江籠裕奈 高校。 江籠裕奈が卒業を意識?すっぴんが天使?中学・高校は?スキャンダルと出禁の真相とは!

【画像】江籠裕奈の制服グラビアがかわいい!SKE48卒業を意識!?

江籠裕奈 高校

SKE48劇場の入口ゲート AKB48自体も含めて日本国内に6組、国外を含めると10組あるAKB48の「姉妹グループ」の1つで、AKB48最初の姉妹グループとして2008年7月に結成 、同年8月23日にお披露目された。 活動の拠点である名古屋市の(さかえ)に専用劇場を置いている。 グループ名のアルファベット部"SKE"は栄のローマ字表記( Sa Ka E)に由来する。 専用劇場の『』は、に直結する複合ビル「」の2階にある。 2008年10月5日に初公演を行った。 通常ほぼ毎日のペースで定期的に行われている「劇場公演」は、3つの正規チームや研究生などがそれぞれに割り当てられた演目を交代で上演するもので、約2時間の・・からなる。 現在の劇場は3か月余りの改装期間を経て2012年12月9日にした専用劇場である。 2012年8月までは複合スタジオ『SUNSHINE STUDIO』であり、SKE48の公演以外でも利用されていた。 このことが、2012年春のコンサートのタイトル『SKE専用劇場は秋までにできるのか? 』に採用されたという経緯もある。 他の姉妹グループと同様に「AKB48グループ」(「48プロジェクト」)の一翼を担っていて、「会いに行けるアイドル」という基本コンセプト、劇場公演や握手会などの基本フォーマットは共通している。 また、「AKB48」名義で開催される握手会(全国握手会)やコンサートなどのイベントにも参加するほか、一部のメンバーはグループ間の兼任や移籍を行っている。 さらに、「SKE48」名義のシングルとは別に、SKE48のメンバーが「AKB48」名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)に選出されAKB48として活動を行う場合もある。 約半年から2年間隔でメンバーの募集を行っており、2019年までに計10回のオーディションを行い、現在は第10期生までが活動を行っている。 また、AKB48・のオーディションで採用され移籍してきたメンバー、合同オーディションである『AKB48グループ ドラフト会議』でSKE48各チームに指名されたドラフト1 - 3期生も一緒に活動を行っている。 グループ名「SKE」から1文字ずつ取った'チームS」「チームKII」 「チームE」の3つのチームと、チームに所属していない 研究生により構成されている。 2008年10月の劇場公演開始から定員16人のチーム制を導入していたが、2014年4月に開始した新体制からは各チームの定員が20名程度に増え、劇場公演時のみ16名出演という制度になった。 メンバーは2020年3月1日時点で、チームS 17名、チームKII 18名、チームE 19名、研究生 21名の計75名である。 2009年8月5日に1stシングル「」をリリースしから 、翌2010年3月の2ndシングル「」よりへ移籍し、2011年3月には5thシングル「」で初の1位を獲得。 メジャー・デビューは初お披露目から11か月後でAKB48やとほぼ同じだが 、オリコン1位獲得は1年6か月後でAKB48(3年10か月)より早くNMB48(9か月)より遅い。 その後2012年7月の6thシングル「」よりレーベルをに移し 、20thシングル「」まで16作連続でオリコン初週1位を継続している(2016年8月時点)。 なお、楽曲のは全て、AKB48等の姉妹グループ同様にの秋元康が担当している。 地元ライブでは、2009年5月の名古屋を初演に 、同年7月に 、同年12月に 、2010年11月に大ホール 、2012年に と開催規模を拡大し、2014年2月にはで単独2日連続コンサート(2日間で観客66,000人)、2015年8月にはで最大規模のコンサート(観客最大45,000人)を開催した。 ツアーでも、2010年10月には3都市 、2011年6-7月には6都市 、2013年10月-2014年2月にも3都市を巡っている。 2012年にはSKE48単独として初めて『』に出場した。 2014年11月からは姉妹グループ初の47都道府県ツアー「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。 全国へ行こう! 〜」を開始し、2016年4月までに22道府県を巡っている。 特徴 [ ] 活動方針 [ ] AKB48が掲げる基本コンセプトである「会いにいけるアイドル」を踏襲し、劇場公演、握手会などのサービスを行う。 メンバー間およびメンバー以外との禁止なども共通している。 一方で、2013年初め頃まで禁止のルールが設けられているなど、イメージ面でAKB48などとの差別化を図っていた部分もある。 メンバー個人に与えられているファンとのコミュニケーションツールとして、下記のものがある。 SKE48公式 - 全メンバーが対象。 過去記事の閲覧に限り会員制。 SKE48オフィシャルブログ powerd by - シングル歌唱メンバー(選抜メンバー)が対象。 SKE48 Mail - 全メンバーが対象。 登録したメンバーのメッセージをで配信する会員制の「プライベートメール」。 - SNSの一種。 参加は任意。 - SNSの一種。 2020年4月現在、研究生(9期及び10期生)を除く全員がアカウントを開設している。 - の一種。 日本国内のAKB48グループメンバー全員が対象。 個人での生配信が可能。 但し年齢により配信時間に制限が設けられている。 - 画像共有をメインとするSNSの一種。 参加は任意。 この他にも利用されていたが、を以てサービスを終了した。 ブログに関しては、選抜と関係なく限られたメンバーのみブログを持つAKB48、登録せず閲覧できるアメーバブログを全メンバーが持つNMB48とは制度が異なる。 また、はに公式アカウントを開設している。 なお、に関しては、メンバー個人ではなくチーム毎(S・KII・E・研究生)に公式アカウントが開設されている。 「オフィシャルファンクラブ」として『二本柱の会』を運営するAKB48とは呼称が異なるが、SKE48の「公式モバイルファンクラブ」として、向けの『SKE48 Mobile』がある。 更に、2019年10月5日に開催されたSKE48劇場デビュー11周年記念公演に於いてSKE48のオフィシャルファンクラブ設立が発表された。 2020年1月16日、ファンクラブの名称が『 SKE48 Family』であると発表、同年2月1日から入会受け付けが開始された。 誕生の経緯 [ ] 秋元康がAKB48全国展開を模索していた時期に、名古屋の協力先から声が掛かり、またサンシャイン栄のリニューアルの話が持ちかけられたことからプロジェクトが始動。 サンシャイン栄を運営するが投資や同ビルの活性化を狙って協力し、子会社を設立、SKE48の運営を行うこととなった。 発足以来、劇場が入居するサンシャイン栄ではSKE48関連のコラボレーションが実施される。 ビル内には、SKE48関連のポスターやフラッグが掲げられているほか、SKE48デビュー時には観覧車「スカイボート」のゴンドラにメンバーがラッピングされ、メンバーがアナウンス音声(収録)を担当していた。 また、企画イベントが行われることがあるほか 、地下1階では公演の映像中継が行われることがある。 結果として、同ビルの来館者数は2007年から2011年にかけて3割増加している。 2011年に運営会社はに移るが、同時期にからAKSへ出資や役員の輩出を行うなど資本関係が維持されている。 2019年3月にはが新設した関連会社「株式会社SKE」がAKSよりSKE48事業を承継した。 同年7月1日、「株式会社SKE」が「株式会社ゼスト」に名称変更。 プロジェクト発足の記者会見(2008年6月5日)において秋元は名古屋の特徴として「若者が集まりやすい」「エネルギーに満ちている」「名古屋の女の子はファッショナブルで自己主張がはっきりしている」ことなどを挙げた。 また、全国展開として名古屋を選んだ理由について秋元は「名古屋は火が付くのが遅いかもしれないが、本当に認められれば長くファンに愛される(入口は狭いが、気に入ったらずっと応援してくれる)」という旨のことを名古屋の知人に言われたと会見で述べている。 AKB48や姉妹グループとの比較 [ ]• 各チームのまとめ役を担うメンバーは「リーダー」、その補佐をするメンバーは「副リーダー」と呼ばれており、「キャプテン」「副キャプテン」と呼ぶAKB48・NMB48・HKT48・NGT48と異なる。 なお、SKE48全体をまとめる「キャプテン」をこれまで(2013年4月13日 - 2014年4月21日)、(2016年3月5日 - 現在)が務めている。 一部のメンバーを除くと、全員がSKE(2011年10月31日まではピタゴラス・プロモーション、2011年11月1日から2019年2月28日まではAKS)に所属している。 SKE以外の事務所に所属するのは、大場美奈、山内鈴蘭、高柳明音、松井珠理奈、須田亜香里、谷真理佳。 5thシングル以降、シングルのジャケットに入るタイトルロゴは、毎回メンバーのデザインの中から選ばれたものを原案に作成されていた時期があった。 メンバーが自ら立ち上げた二次元同好会やアイドル研究会など多数のサークルが存在する。 複数のサークルに加入しているメンバーもおり、中でも二次元同好会はインターネットラジオ「」で(過去にはでも)配信されている。 これらのサークルには、SKE48以外の姉妹グループのメンバーが参加しているものもある。 SKE48の公演では、AKB48・NMB48・HKT48と違い冒頭の「」の際にファンはMIX(合いの手)を打たないとされる。 ロゴなどに使用されるグループカラーは (オレンジ色)。 SKE48のファンが使用する・の色は、劇場では各メンバーごとの色が使われる ことが多く、チームごとの色が使われることが多いAKB48と違う。 ただし、2012年のリクエストアワーでは1位になった「羽豆岬」に合わせて青色 、2014年にナゴヤドームで開催されたコンサートでは2日目アンコールの際にオレンジ色(両者とも有志のファンによる立案で、特にナゴヤドームのものは『』のMVにも収録された)など 、イベントでは場面に応じて統一カラーが使われることがある。 選抜総選挙、じゃんけん大会、公演(各グループの劇場公演を集中的に行うイベント。 過去「見逃した君たちへ」「思い出せる君たちへ」のタイトルがつけられている)、ユニット祭りは、全ての姉妹グループが総参加(完全な平等ではなく、じゃんけん大会におけるAKB48メンバーの優先などがある)する形で年1回行われる。 一方、リクエストアワー、シングル、コンサート、握手会に関しては、2015年時点ではAKB48名義のものの多くにSKE48やNMB48・HKT48のメンバーが参加する一方、SKE48やNMB48・HKT48のリクエストアワー(HKT48除く)、シングル、コンサート、握手会にAKB48のメンバーが参加することはない(兼任メンバーを除く)。 