ムニエル 献立。 ケチャップライスに合うおかず8選と副菜やスープ、おすすめ献立メニュー!|献立寺

ぶりのムニエル人気レシピ!タルタルソース・カレー味を献立に活用!

ムニエル 献立

ムニエルとはフランス料理のひとつであり、「ムニエ(meunier)」というフランス語では粉屋または製粉業者という意味がある。 例えば、舌平目のムニエルなら「ソール・ア・ラ・ムニエール」になる。 ムニエルは魚料理のひとつで、鮭・カレイ・舌平目などの切り身を使うことが多い。 作り方は、魚の表面に塩やコショウで味を付けて小麦粉をまぶし、バターで焼くというものだ。 魚をお皿に盛り付けた後、パセリやレモンなどを添えることもある。 ムニエルの大きな魅力は、焼いた小麦粉のカリッとした食感と魚のジューシーな身が楽しめることだ。 同じような方法で肉や野菜を調理することもあるが、ムニエルは魚料理に限定した呼び方で、肉や野菜を調理する場合には使わない。 ムニエルの他に、似たような洋食の調理法として「ソテー」「ピカタ」「ポワレ」などがあるが、これはそれぞれどんな違いがあるのだろうか。 フランス料理でムニエルと言えば鮭・カレイ・舌平目を使うのが定番だが、白身魚やクセの少ない魚であれば他の魚も使うことができる。 例えば、鱈や鯵などもムニエルに良く合う。 また、ムニエルは塩・コショウにレモンかパセリというシンプルな味付けがよく用いられているが、お好みでアレンジしてみるのもおすすめだ。 例えば、魚に下味を付ける時にカレー粉や好みのスパイスを加えてみたり、仕上げに炒めたにんにくのソースを乗せたりするのもいいだろう。 本場のムニエルでは付け合わせはシンプルであることが多いが、季節の野菜をたっぷりと添えるのもおすすめだ。 ムニエルのソースと絡まって、野菜もたくさん食べることができる。 献立も自由な発想で作ってみよう。 ムニエルはフランス料理だが、実は和食との組み合わせも良い。 例えば主菜はムニエルだが、副菜はほうれん草のお浸し、汁物は野菜と豆腐の味噌汁、それにご飯という献立も栄養のバランスが取れて家族にも喜ばれるだろう。

次の

ケチャップライスに合うおかず8選と副菜やスープ、おすすめ献立メニュー!|献立寺

ムニエル 献立

【材料】2人分• ぶり…2切れ• オリーブオイル…10cc• バター…10g• 薄力粉…適量• 塩胡椒…適量 <ソース>• 玉ねぎ…40g• ニンジン …20g• セロリ…10g• フォンドボー(市販)…200cc• バター…15g• 醤油…15cc• 白ワイン…40cc• レモン汁…少々 <付け合わせ>• トマト…10g• ケッパー…5g• クルトン…3g• イタリアンパセリ…適量• レモン…少々• バター…10g 【手順】• 鍋にバター、玉ねぎのみじん切り、セロリ、ニンジンを入れ、中火でしっかりと火が通るまで炒めます。 白ワインを入れてアルコール分を飛ばします。 フォンドボーと醤油を加え、強火から中火にして焼く10分煮詰めます。 火を止めてバターとレモン汁を加えたらソースの完成です。 ぶりに塩胡椒をふり、薄力粉をまぶします。 フライパンにオリーブオイルとバターを入れて熱します。 ぶりを皮目から入れ、両面焼きます。 焼きあがったぶりを皿に乗せ、ソースをかけます。 細かくカットしたトマト・クルトン・パセリをかけます。 焦がしバターをかけ、好みでレモンを添えて完成です。 【材料】• ぶり…4切れ• 塩胡椒…少々• 小麦粉…適量• バター…10g• <トマトソース>• 生マッシュルーム…6個• 砂糖…大さじ3• マジックソルト…極小スプーン3• コンソメキューブ…3個• 塩胡椒…少々• オリーブオイル…大さじ2 【手順】• 玉ねぎを2~3mmにスライスします。 生マッシュルームは洗わないで石づきの先を切り取り、四等分にします。 フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎとマッシュルームを中火で炒めます。 カットトマト缶とトマトソースの調味料を加えてひと煮立ちさせます。 ぶりの両面に塩胡椒をふり、小麦粉を両面にまぶします。 フライパにバターをひき、皮目からぶりを焼きます。 片面を2分焼いたら裏返して蓋をし、弱火で4分蒸し焼きにします。 ぶりが焼けたらトマトソースに入れ、上からソースをかけるようにして約2分煮ます。 皿にぶりとトマトソースを盛り付けて完成です。

