エブリイ キャンピング。 タジマキャンパー E340J

エブリイ

エブリイ キャンピング

今までにない収納スペースと就寝スペースを実現しました!! 特に床下収納スペースは十分な高さを確保することで、ひと通りのキャンプ道具も収納可能。 オプションのスライド収納ボックスと専用テーブルをセットすれば、あっという間に食事スペースが出来上がり。 さらに後席足元収納ボックスを追加すれば、通常の収納や就寝時に便利な下駄箱にも活用できます。 さらにオプションの助手席側延長ベッドボードマットをセットすれば、何と250cm まで延長され、 すご~く身長の高いバスケットボール選手でも十分なスペースが完成します。 遊ぶ道具を満載に、たっぷり遊んでしっかり眠る。 軽キャンライフを満喫できる『カンフィー』が登場しました。 又、台風や地震などの災害時もキャンピングカーにサブバッテリーシステムやソーラーパネルが有れば家族もペットも安心して車中泊が出来ます。 クルマ旅に快適な装備と収納スペースの確保を実現しました!! 特に床下収納スペースは十分な高さを確保することで、 ひと通りのキャンプ道具も収納可能。 左サイドには電子レンジをセットできる収納棚、 右サイドには大きな収納ボックスが標準装備され、 そのボックスの扉を開けると、 お化粧に便利なミラーが使えるなど、 身だしなみを整えるのにとても便利!! オプションのシンクセットは専用天板ボードをセットすれば、 ミニキッチンやミニ書斎としても活用できます。 またサブバッテリーシステムと大容量の正弦波インバーターを装備すれば、 デジカメで撮った写真の編集や、 ブログの編集なんてことも ・ ・ ・ 車両後方センターにも収納棚があり、 衣類やタオルの収納に活用できます。 趣味の道具を満載に、 たっぷり遊んでしっかり眠る。 軽キャンライフを満喫できる 『カンフィー』 が登場しました。 又、台風や地震などの災害時もキャンピングカーにサブバッテリーシステムやソーラーパネルが有れば家族もペットも安心して車中泊が出来ます。 気軽に軽キャンピングカーを楽しんでほしい。 だから基本装備はあくまでもシンプル。 デザイン・便利さ・楽しさも・車中泊もおまかせ!あなただけの軽キャンピングカーちょいCamをぜひ見つけてください。 気軽に…と言っても、ちょいcamの内装は家具職人が設計・製作する上質な室内建具が自慢。 ぜひこの良さを見にいらしてください。 素材最高の軽キャンピングカーです!キャンプ・釣り・スキー・サーフィン・カメラ・登山等色々なシーンに合わせて選べます。 ベース車もハイゼット・エブリイ・ミニキャブ・クリッパー・サンバー・ピクシスと豊富です!又、太陽光ソーラーパネルを搭載したりワーゲンバス、フレンチバス 仕様、レイト、ブギーライダー等のフェイスチェンジも可能です。 又、軽キャンピングカーの販売・製作も東海地区だけではなく、全国納車致します。 皆様も人気の軽キャンピングカーでアウトドアや旅行に出かけてみませんか? ペットも連れて車中泊も良いですね。 当店の軽キャンピングカーの中に4人就寝出来る2段ベッドタイプもございますので お荷物の多い方にはピッタリですね。 *軽キャンピングカーのベース車は新車、中古車、持込車すべて対応致します。 ダイハツのOEM車についても同様です。 はJOIN・JOINターボには対応しておりません。 ミツビシのOEM車についても同様です。 12V電源で使える!ちょっとした湯沸しも出来る!旅先であると便利なアイテムです。 豊 その他Ver. 歩 標準タイプ全Ver. 葵 全Ver. 梓 全Ver. その他ナビなどのオプションはお気軽にスタッフまでご相談ください。 実用性にデザインが加わって、キャンプがもっと楽しく! ベース車により様々なタイプでの制作ができますので、詳しくはお問い合わせください。 カスタムのベース車もエブリイ・キャリィトラック・ハイゼット・アトレーワゴン・アルト・キャロル・バモス・スクラム・NVクリッパー・ボンゴ・バネットと幅広く対応しフレンチバスタイプ・ワーゲンバスタイプ・レイトタイプとフェイスも色々有ります。 カスタムカー&ワーゲンバス仕様製作、販売ならお任せください。 又、エアロパーツの販売もお気軽にお問合せ下さい。 又、アルミ・カーナビ・ベッドキット・シートカバー等の販売・ルームクリーニング・ボディコート・車検・修理・鈑金塗装もお任せ下さい。 カントリー雑貨やアメリカン雑貨の他ムーンアイズの商品やオリジナルグッズ(Tシャツ、ワーゲンバスミニカーなど)も扱っていますので、お近くを通った時はお気軽にご来店下さい。 お車に関する事は全て対応いたします。 お車廻りのことで、何かご相談の際にはぜひ一度、カスタムカー 専門店のオートスピリットへお気軽にお越しください。 【販売対応地域】 北海道、青森県、秋田県、 岩手県、宮城県、山形県、新潟県、富山県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県、三重県、石川県、福井県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山、山口県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、福岡県、長崎県、大分県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、高知県、香川県、愛媛県、徳島県、沖縄県.