1stから15thシングルまでの約5年間、表題曲のセンターポジションは単独、あるいは松井珠理奈との2人 で、長い期間センター交代を経験していなかった。 NMB48・HKT48と同様、2014年春までシングルの選抜人数は基本的に(4th - 14thシングルは16人に)固定されていて、毎回変動するAKB48とは異なっていた。 旧劇場『SUNSHINE STUDIO』時代の公演では、ステージが狭かったため、各メンバーの立ち位置の間隔が60cmと狭かった(他の姉妹グループは90cm)。 SKE48名義で発売されるCDの劇場盤の販売は1stシングルから5thシングルまでで扱われていたが、6thシングルからレーベルになるとともにに変更された。 パフォーマンス・音楽性 [ ] AKB48と比較した印象や特徴として、総合プロデューサーの秋元康は、SKE48の魅力は「がむしゃらさ」ではないかとしている。 その要因は、ダンス自体は"一般的にはまだまだ"であるものの、一生懸命さからきているであろう、指先あるいは足の爪先やかかとまで神経が行き届いた動きであり、それが「ダンスのキレのいいSKE48」というイメージを作っているのではないかと語っている [ ]。 また、歌詞を書く上ではメンバーにあった歌詞をつけることはしているが、SKE48に「特別な色をつけようというのはなかった」、違いは「ファンの方が決めてくれればいい」とも述べている。 このほか、曲調のアクティブさ、「汗の量はハンパじゃない」というコンサートのタイトルにもなったようなダンスの激しさやダイナミックさ、さなどが、特徴と評されることもある。 発足時のレッスンから劇場公演、6thまでのシングルの振り付け等を担当しているも、SKE48はダンスを長所としていて、メンバーも振りにこだわりを持っていると語っている。 AKB48グループのサウンドディレクターを担当する田中博信も、SKE48の音楽性の特徴として激しいダンスを挙げており、2ndシングル「青空片想い」の頃からそれを考えた楽曲構成になっていったと語っている。 リズム感を止めずに勢いを出すことに重点を置き、「全力を出しやすい曲」や「抜けが良く振り切った曲」、例えば「」「」のような楽曲に「らしさ」が出やすいという。 また、「」のようにダンスの難易度が高いと評される曲もある。 一方、近年はNMB48も振りを揃えたダンスを意識しているが、NMB48は全員がピッタリと揃う振りを特徴とするのに対し、SKE48は割り振られたポジションにより差を付けたバリエーションのある振りを特徴とするほか、ジャンプなど髪型が崩れるような激しい振りが多いという。 目標と方向性の変化 [ ] 初期のレッスンは、AKB48に「憧れる」のではなく初めから「勝つ」ことを意識して行った特に厳しいもので、指導した牧野アンナは「短期間で仕上げる為に力技で行くしかなかった」「今考えるとかわいそうだった」とも回想している。 最初のレッスンで牧野は「同じことをやるならAKBの方が良いに決まってる」「AKBに無いものって何なんだ」「アイドルなのに汗だくになってる姿が、唯一SKEがAKBに勝てる道じゃないか」という話をしたという。 このストイックなレッスンの様子は、当時のメンバー(卒業生含む)のインタビューを交えて、シンプルでありながら感情に訴えかけるシーンとして、2015年のドキュメンタリー映画に収められている。 このレッスンを原点とする「目の前の事に常に全力で挑む、勝ちに行く」考え方 は、特に初期のメンバーを中心に浸透しているという。 一方、AKB48に勝つ、AKB48を超えるといった当初の目標意識がそのまま継続されているわけではない。 後に多数の姉妹グループが誕生し交流していく中で、一緒に48グループを盛り上げつつも頭一つ抜けた存在になりたい、という気持ちに変わってきているという。 5年間にわたりシングルのセンターを担うなどグループの先頭に立っている松井珠理奈と松井玲奈について、秋元康は2012年のインタビューで、「二人の違うキャラクターが、グループの中の良い意味での"光と影"になっている」とも語っている。 一方、2014年冬のシングルで行われた初のセンター交代や2015年春の1期生2人らの卒業などから、「次世代の育成」が進められているとの批評も見受けられる。 メンバー自身としても、様々な変化を契機として、自分よりも周りのメンバーを支え育てていくことを意識しているメンバーもいるという。 またSKE48は2015年春までに通算60人以上が卒業しているが、2015年のドキュメンタリー映画では、卒業したメンバーの現在の姿を見せることで、SKE48の活動が各々の人生の一部分であったという相対的な視点が与えられている。 ライターの香月孝史によればそれは「若い時期の試行錯誤の一環」であり、ファンが未練を持つのは道理であるものの、アイドルの活動をどこまで続けるかを決めるのは、「責任を持ってその人生を背負い続ける彼女たち自身でしかありえない」と指摘している。 そして、グループが成長していく過程の一瞬一瞬の尊さと同時に、在籍者・卒業生各々の人生の尊さが描かれ、SKE48での活動から繋がった人生を歩んでくれていることは実はファンにとって嬉しいことなんだと語られている。 地域性 [ ] 「羽豆岬」のPVに登場する羽豆神社。 CDの発売以降は参拝や絵馬奉納に訪れるSKE48のファンが増加した。 地域貢献をテーマの一つとして掲げる。 栄での、地域の祭りなどのイベントに参加したり、地元を中心になどの公益活動を委嘱されている。 ただ、公演倍率が上昇するなど人気が高まったことで地域イベントへの参加は難しくなってきている 一方、結成6周年となる2014年7月にでゲリラライブを行うなど原点回帰の動きも起こりつつある。 他方、SKE48発足以降愛知県内で複数のが誕生するなど、この地域のアイドル文化を活性させるきっかけになったとの見方もある。 コンサートの面でも地元名古屋での開催を積み重ねてきている。 劇場外初のコンサートは2009年5月の名古屋だった。 その後名古屋の会場で規模を拡大していき、2012年・2013年には春コンサートを2年連続でで開催する。 そして、初のガイシホール公演の頃から、1期生を中心に当初からの目標の1つであった「公演」が多くのメンバーの目標として共有されるようになる。 後の2013年8月に「AKB48グループ」としてナゴヤドーム公演を行う事が決まるが、これによって「次はSKE48単独で」という気持ちを強くしたという。 なお、この「AKB48グループ」としてのナゴヤドーム公演2日目終盤で、SKE48単独のナゴヤドーム公演を翌年に開催することが発表される。 単独コンサートは2014年2月に2日連続で開催され、合わせて66,000人の観客を動員した。 また、2013年・2014年・2015年には愛知県美浜町で開催される「美浜海遊祭」で3年連続で単独野外ライブを行う。 NMB48が2012年に地方で、HKT48が2014年に地方でコンサートツアーを行っているが、SKE48は東海地方あるいは中部地方での地元ツアーの開催歴がない。 一方で2014年秋から、姉妹グループでは初めての47都道府県ツアーを開始した。 メンバーに関しても、2014年4月時点では、愛知県出身者が過半数を占め、、、出身者を入れると多くのメンバーが出身である。 東海地方以外の出身は、2013年1月時点では6名と全体の1割程度に過ぎなかった。 しかし、2013年10月のドラフト会議と2014年2月の「大組閣」と称するチーム再編を経て、新体制が発足した2014年4月には21名と約3割を占めるまでになり、変容しつつある。 のAKB48に対して「」の姉妹グループであるSKE48(名古屋)、NMB48()、HKT48()は地域性がグループの特色の一つになっていて、各グループのファンの間でも競争意識がみられることがある。 総合プロデューサーの秋元康は、こうした姉妹グループ間の競争を「同士の争いのようになってきている」と例えているほか、「メンバーを入れ替えようとすると激しい反発を受ける」とも述べている [ ]。 握手会 [ ] AKB48グループは、シングルごとに、シングル封入のイベント参加券(握手券)を使用した発売記念イベントを本拠地を含めた主要都市で開催している。 記念イベントは多くが握手会で、2010年頃から握手会会場でミニライブも行われたが 、2014年夏からは原則としてミニライブはなくなり、代替のステージイベントが催されている。 開催地は、本拠地およびが多いが中心で、SKE48は名古屋と関東地方(東京・・・)を中心に、大阪、京都、福岡等で開催したことがある。 SKE48のシングル発売記念の握手会は現在2種類ある。 まず、シングルには3種類のパッケージがあり、店頭やネットで通常発売される「初回限定版」および「通常盤」と、や限定で数回に分けて発売される「劇場盤」がある。 通常盤にはイベント参加券が付いていない。 初回限定版は、「全国握手会」と称する、1枚につきいずれか1人または数人のメンバーとの握手になる。 劇場盤は、「個別握手会」と称する、購入時に指定したメンバー1人との握手になる。 初期には、会場が異なるだけでいずれも握手券1枚につき複数メンバーとの握手だった。 またこれとは別に不定期に、中小都市の商業施設のイベントスペースなどを利用した「ミニ握手会」が開催されることがある。 なお、AKB48のメンバーはAKB48のシングル(年間4枚程度)の握手会のみに参加するが、地方の姉妹グループであるSKE48・NMB48・HKT48のメンバーは自グループのシングルの握手会(年間3枚程度)に加えて、AKB48のシングル・アルバムの一部の握手会(撮影会やサイン会、「夏祭り」などのアトラクションイベントの場合もある)にも参加する。 SKE48のメンバーは、AKB48の10thシングル「」以降、AKB48の「個別握手会」に参加している。 略歴 [ ] 2008年 [ ]• 5月30日、AKB48オフィシャルブログにて、AKB48の名古屋進出として名古屋・栄に「SKE48」を創設することを発表。 6月1日、第1期生オーディションの受付を開始。 7月12日締切。 6月5日、サンシャイン栄のリニューアルオープン会見に併せてSKE48プロジェクトの記者会見が行われ、「AKB48およびSKE48総合プロデューサー」として秋元康がプロジェクトおよびオーディションの概要、同ビル2階の「SUNSHINE STUDIO」を拠点として活動していくこと、10月上旬にデビュー予定であることなどを発表。 7月30日、第1期生22名が決定。 8月23日、日比谷野外大音楽堂で行われた『ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り』に特別出演、お披露目ライブとなった。 また、同ライブにおいてAKB48研究生であったのSKE48への移籍を発表。 10月2日、オフィシャルサイト上にて、劇場公演を行う16名の選抜メンバー(後のチームS)が決定したことを報告。 10月5日、選抜メンバーによるSKE48初の劇場公演『』を開始。 以降、定期的に公演を行う。 10月22日、AKB48の10thシングル「大声ダイヤモンド」において、松井珠理奈がSKE48メンバーとして初の選抜入り し、センターポジションを務める。 