見えない目撃者 ネタバレ。 ブラインド (2011年の韓国映画)

見えない目撃者 感想【ネタバレなし】

見えない目撃者 ネタバレ

映画『見えない目撃者』の作品概要 韓国映画「ブラインド」( 2011 年)を日本のいリメイク。 吉岡里帆が視力を失った元警察官役を演じるサスペンススリラー。 毒親、ネグレクト、家出少女、 JK 売春と言った日本が抱える闇の世界の問題も浮き彫りにしている。 また障害を持った人の気持ちを代弁している。 映画『見えない目撃者』のあらすじ・ネタバレ 警察官を目指していたが、卒業式の夜、弟を乗せた車で事故を起こし弟を死なせてしまう。 自身は視力を失い警察官の夢も諦めた。 失意の日々を過ごしていたが、ある日、車の事故の目撃者になる。 聴覚と臭覚で得た情報を警察に話すが相手にされない。 そこで自身で捜査を開始していく。 単なる交通事故ではなく誘拐、虐待、猟奇的な異常性を孕む事件が浮き彫りになっていく。 映画『見えない目撃者』の感想・評価・内容・結末 吉岡里帆さんの演技は神がかっている 吉岡里帆さんの演技が素晴らしいと思いました。 前作の『パラレルワールド・ラブストーリー』がいまひとつだったから尚更良かったです。 目の見えないキャラクターの演技は簡単なようでとても難しいと思います。 ただ焦点をボカすような眼差しをしていれば良いと思われますが、それを継続させるには並大抵の集中力がないとできません。 しかもセリフがあります。 これがどんなキツいかは演じた者にしかわからないでしょう。 一度、鏡に向かって歌でも唄ってみるとその難しさがわかると思います。 わたし、やってみましたがすぐに頭が痛くなりました。 さらに自身の視力も失ってしまい、警察官を辞めてしまいます。 失意のどん底の日々が数年続きます。 母、浜中満代(松田美由紀)と二人で暮らしていますが、弟を死なせてしまった後悔と精神的な病も発症してうまくいっていません。 目が見えないのに目撃者になるのです。 この設定がとても面白いと思いました。 女の子が誘拐されている可能性があり警察に相談しますが、目が見えないことで相手にされません。 警察も面倒な仕事をしたくない雰囲気です。 この警察の怠惰な対応は本当にうまく表しており、笑ってしまいました。 それでなつめは自ら捜査を開始します。 人間とはひとつの機能が損傷したら他の機能なり器官が発達し補ってくれる能力があると聞いたことがあります。 な つめは視力を失ったことで聴覚と臭覚が鋭利になりました。 日本の闇の世界、闇のビジネスにメスを入れた映画 この映画は単なるサイコパスの映画ではありません。 毒親、ネグレクト、家出少女、 JK 売春と言った、表には出ませんが実際にある深刻な社会的な闇を正面から問題として取り上げてるところが素晴らしいと思います。 彼女たちがなぜそのような被害者になるかについて 「親が無関心なんだ」とあきらめ顔で話す少女の言葉に全て集約されていると思います。 サイコパスたちは彼女たちに甘いハチミツを垂らして近づき犯行を楽しむのです。 人間は困っている人を助けたい、社会に貢献したいと思っている 更にこの映画の素晴らしいところは「困っている人を助ける、わたしも誰かや社会の役に立ちたい」という気持ちが伝わってくるところです。 障害を持つ人たちの気持ちを代弁しているのです。 かつて警察官だったなつめは日々、失意の中で過ごしていましたが、この誘拐事件をきっかけにもう一度前を向いて歩いて行こうと立ち上がります。 (映画ではそのような強い表現はありませんが) そしてなつめの思いに同調するのが高校生の国崎春馬(高杉真宙 )です。 当初は冷めてる若者で非協力的、全く無関心でしたが、なつめの一直線の正義感にほだされて少しずつ事件に関心を寄せていくあたりの表現がとてもうまく描かれています。 知らず識らず春馬を応援している自分もいました(またこの高杉くん、可愛いんです)この2つが映画を最後まで飽きることなく引っ張ってくれたと思います。 最初から最後まで楽しめるのは、やっぱりは吉岡里帆さんの演技 さてさて、 映画はサイコスリラーのジャンルになると思いますが、本当に気持ち悪いのと恐ろしいのが前面に出て終始、体を怖がらせます。 また犯人は誰だ?と 推理させてくれる要素も散りばめられており楽しめます。 ただ途中で「あ、あいつが犯人か」とわかってしまいました。 そこが勿体無いのですが、それはそれで納得しました。 あと、映画のトップカットがなつめが射撃の練習をしている場面から始まります。 これが後半、かなりの重要な意味合いを持ちますが、出来ることならもう少し、予想が出来ない演出が欲しかったです。 兎にも角にも映画を観終わった直後わたしも 「困っている人を助ける、わたしも誰かや社会の役に立ちたい」と思える作品でした。 田口トモロヲさん 木村友一演じるトモロヲさんの声を聞いてるだけで満足ですが、やっぱり真面目に捜査する刑事役ははまり役だと思いました。 浅香航大さん 日下部翔演じる浅香さんははまり役だったと思います。 非常に冷酷な表情が恐怖を煽ってきました。 ジャニーズ事務所所属とは知りませんでした。 俳優として将来が楽しみです。 松田美由紀さん 浜中満代演じる松田さん母親役が多い年齢だと思います。 とても安心感がある演技でした。 心筋梗塞を発症したとのことですが、お大事にしてください。 森淳一監督 テレビドラマ出身とのことであまり情報はありませんですが、良い仕事をしたと思います。 今後も期待したいです。 実際に行方不明の届け出を出していない親は多いと思います。 映画『見えない目撃者』まとめ 一言で言うと! 生まれてきたからには誰かの役に立ちたい! 人には誰かに認めてもらいたい承認欲求があります。 生まれてきたからには誰かを助けたいとか社会の役に立ちたいと思うそうです。 単なる名声欲ではなく、心底願うそうです。 特に年をとるとその思いが強くなるそうです。 吉岡里帆さん出演映画 ちょっとしんみりした演技です。 二人の男性と、、、• 合わせて観たい映画 【吉岡里帆さん主演映画】 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』 東野圭吾原作。

