海外 fx ビット コイン。 iFOREXの仮想通貨(ビットコイン)FXをおすすめする6つの理由

仮想通貨(ビットコイン)FXができる海外のオススメ取引所はどこ?メリット・デメリット|国内取引所との比較を一挙解説!

海外 fx ビット コイン

001 値動きの最小値 USD 0. 001 1ロットあたりの価値 1 Bitcoin スプレッド 10 最少/最大取引サイズ 0. 62 売りスワップ値 -4. 32 指値および逆指値のレベル 0. 1 合計取引ロット数の上限(口座毎) 20 必要証拠金 XMのビットコインの取引はCFD商品として扱われます。 CFD商品の場合は、口座設定のレバレッジ(888倍や500倍)は適用されずに以下の計算式での適用となります。 スプレッド 10pips スワップポイント 買いスワップ値 -4. 62 売りスワップ値 -4. 32 スワップポイントは、ポジションを持ったまま日をまたぐと発生するのもので、デイトレードの場合には発生しません。 BTCFXの場合、買いでも売りでもマイナススワップポイントなので、長期投資には向いていません。 ビットコイン取引の取引時間 XMでのビットコイン取引の取引時間は月曜の朝7時5分~土曜朝6時50分(サマータイム時は月曜日6時5分~土曜日5時50分)までになります。 仮想通貨取引所では、365日24時間取引をしているところが多いですが、 XMでは土日の取引はありません。

次の

海外FXでビットコインの取引ができる!?入金・出金だけじゃない!