2009年 [ ]• 2月1日、第2期生オーディションの受付を開始。 3月12日締切。 2月14日、初のSKE48オリジナル公演『』を選抜メンバー(後のチームS)で開始。 3月、選抜メンバーによりチームSを結成。 4月26日、日本国外では初となるにて、ライブ『C3 in Hong Kong 2009』を開催。 5月24日、劇場以外では初の単独コンサート『初めての課外授業』を開催。 5月25日、第2期合格者と昇格した研究生により「チームKII」を結成。 6月13日、チームKIIが劇場公演『』を開始。 7月8日(6月23日から投票)、『』(第1回選抜総選挙)で、松井珠理奈が19位となり選抜入り、松井玲奈が29位でアンダーガールズ入り。 8月5日、1stシングル「」でCDデビュー。 9月1日、第3期生オーディションの受付を開始。 9月30日締切。 9月19日、初の冠番組『』()が放送開始。 12月、『』に初めてAKB48として出場(松井珠理奈、松井玲奈、)。 2010年 [ ]• 6月9日(5月25日から投票)、『』(第2回選抜総選挙)で、松井珠理奈が当時SKE48歴代最高の10位となり、松井玲奈(11位)ともにSKE48から初のメディア選抜入り。 また、(24位)、高柳明音(35位)、矢神久美(38位)がアンダーガールズ入り。 7月20日、第4期生オーディションの受付を開始。 8月20日締切。 7月31日、SKE48としては初めて、ファン投票により楽曲の人気投票を行う「リクエストアワー」として、『SKE48 リクエストアワーセットリストベスト30 2010〜神曲はどれだ? 〜』を開催。 10月3日 - 17日、初めて愛知県外の会場を含む単独ツアーコンサート『汗の量はハンパじゃない』を開催。 12月6日、昇格した研究生16人により「チームE」を結成。 2011年 [ ]• 1月16日、チームEが劇場公演『』を開始。 3月9日、5thシングル「」をリリース。 初の1位となる。 6月9日(5月24日から投票)、『』(第3回選抜総選挙) で、松井玲奈が当時SKE48歴代最高順位に並ぶ10位となり、14位の松井珠理奈とともに選抜入り。 また、高柳明音(23位)、大矢真那(30位)、(33位)、(36位)がアンダーガールズ入り。 6月27日 - 7月10日、初の全国ツアーコンサート『真夏の上方修正』を開催。 9月5日、第5期生オーディションの受付を開始。 9月30日締切。 9月20日、で『』が開催され、SKE48からはが選抜入り。 10月1日、チームKII初のオリジナル公演『』を開始。 10月12日、初の冠番組『』が放送開始。 11月1日、SKE48メンバーおよびSKE48事業に携わっていたスタッフが、からAKSに転籍。 11月13日、千葉市幕張メッセにて開催された7thシングル「」発売記念全国握手会にて、SKE48単独で初めて1万人以上の動員を記録。 2012年 [ ]• 1月27日、8thシングル「」で系列『』にSKE48として初出演。 48プロジェクトのAKB以外の姉妹グループとしては初めてとなる。 3月1日、中国・で文化交流イベント『南京ジャパンウイーク』に出演する計画があったが、イベント自体が中止となっていたことが報道された。 3月19日、SKE48チケットセンターがオープン。 3月24日、コンサート『』にて、松井珠理奈のAKB48チームKとの期間限定兼任を発表。 SKE48のメンバーによる他のグループとの兼任は初となった。 3月25日、コンサート『業務連絡。 頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』にて、松井玲奈、矢神久美、高柳明音がSKE48メンバーとしては初めて事務所移籍を打診されたことが発表。 4月14日 - 15日、日本ガイシホールにおいてコンサート『SKE専用劇場は秋までにできるのか? 』を開催、2日間で自己最多の1万6千人を動員。 5月14日、チームEが劇場公演『』を開始。 6月6日(5月22日から投票)、『』(第4回選抜総選挙)で、松井珠理奈が当時SKE48歴代最高の9位となり、10位の松井玲奈とともに選抜入り。 また、8名がアンダーガールズ入りしたほか、新設されたネクストガールズに3名が、フューチャーガールズに2名が入り、SKE48からは計15名が選出。 7月27日、チームS公演で、SKE48劇場が専用劇場化に向けて同年9月から改修工事に入ること、改修期間中は出張公演を行うことを発表。 8月15日、第6期生オーディションの受付を開始。 9月30日締切。 8月24日、でのコンサート『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKIIののAKB48チームBとの兼任、AKB48チームBののチームSとの兼任を発表。 AKB48のメンバーがSKE48との掛け持ちで籍を置くのは初の例となった。 8月29日、SKE48劇場改修前最終特別公演を実施。 9月18日、日本武道館で『』が開催され、SKE48からはと上野圭澄が選抜入り。 9月19日、1stアルバム『』と10thシングル「」を同時リリース。 シングルは初動売上が51. 1万枚を記録し、2007年以降にシングル初動50万以上を記録した歌手としては、AKB48に続く3組目となった。 12月9日、改修工事中だったSKE48専用劇場がオープン初日を迎え、全メンバー出演による特別公演を開催。 12月31日、「」で『』にSKE48として単独で、研究生を含む総勢62名で出演。 曲中にや、のパフォーマンスを取り入れた。 SKE48としての単独出場は、AKB48の姉妹グループとしては初となった。 2013年 [ ]• 1月25日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』2日目公演において、48グループ支配人人事異動と信任投票の実施を発表。 AKB48チームKマネージャー芝智也がSKE48劇場新支配人に指名され、投票の結果信任され、27日に新支配人に就任した。 1月30日、11thシングル「」をリリース。 初動売上は約53万9000枚で、女性アーティストとしては、、AKB48に続く4組目となる2作品連続初動売り上げ50万枚超えとなった。 また、通算売上でも約67万2000枚を記録しSKE48最多となり、同年のオリコン年間シングルランキングでもSKE48過去最高の7位となった。 4月6日、高柳明音がで「」担当開始。 ラジオレギュラー番組として関東圏初進出。 また、グループとしても5月6日からで「」を放送。 4月13日、『SKE48春コン2013「変わらないこと。 ずっと仲間なこと」』1日目公演において、「組閣」と称したチーム再編を発表。 4月14日、『SKE48春コン2013「変わらないこと。 ずっと仲間なこと」』2日目昼公演において、松村香織がSKE48のメンバーでは初めてからCDソロデビューすることを発表。 4月25日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか! 〜』(日本武道館)1日目公演で、SKE48単独公演を開催。 4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか! 〜』(日本武道館)4日目公演で、北原里英がSKE48チームSとの兼任解除、石田安奈がAKB48チームBとの兼任解除、また新たに、AKB48チームBの大場美奈がチームKIIとの兼任、チームEのがAKB48チームKとの兼任を発表。 6月5日、「AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』」を日本武道館で開催。 6月8日(5月21日から投票)、『』(第5回選抜総選挙)で、松井珠理奈がSKE48歴代最高の6位となり、7位の松井玲奈、16位の須田亜香里とともに選抜入り。 他に7名がアンダーガールズに、5名がネクストガールズに、3名がフューチャーガールズにそれぞれ入り、SKE48からは過去最多となる計18名が選出。 6月13日 - 15日、「SKE48 新チーム公演 セレクション投票」と題して、既存のAKB48グループの公演からメンバーが選んだ各チーム3つずつの候補の中からファン投票で新チームの公演を選ぶイベントを開催。 7月17日、新チーム体制に移行開始。 および、12thシングル「」発売。 シングルは初動売り上げ約51万1000枚で、女性アーティストではAKB48に続く2組目となる3作品連続初動売り上げ50万枚超えとなったほか 、2週目も約9万5000枚でAKB48グループでは初めて2週連続1位を記録した。 7月23日、新体制のチームSが劇場公演『』を開始。 7月24日、新体制のチームEが劇場公演『』を開始。 7月25日、新体制のチームKIIが劇場公演『』を開始。 8月2日、愛知県小野浦海岸で行われる「美浜海遊祭」において、SKE48単独では初の野外ライブを開催。 10月26日、SKE48単独ツアー第1弾『SKE党決起集会。 「箱で推せ! 」』()開催。 11月10日、姉妹グループと合同で『AKB48グループ ドラフト会議』を開催し、SKE48の各チームは計9名を指名。 12月5日 - 12月6日、SKE48単独ツアー第2弾『SKE党決起集会。 「箱で推せ! 」』()開催。 12月31日、「」で『』に、中学生以下のメンバーらを除いた54名で出演。 曲中に(名古屋のに由来)やのパフォーマンスを取り入れた。 2014年 [ ] 2014年2月に2Daysコンサートを開催したナゴヤドーム• 2月1日 - 2月2日、SKE48単独ツアー第3弾『SKE党決起集会。 「箱で推せ! 」』(ナゴヤドーム)を開催し、2日間で観客66,000人を動員。 ドームでの単独公演はAKB48も含めてAKB48グループ初となった(2011年のAKB48公演、2012年のAKB48東京ドーム公演は姉妹グループも参加)。 2月24日 - にて開催された「」で姉妹グループとの入替を伴うチーム再編を発表(2月27日に確定)。 がAKB48に移籍する一方、山内鈴蘭と佐藤すみれがAKB48から移籍、谷真理佳がHKT48から移籍、大場美奈がAKB48から完全移籍、NMB48からとが、HKT48から田中菜津美が、SNH48から宮澤佐江がそれぞれ元のグループと兼任として加入することが発表された。 また、松井玲奈がと、高柳明音がNMB48と、がHKT48とそれぞれ兼任になることも発表された。 また、SKE48では初めてAKB48グループを統括する肩書きとして松村香織が「AKB48グループ研究生会会長」となったほか、劇場支配人だった芝智也が劇場支配人「研究生」になると同時に映像ディレクターのが劇場支配人「候補生」となった。 4月25日、新チーム体制に移行開始(公式サイトのプロフィールが変更)、および新体制のチームSが劇場公演『』を開始。 4月30日、新体制のチームKIIが劇場公演『』を開始。 5月2日、新体制のチームEが劇場公演『』を開始。 6月7日(5月20日から投票)、『』(第6回選抜総選挙)で、松井珠理奈が4位、松井玲奈が5位、須田亜香里が10位、宮澤佐江が12位、柴田阿弥が15位と、過去最多の5名が選抜入り。 