魔法 少女 まどか マギカ。 【演出信頼度まとめ】ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ2)|パチンコ新台 保留 予告 ボーダー スペック

まどかマギカの最終回は神!(ネタバレあり)円環の理とは?

魔法 少女 まどか マギカ

マギカチャレンジ(通常時のマギカボーナス後に突入するATジャッジゾーン)終了画面とAT中のマギカボーナス終了画面では、サブ液晶タッチ時に発生するセリフの内容で設定を示唆する。 サブ液晶タッチの代わりに、PUSHボタンを押してもOK。 弱レア役と強レア役でセリフの割合が異なり、強レア役成立時は特定設定を否定もしくは、高設定が確定するセリフしか発生しない。 「中段にチェリー停止」 成立役…中段チェリー 中右リールはフリー打ちでOK。 「下段にチェリー停止」 成立役…弱チェリー/強チェリー/特殊役 中右リールはフリー打ちでOK。 右リール中段にリプレイ非停止で強チェリー。 「下段にBAR停止」 成立役…ハズレ/リプレイ/押し順ベル/共通ベル/特殊役 左リールBAR狙い時の基本となる停止形。 中右リールはフリー打ちでOK。 「上段にスイカ停止」 成立役…スイカ/チャンス目B 中リールにスイカを狙い、右リールをフリー打ち。 スイカハズレでチャンス目B or 特殊役。 「小役の停止形(一例)」 特殊役は目押し位置によって複数の停止形が存在。 中段チェリーや特殊役といった確定役の払い出しは7枚なので、ベル以外で7枚の払い出しがあれば確定役と覚えておこう。 プレイヤーにとって嫌なことが起きるたびに、穢れを蓄積していくおなじみのシステム。 筐体上部のダークオーブで穢れの獲得や蓄積量を示唆している。 「穢れ獲得契機」 ・有利区間移行時 ・通常時やAT中のハズレ(ベルこぼしを除く) ・通常時を100G、400G、600G消化(600G消化は獲得確定) ・CZ失敗 1回の契機で獲得できる穢れは、最大20pt。 「穢れ発動でくるみ割りの魔女へ」 AT非当選のボーナス(マギカチャレンジ)後やAT終了後が穢れ発動のチャンス。 発動すると、継続率管理型の特化ゾーンであるくるみ割りの魔女へ突入する。 「20pt獲得で穢れ解放」 マギカチャレンジ終了時に穢れが20pt以上貯まっていれば、穢れを消費しくるみ割りの魔女へ突入。 AT終了時も穢れが20pt以上貯まっていればくるみ割りの魔女へ突入するが、20pt以下の場合でも多く貯まっているほど解放の期待度が高い。 解放時は穢れ20ptが消費されるが、マイナスになることはない。 CZの当選契機はスイカ。 本前兆中に再びスイカを引くと、キュゥべえチャレンジへの昇格を抽選する。 モードは有利区間移行時に決まり、ボーナス当選の規定ゲーム数やボーナス中のソウルジェムの初期ランクを管理している。 また、前兆を加味してもボーナス当選ゲーム数が699Gを超えることはない。 どのモードに滞在していても、100G以内と200G台の後半、400G台の後半はフェイク前兆が発生しやすい。 また、100G台、300G台、500G台の前半(末尾が50G以内)でフェイク前兆が発生することはない。 [チャンスモード] 100G台、300G台、500G台後半でフェイク前兆が発生しやすい。 600G台後半を除く、すべてのゾーンでフェイク前兆が発生する可能性がある。 [悪魔モード] すべてのゾーンでフェイク前兆が発生する可能性あり。 100G台、300G台、500G台の前半でフェイク前兆が発生すると、悪魔モードの期待度がアップする。 モードごとに選択されやすいゲーム数や絶対に選択されないゲーム数が存在するので、把握しておけばモードの判別に役立つぞ。 当選=設定5以上が確定する。 [下二桁] 下二桁が30G以内と50G〜80Gの振り分けは存在しないので、レア役での自力当選でなければこのゾーンでのボーナスはチャンスモード以上が確定する。 [下二桁] 通常モードと異なりどのゲーム数でもボーナス当選の可能性があるが、基本的に選ばれやすいゾーンは共通。 下二桁の振り分けはチャンスモードと共通だ。 チャンスパターンが発生すれば、レア役や前兆に期待。 「和子先生演出」 先生のセリフの色で期待度が異なり、赤文字は大チャンス。 レバーON時に階段出現でチャンス。 「音楽室演出」 演奏しているキャラが多いほど期待度がアップ。 レバーON時にピアノが出現するとチャンス。 