次の

映画 見えない目撃者2019ネタバレ結末!犯人は誰!?内容と見どころを解説!

見えない目撃者 ネタバレ

あらすじ [ ] 視覚障害者である スアは乗車していたタクシーが何かにぶつかったと感じる。 ひき逃げ犯となることを怖れたタクシー運転手は犬にぶつかったと弁解する。 しかし、視覚以外の感覚に優れていたスアはタクシーにぶつかったのが犬ではないと直感し、タクシー運転手に執拗に尋問する。 タクシー運転手はあくまでも犬にぶつかったと主張し、スアをその場で下ろすとそのまま走り去ってしまった。 雨の中、取り残されてしまったスアはすぐさま警察に通報。 駆けつけた警察官たちは通報したのが視覚障害者であると知り、本当にその場で事故が起きたのかさえ疑いを持つ。 しかし、その後の捜査により世間を震撼させている女子大生失踪事件と今回のひき逃げ事件が関係していることが判明し、警察は本腰を入れて捜査に乗り出した。 研ぎ澄まされたスアの感覚をもとに捜査が進んでいく中で、ひき逃げ事件を目撃したという青年・ ギソプが現れる。 しかし視覚障害者のスアと異なり、見える目で事件を目撃したギソプが行った証言はスアが行った証言と食い違う箇所があり、捜査は混迷を極めることになる。 キャスト [ ]• スア:• ギソプ:• チョ刑事: スタッフ [ ]• 監督:• 製作:ユン・チャンオプ• 脚本:チェ・ミンスク• 撮影:ソン・ウォンホ• 照明:シン・サンヨル• 録音:キム・チャンフン• 美術:キム・ソンギュ• 音楽:ソン・ジュンソク• 編集:シン・ミンギョン• 配給:ブラウニー 受賞歴 [ ] 第48回 最優秀主演女優賞 - 最優秀脚本賞 - チェン・ミンスク 第32回 最優秀主演女優賞 - キム・ハヌル リメイク映画(中国版) [ ] 見えない目撃者 我是証人 The Witness 監督 アン・サンフン 脚本 チェ・ミンスク アンディ・ユン アン・サンフン グー・シャオバイ(脚色) 製作 アンディ・ユン ジジ・チー ジャオ・ルオヤオ 出演者 (特別出演) 撮影 ソン・ウォンホ 編集 シン・ミンギョン 配給 公開 上映時間 112分 製作国 言語 中国語 韓国語 『 見えない目撃者』(原題: 我是証人 The Witness)のタイトルでに公開された。 監督はオリジナルの韓国映画『ブラインド』を手掛けたアン・サンフン、主演は。 キャスト [ ]• ルー・シャオシン:• リン・チョン:• ルー刑事:• リャン・ツォン: スタッフ [ ]• 監督:アン・サンフン• 製作:アンディ・ユン、ジジ・チー、ジャオ・ルオヤオ• 脚本:チェ・ミンスク、アンディ・ユン、アン・サンフン• 脚色:グー・シャオバイ• 編集:シン・ミンギョン• 撮影:ソン・ウォンホ• アクション監督:クォン・スング リメイク映画(日本版) [ ] 見えない目撃者 監督 脚本 森淳一 原案 映画『ブラインド』 製作 小出真佐樹 製作総指揮 紀伊宗之 Andy YOON 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 高木風太 編集 制作会社 Moon Watcher 製作会社 「見えない目撃者」フィルムパートナーズ 配給 公開 製作国 言語 『 見えない目撃者』(みえないもくげきしゃ)のタイトルでとしてリメイクされ、に公開された。 