他に5名がアンダーガールズに、5名がネクストガールズに、4名がフューチャーガールズに、6名が新設のアップカミングガールズにそれぞれ入り、80名の枠にSKE48からは計25名(兼任による加入者を含む)が選出。 6月29日、セットリストの選考に初めてメンバー自身が参加する、研究生の劇場公演『アップカミング公演〜夏〜』を開始。 7月19日、第7期生オーディションの受付を開始。 審査はのSNS「」を使用して行われ 、48グループ初のファン投票による審査も行われた。 7月30日、15thシングル「」の発売日かつSKE48結成6周年を記念し、地元名古屋のでサプライズライブを行う。 11月18日、初の47都道府県ツアー「SKE48 47都道府県全国ツアー〜機は熟した。 全国へ行こう! 〜」がよりスタート。 12月、名古屋市千種区の名古屋ボトムライン裏手の公園に、松井珠理奈の金属製が設置される。 「」の企画によるもの。 12月31日、「不器用太陽」で『』に3回目の出演。 サビの部分で衣装が鮮やかなオレンジ色に染まる早替えの演出が施された。 2015年 [ ]• 2月27日、グループ単独では初のドキュメンタリー映画『』が公開。 3月14日 - 3月15日、キャスト全員をSKE48メンバーが演じる舞台『』が名古屋市ので上演。 3月26日、AKB48のコンサートで「春の人事異動」が発表。 松井珠理奈以外の7人の兼任が解かれ、が新たにAKB48チーム4兼任となる予定(実施未定)。 3月27日、姉妹グループ初のカバーによるシングル表題曲として、が"Pareo adalah Emerald — Pareo wa emerald"()をリリース。 3月31日、17thシングル「」をリリース。 NMB48との間で、姉妹グループ間では初めてのシングル同日リリースとなる。 また7期生と同日卒業した荻野利沙を除き、「終身名誉研究生」だった松村香織を含む研究生6人が正規メンバーに昇格。 4月1日、姉妹グループを含めたスタッフ人事異動が発効。 湯浅洋がSKE48劇場支配人に復帰し、SKE48劇場支配人研究生だった芝智也はAKB48劇場支配人への異動を断り「SKE48劇場副支配人」となる。 は新設される「NGT48」劇場支配人に転出。 5月10日、第2回AKB48グループドラフト会議を開催。 SKE48は5名を指名。 6月6日(5月19日から投票)、『』(第7回選抜総選挙)で、松井珠理奈が5位、宮澤佐江が8位、松村香織が13位、高柳明音が14位、柴田阿弥が15位と5名が選抜入り。 他に5名がアンダーガールズに、3名がネクストガールズに、7名がフューチャーガールズに、7名がアップカミングガールズにそれぞれ入った。 80名の枠にSKE48から計27名(兼任による加入者を含む)が選出され、計23名のAKB48を上回りグループ別で最多となった。 8月29日 - 8月30日、で『松井玲奈・SKE48卒業コンサートin豊田スタジアム〜2588DAYS〜』を開催し、2日目にグループ史上最多の観客45,000人を動員。 10月5日、劇場デビュー7周年記念特別公演において、5組の派生ユニット(ラブ・クレッシェンド、キャラメルキャッツ、トランジットガールズ、フルマリオン、デッドストックダイヤモンド)の結成と11月25日のCDデビューが発表された。 2016年 [ ]• 3月3日 - 3月4日、日本ガイシホールで『みんな、泣くんじゃねえぞ。 宮澤佐江卒業コンサート in 日本ガイシホール』を開催し、連日8000人を動員した。 6月18日(5月31日から投票)、『』(第8回選抜総選挙)で、松井珠理奈が3位、須田亜香里が7位となり2名が選抜入り。 他に5名がアンダーガールズに、1名がネクストガールズに、5名がフューチャーガールズに、7名がアップカミングガールズにそれぞれ入った。 80名の枠にSKE48から計20名が選出された。 8月10日、第8期生オーディションの受付を開始。 9月9日締切。 11月19日 - 20日、愛知県芸術劇場で『みんなが主役! SKE48 59人のソロコンサート〜未来のセンターは誰だ? 〜』を開催。 全体を4ブロックに分け、1人あたり10分の持ち時間でソロコンサートを行うという企画だった。 2017年 [ ]• 2月22日、2ndアルバム『』を発売。 発売に際し地元名古屋と首都圏など全国規模で多くのメンバーを動員し同時多発のプロモーション活動を展開。 6月17日(5月30日から投票)、『』(第9回選抜総選挙)で、松井珠理奈が3位となったのを始め、須田亜香里が6位、惣田紗莉渚が8位、古畑奈和が14位、高柳明音が15位となり、選抜メンバー16名のうち5名をSKE48勢が占めた。 他に3名がアンダーガールズに、3名がネクストガールズに、4名がフューチャーガールズに、4名がアップカミングガールズにそれぞれ入った。 80名の枠にSKE48から計19名が選出された。 7月19日、21stシングル「」を発売。 2018年 [ ]• 1月10日、22ndシングル「」を発売。 7月4日、23rdシングル「」を発売。 11月13日、AKSのSKE48事業がのに承継されることが発表される。 12月12日、24thシングル「」を発売。 2019年 [ ]• 3月1日、KeyHolderの関連会社として新設された「株式会社SKE」がSKE48事業をAKSより承継。 7月1日、運営会社「株式会社SKE」が「株式会社ゼスト」に名称変更。 7月5日、キャプテンのが湯浅洋のスペシャルアドバイザー就任に伴い、劇場支配人を兼務することを発表。 7月24日、25thシングル「」を発売。 10月5日、2020年2月よりオフィシャルファンクラブをスタートすると発表。 同時にファンクラブ専用メールマガジン(原則として、毎週金曜日配信)の登録も開始。 2月1日より、入会申込みの受付を開始。 2020年 [ ]• 1月15日、26thシングル「」を発売。 2月26日、の感染拡大を受け、SKE48劇場公演の中止が発表される。 7月8日、配信限定で劇場公演を再開。 メンバー [ ] 「チームS」、「チームKII」、「チームE」に所属する正規メンバーと、チームに所属していない「研究生」メンバーで構成され、劇場公演はチーム単位で行われる。 研究生は、バックダンサーや正規メンバーの不足・休演時の補充メンバー(アンダー)として各チームの公演に出演する他、研究生を中心とした研究生公演に出演するシステムとなっている。 SKE48発足 - 2013年7月 2008年7月30日(結成時)の第1期生オーディション合格者は、まずオリジナルメンバーとして活動を開始し、8月23日からはAKB48研究生から移籍した中西優香が加わって、合わせて1期生となった。 そして2008年10月5日からの公演()開始に際して、オリジナルメンバーから選ばれた16名で「 選抜メンバー」(後のチームSの母体)が発足。 同時に選ばれなかったメンバーが「研究生」となり、その後は随時正規メンバーへ昇格する形をとった。 2009年3月29日の第2期生オーディション合格者(2期生)は、まずチームKII候補生として活動を開始し、その後チームKIIの発足によりチームKII発足メンバーと研究生に分かれ、その後随時正規メンバーへ昇格する形をとった。 2009年11月上旬の第3期生オーディション合格者(3期生)以降は、全員研究生として活動を開始し、その後随時正規メンバーへ昇格する形をとっている。 チームE以降は新しいチームは発足していない。 正規メンバーの卒業や降格があれば、研究生を適宜昇格させるシステムだった。 チームEが4期生が活動を開始した後に発足したため、結果として、チームSは1期生中心、チームKIIは2期生中心、チームEは4期生中心となり、3期生は3つのチームに分散した。 この体制ではリーダーが必置ではなく、チームSとチームKIIは途中でリーダーを決定したほか、チームSは2012年11月に平田璃香子が卒業して以降リーダー不在の期間があった。 初代チームS - 2009年2月14日からの「公演」開始後の同年3月中、選抜メンバーを一部入れ替えて選ばれた16名で発足。 2013年7月10日の「公演」千秋楽で終了。 初代チームKII - 2009年6月13日からの「公演」に際して同年5月25日、チームKII候補生と研究生(1期生)から昇格した16名で発足。 2013年7月12日の「公演」千秋楽で終了。 初代チームE - 2011年1月16日からの「公演」に際して2010年12月6日、研究生から昇格した16名で発足。 2013年7月11日の「公演」千秋楽で終了。 2013年7月 - 2014年4月 2013年1月に発表された9人の同時卒業を契機として、2013年4月13日の日本ガイシホールでのコンサート『SKE48春コン2013「変わらないこと。 ずっと仲間なこと」』にて『組閣』を発表。 在籍メンバーの所属予定が発表された。 その後9人を含めた13名が卒業・辞退、AKB48からの兼任メンバーが北原里英から大場美奈に入れ替わった後、新体制に移行した。 この体制から必置のリーダー制となり、中西優香がチームSリーダー兼SKE48キャプテンを務めた。 またこの体制から、松村香織がSKE48終身名誉研究生となった。 中西チームS - 各初代チームの正規メンバーと研究生からの昇格者16名で発足。 2013年7月23日の「公演」初日から2014年4月21日の同公演千秋楽まで。 高柳チームKII - 各初代チームの正規メンバーと研究生からの昇格者15名で発足。 なお、『組閣』発表時の予定メンバーは16名で、AKB48との兼任メンバーも発表時から入れ替わった。 2013年7月25日の「公演」初日から2014年4月18日の同公演千秋楽まで。 松井チームE - 各初代チームの正規メンバーと研究生からの昇格者16名で発足。 2013年7月24日の「公演」初日から2014年4月22日の同公演千秋楽まで。 2014年4月 - 2014年2月24日にZepp DiverCity TOKYOで行われた「AKB48グループ 大組閣祭り 〜時代は変わる。 だけど、僕らは前しか向かねえ! 〜」にて、グループ間の移籍と兼任の増加を伴う新体制を発表。 この体制から副リーダー制度 が導入された。 また、各チーム2 - 5名が他グループとの兼任となり、特に松井玲奈は乃木坂46との兼任によりAKB48グループ史上初めてのAKB48グループ以外のグループへの兼任となった。 宮澤チームS - 各チームの正規メンバーと他グループからの移籍・兼任、研究生からの昇格者、ドラフト生からなる17名で発足。 なお、『大組閣』発表時の予定メンバーは21名。 2014年4月25日の「公演」初日から開始。 矢方チームS - 2016年3月の宮澤佐江卒業により、リーダーが交代。 北川チームS - 2017年2月の矢方美紀卒業により、リーダーが交代。 古川チームKII - 各チームの正規メンバーと他グループからの移籍・兼任、研究生からの昇格者、ドラフト生からなる21名で発足。 なお、『大組閣』発表時の予定メンバーは22名。 2014年4月30日の「公演」初日から開始。 大場チームKII - 2015年3月の古川愛李卒業により、リーダーが交代。 