「通学路演出」 通学路を通過したキャラの人数で期待度が変化。 レバーON時に通学路が出現するとチャンス。 「ロッカー演出」 ロッカーの色で期待度が変化。 大量のロッカーならチャンス。 「教室違和感演出」 ほむら振り向いた後の状態で期待度を示唆する。 「お茶会演出」 ほむらが持っているティーカップの色や、べべが持っているチーズの大きさで期待度を示唆する。 「ほむらアクション演出」 ほむらのアクションで期待度を示唆する。 「杏子イタズラ演出」 杏子とさやかのアクションで期待度を示唆する。 「まどかアルバム演出」 アルバムの写真の量が多いほど期待度がアップ。 「さやかプラットホーム演出」 プラットホームの様子で期待度を示唆。 さやかが振り向くパターンは大チャンス。 「マミ&べべショッピング演出」 マミに買ってもらったチーズの量で期待度を示唆する。 「杏子ラーメン演出」 豪華な料理なら期待度アップ。 「バス停演出」 バス停の色で期待度を示唆する。 「風見野行き演出」 杏子のセリフで期待度を示唆する。 「回想セリフ演出」 キャラとセリフの内容で期待度を示唆する。 「ウインドウセリフ演出」 キャラとセリフの内容で期待度を示唆する。 「魔法エフェクト演出」 前兆やCZを示唆。 エフェクトのパターンは、複数存在する。 「四つ辻シャッター演出」 CZ突入を示唆。 「カラフルパネル演出」 CZ突入を示唆。 「べべ演出」 べべのアクションで期待度を示唆。 「ランドセル演出」 なぎさのアクションで期待度を示唆する。 「毛糸演出」 前兆ステージへの移行を煽る演出。 毛糸の量が増えるほど期待度が高まる。 「歯車演出」 前兆ステージへの移行を煽る演出。 赤歯車なら大チャンス。 「ほむらバス演出」 バスに乗っているキャラの数で期待度を示唆。 クールほむら出現で大チャンス。 「羽演出」 羽の色と大きさで期待度を示唆。 前兆中以外で発生するとレア役のチャンス。 「仁美演出」 仁美のアクションで期待度を示唆する。 「水上喫茶店演出」 ほむらと杏子の会話の内容で期待度を示唆する。 「月夜の橋演出」 ほむらのセリフの色で期待度を示唆する。 「夜の公園演出」 ほむらとまどかのセリフの色で期待度を示唆する。 「ほむら跳躍演出」 さまざまな演出の第1停止時に、割り込みで発生する可能性があるチャンス演出。 「鏡通過演出」 ほむら跳躍演出と同様、第1停止時に割り込みで発生する可能性があるチャンス演出。 「夜景演出」 ほむらのアクションで期待度を示唆する。 前作までと同様に、吹き出しの色などで成立役やボーナス当選などを示唆する。 クロッシュの中身で期待度が変化する。 タッチ<長押し<スクラッチの順に期待度が高い。 5」 ボーナスやATが確定する演出。 【高確期待度アップ演出】 ハズレや押し順ベル成立時に、枠色告知演出やミニキャラ吹き出し演出が発生すると、高確滞在の期待度がアップする。 画像は大カットイン。 CHANCEボタンではなく、PUSHボタンならエピソードボーナスやAT当選濃厚。 チャンスアップ(4G目にボタンが出現)が発生すれば、エピソードボーナス、AT直撃、特殊カウンタありのいずれかが濃厚となる。 【通常時】 「和子先生演出」 大人組の飲み会が発生! 「ロッカー演出」 みんなでコスプレ! 「お茶会演出」 みんなで茶道! 「ほむらアクション演出」 巨大キュゥべえ出現! 「夜の公園演出」 みんなで花火鑑賞! 「さやかプラットホーム演出」 看板にまどかとほむらが! 「マミ&べべショッピング演出」 べべではなく、なぎさがチーズをおねだり! 「バス停演出」 キュゥべえバスが出現! 「ほむら跳躍演出」 ほむらが走り幅跳び! 「鏡通過演出」 まどかとほむらのお泊まり会! 「なぎさクロッシュ演出(AT中も発生の可能性あり)」 なぎさのマトリョーシカ! 「シャボンアタック演出(AT中も発生の可能性あり)」 なぎさの一枚絵が出現! 【記憶の回廊中】 「心の声演出」 ほむらの一枚絵が出現! 「ギアプラス演出」 まどかとほむらの水着姿! 「時の扉演出」 ほむらが巫女さんに! 「ギアスペース演出」 ギアの中からまどかとほむらの一枚絵が! 「まどか夢想演出」 まどかがお菓子を手渡し! 【AT(マギカラッシュ)中】 「キュゥべえ観察演出」 まどかとほむらがキュゥべえのコスプレ! 「干渉遮断キューブステップアップ演出」 金枠の一枚絵が出現! 