監督は、主演は。。 キャスト [ ] 浜中なつめ 演 - 警察学校卒業式の日に運転していた車で交通事故を起こして弟を失い、本人もその事故で視力を失い盲導犬を連れている。 事故が原因で配属が決まっていた警察を依願退職して音声の文字起こしの仕事をしている。 偶然接触事故を起こした車から助けを求める少女の声に気づいて警察に証言するが、運転者の顔などが見えない事などから情報が乏しくて相手にされなかったので独自に視力以外の五感を研ぎ澄ませ家出少女誘拐事件を追う。 国崎春馬 演 - スケボーに打ち込む将来を全く考えていない男子高校生。 なつめが目撃した怪しい車と接触事故を起こす。 なつめとともに家出少女誘拐事件の調査に乗り出す。 吉野直樹 演 - 長者町警察署捜査一課・強行犯係の刑事。 最初はなつめの証言を取り合わなかったが、なつめの能力の高さを目の当たりにして少女誘拐事件の捜査に乗り出す。 犯人のアジトが発覚した後単身で突入し、日下部と激闘を繰り広げるもナイフで頭を裂かれ死亡した。 木村友一 演 - 長者町警察署捜査一課・強行犯係の定年が近い刑事。 吉野と共に捜査に乗り出して、いち早く犯人が日下部であることを突き止めたが、その場で日下部に殺害された。 高橋修作 演 - 長者町警察署捜査一課・強行犯係の刑事で吉野と木村の上司。 日下部翔 演 - 長者町警察署生活安全課少年係所属の刑事。 新井文則 演 - 春馬を轢き殺そうとした車の所有者。 逮捕歴あり。 平山隆 演 - 定年退職した元刑事。 15年前に起きた同様の連続誘拐殺人事件を担当していた。 少女誘拐事件の真犯人を暴く重大な情報を提供する。 横山司 演 - 名簿屋。 誘拐された少女の身元解明のヒントをもたらす。 桐野圭一 演 - 風俗店のスカウトマン。 当初犯人だと思われていたが、潔白が証明された。 浜中満代 演 - なつめの母。 なつめがこの事件に関わることに猛烈に反対した。 浜中大樹 演 - なつめの弟。 なつめが視力を失った事故で死亡。 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:、森淳一• 音楽:• 主題歌:「」()• 製作:村松秀信、、Andy YOON、、、宮崎伸夫、有馬一昭、髙木雄一郎、猪野丈也• 共同製作:YerHyun BAEK、DoJin KIM• エグゼクティブプロデューサー:紀伊宗之、Andy YOON• プロデューサー:小出真佐樹• 共同プロデューサー:飯田雅裕• アソシエイトプロデューサー:高橋大典• ラインプロデューサー:• 撮影:高木風太• 美術:禪洲幸久• 照明:藤井勇• 録音:竹内久史• 装飾:森久美• 衣装:宮本茉莉• ヘアメイク:佐野真知子• 特殊メイク:• 編集:• 音響効果・音楽エディター:大河原将• スクリプター:湯澤ゆき• スチール:蒔苗仁• 助監督:水野貴之• 制作担当:星雅晴• 警察監修:石坂隆昌• 医療監修:中澤暁雄• ドッグトレーナー:宮忠臣• 視聴覚取材協力:• VFX:• オリジナル・サウンドトラック:• ノベライズ:豊田実加()• 企画・制作プロダクション:、Moon Watcher• 配給・製作幹事:• 製作:「見えない目撃者」フィルムパートナーズ(東映、ROBOT、Moon Watcher、、、、、、) 脚注 [ ] [].