須田チームE - 各チームの正規メンバーと他グループからの移籍、研究生からの昇格者、ドラフト生からなる20名で発足。 なお、『大組閣』発表時の予定メンバーは21名。 2014年5月2日の「公演」初日から開始。 チーム体制の推移 S KII E 初代チームS 初代チームKII 初代チームE 2013年組閣体制(2013年7月17日 - 2014年4月24日) 中西チームS 高柳チームKII 松井チームE 2014年「AKB48グループ大組閣祭り」体制(2014年4月25日 - ) 宮澤チームS 古川チームKII 須田チームE 大場チームKII 矢方チームS 北川チームS 現メンバーのプロフィールは、注記がない項目については以下の出典を参照。 名前・よみ・生年月日• 加入期• 昇格日• 中西優香(2013年 - 2014年4月)• 斉藤真木子(2016年3月4日 - ) チームSリーダー• 平田璃香子(2009年4月19日 - 2012年11月30日)• 中西優香(2013年7月17日 - 2014年4月24日)• 宮澤佐江(2014年4月25日 - 2016年3月4日)• 矢方美紀(2016年3月5日 - 2017年2月28日)• 北川綾巴(2017年3月1日 - 2019年9月30日)• 松本慈子 2020年2月16日 - チームKIIリーダー• 高柳明音(2010年6月9日 - 2014年4月24日)• 2010年6月9日 - 2013年7月16日(初代)• 2013年7月17日 - 2014年4月24日(2013年組閣体制)• 古川愛李(2014年4月25日 - 2015年3月30日)• 大場美奈(2015年3月31日 - ) チームEリーダー• 梅本まどか(2010年12月6日 - 2013年7月16日)• 松井玲奈(2013年7月17日 - 2014年4月24日)• 須田亜香里(2014年4月25日 - ) チームS副リーダー• 佐藤実絵子(2014年4月25日 - 2015年3月31日)• 矢方美紀(2015年4月1日 - 2016年3月4日)• 松本慈子(2016年3月5日 - 2017年2月28日)• 犬塚あさな(2017年3月1日 - 2018年7月1日)• 松本慈子(2019年2月9日 - 2020年2月15日) チームKII副リーダー• 大場美奈(2014年4月25日 - 2015年3月30日)• 内山命(2015年3月31日 - 2019年5月31日)• 北野瑠華(2019年9月2日 - ) チームE副リーダー• 梅本まどか(2014年4月25日 - 2016年2月29日)• 福士奈央(2016年3月4日 - ) グループ編成 [ ] メンバー構成推移 [ ] これまで10度のメンバーオーディションを実施し、他のAKB48グループより移籍・兼任およびドラフト生を除く全てのメンバーがこれらのオーディションを経て加入している。 2013年5月6日付で卒業。 2009年 2月14日 森紗雪 1期 S 最年少昇格(12歳102日、現役小学生初の昇格者)。 2010年3月30日降格、5月8日卒業(昇格メンバー初の降格・卒業)。 5月25日 佐藤聖羅 1期 KII 佐藤実とともに1期生最後の昇格者かつチームKIIへの昇格第1号。 2014年2月27日付で卒業。 佐藤実絵子 1期 佐藤聖とともに1期生最後の昇格者かつチームKIIへの昇格第1号。 2009年2月14日以来、100日ぶりの正規メンバー復帰。 2014年4月25日よりチームSへ異動。 2015年3月31日付で卒業。 12月6日 若林倫香 2期 KII チームKII発足時を除く2期生昇格第1号。 2012年7月31日付で卒業。 2010年 2月25日 小木曽汐莉 3期 KII 3期生昇格第1号。 2013年5月6日付で卒業。 2月27日 木下有希子 3期 S 2013年7月17日よりチームEへ異動。 2014年4月25日よりチームKIIへ異動。 2014年11月27日付で卒業。 須田亜香里 3期 2013年7月17日よりチームKIIへ異動。 2014年4月25日よりチームEへ異動。 6月23日 木﨑ゆりあ 3期 S 2014年4月24日よりAKB48へ移籍。 8月21日 加藤るみ 2期 S 2013年7月17日よりチームKIIへ異動。 2014年4月25日よりチームEへ異動。 2016年5月31日付で卒業。 12月6日 阿比留李帆 2期 KII 再昇格を除き磯原・間野とともに2期生の最後の昇格者。 2013年7月17日よりチームSへ異動。 2014年4月25日よりチームKIIへ異動。 2015年4月30日付で卒業。 後藤理沙子 3期 後藤と矢方は2013年7月17日よりチームSへ異動。 秦は2013年5月6日付で、矢方は2017年2月28日付で、後藤は2017年12月31日付で卒業。 秦佐和子 3期 矢方美紀 3期 磯原杏華 2期 E 再昇格を除き阿比留とともに2期生の最後の昇格者。 磯原は2013年7月17日よりチームSへ異動。 2014年4月25日よりチームEへ異動。 2016年1月31日付で卒業。 間野は2012年3月31日付で卒業。 間野春香 2期 上野圭澄 3期 上野は2013年5月6日付で、山田は2012年3月31日付で卒業。 山田恵里伽 3期 梅本まどか 4期 4期生昇格第1号。 2013年7月17日より都築はチームSへ、小林・柴田・高木・竹内・山下はチームKIIへそれぞれ異動。 2014年4月25日より竹内はチームSへ、小林・柴田はチームEへそれぞれ異動。 木本は2014年4月23日よりHKT48と兼任。 中村は2011年12月31日付、原は2013年5月6日付、金子は2014年4月29日付、小林は2015年3月31日付、 梅本は2016年2月29日付、山下ゆは2016年3月31日付、柴田は2016年8月31日付、酒井は2017年3月31日付、 竹内は2017年5月31日付、木本は2017年12月1日付、高木は2019年5月31日付で卒業。 金子栞 4期 木本花音 4期 小林亜実 4期 酒井萌衣 4期 柴田阿弥 4期 高木由麻奈 4期 竹内舞 4期 都築里佳 4期 中村優花 4期 原望奈美 4期 山下ゆかり 4期 2012年 8月29日 鬼頭桃菜 2期 S 2010年12月6日の降格以来632日ぶりの正規メンバー復帰。 2013年7月17日より斉藤真はチームSへ、内山はチームKIIへ、鬼頭と井口はチームEへそれぞれ異動。 斉藤真は2014年4月25日よりチームEへ異動。 鬼頭・井口は2014年4月29日付、内山は2019年5月31日付で卒業。 井口栞里 2期 KII 内山命 2期 E 斉藤真木子 2期 菅なな子 5期 S 5期生昇格第1号。 菅は2013年7月17日よりチームEへ異動。 2014年2月23日付で卒業。 古畑は2013年4月28日よりAKB48と兼任。 2014年4月25日よりチームKIIへ異動。 古畑奈和 5期 E 2013年 4月13日 7月17日 江籠裕奈 5期 S 藤本は5月6日付で辞退。 新土居は11月30日付、水埜は2014年12月31日付、岩永は2015年2月28日付、宮前は2016年9月30日付、 東は2017年3月31日付、二村は2017年7月31日付、市野は2018年3月31日付で卒業。 東は6期生昇格第1号・SKE48およびAKB48グループ研究生史上最速昇格(お披露目から44日)。 水埜はチームE発足時を除く4期生昇格第1号。 2014年4月25日より江籠・水埜はチームKIIへ、二村・東・宮前はチームSへそれぞれ異動。 新土居沙也加 5期 藤本美月 5期 KII 二村春香 5期 東李苑 6期 E 市野成美 5期 岩永亞美 5期 水埜帆乃香 4期 宮前杏実 5期 10月26日 山田みずほ 5期 KII 2015年1月31日付で卒業。 2014年 2月24日 4月25日 北川綾巴 6期 S 大脇は5期生最後の昇格者、7月30日付で卒業。 北川は2019年9月30日付で卒業。 北野瑠華 6期 KII 日高優月 6期 大脇有紗 5期 E 熊崎晴香 6期 8月4日 犬塚あさな 4期 S 4期生最後の昇格者。 2018年7月1日付で卒業。 野口由芽 6期 2017年2月28日付で卒業。 2015年 3月26日 3月31日 松村香織 3期 KII 3期生最後の昇格者で、SKE48およびAKB48グループ最年長昇格(25歳73日)。 SKE48およびAKB48グループ研究生史上、最も遅い昇格(お披露目から1964日)。 2019年5月2日付で卒業。 3月31日 山田樹奈 6期 S 6期生最後の昇格者。 山田は2019年1月31日付で卒業。 青木詩織 6期 KII 竹内彩姫 6期 井田玲音名 6期 E 鎌田菜月 6期 11月28日 杉山愛佳 7期 S 7期生昇格第1号。 小畑は2019年3月31日付、後藤は2019年9月30日付で卒業。 野島樺乃 7期 小畑優奈 7期 KII 後藤楽々 7期 E 白井琴望 ドラフト2期 KII AKB48グループドラフト2期生昇格第1号。 菅原茉椰 ドラフト2期 E 2016年 11月20日 12月1日 町音葉 7期 S 町は2018年11月30日付で卒業。 太田彩夏 7期 KII 浅井裕華 7期 E 末永桜花 7期 髙畑結希 7期 一色嶺奈 ドラフト2期 S SKE48ドラフト2期生最後の昇格者。 一色は2018年12月28日付で卒業。 上村亜柚香 ドラフト2期 水野愛理 ドラフト2期 KII 2017年 10月5日 片岡成美 7期 KII 7期生最後の昇格者。 相川暖花 7期 E 井上瑠夏 8期 S 8期生昇格第1号。 矢作は2018年11月10日付で卒業。 北川愛乃 8期 野村実代 8期 矢作有紀奈 8期 KII 佐藤佳穂 8期 E 2018年 4月28日 5月1日 岡田美紅 8期 S 岡田、白雪は2019年4月30日付、野々垣は2019年11月30日付で卒業。 坂本真凛 8期 仲村和泉 8期 大芝りんか 8期 KII 倉島杏実 8期 E 白雪希明 8期 野々垣美希 8期 9月16日 石黒友月 8期 S 8期生最後の昇格者。 深井ねがい 8期 E 大谷悠妃 ドラフト3期 S ドラフト3期生は一斉に昇格。 AKB48グループドラフト3期生昇格第1号。 中野愛理 ドラフト3期 KII 西満里奈 ドラフト3期 E 平田詩奈 ドラフト3期 2020年 2月15日 3月1日 青海ひな乃 9期 S 9期生昇格第1号。 