「ほむら気づき演出」 ビルにまどかのプロジェクションマッピングが! 「ナイトメア撃退演出」 ほむらがバズーカでナイトメアを撃退! 「水道橋演出」 ほむらが魔女っ子コスプレ! 「セリフ演出(ほむらVSマミ中)」 ほむらとマミが水鉄砲でバトル! 上乗せ100枚以上+時間停止移行確定。 【連続演出中】 「みんなの元へ辿り着け!」 キュゥべえが身代わりに! 「クマノコノユメバトル」 杏子がうんまい棒で攻撃! 「ヤギノコノユメバトル」 さやかがオーケストラを演奏! 1. つまり、ATが確定する。 1個獲得時はほむらVSマミ、2個獲得時は悪魔ほむらゾーンへ移行する(移行はホーリークインテット終了後)。 前兆中のレア役がアツい! アツそうな演出が頻発している時のレア役は、特殊カウンタ獲得に期待しよう。 穢れ発動を契機に突入する、ワルプルギスの夜を継承した継続率管理型の特化ゾーン。 1セット6Gのバトルが展開し、まどかが倒れない限り継続する。 「開始画面や楽曲で継続率などを示唆」 高継続率示唆や追撃を示唆する開始画面もあり。 楽曲がmisteriosoに変化すれば継続保証が3セット上乗せされるので、開始時の変化なら保証分の3セットと合わせて最低でも1回は追撃が発生する。 「追撃上乗せは完全新規映像」 なぎさ<マミ<さやか&杏子の順に上乗せ枚数大量上乗せの期待度がアップ。 継続のたびに発生する可能性があり、5の倍数セット継続時は必ず発生する。 悪魔ほむらゾーン移行が確定するプレミアムの虹追撃もあるぞ! 【タイトルの色】 通常、赤、花火柄、虹の4種類あり、継続率を示唆している。 【追撃演出】 継続時の一部で発生する追加上乗せ演出。 【エピソード】 バトル勝利が確定する演出。 パターンによって追撃の種類や継続率などを示唆する。 一度当選すると、以降はくるみ割りの魔女終了まで抽選されない。 「継続に漏れた場合でも自力で書き換え可能!」 くるみ割りの魔女開始時の導入パート(10G間)、バトルパート(6G間)及び追撃パート(もう一撃表示の1G)ではレア役で報酬ランクの書き換えを抽選。 当選すれば非継続時は継続以上、継続時は追撃以上に書き換えられる。 報酬のMAXは悪魔ほむらゾーン(ランク5)なので、プラス数が余剰した場合でも悪魔ほむらゾーンになる。 セット数不問で強レア役は追撃確定。 5の倍数セットは継続=上位報酬スタートなので自力で悪魔ほむらゾーンに突入させるチャンスでもある。 さやか&杏子ならレア役以外でも100枚以上、レア役なら300枚以上確定! ほむらとマミが戦う劇場版の名シーンのひとつ。 「内部的にはボーナス」 ボーナスの一部を使った特化ゾーンとなっており、告知発生はボーナス絵柄が揃った後。 ボーナス中に獲得した場合、消化中のボーナス終了後に突入する。 「時間停止ゾーン」 ほむら揃いなどで突入のチャンス。 ゲーム数の減算がストップし、転落するまで全役で上乗せを抽選する。 [枠の色に注目!] 枠の色が白<青<緑<赤<虹と変わっていくほど、上乗せ性能がアップ! [上乗せはラストでまとめて告知] 時間停止中に獲得した枚数は、時間停止終了時にまとめて告知される。 告知は数回に渡っておこなわれ、ボタンが出現する限り上乗せが続く。 文字の色によって枚数の期待度が異なる。 [文字色別・示唆内容] 青文字…上乗せ濃厚 赤文字…上乗せ300枚 or 500枚もしくは、時間停止移行 金文字…上乗せ300枚 or 500枚もしくは、上乗せ100枚以上+時間停止移行 プレミアム…上乗せ100枚以上+時間停止移行 「銃撃演出」 強パターン(アクションが大きい)なら上乗せ濃厚。 基本はレバーON時に発生するが、リール回転開始時に発生すれば種類不問でほむら揃い確定。 内部的に上乗せした枚数に応じてステージアップを抽選するので、上位のステージに移行するほど多くの枚数を獲得している可能性が高い。 「弾丸解放演出」 時間停止が終わった次のゲームで発生し、時間停止中に獲得した枚数を告知。 獲得した枚数を獲得した順番に、1回ずつボタンPUSHで告知する。 2人(赤)が出現すれば、100枚以上の上乗せが残っていることが確定する。 ほむら揃い時は保証ゲーム数の減算がなく、枚数を上乗せしたうえで時間停止移行抽選がおこなわれる。 リールロックが発生した時点で時間停止ゾーン突入確定だ。 転落抽選に当選した次ゲームで時間停止ゾーンが終了する(2G後からほむらVSマミのゲーム数減算がスタート)。 