海外 fx ビット コイン

今ビットコイン投資がアツい!取引するなら海外FXブローカーBIG BOSSがオススメ! 値動きが激しい取引商品として原油に注目が集まる中、一部のトレーダーの視線を釘づけにしている取引商品があります。 それが ビットコインと呼ばれるバーチャルマネー。 短時間での激しい値動きは原油を凌ぐともいわれています。 短い時間でガッツリ稼ぐためには、値動きが激しい商品を取引して利幅を抜きまくるのが一番手っ取り早い方法ですね。 荒稼ぎしやすい取引対象としてビットコインが注目を浴び始めているというわけです。 このページに訪れた方も少なからずビットコインの取引に興味をもっていることでしょう。 そんな方のために、ここでは「ビットコインとは何か」からビットコインを取引するのにオススメの手法やブローカーまで徹底解説していきます。 そもそもビットコインって何? ビットコインとは簡単に言うと 仮想通貨のこと。 オンラインゲームなどの課金アイテムやコインをイメージすればわかりやすいでしょう。 硬貨や紙幣のような形を持たないので、パソコンやスマホを利用したインターネット取引に便利な通貨です。 円やドルのように 「BTC」という単位で数えられます。 ビットコインの値動きの激しさは異常! 実体のないお金という点ではオンラインゲームのコインと似ていますが、ビットコインは 「価値が変わりやすい」という性質も備えています。 ビットコインの「取引対象」としての最大の特徴は、その 値動きが激しいことにあります。 このようにビットコインの値動きは 動き出したら大きく動くのが特徴です。 値動きが大きいところでは、 数分の内に600pips近くも動いています。 また値動きの激しさを図る指標の1つにボラティリティというのがあります。 ボラティリティというのは価格変動率のこと。 ボラティリティの数字が大きければ大きいほど、よく値が動く取引対象ということになります。 以下がビットコイン含む主要CFD(差金決済取引)商品のボラティリティ一覧です。 (引用元:) ビットコインは値動きが激しいとされる原油を凌ぐ高いボラティリティを誇っているのがわかりますね。 (参考:) ビットコインで取引するならスキャルピングで超短期売買! 短期的に激しく値動きする商品にピッタリの取引手法は、短い時間でエントリーと決済を繰り返すスキャルピングです。 数分の内に爆発的に価格が動くビットコインでスキャルピングすれば、 数分のうちに数100pipsの利幅を抜くことができます。 「価格が上がるか下がるかわからない」という点では多少ギャンブルチックなスキャルピングになりますが、 目標利幅と同じくらいの逆指値を出しておけばリスクをおさえながらの取引が可能です。 エントリーのタイミングは価格が大きく動いた後がベストでしょう。 上のチャートを見ればわかるように大きな値動きの後には値動きが反転して、動く前の価格まで戻っているのがわかると思います。 このタイミングで 逆張りエントリーすれば、取引の勝率を高めることができるできます。 ビットコイン取引するなら海外FX!対応ブローカーはBig Boss! ビットコインを取引するなら海外FXブローカーがおすすめです。 追証なしだからどれだけ負けても入金額まで• NDD方式だからストップ狩りや 不利な約定なし• FX通貨ペアと 同じプラットフォームで取引できる このように海外FXブローカーなら国内のビットコイン取引所で取引するよりも、はるかに良い環境で取引できるからです。 現状ではビットコインを取り扱っている業者は多くありませんが、当サイトで紹介している Big Bossという海外FXブローカーはビットコイン取引に対応しています。 ただビットコイン取引においては、そもそも レバレッジをかけるのはハイリスクな気がします。 上述したようにビットコインは群を抜いて値動きが激しいので、レバレッジをかけようものなら、ちょっとでも目を離したスキにロスカットされてしまうこともしばしば… 管理人が取引してみた所感としては レバレッジ3倍~5倍くらいで取引したほうがちょうどいいと思います。 瞬く間の内に含み損が大きくなり、ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになってしまうことも考えられます。 海外FX業者Big Bossなら 口座残高がマイナスになっても追証を入金する必要がありません。 どれだけ負けても口座に入金した金額までなので、数秒で借金を背負うような最悪の事態は避けられます。 流通量が少ないということは「売りたいけど買い手がいない」「買いたいけど売り手がいない」という状況に陥りやすい商品だということができます。 国内の取引所を利用したビットコインの取引は、約定力に不安があると言わざるをえません。 一方で海外FX業者BIG BOSSはたとえ流動性リスクが高いビットコインといえども、安定した約定が期待できます。 国内の業者とは違い、BIG BOSSは注文方式としてNDD(ノー・ディーリング・ディスク)方式を採用しているからです。 注文はディーラを介さずに直接流されるので、不利な約定拒否などは心配しなくていいでしょう。 BIG BOSSの取引プラットホームは海外FXの主流プラットフォーム「MT4」なので、特に海外FXの取引経験がある方はビットコインも問題なく取引できるでしょう。 FX取引と同じように取引量を決めてエントリー・決済するだけで簡単に取引することができます。 海外FX業者BIG BOSSは安心して取引できるブローカーなの? いくらビットコインするのに絶好の取引環境を用意しているといっても、「安心・信頼して取引できるのか」がわからないと一歩踏み出すのに勇気がいりますね。 特にBIG BOSSは海外業者ということで、「怪しい」「怖い」というイメージを抱いている方もいらっしゃると思います。 「お金の預け先」を選ぶわけなので、慎重になってもなりすぎることはありません。 結論から言うと、BIG BOSSは 海外FX業者の中でも安心してお金を預けられる優良業者だといえます。 外国の金融機関からライセンスを取得して運営している• 英語が苦手な人でも安心の充実した日本語サポート• 日本人トレーダーの人気上昇中!FXに関する実践書でも紹介されている このように、BIG BOSSはトレーダーを安心・信頼されてくれる要素を備えてます。 金融ライセンスは取得済み!免許をもって運営しているから信頼できる! 海外FX業者ということで、残念ながら日本の金融庁に許可を受けているブローカーではありません。 しかし決して無免許で好き勝手に運営されているわけでもありません。 ニュージーランドのFSRPに認可・登録している正規のFX業者になります。 金融ライセンスから規制を受けているので、「出金拒否」などの詐欺は心配しなくても大丈夫でしょう。 日本語サポート体制は万全!英語が苦手な方でも安心して取引できる! 海外の口座をつかって取引するとなると、気になるのは「困った時に助けてもらえるかどうか」ですね。 BIG BOSSの日本語サポート体制は、海外FX業者の中でもかなり充実している方です。 公式サイトは日本語に対応いませんが、サポートの方はしっかり日本語に対応しています。 問い合わせの方法は以下の通りです。 ライブチャット• メール 特に ライブチャットを利用すれば、リアルタイムですぐに問い合わせに答えてもらえます。 日本語で対応してもらえるので英語が苦手な方でも安心ですね。 日本人トレーダーの人気上昇中!FXに関する実践書で紹介されている! BIG BOSSは日本国内ではまだ知名度が低いブローカーになりますが、一部の日本人トレーダーから熱い視線を向けられています。 次に紹介する2冊のFX実践本の中でBig Bossが紹介されているのが何よりの証拠です。 実際に日本人トレーダーが取引しているような優良業者だと言えるでしょう。 海外FXのビットコインハイレバスキャルピングをお試しあれ! 爆発的な値動きが特徴の「知る人ぞ知る」ビットコインは、ガッツリ稼ぎたいスキャルピングトレーダーにとって格好の取引対象です。 ハイレバレッジが利用できる資金効率抜群の海外FXブローカーを利用すれば、少額資金でも大きなポジションをもって取引できます。 他にも国内の取引所では味わうことのできない約定環境の中で取引できる上、追証なしのゼロカットシステムで損失は入金額までに守られます。 上でも紹介しましたが、ビットコイン取引に対応している貴重な海外FXブローカーはBig Bossです。 「普通のFX通貨ペアの取引に飽きつつある人」「投資に新たな刺激が欲しい人」はBig Bossに口座を開設して、手に汗に握るビットコインハイレバスキャルピングを試してみるといいでしょう。 9月には他の人気海外FXブローカーに先立って、 XM(エックスエム)がビットコイン取引に対応しました。 【XMのビットコイン取引の特徴】• 最大レバレッジは 3倍• 取引手数料は1lot(1BTC)あたり 10ドル• 1lot(=0. 1BTC)から取引OK 他にも「 追証なし」「 FX通貨ペアと同じ感じで取引できる」というのは、上述したBig Bossと同じ。 また「日本人の口座開設者の数がNo. 1」と日本人向けサービスの実績も十分です。 XMでビットコイン取引するなら、MT4ではなく MT5口座を開設するようにしてください。 当サイト管理人オススメ海外FX業者はここ.