次の

「鮭のムニエル」に合う副菜・汁物はこれ!使える献立特集

ムニエル 献立

鮭や白身魚のムニエルは、子供から大人まであらゆる世代の人に受け入れられている献立です。 焦がしたバターの香りとふっくらとしたジューシーなムニエルは、ライスでもパンでもおいしくいただけます。 まずは、アレンジ可能な定番のムニエルの作り方をご紹介します。 鮭のムニエル2人分の材料• 鮭の切り身 2切れ• 塩 少々• コショウ 少々• 小麦粉 適量• お醤油 小さじ2• みりん 小さじ2• バター 大さじ1• 鮭は洗って水気を拭き、塩コショウをして約5分置いておく。 水気を拭いて小麦粉を全体にまぶし、余分な粉をはたいておく。 フライパンにサラダ油を熱し、バターを加えて溶かす。 3のフライパンに鮭の皮目を下にして入れ、中火より少し弱めの火で焼く。 焼き色がついたら、裏面も同じように焼いたら器に取り出す。 フライパンをきれいにしたら、ソースの材料を加え、ひと煮たちさせたら5にかける。 美味しいムニエルのアレンジ方法・種類 RELATED ARTICLE 鮭の南蛮漬けの材料• 鮭 3切れ• 塩 少々 鮭にふりかける分)• 酒 大さじ2• 小麦粉 大さじ2• 玉ねぎ 1個• ピーマン 3個• ショウガ 1かけ• サラダオイル 小さじ1 南蛮酢の材料• 出し汁 300㏄• みりん 大さじ2• 砂糖 大さじ1• 薄口醤油 大さじ3• 米酢 大さじ5• サラダオイル 揚げ焼きできるくらい• レモンスライス お好みで 鮭の南蛮漬けの作り方• 鮭の余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る• ニンジンは千切り、玉ねぎは薄切り、ピーマンは細切り、ショウガも千切りにしておく。 フライパンに酢とレモンスライス以外の南蛮酢の材料を入れ、軽く沸騰させる。 砂糖が溶ける程度)• 4が沸騰したら米酢を入れて、すぐに火を止め保存容器に移しておく。 フライパンを拭き取ったら、サラダ油を入れ、3の野菜を入れて炒める。 炒めた野菜をつけ汁の入った保存容器に入れる。 鮭を一口大にそぎ切りにして、酒を振っておく。 鮭に分量の小麦粉をまぶしたら、軽くはたいておく。 フライパンで鮭を焼く。 じっくり焼いた鮭を、つけ汁の入った保存容器に入れて冷蔵庫で約1日漬け込んでおく。 お好みで、レモンのスライスを入れる。 玉ねぎとチーズの旨みがギュッと詰まったオニオングラタンスープは、鮭のムニエルの献立と相性抜群なスープです。 玉ねぎやニンニクをバターで炒めて、ブイヨンで煮込んだら容器に移し、チーズとバケットをのせ、トースターで焦げ目をつけたら完成です。 オニオングラタンスープの材料• 玉ねぎ 2個• 塩 少々• バター 大さじ1• 水 500㏄• コンソメ 1個• 塩・コショウ 少々• チーズ 60g• スライスしたトマトにショウガの甘酢漬けを千切りしたもの・お酢・砂糖・だし醤油を混ぜ合わせたものを回しかけて完成です。 甘酢漬け以外にも、生のショウガを千切りにして散らしてもおいしいですよ。 食べる直前まで冷蔵庫で冷しておくのがポイントです。 トマトの甘酢サラダの材料• トマト 2個• 市販の甘酢ショウガ お好みで• 米酢 大さじ4• ブラウンシュガー 大さじ3• だし醤油 少々 トマトの甘酢サラダのレシピ• 甘酢ショウガを千切りにし、ボウルに入れ、たれの材料と合わせておく。 トマトをスライスし、1のボウルに入れ混ぜ合わせる。 器に盛り付ける。 ランチなどではメインのおかずにもなるほうれん草とベーコンのソテーは、付け合わせとしても万能です。 フライパンにオイルを入れ、ニンニクスライスを炒めて香りがたったら、ベーコンをカリカリになるまで炒めます。 一度皿に移し、フライパンでほうれん草の茎の部分から順に炒めていきます。 ある程度火が通ったら皿に移したベーコンとニンニクを戻し入れ、塩・ブラックペッパー・お醤油で味を整えて完成です。 ホウレン草とベーコンのガーリックソテーの材料• ほうれん草 1束• ベーコン 3枚• にんにく 1かけ• バター 大さじ1• 塩・コショウ 少々• ボイルしたタコの足1本を薄くスライスし、塩コショウ・白ワインビネガー・レモン汁・にんにくのみじん切りの入ったボウルに入れてなじませます。 セロリも薄くスライスし、パクチーの茎をみじん切りにしておきます。 グリーンオリーブのスライスとパクチーの葉の部分も加え、軽く混ぜ合わせたら器に盛りつけます。 最後に、オリーブオイルを回しかけます。 サッパリしたマリネなので、ワインのおつまみにもおすすめです。 タコと香味野菜のマリネの材料• ボイルしたタコ 1本• パクチー 2束• セロリ 2本• グリーンオリーブ 5個• にんにく 1かけ• 白ワインビネガー 大さじ2• 塩・コショウ 少々• レモン汁 大さじ1• オリーブオイル お好みで 美味しいムニエルの献立でいつもの食卓を華やかに!

次の