AT初当り時に突入し、5Gの間、登場するキャラに応じて初期枚数を獲得。 1Gの最低獲得枚数は20枚なので、最低保証は100枚となる。 1Gの最大上乗せ枚数は500枚! 「最大4セット継続」 ホーリークインテットの1G目に、継続セット数を抽選。 最大で4セット(20G)まで継続する可能性がある。 「キャラごとの演出」 基本的にさやか<マミ<杏子<ほむら<まどかの順に上乗せ枚数が多い。 まどか登場で大量上乗せに期待。 [さやか] 一発上乗せ…第3停止で上乗せを一発告知 [マミ] ボタン停止上乗せ…第1〜第3リール停止ごとに上乗せを告知 [杏子] 画面分割上乗せ…ボタンPUSHごとに合計4回の上乗せ [ほむら] ボタン連打上乗せ…ボタンを連打し表示された枚数を上乗せ [まどか] ボタン一撃上乗せ…ボタンPUSHで大量上乗せ キャラ出現時になぎさ登場で、より上位のキャラに昇格! 「内部状態は3種類」 通常…基本となる状態 高確…ボーナスや上乗せ特化ゾーンの当選率がアップ 超高確…移行した時点でボーナス以上確定、10G間全役でエピソードボーナスを抽選 「内部状態昇格契機」 ・規定ベル回数到達 ・レア役成立時の抽選 ・高確終了時の一部で超高確へ移行 「ステージで内部状態を示唆」 ナイトメア…基本となるステージ 満月のバス停…前兆や高確を示唆、ステージアップ発生でチャンス 魔女の井戸…前兆や高確の期待度がさらにアップ マユの塔…超高確確定、演出成功でエピソードボーナス [ナイトメア] [満月のバス停] [魔女の井戸] [マユの塔] 超高確に移行した時点でボーナスは確定、レア役やほむら揃いでエピソードボーナスが確定する。 まどか出現でチャンス。 「コヤギミサイル演出」 マミ&まどか出現でチャンス。 「魔法少女アクション演出」 キャラが増えるとチャンス。 ソウルジェムのエフェクトが大きいとチャンス。 「ナイトメア追い込み演出」 上乗せを示唆する演出。 杏子がアップになるとチャンス。 「魔法チャージ演出」 レア役を示唆する演出。 まどかが出現すると大チャンス。 「ナイトメア撃退演出」 上乗せ獲得を示唆する演出。 カットイン発生がチャンスパターン。 「キュゥべえ観察演出」 キュゥべえのセリフで期待度を示唆。 赤文字はチャンス。 「水道橋演出」 ほむらのセリフで期待度を示唆。 「ほむら激情演出」 ほむらのアクションで期待度を示唆。 「干渉遮断キューブステップアップ演出」 キューブの種類で期待度を示唆。 枠が赤ならチャンス。 「フラッシュバック演出」 特化ゾーンへの突入を煽るマユの塔限定の演出。 AT中に引いたマギカボーナス中も発生する。 5】 「画面周囲黒モヤ演出」 ステージアップやレア役を示唆するアツい演出。 「くるみ割りの魔女セリフ演出」 出現しただけで大チャンスとなる演出。 ほむらのアクションで期待度が変化する。 「改変フリーズ演出」 チャンス目A成立時の一部で発生。 悪魔ほむらゾーン確定の激アツ演出。 「ほむらVSマミエピソード演出」 発生すればほむらVSマミ確定! 【ステージアップ示唆系】 「波紋ステージチェンジ演出」 色が赤ならチャンス。 「手形演出」 斑点があるとチャンス。 前作までと同様に、吹き出しの色などでボーナス当選などを示唆する。 クロッシュの中身で期待度が変化する。 タッチ<長押し<スクラッチの順に期待度が高い。 5」 ボーナスが確定する演出。 テーブルごとに決まる規定回数に到達すれば、高確移行やボーナスのチャンスとなる。 すべてのテーブル共通で、最小回数は10回。 「テーブル移行の法則」 天国後は引き戻しに移行。 引き戻し中の規定ベル回数到達前や規定回数後の高確中にボーナスや特化ゾーンに当選した場合は、天国に復帰する。 「AT終了時の特殊処理」 ・天国滞在中 ・チャンス中に残りベル回数が10回以内になる 上記2つのいずれかを満たした状態でAT終了を迎える(残り枚数が0になる)と、100枚の上乗せが発生してATに復帰。 天国とチャンスからの高確移行時はボーナス or 特化ゾーン当選が確定する。 超高確に移行した時点で、ボーナスか特化ゾーンのいずれかが確定。 消化中は、当選しているボーナスなどをエピソードボーナスやより上位の特化ゾーンへ昇格させる区間となる。 「当選する可能性のある組み合わせ」 レベル1…マギカボーナスのみ レベル2…エピソードボーナス+ほむらVSマミ レベル3…エピソードボーナス+くるみ割りの魔女 レベル4…エピソードボーナス+悪魔ほむらゾーン 超高確移行時はレベル1以上からスタート。 