次の

ビットコインスキャルピング手法。スプレッド、自動損切りのコツ

海外 fx ビット コイン

大手海外FXブローカーであるFXCM Group, LLC(本社:20 Gresham Street, 4th Floor, London EC2V 7JE, United Kingdom )【以下、FXCMと称す】は、傘下の英国法人(Forex Capital Markets Limited, FXCM UK とオーストラリア法人(FXCM Australia Pty Limited, FXCM AU)の顧客向けに、FXCM初の仮想通貨CFDとなるビットコインCFDの提供開始を発表した。 2016年11月にオフィスを開設した南アフリカ法人(FXCM South Africa PTY LTD, FXCM ZA)の業績が軌道に乗ったこと、また顧客からの強い要望から、この度業容拡大を図りビットコインCFDの取引を開始する運びとなったようだ。 FXCMは、今後数か月の内に新たな仮想通貨CFDを追加提供する予定となっている。 FXCMが提供するビットコインCFDの特徴は、ディレクショナル・トレーディングが可能となっており、相場が上昇するか下落するかを予測し、予測と同じ方向にポジションを形成できるほか、仮想通貨ウォレット(仮想通貨を保管しておく場所)やコールドストレージ(インターネットに接続していない環境で管理する仮想通貨ウォレット)が無く、損益は即時に顧客の口座に反映されるようになっている。 また、ビットコインの100分の1相当の小さな取引を行うことができるため、低コストにて取引が始められるようになっている。 official release 2018. 3 業界大手のFXCMは、2015年1月に起きたスイスフラン・ショックによって2. 25億ドルの損失を被り、Leucadiaから3億ドルの緊急財政支援を受けるなど、事業経営の苦しい時期があった。 さらには顧客に対し虚偽の宣伝を行っていたことで、全米先物協会(NFA)や米商品先物取引委員会(CFTC)から700万ドル(約7. 8億円)の罰金を科せられた他、米国内における営業の停止を命ぜられ、2017年2月に米国市場からの撤退を発表している。 しかしながら、その後を発表、また今年6月にはを欧州に拡大したことを発表するなど、ヨーロッパやアジアでのサービスを拡大している。 さらに、今年4月にはFXCMの主要株主であるLeucadiaを傘下とするを発表(プライムブローカー事業にて提携)し、スイスフラン・ショックの後、主要なプライムブローカーとの間のクレジットライン(回転信用供与枠)の確保に苦戦してきたFXCMにとって、自社の存続を確実なものとしている。 今回新たに発表のあったビットコインCFD取引の開始によって、今後FXCMの業績はどのような変化を見せるのか、非常に楽しみである。

次の