次の

スズキ エブリィなど軽1BOXがキャンピングカーになる!“next camper”発売

エブリイ キャンピング

日本の職人の手で作り上げた最高品質の家具やベッドマットが自慢です。 5m伸縮式シャワーにより車外でも快適に使用でき、2000Wインバーター搭載でさまざまな家電製品が使用できるなど使いごこちはバツグン。 デザイン性・機能性・品質・経済性すべてにおいてこだわり抜いた次世代の軽キャンピングカー。 キャンピングカーとしてのご使用はもちろん、日常生活でも使える一台です。 目的に応じて4モデルのキットを用意し価格は¥398,000から¥698,000。 新車本体、最高級キットの費用を含めても乗り出し200万円を切るため団塊世代・シニア層を中心に近年リタイアした高齢者などからの引き合いが増えている。 難しいとされる角の曲線にこだわり、寝ている時やお子様にも安全です。 5m伸縮式になっています。 これにより、さまざまな家電製品の使用が可能になり、旅先でも快適なキャンピングライフを過ごせます。 2人就寝から4人就寝へとご家族での旅行、オートキャンプも楽しめます。 また災害時に車中泊した際のエコノミー症候群の対策としてもお使い頂けます。 今お乗りの軽自動車から1BOXまで全車種 一部大型・特殊車除く にも対応可能です。 又、多くのお客様からのご要望が強かったサブバッテリー増設オプションも2016年6月よりリリースしています。 サブバッテリー増設により長時間、家電製品が使用でき、より快適なキャンピングライフを提供できるようになりました。 4ナンバータイプだからこそ、最大350kgまでの積載量に耐えられるように設計。 車内装備は最大限の軽量化を実現し、沢山の荷物を積んでも安心してご使用いただけます。 車検も全く問題なく4ナンバー軽自動車と同様に検査が受けられます。 [対応車種] スズキエブリイ・ダイハツハイゼット・三菱ミニキャブ・マツダスクラム・トヨタピクシス・日産NV100*全て4ナンバー1BOXモデルが対象になります。 軽キャンピングカーのベース車両に関してもお客様のご要望に沿ってご予算に合わせて中古車、未使用車、または新車からご提案させて頂きます。 [会社概要] 2002 年設立以来、お客様に心の底から喜んでいただけるよう、「最高の一台をお届けすること」「迅速且つ親身な対応をすること」を大切にしています。 おかげさまで、今では多くのお客様からのご紹介による繋がりから、ご縁を頂いております。 日々、常に明るく前向きに夢を持ち、当社に関わる全ての人を光輝かせ、良心・感謝の心を一番大切にしていきたいと考えています。 社名 :株式会社ブレイズ 所在地 愛知県名古屋市中川区富田町大字千音寺字狭間4603 事業内容 ブレイズスマート EV 企画・開発・製造・販売 ネクストキャンパー 企画・開発・製造・販売 ネクストクルーザー四輪ミニカー企画・開発・製造・販売 新車・未使用車・中古車・輸入車販売.

次の

車種・関連商品

エブリイ キャンピング

技術の進歩は素晴らしく、当時のエブリイターボは、チョロQのような車でしたが、今は、普通車と遜色ない車に進化していました。 荷室(ベッドスペース)のフラット化… 現車は、専用シートなので、関係ないのですが、私の車中泊車の原点は、軽ワンボックス(エブリイ550)。 当時の画像は無いのですが、その時のベッドスペース確保を、参考までにご紹介します。 軽バンだったので、後部座席を畳めば、フラットな空間になりました。 ただ、そのままでは、鉄板の上に、薄いフロアマットだけなので、痛くて座ることすら出来ませんでした。 かと言って、合板を貼って、クッションフロアにすると、お金と手間が掛かります。 そこで、安価で、加工しやすく、クッション性のある素材は…と考えたら、お風呂マットになりました。 厚さが2cm程有る硬めのタイプなら、カッターだけでカット出来る加工性・クッション性・断熱性・形状安定等、完璧な床材でした。 それを、荷台に敷き詰めたら、正座も出来る程の快適お座敷になりました。 阪神淡路大震災です。 当時は、駿河湾地震等、首都圏の大地震は、騒がれていましたが、予想外の関西の地震に、皆驚きました。 体育館や公民館等で、避難生活をしている方が大勢いる中、そのような環境が苦手な方は、自家用車で寝ていました。 私自身も、無理です。 しかし、座った状態で、長時間眠ると、エコノミークラス症候群を発症します。 それにより、亡くなった方のニュースがありました。 更に、排泄も、問題に…。 その翌月、憧れだけで定期購読していたキャンピングカー雑誌に、震災時のキャンピングカーの記事が載っていました。 それまでは、レジャーのための贅沢車…という印象だったキャンピングカーですが、災害時には、確実なシェルターになることに、気付かされたのです。 その年の春、私はバツイチとなり、夫婦で共有していた軽ワンボックスを手放したことで、キャンピングカーへの道は、一気に近付き、その3ヶ月後に、キャンピングカーライフが始まりました。 阪神淡路大震災のニュースを見ても、行政だけでは、手が回らないのが現実です。 やはり、個人個人が、いざという時に備える必要があります。 アメリカの銃社会もそうですが、自分の身は自分で守る…平和ボケしている日本人には、忘れられている基本です。 前車に乗っている時は、幸いにも、災害に遭いませんでした。 それはそれで、良いことです。 しかし、この車に乗って9年。 その日は訪れました。 2011年3月11日…東日本に、国内観測史上最大の大地震が発生! 東京でも、計画停電や、食料の不足等で、パニック状態に! でも、私は、いつもと変わりなく、生活していました…。 停電の夜も、車の中で、乾パンをつまみに、一杯飲みながら、ネットでニュースを見てました。

次の