消化中に全役でレベルアップ抽選をおこない、レベルアップに当選もしくは、10G消化すると超高確を終了し、ボーナスへ移行する。 「AT終了画面での抽選」 1. レア役が成立…100枚以上の上乗せ確定 2. ベル回数テーブルが天国…100枚以上の上乗せ確定 3. 上乗せ非当選の場合、貯まっている穢れを参照してくるみ割りの魔女を抽選 高確以上に滞在中は、通常に転落するまでATが終わらない。 1と2の抽選は重複しておこなわれるので、ベル回数テーブルが天国の終了画面でレア役を引けば200枚以上が上乗せされる。 穢れポイントが10pt以上の場合、押し順ベルの回数によって当選率は変化しない。 ベル回数到達時とレア役でボーナスを抽選。 スイカでのボーナス当選を除き、マギカボーナスとほむらVSマミの振り分けは1:1なので、ほむらVSマミ当選に期待したい。 内部的にボーナスに当選した後のレア役では、上位のボーナス(特化ゾーン)への昇格を抽選する。 テーブルが引き戻しの場合、ボーナスの抽選はナシ。 そのかわり、ベル回数到達前もしくは、ベル回数到達後の高確中に自力でボーナスを引けば天国に復帰する。 特殊役と中段チェリーは特化ゾーン当選が確定する。 スイカでのボーナス当選率は低いが、当選時は必ず超高確へ移行するのでエピソードボーナスや特化ゾーン当選のチャンスとなる。 「高確移行」 移行契機に応じて、最大20Gから高確のゲーム数を振り分け(強レア役契機は14G〜16G固定)。 すでに高確中の場合や、ボーナスおよび特化ゾーンに当選している場合は抽選をおこなわない。 チャンス目や強チェリーでの高確は14G〜16G固定なので、高確ステージが極端に短い(長い)と、ボーナスや特化ゾーン当選の期待度が高まる。 「超高確移行」 マギカボーナス当選時に超高確への移行を抽選。 ベル回数などの可能性もあるので判別しにくいケースもあるが、スイカ成立後に高確へ移行したら必ず超高確に移行する。 スイカ以外の序列は、通常時もAT中も同じ。 「通常時・ボーナス期待度」 弱チェリー<チャンス目<強チェリー<特殊役=中段チェリー AT中は基本的に、偽りの記憶か真実を知る少女のいずれかに発展。 その他の(通常時と同様の)連続演出に発展した場合は、タイトルの色やチャンスアップの有無不問でボーナス以上濃厚だ(一旦、失敗して後で告知が発生するパターンも含む)。 通常時はATを抽選、AT中は枚数上乗せや特化ゾーンを抽選する。 「基本性能」 継続ゲーム数…20G 1Gあたりの純増…約3. 0枚 【通常時のマギカボーナス】 成立役に応じてキャラ(ソウルジェム)をランクアップさせていき、ボーナス後のマギカチャレンジでATを抽選する。 「キャラごとの期待度」 さやか<マミ<杏子<ほむら<まどか まどかまで到達すればAT確定! 「マギカチャレンジ」 ボーナス終了後に突入する3G間のAT抽選ゾーン。 ランクアップしたキャラによって、期待度が異なる。 3回のチャンスのうち1回でも成功すればAT確定、2回以上の成功には恩恵あり! [変身成功でATゲット] 【AT中のマギカボーナス】 レア役成立で枚数上乗せが確定。 強レア役は特化ゾーンの1G連に期待できる。 「フラッシュバック演出」 演出成功でボーナス後は特化ゾーンに突入! フラッシュバックのパターンで特化ゾーンの種類を示唆している。 「AT中のボーナスは楽曲を選択可能」 ・カラフル ・君の銀の庭 ・ルミナス ・コネクト ファン必見! 全楽曲に新規PVが搭載されている。 突入した時点でATが確定するプレミアムボーナス。 全部で6種類あり、ボーナス後に特化ゾーンへ突入するエピソードもある。 消化中のレア役は枚数上乗せが確定! 「基本性能」 継続ゲーム数…40G 1Gあたりの純増…約3. 0枚 「エピソードボーナスの種類と特徴」 [もう日曜なんていりませんわ!] 仁美のエピソード。 消化後はATに突入する。 [優しすぎて強すぎる] まどかとほむらの公園でのエピソード。 消化後はATに突入する。 [いったい何が目的なの?] ほむらVSマミのエピソード。 消化後は特化ゾーンのほむらVSマミに突入する。 [このまま魔女になってやる] くるみ割りの魔女のエピソード。 消化後は特化ゾーンのくるみ割りの魔女に突入する。 [まるまる太って召し上がれ〜] ケーキの歌のエピソード。 