どんな とき も wifi 制限。 【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの使いすぎによる通信速度制限についてサポートに確認してみた

どんな とき も wifi 制限

総務省は、グッド・ラックが提供するMVNOサービス「どんなときもWiFi」が、月間容量無制限をうたいながら、提供可能な通信量が逼迫したことを機に、月間容量制限(上限25GB)を設けるなどの措置を行ったことに対して、電気通信事業法に違反するとして、行政指導を行った。 総務省による行政指導は以下にて。 総務省は、本日、株式会社グッド・ラック(代表取締役 佐々木 允浩)において、電気通信事業法(昭和59年法律第86号。 以下「法」という。 )第1条の「利用者利益の保護」の趣旨に照らして不適切な行為が行われたこと並びに同法第27条に規定する苦情等処理義務及び第27条の2第1号に規定する事実不告知等の禁止への違反が認められたことを受け、同社に対し、同法の遵守を徹底することなどについて指導しました。 総務省では、どんなときもWiFiが容量無制限を謳いながら、2020年3月下旬には相当数(詳細な影響範囲は不明)の利用者の通信速度を著しく制限するなど、実際の品質よりも著しく高い品質であることをアピールしていたと指摘、利用者を不当に誘引したため、電気通信事業法第1条の「利用者利益の保護」の趣旨に反するとしている。 さらに、通信容量の逼迫解消を目的に一定の基準を超えたデータ利用実績のある利用者に対して、月間25GBの通信容量を上限とする速度制限を行ったものの、該当する利用者の基準を具体的に示していなかったほか、契約者からの問い合わせがあった場合も一律に回答していなかった。 この対応は、利用者がサービスの利用継続をするか解約するかを判断する同機になり得る情報を適切に提供していないと判断され、「利用者の判断に影響を及ぼすこととなる重要な事項」の不告知に該当し、電波通信事業法第27条の2第1号(事実不告知の禁止)規定への違反が認められた。 また、契約者からの苦情に適切に対応しなかったとして、同法27畳(苦情等の処理義務)規定にも違反していると判断された。 同サービスの通信速度低下に関しては、しており、その後2020年4月3日より全ての新規入会者の申し込み受付を停止している。 受付再開の時期などは明らかにされていない。