次の

ブラインド (2011年の韓国映画)

見えない目撃者 ネタバレ

解説 2011年の韓国映画「ブラインド」を日本でリメイクし、吉岡里帆が視力を失った元警察官役を演じるサスペンススリラー。 警察学校の卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ。 自身も失明し警察官の道を諦めた彼女は、事故から3年経った現在も弟の死を乗り越えられずにいた。 そんなある日、車の接触事故に遭遇したなつめは、車中から助けを求める少女の声が聞こえてくることに気づき、誘拐事件の可能性を訴える。 なつめは少女を救うべく奔走し、事故現場で車に接触したスケボー少年を探し出す。 やがて女子高生失踪が関連づけられ、連続誘拐事件の存在が判明。 なつめは事件の闇へと切り込んでいくうちに、弟の死とも向き合うことになる。 監督は「重力ピエロ」「リトル・フォレスト」の森淳一。 韓国映画のリメイクのようですね。 サイコスリラーとして良く出来ている作品と感じました。 元警官としての矜持、女性を助けたいという良心、本気にしない警官への苛立ち、そして時間との闘い。 犯人の目星が付く迄は、ストーリー展開も秀逸で、緊迫感もあって目が離せません。 ただ、そこからクライマックスはかなり無理がある展開が多く、心の中で突っ込みが入り始めます。 ラストにしろ、地下鉄のシーンにしろ、取りたいシーンが決まっていて、他の都合が悪いことは全部無視してしまったように感じられました。 特にクライマックスは、良質のサイコサスペンスが低俗なスプラッター映画になった印象で、かなり残念に感じられました。 演出が上手である。 日本映画では珍しいと思う。 テレビでも蛇のひとや破門やミスシャーロックなど、おやと思わせるものを撮っている。 映画は寡作だがリトルフォレストの監督でもある。 手堅くて、妙なクセがなく、有り得なさが、気にならない。 あまり感心できる了見ではないが、そういうものだ。 そこへ、事故死にたいする良心の呵責と無力感が加わって、暗い主人公を一層魅力的にみせる。 それは映画的で、リメイクの旨意はよく解る。 すべて諦観しているとはいえ、彼女には、まだ微かに、生き続けることへの執着、警察官になれたことへの矜持が残っている。 その有り得なさを、うまく抑えていた。 キムハヌルの映画より、Don't Breatheや聾のHushを思わせる感じもあり、対決は武士の一分のようでもあった。 が、決定的な瑕疵はないけれど、小さくまとまっている。 真面目な女優が真面目に演じているのがよく解るが絶望や自虐がもっと荒々しいほうがよかった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 聴覚障害者が音を頼りに周囲の物事を判断する様子をうまく映像化してるとおもう反面、ヒロインや介助犬がいくらピンチになっても死なないのがわかるご都合展開がどうしても馴染めなかった。 介助犬つれて目の見えない人が、はじめてくる地下鉄をガンガン階段下りたり地下道を走ったりというのはなかなかできないとおもう。 犬を先に逃すかと思いきや呼び止めちゃって結果として犬刺されちゃうくだりは、ひどすぎる。 あとあの犯人が「逃走中」のハンターばりに悠々と歩いて追いかけてくるのも不自然。 そここそ走れ。 被害者が目が見えないから油断してるのかしらないが、サイコキラーが対象の力を甘く見るっていうのはありえない。 全力でいくでしょ。 相手はもう自分が連続殺人犯と気づいてるのに、バレることを恐れずその場に放置するのも変なはなしだ。 そりゃ主人公は死ななくて当たり前だけど、いくらなんでも無敵すぎる。 警察が何人も刺されて死んでるのに犬はケロッと蘇ったり、総じてバランスが悪い。 それなら犬も殺されてなきゃおかしい。 犬に危害が及ぶ描写は生理的にダメなのでその時点でアウトですが。 被害者たちは「羊たちの沈黙」ばりにグロい殺され方しているのに。 ハリウッドにしてもなんにしても物語上、犬さえ殺さなきゃ人間は死んでもいいみたいな逆転現象がおきててまんまそれに当てはまる作品だった。 細かいディテールや生死の部分をあやふやにしちゃうと、それだけで興醒め。 儀式殺人のくだりは20年くらい前のアナザヘブンや沙粧妙子のようで、 中2くささはあるが 良くできているだけに残念。

次の