消化後はいずれかの特化ゾーンに特化。 [もう二度とあなたを放さない] 悪魔ほむらのエピソード。 消化後は特化ゾーンの悪魔ほむらゾーンに突入する。 すべてまどかになるとAT確定なので、以降はATの枚数上乗せを抽選する。 「ソウルジェム昇格確定パターン」 ・ソウルジェム昇格演出が発生 ・押し順ナビ非発生時に演出が発生しない ・キャラクターを飛ばして演出が発生(さやかの時に杏子など) ・キャラ昇格演出にまどかが登場 [キャラ昇格演出] [ソウルジェム昇格演出] ソウルジェムは昇格確定! 【AT中のマギカボーナス】 レア役成立で枚数上乗せが確定。 フラッシュバック演出発生時は、特化ゾーン1G連獲得のチャンスだ。 [水玉シャッター演出] 枚数の上乗せを示唆。 画面がすべて埋まると上乗せを獲得する。 最終的にキャラが具現化すると、特化ゾーンへの突入が確定する。 「上乗せ100枚以上の法則」 ・チャンスボタンが出現 【成功確定パターン】 ・文字色が赤 ・ボタン出現時にあおりが発生 ・ソウルジェムと異なるキャラが登場 ・変身演出がロングバージョン(原作仕様) 赤文字は成功確定! 【レベル2以上確定パターン】 ・PUSHボタン出現 ・キャラ矛盾でまどかが登場 ・ほむら登場時の変身が通常パターン以外 ・まどか登場時の変身がロングバージョン以外 シルエットのキャラが分身するようなシーンの後、ワンアクション入るとロングバージョン。 まどかはロングバージョンがデフォルトなので、通常パターンならレベル2以上が確定する。 レベル2はAT+ボーナスorほむらVSマミ以上確定! 【レベル3確定パターン】 ・赤文字でPUSHボタンが出現 レベル3はAT+悪魔ほむらゾーン突入が確定! 【中段チェリー or 特殊役成立時】 マギカチャレンジの1G目か2G目に中段チェリーや特殊役が成立すると、残りゲームのチャレンジはすべて成功確定。 【初期ランク決定抽選】 ボーナス開始時に、通常時の滞在モードに応じてソウルジェムの初期ランクを決定。 消化中の20G間で、成立役に応じてランクを上げていく。 [チャンスモード滞在時] チャンスモード滞在時は、3個目(1番右)のソウルジェムが必ずランク3以上になる。 消化中のレア役は、AT中に引いたボーナス中と同様に枚数の上乗せを抽選する。 [特殊カウンタ保有時] 前兆中のレア役で特殊カウンタを獲得していた場合は、カウンタひとつにつきソウルジェムを1個、右から順番にランク5に書き換える。 3つともランク5になった後は、ATの枚数上乗せ抽選をおこなう。 特殊役と中段チェリー成立時は、滞在ランク不問ですべてのソウルジェムがランク5にアップする。 「レア役はランクアップ確定」 レア役成立時にすべてのソウルジェムが上表のランクアップ抽選に漏れた場合、弱レア役なら1段階、強レア役なら2段階、左のソウルジェムがランクアップ。 そのため、実際のソウルジェムのランクアップ率は上記の下表のようになる。 ボーナス中にランクアップさせたソウルジェムを使った、3G間のATジャッジゾーン。 1Gごとに1つずつ、左のソウルジェムから順に成立役に応じてレベルを抽選し、合計レベルと成立役によって終了画面で報酬を抽選する。 「レベルごとの恩恵」 レベル1…AT以上 レベル2…AT+ボーナスorほむらVSマミ以上 レベル3…AT+悪魔ほむらゾーン 魔法少女が変身に成功するとAT(レベル+1以上)確定。 高レベルかつ、強い役ほど上位の報酬を得やすい。 すべての抽選に漏れた場合は、穢れが20ptに到達しているとくるみ割りの魔女に突入する。 【ボーナス当選時の枚数上乗せ抽選】 AT中のボーナス(マギカボーナス、エピソードボーナス)当選時は、枚数上乗せ確定。 獲得した枚数は、消化中に上乗せした枚数と一緒に終了画面のボタンPUSHで告知される。 【消化中のレア役による枚数上乗せ抽選】 AT中に引いたマギカボーナスとエピソードボーナス中は、レア役成立で枚数上乗せ確定。 振り分けは10枚〜300枚まであり、成立役ごとに抽選される。 【特化ゾーン1G連抽選】 レア役成立時は、枚数上乗せ抽選と同時に、特化ゾーン突入も抽選。 当選時は、ボーナス後1G目に特化ゾーンに突入する。 はじめての中段チェリー台だったから何かと調べたらATのみ…! ボーナス、AT中だとまた変わりますが コイン持ちはいいし、まどマギ好きにはおすすめだけど、上乗せ特化ゾーン入らなすぎ…基本駆け抜け….

