんでももう決めなくちゃいけないんだよ・・とつぶやきます。 ** その頃、桐谷家では、修二が10万円もキーホルダーが売れたことを喜んでいました。 驚く悟と浩二。 もらっていいかと聞く浩二に、やるけど宣伝もしとけよという修二。 そんな修二を、悟はサラリーマンに向いていると言います。 ** 翌日。 修二の担任・横山が、売れなかった詩集の在庫について問い詰められていました。 捨てようと思ったけど捨てられなかったこと、そして読み上げられてしまいます・・。 とうとう燃やしにかかる横山ですが、ある男性に全然今は詩を書いていないことを告げます。 生活のことをとってしまったことは後悔していないこと、教師が楽しいこと。 そして、ひょんなことから詩集を置いてもらえることに。 ** そして、とうとう野ブタキーホルダーの売り上げが大変なことになっていました。 そこにキャサリンがやってきて、話題のキーホルダーを求めにやってきました。 100円玉のどっちが表か裏かという話題を出し、お金には裏があることをよく覚えとけと注意をして去っていきました。 ** 翌日。 登校してきた信子に、偽物が売られていることをかすみが伝えてきます。 他の学校のやつが売っていたことがわかり、売り上げが下がってしまったことを彰が言います。 修二は怒りを隠せませんが、信子はもういいんじゃないかな、喜んでもらえたし答えますが・・。 修二と彰はだまっていられず、今まで稼いだお金でバージョンアップさせようと憤ります。 その夜、一平から、庄一が会社を継ぎたくなくて彰と妻で一平の家にやってきたこと、お金がないからずっと豆腐ばっか食べていたこと、でも生活ができなくて会社に戻ったことを聞かされます。 「俺、金に負けちゃったよ・・」 そうつぶやく庄一。 ** 翌日。 信子は新しいキーホルダーの案を提案し、すぐに制作にこぎつけました。 かなりバージョンアップしたキーホルダーで、売り上げ目標50万円をかかげますが、売れ行きは低下気味・・・。 修二がニューバージョンのことを宣伝しますが、もうあまり見向きもされない様子・・。 修二はイライラし、なんで売れないのかなと言って出ていってしまいます・・・。 飽きられちゃったんだからしょうがないじゃんという彰。 廊下でボロボロに捨てられている前のキーホルダー。 まり子は売れていないことを心配して修二に買うよ、といいますが、冷たく当たってしまいます。 修二は「俺余裕ない、俺かっこわるい、一生懸命やるんじゃなかった、ほどほどにしておけばよかった、まり子にもあんな姿見せなくてすんだ」とこぼします。 そんな修二に、一生懸命やることは悪くない、だれかの力になれたかもしれない、と信子は言います。 「結果って、1万円売れたとか、1000個売れたとか、そういうこと?」と聞く信子に、「そんな気休めみてーなもんいらねーから」と冷たく言う修二。 そんな二人のもとに彰がやっていて、ニューバージョンの野ブタキーホルダーがペンキでぐちゃぐちゃにされてしまったことを伝えに来ます。 どうしてこんなことすんのか、俺にはわかんない、という彰。 しかし、信子は「かけてもらってよかったのかもしれない。 次に行けるから。 私たち、次にいかなきゃ・・」と答えました。 ** その夜。 帰ってきた彰に、庄一は会社を継ぐことは好きにしていいと言います。 驚く彰に、金庫を開けてみせ、「100円玉は100円玉同士、1万円のところには入れない。 つまんない。 こんな世界つまんねーよな。 お前は、道端に落ちている10円玉でいろ。 」という庄一。 彰は複雑そうな表情でした。 ** 自転車をこいで登校する修二。 歩いて行く信子。 ふと信子は、公園の隅で何かに気が付き、土が掘り返されて何かが埋められていることに気が付きます。 学校についた修二に信子がやってきて、「二人とも、来て」と公園に引っ張っていきます。 ここ掘って・・という信子に、彰が堀りかえして見つけたのは、だれかの宝箱・・中に入っていたものは、懐かしいおもちゃの数々と・・野ブタキーホルダー。 「私たちの作ったものが、だれかの宝物になったんだよ。 誰かの心の中に残ったんだよ。 それでよかったと思う」 信子の言葉に、何かを思う修二。 野ブタのいうとおりだ、次にいかなきゃ、だ。 キーホルダーを燃やす3人。 たい焼きを庄一と食べたことを思い出し、俺の宝はお前だと言われたこと・・・。 たい焼きは彰にとって特別な食べ物に。 ** 担任・横山の詩集がゴーヨク堂で売られて、ちょっとした横山ブームに。 書いた本人はどこで笑われているのかわからないけど、喜んでもらえたからいいや、という横山。 修二は進路は一週間では決められなかった。 生徒たちの進路希望の紙のなかに・・・。 野ブタをプロデュース第6話の感想 『野ブタをプロデュース』第6話を見た世間の感想は、 野ブタ。 をプロデュース の時代を感じるのがドラマのグッズがなんせ 携帯ストラップ ってことだよね🐷 2005年当時はガラケーに携帯ストラップやマスコットキーホルダー大量につけてガチャガチャさせるのが流行ってたんですよ高校生の間では(当時高校生) — ともっち bathkame 野ブタをプロデュース。 「Hulu(フールー)」 で、第1話から最新話までフル動画の視聴が配信予定です! 「Hulu(フールー)」は月額933円(税抜)のVOD配信サービスです。

次の