赤堀君江 9期 荒野姫楓 9期 岡本彩夏 9期 KII 白井友紀乃 9期 池田楓 9期 E 田辺美月 9期 旧チーム体制 [ ] 各メンバーの当該チームでの活動期間については「」を、リーダー・副リーダーの在任期間はについては「」を参照• 太字:結成時のメンバー• L :チームリーダー 旧体制 ( - 2013年7月16日) 初代チームS 初代チームKII 初代チームE• 大矢真那• 出口陽• 中西優香• 松井珠理奈• 松井玲奈• 木下有希子• 須田亜香里• 木﨑ゆりあ• 加藤るみ• 鬼頭桃菜• 菅なな子• 石田安奈• 加藤智子• 佐藤聖羅• 佐藤実絵子• 高柳明音 L• 古川愛李• 松本梨奈• 向田茉夏• 山田澪花• 阿比留李帆• 後藤理沙子• 矢方美紀• 磯原杏華• 梅本まどか L• 金子栞• 木本花音• 小林亜実• 酒井萌衣• 柴田阿弥• 高木由麻奈• 竹内舞• 都築里佳• 山下ゆかり• 内山命• 斉藤真木子• 古畑奈和 2013年組閣体制 (2013年7月17日 - 2014年4月24日) 中西チームS 高柳チームKII 松井チームE• 阿比留李帆• 石田安奈• 磯原杏華• 江籠裕奈• 大矢真那• 木﨑ゆりあ• 後藤理沙子• 斉藤真木子• 都築里佳• 出口陽• 中西優香 L• 松井珠理奈• 矢方美紀• 松本慈子• 内山命• 大場美奈• 加藤智子• 加藤るみ• 小林亜実• 佐藤実絵子• 柴田阿弥• 須田亜香里• 高木由麻奈• 高柳明音 L• 竹内舞• 二村春香• 古川愛李• 松本梨奈• 山下ゆかり• 山田みずほ• 荒井優希• 神門沙樹• 惣田紗莉渚• 髙塚夏生• 東李苑• 井口栞里• 市野成美• 岩永亞美• 梅本まどか• 金子栞• 鬼頭桃菜• 木下有希子• 木本花音• 酒井萌衣• 古畑奈和• 松井玲奈 L• 水埜帆乃香• 宮前杏実• 山田澪花• 小石公美子• 髙寺沙菜• 福士奈央 作品 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年11月) SKE48では、AKB48同様グループが大人数であること、通常はそれぞれのチームに分かれて公演を行っていることなどから、シングルをリリースする際、または写真集・雑誌のグラビア写真等には一部のメンバーが選抜され、レコーディング、CDジャケット、(「強き者よ」を除く)およびプロモーション活動には 選抜メンバーのみが起用される。 ただし、テレビ出演の場合は全員が出演、あるいは一部メンバーが入れ替わって出演するなどのケースがある。 なお、新しいシングル毎に選抜メンバーは多少の入れ替わりがある。 AKB48と違い、シングル表題曲の選抜人数は固定されており、2nd・3rdの7人、15thの20人、16thの22人、17thの21人、18thの19人、19thの17人、20thの18人を除く全てのシングルで16人となっている。 さらに、AKB48シングルの選抜メンバーにSKE48のメンバーが選出されることがある。 そのメンバーを選出する「選抜総選挙」には第1回から研究生を含めた全メンバーが参加。 また「じゃんけん大会」では第2回から予備戦を勝ち抜いたメンバーのみが参加できるようになった。 シングルCD関連の選抜メンバーについてはから、AKB48シングルの選抜メンバーについてはからそれぞれ各シングルCDの記事を参照 カップリング曲のメンバー [ ] 当初はAKB48と同様にシングルのカップリング曲を歌うために、選抜に準じた「アンダーガールズ」が結成されていたが、4thシングル以降はSKE48独自の「白組」「紅組」が結成され、白組はTYPE-Aの、紅組はTYPE-Bのカップリング曲を担当している(9thのみそれぞれTYPE-B、TYPE-Cを担当)。 当初は選抜メンバーも「白組」「紅組」に入っていたが、5thからは松井珠理奈と松井玲奈以外の表題曲の選抜メンバーが除かれ、さらに9thから松井珠理奈、10thから松井玲奈がそれぞれ除かれて、10th以降は完全に表題曲の選抜に入らなかったメンバーで構成されている。 選抜と同様にメンバーはその都度選ばれ、人数も一定ではない。 各シングルにおけるメンバーについては当該項目を参照。 また、通常盤が3タイプリリースされるようになった6thシングルからは、選抜よりも少人数の8人で構成される「セレクション8」が結成され、8thまではTYPE-C、9thからはTYPE-Aのカップリング曲を担当している。 このユニットは1stアルバムでも採用されている。 8thシングルまでおよび1stアルバム(対象表題曲は同日発売の10thシングル)ではほとんど表題曲の選抜メンバーから選ばれていたが 、9thは「歌唱力選抜」、12thはグラビア企画「出口陽セレクション8」、13thは2013年夏に研究生から昇格した8人のメンバーである。 カップリング曲構成の推移 タイトル アンダーガールズA アンダーガールズB セレクション8 チーム 全員 その他 1st カップリング曲なし 2nd - - - - - チームB. 所属は結成当時。 ユニット名 メンバー 備考 ケロロガールズ 松下唯、矢神久美、向田茉夏 映画『』出演。 応援及びPR活動も行う。 ゼブラ天使 キュインキュイ〜ン 高田志織、小野晴香、出口陽、平田璃香子、古川愛李 KYORAKUマスコットユニット。 応援及びPR活動を行う。 前者3名はゼブラ戦隊としても活動していた。 松井珠理奈、松井玲奈 「1! ヨロシク! 」のカップリング「TWO ROSES」を歌う。 (CMテーマソング)のゲームシステム「」のCMに出演。 チームZ 平松可奈子、松井玲奈、高柳明音 (以下AKB48)、、、、、 宮澤佐江、、、、 (以下SDN48)、、 パチンコ『』テーマソング「恋のお縄」を歌うAKB48姉妹ユニット混成型ユニット。 スケバンGirls 松井玲奈、(以下AKB48)大島優子、河西智美 パチンコ「」のスペシャルユニット 矢神久美、秦佐和子、(NMB48) (以下AKB48)、、佐藤亜美菜、、、 アニメ「AKB0048」の声優選抜によるユニット。 ゼブラエンジェル 桑原みずき、高田志織、出口陽、佐藤聖羅、 古川愛李、梅本まどか、小林亜実、鬼頭桃菜 KYORAKUマスコットユニット。 「ゼブラ天使 キュインキュイ〜ン」から改名。 チームサプライズ 松井玲奈、(以下AKB48)、、、高城亜樹、 、、、大島優子、、宮澤佐江、 、、北原里英、渡辺麻友、 パチンコ『』内で行なわれる「重力シンパシー公演」のために結成された特別チーム。 マジカルラジオバンド 小木曽汐莉、木﨑ゆりあ、北原里英、木本花音、高柳明音、 秦佐和子、松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美 「」の番組内で結成。 SKE48ボートピア選抜 大矢真那、須田亜香里、松井玲奈、 高柳明音、古川愛李、矢方美紀 2013年度イメージキャラクター。 前述メンバーに松村香織を加えボートピア名古屋のCM出演、イベント出演のほか「」を歌う。 北川綾巴、(以下AKB48)、、、 (NMB48)、(以下HKT48)、 『AKB48・2013真夏のドームツアー』札幌ドーム公演において結成された48グループ研究生7人によるユニット。 新曲「」を歌う。 GALAXY of DREAMS 木﨑ゆりあ、松井珠理奈、柴田阿弥、須田亜香里、高柳明音、 古川愛李、木本花音、古畑奈和、松井玲奈、北川綾巴 「」とのコラボ企画のために結成されたユニット。 第2期SKE48ボートピア選抜 大場美奈、高柳明音、古川愛李、柴田阿弥、須田亜香里、松井玲奈 2014年度ボートピア名古屋イメージキャラクター。 前述メンバーに佐藤すみれ・松村香織を加えボートピア名古屋のCM出演、イベント出演のほか「Coming soon」を歌う。 を歌う。 ゼブラエンジェル2014 竹内舞、矢方美紀、古川愛李、山下ゆかり、 梅本まどか、小林亜実、斉藤真木子 山内鈴蘭、辻のぞみ KYORAKUマスコットユニット。 山内・辻は2015年に加入。 「旅打ちエンジェル! ゼブラのぱちんこ珍道中」に出演。 ゼブラエンジェル2016 竹内舞、矢方美紀、斉藤真木子、山内鈴蘭 石田安奈、須田亜香里、谷真理佳 KYORAKUマスコットユニット。 石田・須田・谷は2016年に加入。 「SKE48・ゼブラエンジェルのぱちばん!! 」に出演。 小畑優奈、後藤楽々、(以下AKB48)、後藤萌咲、 、、(以下NMB48)植村梓、、 (以下HKT48)荒巻美咲、今村麻莉愛、(以下NGT48)小熊倫実、高倉萌香 48グループから選出された12人からなるユニット。 新曲「」を歌う。 ゼブラエンジェル2017 山内鈴蘭、大場美奈、木本花音、斉藤真木子 須田亜香里、谷真理佳、佐藤佳穂 KYORAKUマスコットユニット。 大場・木本・佐藤佳は2017年6月に加入。 「SKE48・ゼブラエンジェルのぱちばん!! 」に出演。 エントリーしたユニット No. ユニット名 セイサクテーマ メンバー 1 Team 狼とプライド 小悪魔とプライド 加藤るみ、木﨑ゆりあ、矢神久美 2 Team 万華鏡 キラキラgirl 小野晴香、平田璃香子 3 Team ざ・まついれな PARIS Color 松井玲奈 4 Team ざ・まついじゅりな ハードロック 松井珠理奈 5 Team 思い出以上 おしゃれ 木下有希子、平松可奈子 6 Team ウィンブルドンへ連れて行って これを履いてウィンブルドンへ連れて行って 高柳明音、若林倫香 7 Team チョコの行方 チョコのように甘いくつ 大矢真那、小木曽汐莉 8 Team 女の子の第六感 靴も私たちも長く愛されますように。 桑原みずき、須田亜香里、高田志織 9 Team 歴女 新撰組 平松可奈子、古川愛李 10 Team Glory days ギャップ!! 石田安奈、向田茉夏、山田恵里伽 11 Team KII Simple is Best! ヨロシク! 」篇 CM:「に一番のり! 」 道は なぜ続くのか? 』 ずっとずっと先の今日 CM:「名進研」『夢に向かって走り出せ』 Escape CM: AKB48 34thシングル「」 未来とは? CM:『お名前. com』SKE48. マッドフット」「ネオビッグタン モテコーデ! 」「通快クールビズシューズ」「デッキシューズでデッキル男子! 』「2014 FUN! FUN! FUN! 」「夏男子! FUN! FUN! FUN! FUN! カーライフ』「私のFUNカーライフ! 」篇「私のFUNカーライフ! 躍動感」篇「私のFUNカーライフ! FUN! FUN! カーライフ』「続・マジカーエンジニア」篇・「セール開催中・変装中」篇・「驚きの大きさ」篇 夜明けのコヨーテ CM:「あなたは塩派? タレ派? 2012年4月時点で、人気のある公演ではチケットの倍率が50倍程度に達している。 初代のチーム体制での公演は、初期はAKB48のチームKやBと同様、既存のAKB48の公演を用いた「お下がり」公演を行った後適宜「オリジナル」公演に移行する形だった。 チームS(初代)は初公演から半年でオリジナル公演を開始している。 これに対し、チームKII(初代)は初公演から2年3か月経過後の開始となった ほか、チームE(初代)は初公演から2年半のチーム体制の間1度もオリジナル公演が行われなかった。 チームS(初代)の「制服の芽」公演はAKB48グループでは最長の3年9か月間にわたる長期公演となった。 公演長期化や新公演の遅れはAKB48グループに共通する傾向で、2010年頃から現れており、背景として、グループ内で姉妹グループ・派生ユニット・ソロなどの提供楽曲数が急増して秋元康ら制作陣が繁忙となったことが挙げられている [ ]。 2013年7月からのチーム体制での公演は、最初の公演については、既存のAKB48グループ全公演からメンバーやスタッフが各チーム3公演に絞りこんだ後、ファンの投票で決定したものを行っている。 