次の

【考察】30代になると「魔法少女まどかマギカ」は全く別の話に見えてくる

魔法 少女 まどか マギカ

私はこの『まどかマギカ』にはあまり期待していなかったことをまず言っておきます。 私はこの作品を本当に見たくありませんでした。 魔法少女のジャンルはまったく興味がなかったので、これまで『未来日記』、『デッドマン・ワンダーランド』、『デスノート』、『サイコパス』などを教えてくれた私の友人が『まどかマギカ』を見るように言ったとき、友人が冗談を言っていると思いしばらく気にも留めませんでした。 しかし、事あるごとに友人が勧めてくるので、仕方なく私は妹と一緒に最初のエピソードを観ることにしました。 私は偏見をすべて捨てて、静かにソファに座って最初のエピソードを観ました。 不思議と面白いと感じたので、2番目のエピソード、次に3番目のエピソードを観ることにしました。 3回目のエピソードが終わった後、私は完全に夢中になっていました。 そして、12番目のエピソード(の終わりまでに、私は何度も感動していました。 魔法少女というジャンルをかなり長い間避けてきました アニメの特定のジャンルが特定の性別や年齢層に集中していることがよくあります。 この事実は、「魔法少女」のカテゴリーを考えると最も明白になります。 『美少女戦士セーラームーン』、『東京ミュウミュウ』から『プリキュア』など、 魔法少女を題材にしたしたタイトルには、共通点がいくつかあります。 かわいいキャラクター、かわいい衣装、かわいい相棒、萌え変身シーン、キラキラした砂糖菓子のような雰囲気なそ、7〜14歳の女の子の感性に訴える傾向があります。 そして、ジャンルの視野を広げようとして試行錯誤した結果、「魔法少女」の枠から外れた異常なタイトルがあります。 最も成功した例は『魔法少女リリカルなのは』です。 しかし、 『まどかマギカ』の驚くべき功績は、このシリーズが少女アニメと少年アニメの2つのジャンルをうまくつなぐ架け橋になったことです。 物語は典型的な魔法少女アニメのように始まりますが、明らかに最初から異なっていることがわかります。 魔法少女になるのは運命ではなく少女の選択です。 魔法少女であることは、神の祝福というよりはむしろ冷酷な商売です。 そして、魔法はすべてを完璧に治すわけではありません。 それを使用すると、強力で予測困難な反発を引き起こす可能性があります。 これらはすべて最初の2つのエピソードで、つまりかなり早い段階に明示されます。 そしてエピソード3を観ながら、ストーリーを見失なわないようにしようとしている間、私はこのシリーズが通常の魔法少女ショーであるというすべての希望が失われたと言わなければなりません。 エピソード3から『まどかマギカ』はヒッチコックのストーリーテリングの原則に従います。 つまりエピソードごとに不愉快な驚きがあり、次に何が起こるのか待ちきれません。 新房と虚淵が作り出す作品はすべてがエキサイティング ストーリーを予測可能と呼ぶべきかどうか、本当に決めることはできません。 ご存知かもしれませんが、 この作品は、毎回放送後に2ch、4chan、そしてアニメのファンダム全般に膨大な憶測と議論を生み出しました。 ストーリーが進むにつれて、これらの推測の多くは真実であることが判明しました。 Webでの議論をフォローするとき、ストーリーが視聴者にとって予測可能かどうか重要な問題です。 しかし、一つ確かなことがあります。 あなたが何が起こるか予測していても、新房昭之と虚淵玄が作り出す作品はすべてがエキサイティングであり、感情的な影響を与えるような物語を届けることができました。 キャラクターと背景の両方がうまく調和している この作品は雰囲気が非常に深刻であるため、シャフトにとって非常に珍しい作品です。 コメディーはあまりありませんが、コメディーがある場合は、非常に微妙で自然なトーンです。 ただし、画風はは依然として非常に「シャフティ」なトーンになっています。 現実世界の最近の建築に大きく触発された少し未来的な背景は、『化物語』で見たものと非常に似ていて、かなり洗練されています。 キャラクターは『ひだまりスケッチ』の蒼樹うめによって設計され、このような明るく幸せなキャラクターデザインは、シリーズのトーンが非常に暗いため場違いに感じるかもしれません。 蒼樹の絵には最初は少し奇妙に感じますが、1、2回のエピソードに慣れると、キャラクターと背景の両方がうまく調和します。 アニメ以外のファンも絶対楽しめる 友人、家族、所有物、夢、人生そのものなど、私たちは皆、人生で大切にしているものを持っています。 私たちは自分たちの力で全力を尽くしてそれらを守り抜きます。 しかし、ある日、あなたは願いを叶える機会を与えられたとします。 あなたがいつも望んでいた何かを叶えることができる奇跡です。 その 願いを叶えるために、すべてのもの、あなたの宝物、あなたの人間性、そしてあなたの人生さえ失うことになります。 もしそうなら、あなたはそれを後悔しますか、あなたはそれを呪いますか、大切なものを守るために戦いますか?『魔法少女まどかマギカ』は、これらの質問を中心に、私たちに愛と友情の奇妙な物語を語ります。 『魔法少女まどかマギカ』は2011年に放映されて以来、アニメコミュニティでは議論の的となっており、日本と西洋で絶大な称賛と大ファンを獲得います。 彼は成功しましたか?そう、予想以上でした。 完璧です。 3話目で完全に夢中になっていました• 魔法少女というジャンルをかなり長い間避けてきました• 私が最近見た中で最も傑出したシリーズ• 少女アニメと少年アニメをつなぐ架け橋• アニメ・マンガ・ゲーム好き男女の出会いなら【ヲタ婚】• ヒッチコックのストーリーテリングの原則に従います• 新房と虚淵が作り出す作品はすべてがエキサイティング• キャラクターと背景の両方がうまく調和している• アニメ以外のファンも絶対楽しめる• 大切なものを守るために戦いますか• 古典的なヨーロッパ文学に通ずる悲劇• 完全に張り詰めたまま均衡を保っている• ストーリーは無駄がなく、余分な脂肪はまったくない などの声が聞かれていました。

次の

【海外の反応】『魔法少女まどか☆マギカ』は「魔法少女」のイメージを変えた!!