次の

【どんなときもWiFi VS Mugen WiFi】徹底比較|どっちがいいか?その理由

どんな とき も wifi 制限

WIMAXポケットwifiには、 「月〇〇GBまで」「直近3日で10GB使うと速度制限」といったルールがありますよね。 それらサービスは便利ではありますが、制限がなければもっと便利なのにと思う方も多いでしょう。 そんな皆さんにおすすめなのが、制限一切ナシで使える 「どんなときもwifi」です。 「月ごとのデータ容量は20GBや30GBじゃ足りない!もっとたくさんネットを使いたい」 「直近3日で10GBルールのせいで、速度制限がかかり困ってしまったことがある」 そんな皆さんにはどんなときもwifiがおすすめ。 これを機に同サービスに入会・乗換をしてみてはいかがでしょうか。 どんなときもwifiは 月の上限ナシ&数日単位の制限ナシで使うことのできる優れたサービスなのです。 当記事ではどんなときもwifiのメリットやデメリット、料金、口コミ評判などをご紹介いたします。 以上がどんなときもwifiのメリットです。 どんなときもwifiは間違いなく、革命的なWi-Fiサービスであり、WIMAXやポケットwifiなどの、その他サービスにはない魅力が満載です。 これらのメリットについて、以下に解説いたします。 同サービスは月ごとのデータ容量上限なし、直近3日で10GBといった制限もなしで、 好きなだけインターネットを使えるサービスです。 これは今までになかった新しいシステムなんですよね。 たとえば、WIMAXやポケットwifiには、 「直近3日で10GB利用すると速度制限」「データ使用量が月7GBに達すると速度制限」という制約があります。 WIMAXの場合、前者の制約はデータ無制限プランにも適用されるため、厳密には「データ無制限」とは言えない状況となっています。 それに対しどんなときもwifiは、上限・制限は一切なしでインターネットを使うことができるのです。 それで 月額3,280円という料金は安すぎますよね。 これは簡単に言うと、 場所によって各キャリア(au、docomo、Softbank)のSIMカードに変身する魔法のSIMカード。 そのため、地域ごとに最も繋がりやすい回線を自動で選択して、ネット接続を行ってくれます。 auやdocomo、Softbankの三つのキャリア回線をすべて使用することができるため、これまでWi-Fiサービスの問題点であった「繋がりにくさ」はほぼ完全に解消されているといっていいでしょう。 各キャリアのスマホをそれぞれ1台ずつ持ち歩けば、どんな土地でもそのうち1台はネットに繋がりそうですよね。 まさにそれと同じことをしてくれるのがどんなときもwifiなのです。 地方にお住いの方や海外によく行く方など、「繋がらない」場面に遭遇することの多い方であっても、どんなときもwifiなら問題なく使える可能性が高いのです。 ルーターを海外に持っていけばそのまま使うことができます。 別のプランを契約したりする必要はありません。 ただし、海外での料金は月額料金に加え、 利用1日毎に海外利用料がかかるので要注意です。 海外利用料 料金 アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米 1,280円/日 中東・南米・アフリカ 1,880円/日 1日で1,000円以上するため決して安いわけではありませんが、そのまま使えるというのは大きいですよね。 海外で突然インターネット接続が必要になったときのための保険として持ち歩くとよいでしょう。 海外でのメインのネット接続方法としては、料金が高いためあまりおすすめはできません。 ちなみに、どんなときもwifiには 別途加入不要の「紛失・盗難保険」がつきます。 もし万が一海外で端末を紛失したり、盗まれてしまったりしても、無料でルーターを交換してくれるのです。 海外向けのWi-Fiサービスの中には、紛失・盗難時にルーターを弁償しなければならないものもあるでしょう。 どんなときもwifiなら安心して国外に持ち出せます。 ネットが繋がらなくなった、通信速度が極端に遅い、スマートフォンをWi-Fiに接続できないなど、どんなときもwifi利用時のあらゆる問題を、ルーターを遠隔操作しながら解決してくれます。 もちろん海外でもこのサポートは利用可能。 これなら機械に詳しくない人でも安心ですよね。 料金が安く、データ容量に制限がなく、海外でも使えてサポートも手厚いと、どんなときもwifiは非常に優れたサービスなのです。 これらのデメリットについて解説いたします。 WIMAXは下り最大1. 2Gbpsなのに対し、どんなときもwifiの下り最大速度は150Mbpsと、 WIMAXの8分の1の速度しか出ないんですね。 もちろん重要なのは最大速度ではなく実効速度ですが、下り最大速度というのはそのルーターのスペックを表すものであり、それが低い方がよりルーター本体の性能が低く、実効速度も低くなる傾向があるのです。 実際、私が都内で計測した結果ではありますが、どんなときもwifiの実効速度はどの時間帯でも10Mbps程度でした。 WIMAXの実効速度は1日平均で28Mbpsくらいはありますから、やはりどんなときもwifiのほうが遅いんですよね。 10Mbpsものスピードが出ていれば、インターネットは問題なく使うことができますし、Youtubeなどで高画質動画を見ることもできるでしょう。 しかし、サイズの大きなデータをダウンロードしたりするのには少々時間がかかります。 速度を重視するのであれば、WIMAXのほうが良いでしょう。 まあこれはWIMAXやポケットwifiもそうなのですが、契約期間中に解約しようとするとお金がかかるんですよね。 どんなときもwifiの場合…… 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目以降(更新月を除く) 9,500円 の解約金が必要となります。 いわゆる2年縛りというやつです。 こういった解約金を設定するのはいい加減やめたほうがいいのではないかと個人的には思います。 格安スマホには解約金ナシのものも増えてきていますしね。 キャリアスマホやWi-Fiなど、未だにこの解約金ルールを設けている会社は、そろそろ見直すべきだと思います。 1GB使用後は、速度が384Kbpsに制限され、ネットを快適に使うことができなくなるのです。 海外での利用1日につき1,200円以上かかるのに1GBの制限がつくわけですから、こういうところを見るとやはりどんなときもwifiは、海外でのメインのネット接続方法としては使えないと感じます。 あくまで補助、保険的なものと考えておいたほうがよさそうです。 海外でインターネットを使いたいのなら、それ専用のWi-Fiサービスを契約したほうがいいかもしれません。 ポケットwifiには海外利用向けのプランがありますから、そちらへの入会を検討されてみてはいかがでしょうか。 これもどんなときもwifiのデメリットと言えるかもしれません。 月額400円の故障時サポートオプションはあるのですが、それ以外にはこれといったオプションが存在しないのです。 たとえばというサービスには、月額3,000円でパソコンをレンタルしてもらえるというオプションがあります。 しかも、ただ貸してもらえるだけではなく、2年間そのパソコンを使い続ければ、返却不要となるのです。 つまり追加料金ナシでパソコンを1台もらえるということですね。 もちろん返却不要となった後はレンタル料は変わりません。 ブロードワイマックスにはパソコンの他、スマホレンタルサービスもあり、そちらも2年間使うと端末が自分のものとなります。 どんなときもwifiにはこのような魅力的なオプションが現状存在しないのです。 1人暮らしを始めるのにインターネットを契約しないといけないけど、そもそもパソコンを持っていない、スマホを持っていないという方は間違いなく、ブロードワイマックスに入会したほうがよいでしょう。 このような魅力的なオプションのないことが、どんなときもwifiのデメリットと言えるのです。 実際どうなの?どんなときもwifiの口コミ評判を調べてみた どんなときもwifiは実際に利用した人たちにどのような評価を受けているのでしょうか? まずは高評価の口コミを見てみましょう。 【どんなときもwifi】高評価の口コミ 通信速度がそんなに速くなかったから解約しようと思ったら解約金がかかると言われ困りました。 スマホとかと同じで解約するのにお金がかかるみたいです。 こういう縛りのあるサービスはダメだなと思いました。 今は有線インターネット使ってます。 以上、どんなときもwifiの口コミ評判をご紹介いたしました。 高評価の口コミには、データ容量が無制限であるということや、料金の安さなど、コスパ面に関する内容のものが多かったです。 逆に低評価の口コミには、通信速度や海外利用に関する内容のものが多かったですね。 間違いなくコスパの良いサービスではありますが、弱点は存在しますから、それを考慮したうえで契約するか否か決めていただければと思います。 どんなときもwifiの料金や特徴、口コミまとめ いかがでしたでしょうか。 月額3,280円でデータ容量無制限、数日単位の制限もなしと、非常にコスパの良いサービスですよね。 通信速度が若干遅いという弱点もありますが、WIMAXと比べても非常に魅力的な部分の多いサービスであると言えるでしょう。 似たようなサービスにはWIMAXやポケットwifiがあります。 それらのサービスと内容や料金を比較したうえで、自分にぴったりなものを選んでくださいね。