同年8月23日に開催された「AKB48・2013真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜」にて次の新公演の初日が発表されており、チームSが2013年11月30日、チームEが2014年5月28日、チームKIIが2014年6月25日から開始する予定 となっていた。 しかし、制作上の遅れから各チーム公演の初日が延期されており、新たにチームSは2014年2月27日開始予定、KIIとEに関しては日程調整のため開始日未定 となったが、大組閣祭り開催のためチームSの新公演は2度目の延期が発表された。 2016年9月現在、各チームとも既存の楽曲によるセットリストの公演が行われており、オリジナル楽曲による新公演については未定。 チームS• チームS(初代)• :2008年10月5日 - 2009年2月8日 (34公演)• :2009年2月14日 - 10月16日 (97公演)• :2009年10月25日 - 2013年7月10日 (244公演)• チームS(中西)• :2013年7月23日 - 2014年4月21日(48公演)• :2014年4月25日 - 2016年6月7日(135公演)• 重ねた足跡:2016年6月14日 - チームKII• チームKII(初代)• :2009年6月13日 - 11月29日 (61公演)• リバイバル公演:2011年2月13日(1公演)• :2009年12月6日 - 2010年9月22日 (84公演)• リバイバル公演:2011年4月5日 - 2011年9月1日 (23公演)• :2011年10月1日 - 2013年7月12日 (115公演)• チームKII(高柳)• :2013年7月25日 - 2014年4月18日(47公演)• :2014年4月30日 - 2016年5月24日(176公演)• :2016年6月3日 - 2018年6月24日• :2018年6月30日 - チームE• チームE(初代)• :2011年1月16日 - 2012年3月28日 (78公演)• :2012年5月14日 - 2013年7月11日 (84公演)• チームE(松井)• :2013年7月24日 - 2014年4月22日(46公演)• チームE(須田)• :2014年5月2日 - 2016年9月1日(184公演)• :2016年9月9日 - 研究生• :2010年2月16日 - 2012年8月12日、2015年7月6日 - 2017年4月8日• :2012年2月27日 - 2013年12月23日• :2014年1月5日 - 2014年4月19日• SKE48 アップカミング公演 〜夏〜:2014年6月29日 - 2014年9月22日(7公演) 〜秋〜:2014年10月24日 - 2014年12月15日(4公演) 〜冬〜:2015年1月27日 - 2015年4月28日(9公演)• :2017年4月14日 -2018年2月27日 出張公演 [ ] (東京都千代田区)• SKE48 「PARTYが始まるよ」(2008年11月22日・12月19日)• TeamS 「手をつなぎながら」(2009年6月6日・7日)• TeamKII 「手をつなぎながら」(2010年6月8日)• TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年2月7日・8日)• TeamE 「逆上がり」(2012年9月23日)• TeamS 「制服の芽」(2012年9月27日)• TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年9月28日)• AKB48 研究生公演「パジャマドライブ」へのサプライズ出演 (2013年5月12日)• TeamS 「RESET」(2013年12月21日)• TeamS 「制服の芽」(2014年6月14日)• SKE48 研究生 「PARTYが始まるよ」(2015年9月3日) (大阪市中央区)• TeamS 「制服の芽」(2012年2月15日)• TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年2月16日)• SKE48 研究生 「会いたかった」(2012年8月5日)• TeamE 「逆上がり」(2012年9月29日) (福岡市中央区)• TeamS 「手をつなぎながら」(2012年2月21日)• TeamS 「制服の芽」(2012年2月22日)• SKE48 研究生 「会いたかった」(2012年8月4日)• TeamH「手をつなぎながら」公演へのサプライズ出演 (2012年9月4日 - 9月28日) 東京 (東京都渋谷区)• TeamS 「制服の芽」(2010年4月12日・7月17日) 大阪 (大阪市北区)• TeamS 「制服の芽」(2010年5月21日) 大阪 (大阪市中央区)• TeamKII 「手をつなぎながら」(2010年8月16日)• TeamS 「制服の芽」(2010年8月17日) 福岡 ホール(福岡市中央区)• TeamS 「制服の芽」(2010年9月24日) 名古屋 (名古屋市中区)• TeamE 「逆上がり」(2012年10月22日)• TeamS 「制服の芽」(2012年10月23日)• TeamKII 「ラムネの飲み方」(2012年10月24日)• SKE48 研究生 「会いたかった」(2012年10月25日) 東京 「見逃した君たちへ」「思い出せる君たちへ」(東京都文京区)• 「見逃した君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜(2011年5月24日 - 6月12日)• A2nd「会いたかった」公演(5月28日)• B3rd「パジャマドライブ」公演(5月29日)• S2nd「手をつなぎながら」公演(6月10日)• 「見逃した君たちへ2」〜AKB48グループ全公演〜(2012年5月3日 - 5月24日)• A2nd「会いたかった」公演(5月10日) - チームKII• KII 3rd「ラムネの飲み方」公演(5月11日) - チームKII• S2nd「手をつなぎながら」公演(5月21日) - チームS• S3rd「制服の芽」公演(5月22日) - チームS• 「思い出せる君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜(2013年5月2日 - 5月25日)• S2nd「手をつなぎながら」公演(5月3日) - チームS• S3rd「制服の芽」公演(5月4日) - チームS• K4th「逆上がり」公演(5月23日) - チームE• 松井珠はAKB48 チームKウェイティング公演(5月10日)、K6th「RESET」公演(5月22日)にも出演。 千葉 「AKB48グループ 冬だ! ライブだ! ごった煮だ! 〜遠征出来なかった君たちへ〜」()• 「AKB48グループ 冬だ! ライブだ! ごった煮だ! 〜遠征出来なかった君たちへ〜」(2014年11月22日 - 12月4日)• 「制服の芽」公演(11月22日) - チームS• SKE48研究生「アップカミング」公演(11月26日) - 研究生• 「ラムネの飲み方」公演(11月30日) - チームKII• 第5弾 SKE48(2011年7月27日) - チームS、チームKII• SKE48名義の楽曲、およびSKE48の劇場公演で使用された公演曲を対象とした人気投票である。 2010年は7月開催で全30曲、2011年からは秋季開催で全50曲、2014年・2018年は全100曲(101位以下も全曲の順位を発表 )、2015年は劇場公演楽曲とシングル・アルバム等の収録楽曲に分け、それぞれ30曲の全60曲となっている。 全50曲となってからはAKB48のリクエストアワーと同様に25曲ずつ、2日間かけてランキング形式で発表するコンサートイベント。 AKB48がグループ全体の楽曲を対象としているのに対し、こちらはSKE48のみを対象としている。 年 サブタイトル 月日・会場 ベスト3楽曲 備考 2010年 〜神曲はどれだ? 〜 7月31日 名古屋国際会議場センチュリーホール 1. 「」 2. 「」 3. 「」 2011年 〜ファンそれぞれの神曲たち〜 11月26日 名古屋国際会議場センチュリーホール 11月27日 名古屋国際会議場センチュリーホール 1. 「枯葉のステーション」 2. 「」 3. 「」 2012年 〜神曲かもしれない〜 10月11日 Zepp Nagoya 10月12日 Zepp Nagoya 1. 「」 2. 「」 3. 「枯葉のステーション」 2013年 〜あなたの好きな曲を神曲と呼ぶ。 だから、リクエストアワーは神曲祭り。 〜 10月10日 愛知県芸術劇場大ホール 10月11日 愛知県芸術劇場大ホール 1. 「あなたとクリスマスイブ」 2. 「枯葉のステーション」 3. 「思い出以上」 2014年 〜1位は? 最下位は? 曲推し集合! 〜 11月1日 名古屋国際会議場センチュリーホール 11月2日 名古屋国際会議場センチュリーホール 1. 「」 2. 「」 3. 「」 2015年 〜劇場公演楽曲ベスト30〜 11月29日:昼 名古屋国際会議場センチュリーホール 1. 「虫のバラード」 2. 「思い出以上」 3. 「」 〜シングル曲・シングルカップリング曲・アルバム収録曲・その他楽曲ベスト30〜 11月29日:夜 名古屋国際会議場センチュリーホール 1. 「」 2. 「」 3. 「」 2018年 SKE48リクエストアワーセットリストベスト100 2018 〜メンバーの数だけ神曲はある〜 9月15日 名古屋国際会議場 センチュリーホール 9月16日 名古屋国際会議場 センチュリーホール 1. 「」 2. 「」 3. 「」 AKB48・AKB48グループ名義 [ ] 2008年• ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り(2008年8月23日、) - 特別出演 (中西はAKB48研究生としても出演)• AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね? (2008年11月23日、) - AKB48 with SKE48名義 (高井除く)• 年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB! SKEもよろしくね(2008年12月20日、) - AKB48 with SKE48名義(高井除く) 2009年• AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2009(2009年1月18日 - 21日、SHIBUYA-AX) - AKB48 with SKE48 - 20日:大矢・尾関・小野・桑原・佐藤実・新海・高田・出口・中西・平田・平松・前川・松井珠・松下・森紗・矢神 21日:松井珠・松井玲• (2009年4月25日・26日、NHKホール) - AKB48 with SKE48名義 - 25日:チームS・稲垣・佐藤実・佐藤聖・チームKII 26日:桑原・中西・松井珠・松井玲・松下・山下も• AKB104選抜メンバー組閣祭り(2009年8月22日・23日(23日は2回公演)、) - AKB48 with SKE48・SDN48名義(チームSのみ。 