魔法 少女 まどか マギカ

馬場です。 最近、魔法少女まどかマギカを見返しました。 初めて見たときは「なんだこの萌えアニメは、、、変な顔の形しやがって」くらいにしか思えなかったんですが、ようやく大流行した意味が分かってきました。 この記事には ネタバレを多く含みますので、ご了承いただいた上で続きをご覧ください。 結論から書くと、魔法少女まどかマギカは 「ヒトが(少女が)大人になることの意味」を描写しているのではないでしょうか? ヒトという生き物は、何かを願い、期待して、それがエネルギーとなって行動します。 期待通り未来が実現すれば幸せ・喜びを感じますが、期待通りの未来が訪れなければ辛さ・悲しさを感じます。 ヒトは皆、基本的にはこのようなルールの中で生きている。 しかし、ひとたび魔法少女になってしまうと魔女討伐に最適化したシステムに組み込まれます。 そうすると ・ソウルジェムが濁らせないために常に魔女との戦いを強いられ、プライベートな時間がなくなる ・血の通わない、ゾンビのような体になってしまう ことになり、何かを願ったり期待しても、望んだ未来をほとんど実現できない状況に追い込まれてしまうのです。 これが「魔法少女になる」ことの本当の意味です。 「さやかちゃん」は、全ての願いが叶わなくなった人物の象徴的存在です。 彼女は自らの願い(恋愛の成就)をすべて諦め、世のため、ヒトのために魔女を倒し続けるために一生を過ごさなければならない呪いを受けたのです。 誰にも感謝されないにも関わらず。 つまりは「一生ずっと利他的な存在であり続けなければならない呪い」です。 「願っても、願っても自らの願いが叶わない」状況下に置かれると、ヒトは必ず絶望します。 生きている理由が分からなくなってしまいます。 だから、魔法少女は必ずどこかのタイミングで人生に絶望し、魔女になってしまう訳です。 逆に言えば、だから魔法少女になる瞬間だけはインキュベーターが奇跡を起こし、何でも願いを叶えてくれるんです。 「これから先の人生における全ての願い」と引き換えに、何の努力をしなくても願いを叶えてもらえる。 たいした覚悟なく魔法少女になってしまったからこそ、彼女は魔法少女としての才能に恵まれず、力が弱いのです。 逆に杏ちゃんは徹底的に「自分のため」に生きる登場人物です。 これは彼女が自己中心的な性格だからではなく、「他者に嫌われても良いから自分のために生きなければダメだ」と強い心で自らを律している部分が大きいと思います。 だからこそ彼女は魔法少女として強い。 そして誰よりも心が強く、優しいからこそ、最終的には葛藤の末にさやかちゃんのために命を投げ出してしまう訳ですね、、、 ちなみに、マミさんは「魔法少女になることの意味」を(半分くらい)知っていながら、自らの孤独を癒すために、まどかちゃん や さやかちゃんを魔法少女にしようと誘導している側面があります。 これは極めて自己中心的な行為です。 そこんところをほむらちゃんは理解しているので、マミさんのことが嫌いなんだと思います。 とても緻密な世界観、人物像の設定ですね、、、 で、これは何も魔法少女に限った話ではないと思うのです。 現実世界においても、ヒトの願いというものは、だいたい叶いません。 なかなか思い通りにコトは進まない。 出世したい、多くのお金を稼ぎたい、カワイイ彼女・カッコいい彼氏が欲しい、愛されたい、子どもが欲しい、地位、名誉が欲しい…。 ヒトの願いは際限がないですが全体のパイは決まっており、限りある資源の奪いになるため、願いのほとんどが叶うことはありません。 「このくらいで良いや、満足だ」と。 叶わない願いを持ち続けるほど、辛いことはないです。 それよりは、今持っているモノ、自らの努力で届く範囲で手に入るモノで満足した方が幸せだよね、、と。 しかし、「折り合いをつける」ことには絶望が伴います。 コトバを変えれば、「自らの願いを諦める」と同じ意味になります。 そんな中で、「自らの願いが叶わないことを知り、絶望し、諦め、折り合いをつけること」がある意味では大人になるということであり、魔女になるということなんではないでしょうか。 そう考えると、「まどまぎ」の脚本を書いた虚淵玄というヒトは、物凄い哲学者であると同時に、スゴイ意地悪なヒトだなと思います。 なにせ現実世界に疲れてしまい、そこから逃避するために、「魔法少女もの」のアニメを見ることで癒されにきた視聴者に対して、こんな現実を突きつけようとしているのですから。。 もしご興味を持っていただけたならば、週末に1話から見直してみてはいかがでしょうか?30代になったからこその発見があるかもしれません。。 ではでは。 週末作戦会議室のPodcast、ネットラジオはこちら(毎週更新中!) オススメ記事・関連記事はこちら Twitter始めました。 更新情報などを告知しますので、フォローして頂けると嬉しいです。

次の