次の

ギガ無制限ポケットWiFi5社をおすすめ全比較「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」の違いは?「MUGEN WiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」

どんな とき も wifi 制限

どんなときもWiFiは公式サイト上は使い過ぎによる速度制限はない どんなときもWiFiの公式サイトを見てみると、 特徴の1番目に「データ容量無制限」と明記されています。 また、 どんなときもWiFiのルーターにはクラウドWi-Fi クラウドSIM が採用されていて、ドコモとau、ソフトバンクの3枚のSIMが割り当てられているので、1枚のSIMしか利用できない従来のWi-Fiルーターのように、無制限と言いながら短時間に使いすぎて低速に制限されることもないとのことです。 著しくネットワークを占用するレベルの大容量通信をした場合384Kbpsに制限される場合がある ただ、どんなときもWiFiの公式サイトには 「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 」とも記載されています。 これだと、他のモバイルWi-Fiルーターと同じく使いすぎると低速に制限されるパターンのようにも見えます。 「著しくネットワークを占用するレベル」がどの程度なのかサポートに確認してみた【4月版】 そこで、著しくネットワークを占有するレベルがどの程度なのかをサポートチャットに確認してみました。 詳しく聞いてみたところ、数字の目安はなく基本的に制限はかからないものの、 明らかにネットワークに負荷がかかっていると判断された場合は通信制限される場合もあるとのこと。 ただ、 現状では約1TBを使った人でも制限がかかっていないとのことでした。 また、低速に制限された場合の解除までの期間は「ネットワークの公平性が確認でき次第」で、具体的な期間は教えてもらえませんでした。 なお、 制限がかからなかった1TBは1日での通信量とのこと。 これなら安心ですね。 「著しくネットワークを占用するレベル」がどの程度なのかサポートに確認してみた【6月版】 どんなときもWiFiの「著しくネットワークを占用するレベル」が、4月時点から変更になっていないか、再度チャットサポートで確認してみました。 最初の回答は4月の時と全く同じですね。 その次のコメントでは、 「動画やゲームの長時間視聴・利用であっても基本は制限はかからない」と明言しているので、動画とゲームに関してはどれだけ使っても速度が遅くなることはないようです。 仮に速度制限になった場合、ネットワークの公平性が確認でき次第解除されるとのこと。 通信が許容範囲内になったことが確認されれば制限は解除されるようですが、これは システムによる判断のため具体的にいつ解除されるかは案内できないとのことでした。 まとめ。 どんなときもWiFiは現時点では無制限で利用できると言っても差し支えない どんなときもWiFiは基本的には本当に無制限で通信し放題のサービスですが、 ネットワークに負荷がかかり他のユーザーに影響が出ていると判断された場合は384Kbpsの低速に制限されることもあります。 ですが、 現状では1日で1TB通信しても低速制限はされない、もしくはゲームや動画を長時間使用しても制限されない状況です。 まとめると、どんなときもWiFiは現時点では無制限で利用できると言っても差し支えないほどの制限の緩さなので、私は安心して契約できました。 通信量を気にせずに短時間にたくさん通信したい人は、どんなときもWiFiはおすすめです。 公式サイト.

次の