渋川 難波。 【麻雀】魔神渋川難波の天鳳実況【視聴者参加型】

雀力(じゃんりょく)スカウター|渋川難波|note

渋川 難波

天鳳では鉄守備、リアルでは鉄押しとルールへの対応力が非常に高い。 近代麻雀では麒麟児一打「魔神の守備」というコラムを連載しており、塚脇先生の「鉄鳴きの麒麟児」という漫画の闘牌原作も務める。 今最ものっている若手プロの1人。 ニコ生での解説には定評がある。 2012年9月にプロ活動2年目での異例速さで自身の著書を発表。 麻雀文化を牽引する1人として新しい才能を開花させる。 以下amazonの商品説明より引用 「天鳳」十段! ネット麻雀の覇者、渋川難波が魔神の力をついに披露! 日本最大の麻雀サイト「天鳳」で十段の最高位を獲得、鳴り物入りで2011年プロデビューし、プロの世界でもリーグ連続昇級を続けている現在最注目の若手プロ、渋川難波による戦術書です。 ネット麻雀で培った人間離れした場況解析能力の秘密を余すところなく披露しています。 本書は「麻雀を上達させたいと思っている人は、絶対に流れを考えてはいけない」という独白で始まります。 渋川プロはこうも言っています「理論にゴールはない、流れを考えるのに割いている時間はない」と。 この本で語られているのは徹底的に理論です。 流れやカン、経験論ではありません。 子どものころ、一人で4人分の打牌を延々と続け、学生時代には対局後に相手の牌姿と自分の読みが合っていたかどうかをひたすら確認し続ける。 そうやって生み出された渋川プロの血を帯びた理論で本書は構成されています。 「カンチャンドラ1役なしは音速でリーチ」 「バックを毛嫌いしては勝てる麻雀も勝てない」 「自分の切った牌は誰に鳴かれても得」 「迷ったときは6ブロック打法」 「最も重要な読みは山読みである」 「リーチ後に切られた牌の筋の方がリーチ前より危ない」 独自の戦術が歯切れ良く、惜しみなく吐露された渾身の一冊。 今、最も旬な雀士の脳 理論編 を、眼 推理編 を、腕 実戦編 をぜひ手に取って読んでみてください。 必ず新しい発見があるはずです。 お楽しみに! 個室はこちら - 第2回 第二期天鳳名人戦第6節牌譜検討 第二回は天鳳名人戦の牌譜検討です。 今までと同じように自分のことは棚に上げてばっさり切っていきます。 時間があまればいつものように個室で打ちます。 お楽しみに! - 第3回 第二期天鳳名人戦第7節牌譜検討 第三回も前回同様天鳳名人戦の牌譜検討です。 今までと同じように自分のことは棚に上げてばっさり切っていきます。 時間があまればいつものように個室で打ちます。 お楽しみに! - 第4回 魔神のガチ打ち 久々に魔神のガチ打ちです。 手牌進行の仕方、相手の手の読み方を分かりやすく解説できたらと思います。 もしかしたらゲストも来るかも・・・? お楽しみに! 個室はこちらです - 第5回 第二期天鳳名人戦第9節牌譜検討 第五回目は天鳳名人戦の牌譜検討です。 今までと同じように自分のことは棚に上げてばっさり切っていきます。 残すは最終節のみですので、全員がどう打つかについても推測できればと思います。 時間があまればいつものように個室で打ちます。 お楽しみに! 個室はこちらです - 第6回 魔神のガチ打ち 「魔神の読み」に続き「魔神の攻め」が発売されました! さらに雀竜位というタイトルまで獲得しノリにノッています その記念に今回はガチ打ちです 魔神が一打一打丁寧に解説しながら、魔神の読みや魔神の攻めを炸裂させます。 守りだけではなく攻撃も強いところをお見せします! お楽しみに! 個室はこちらです - 第7回 魔神のガチ打ち 天鳳名人戦に参戦することが決定して、天鳳熱も高まっている魔神がガチで打ちます。 いつもの読みに加え天鳳名人戦での戦い方や、天鳳位を目指すうえでの考え方も語っていこうと思います。 これまでは打たない立場で気楽につっこみをいれることが出来ていたのですが、今回は打つ立場なので緊張します。 物怖じせず上手くいった一打ミスした一打をしっかり解説していこうと思います! 今回のゲストは石橋プロです(予定) - 第9回 第三期天鳳名人戦第2節牌譜検討 第三期天鳳名人戦の第二節牌譜検討です。 前回同様同卓した方をゲストに呼んで、検討していこうと思います。 今回のゲストは初代天鳳位ASAPINさんです! - 第10回 第三期天鳳名人戦第3節牌譜検討 第三期天鳳名人戦の第三節牌譜検討です。 あまりのもぼろぼろにされたので反省の意味を込め今回は一人でじっくり検討しようと思います。

次の

楽天Kobo電子書籍ストア: 麻雀 魔神の実戦

渋川 難波

また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 プロ2年目にして雀竜位を獲得した渋川プロ。 「魔神の読み」「魔神の攻め」で語られたその理論が正しいことを実戦で証明したといえます。 本書はその雀竜位戦の熱戦譜を渋川プロ本人が解説したもの。 かつてこれほど面白く、これほどタメになる麻雀自戦記があったでしょうか?いえ、ありません。 渋川プロの一打一打は徹底的に理論に裏打ちされており、打牌は常にシンプル。 鉄メンタルといわれる精神的な強さも感じられます。 また、好評のコラムも健在です。 18ページ、八萬をツモった場面。 「ここで一つ考えなければいけないことがあります。 ツモるかツモらないか、です。 」まずはここで驚いてください。

次の

天鳳 / 渋川難波 魔神の天鳳理論3

渋川 難波

また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 新雀竜位が攻めを語る!ネット麻雀の覇者『天鳳』十段という名誉をひっさげて鳴り物入りでプロデビュー。 すると連戦連勝で3連続昇級を決め、2013年2月にはビックタイトル雀竜位を獲得。 本書は渋川プロ処女作にして空前のヒットとなった「麻雀 魔神の読み」の続編に当たります。 渋川プロの明快な論理と深すぎる読み。 今、新しい麻雀戦術を切り開いているのは間違いなく彼です。 第一章の「赤入り麻雀の定石」では赤牌とチップによって変わる戦術と、仕掛け、押し引き、そして有力役チートイツについて語ります。 第二章の「攻撃への備え」では簡単なようで難しいベタオリ、また回し打ちや複雑形の対処などを論じます。 第三章は「魔神の教室」、それまでの内容を踏まえながら渋川プロの実戦麻雀レッスンを披露します。 現代麻雀が現代麻雀たるゆえん、赤牌。 赤牌があることで、こうまで麻雀の打ち方は変わるものなのかと驚かされます。 渋川プロは言っています。 「よく『赤が入ると運ゲーになるから嫌だ』という話を聞くが、全くそんなことはない。 情報が増えるぶん考えることが増えるので、赤が入るとむしろ実力の差が出るのではないか」現代麻雀は考えなければならないパラメータが増えた、だからこそ自分が強いのだというゆるぎない自信がそこにはあります。 本書には現代麻雀に対応した攻撃の手順がちりばめられています。 また、前著で好評だったコラムは今回も健在。 コラム「思い出深いネット雀士たち」では強くて面白いネット麻雀の住人たちが紹介されています。 では、最後に渋川プロの信念が込められた一文を引用します。 「ある程度長期において、強いのにツキがないから勝てないなんてことはありません。 それは単に弱いだけです」本書を読めばあなたの雀力がワンステージ上がることは間違いないでしょう。

次の