また、松井珠は22日のみ)• AKB48 夏のサルオバサン祭り(2009年9月13日、) - 松井珠・松井玲 2010年• KYORAKU presents AKB48 SKE48 LIVE IN ASIA supported by スカパー! (2010年11月16日、・Sands Theater) - 大矢・木﨑・桑原・須田・平松・松井珠・松井玲・矢神・石田・高柳・向田・木本 2011年• AKB48 コンサート よっしゃぁ〜行くぞぉ〜! in西武ドーム(2011年7月22日 - 24日、)• AKB48 紅白対抗歌合戦(12月20日、TOKYO DOME CITY HALL) - 大矢・小野・木﨑・木下・桑原・須田・平松・松井珠・松井玲・矢神・小木曽・高柳・秦・金子・木本・原 2012年• AKB48 ユニット祭り(2012年1月23日、TOKYO DOME CITY HALL)• 業務連絡。 頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ(2012年3月23日 - 25日、さいたまスーパーアリーナ)• AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜(2012年8月24日 - 26日、)• 第2回 AKB48 紅白対抗歌合戦(12月17日、TOKYO DOME CITY HALL) - 大矢・木﨑・北原里・菅・須田・松井珠・松井玲・矢神・石田・小木曽・高柳・秦・古川・向田・矢方・上野・木本・古畑 2013年• AKB48ユニット祭り2013(2013年1月23日、TOKYO DOME CITY HALL) - 木﨑・北原里・菅・松井珠・松井玲・向田・木本・古畑・藤本• AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか! 〜(2013年4月25日(SKE48単独公演)・4月28日(2回公演)、日本武道館)• AKB48グループ研究生コンサート「推しメン早い者勝ち」(2013年6月5日、日本武道館) - 研究生• AKB48スーパーフェスティバル〜 日産スタジアム、小(ち)っちぇっ! 小(ち)っちゃくないし!! 〜(2013年6月8日、• AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜• 第3回 AKB48 紅白対抗歌合戦(12月17日、TOKYO DOME CITY HALL) - 石田・大矢・木﨑・中西・松井珠・大場・柴田・須田・高柳・古川・東・梅本・木本・古畑・松井玲・北川綾 2014年• AKB48 リクエストアワーセットリストベスト200 2014(2014年1月23日 - 26日、TOKYO DOME CITY HALL・4月6日、さいたまスーパーアリーナ)• AKB48ユニット祭り2014(2014年1月27日、TOKYO DOME CITY HALL) - 木﨑・松井珠・大場・柴田・高柳・古川・木本・古畑・松井玲・北川綾・熊崎・松村• AKB48グループ 大組閣祭り〜時代は変わる。 だけど、僕らは前しか向かねえ! 〜(2014年2月24日、)• 〜(2014年3月29日、) - 木﨑・松井珠・大場・須田・木本・古畑・松井玲・北川綾• 〜 (6月8日、)• AKB48グループ東京ドームコンサート〜するなよ? するなよ? 絶対卒業発表するなよ? 〜(8月19日・20日、東京ドーム)• 第4回 AKB48 紅白対抗歌合戦(2015年12月16日、TOKYO DOME CITY HALL) - 東・北川綾・松井珠・宮澤・宮前・山内・渡辺・内山・江籠・大場・高柳・古川・古畑・山下ゆ・木本・佐藤す・柴田・須田・谷・松井玲・松村 2015年• AKB48 リクエストアワー セットリストベスト1035 2015(2015年1月22日 - 25日、TOKYO DOME CITY HALL)• AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中! 〜(2015年3月26日、さいたまスーパーアリーナ) - 東・大矢・北川綾・二村・松井珠・宮澤・宮前・渡辺・江籠・大場・神門・惣田・高柳・古畑・磯原・木本・佐藤す・柴田・須田・谷・松井玲・松村• AKB48 41stシングル 選抜総選挙・後夜祭〜あとのまつり〜(2015年6月7日、福岡 ヤフオク! ドーム)• AKB48真夏の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ〜川栄さんのことが好きでした〜(2015年8月1日・2日、さいたまスーパーアリーナ) - 松井珠・宮澤・柴田・高柳・松村(2日のみ、山内・大場・古畑)• 第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦(2015年12月15日、TOKYO DOME CITY HALL) - 東・北川綾・松井珠・宮澤・山内・大場・惣田・高柳・古畑・松村・後藤楽・柴田・須田・谷 2016年• AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016(2016年1月18日、TOKYO DOME CITY HALL) - 松井珠・宮澤• ・ 卒業コンサート(2016年1月21日、TOKYO DOME CITY HALL) - 山内・大場• AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2016(2016年1月22日 - 24日、TOKYO DOME CITY HALL)• 第1回AKB48グループ 東西対抗歌合戦• AKB48グループ 高橋みなみ卒業コンサート• AKB48SHOW presents 「AKB48 FES 2016」(2016年7月14日、NHKホール) - 東・大矢・北川綾・二村・松井珠・江籠・大場・惣田・高柳・日高・古畑・木本・熊崎・後藤楽・須田・谷(矢方・竹内舞 - 前座)• AKB48グループ同時開催コンサートin横浜(2016年9月15日)• 今年はランクインできました祝賀会(横浜アリーナ) - ランクインメンバー• 来年こそランクインするぞ決起集会() - 同・圏外メンバー 2017年• AKB48グループ感謝祭(2017年10月8日)• 〜ランクインコンサート〜(幕張メッセ 国際展示場4-5ホール) - ランクインメンバー• 〜ランク外コンサート〜(幕張メッセ 国際展示場3ホール) - 同・圏外メンバー 2018年• 法定速度と優越感 フレッシュオールスターズコンサート〜ゼロポジションの未来〜(2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALL) - 小畑・後藤楽・菅原• AKB48グループ成人式コンサート〜大人になんかなるものか〜(2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALL) - 日高・熊崎・佐藤佳・岡田 出演 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年1月) SKE48がグループとして出演するメディア作品を挙げる。 メンバー個人での出演については各メンバーの記事を参照。 テレビドラマ [ ]• (2010年1月16日、) - 女子高校生 役• (2010年1月8日 - 3月26日、) - 松井珠・松井玲・矢神• 第21・22話(2010年8月11日・12日、他) - 木﨑・桑原・若林• (2011年1月12日 - 3月30日、) - 主演・松井珠(主にチームSメンバー出演)• (2011年4月15日 - 7月1日、テレビ東京) - 松井珠・松井玲・矢神・木本• (2011年7月27日・28日、東海テレビ) - 木﨑・山田澪・間野• (2012年7月13日 - 10月5日、テレビ東京) - 木﨑・矢神・木本・松井珠・高柳• スマホラー劇場「ロストソウル」(2014年3月31日、・連動) - 柴田・高柳・古川• (2015年1月20日 - 3月31日、) - 須田・谷・松村・渡辺• (2015年8月25日、日本テレビ) - 松井珠・須田・谷・松村・古畑• (2015年10月8日 - 2016年3月17日、・ビデオパス・) - 大場美・柴田・須田・高柳・古畑・松井珠• (2016年4月21日 - 9月29日、テレビ朝日・ビデオパス・テレ朝動画) - 江籠・大場美・須田・惣田・高柳・古畑・松井珠• (2016年10月30日 - 2017年1月15日、日本テレビ) - 二村・松井珠・惣田・高柳・古畑・松村・須田• 金の殿〜バック・トゥ・ザ・NAGOYA〜 第1話(2017年1月14日、) - 高柳・日高・竹内彩・江籠・北野・松本慈・小畑・菅原・髙寺・一色(NGYガールズ 役)• (2017年1月22日 - 7月2日、テレビ朝日) - 松井珠・高柳・古畑・松村・須田• ショクバの王子様(2017年3月28日 - 3月30日、東海テレビ) - 第一夜:谷・二村、第二夜:鎌田・竹内彩、第三夜:高柳 特別番組 [ ] 過去の出演番組• (2009年12月31日、) - AKB48として出演。 松井珠・松井玲・矢神• (2010年8月28日・29日、) - 中京地区サポートメンバー• (2010年12月31日、NHK総合) - AKB48として48名が友情出演• (2011年12月31日、NHK総合) - AKB48として48名が友情出演• (2012年3月10日、・NHK総合)• (2012年12月31日、NHK総合) - 単独出場。 研究生含む62名が出演• (2013年3月9日、NHK BSプレミアム・NHK総合)• (2013年12月31日、NHK総合) - 単独出場。 研究生含む54名が出演• (2014年3月10日、NHK BSプレミアム・NHK総合) - 木﨑・松井珠・須田・高柳・木本・古畑・松井玲• (2014年12月31日、NHK総合) - 単独出場。 研究生含む63名 が出演• (2015年12月31日、NHK総合) - AKB48として3名(北川綾・松井珠・宮澤)が出演• (2016年12月31日、NHK総合) - AKB48 夢の紅白選抜として8名(北川綾・松井珠・大場美・惣田・高柳・古畑・松村・須田)が出演• (2017年12月31日、NHK総合) - AKB48として7名(北川綾・松井珠・大場美・惣田・高柳・古畑・須田)が出演• (2018年12月31日、NHK総合) - AKB48として2名(松井珠・須田)が出演 バラエティ・情報番組 [ ] 現在のレギュラー番組• (2009年8月28日 - 不定期出演、)• (2009年10月3日 - 、)• 」に出演• (2014年10月4日 - 、)• (2019年4月3日 - 、東海テレビ)• SKE48のスマホ風呂(2019年6月12日 - 、テレビ東京)• (2019年7月2日 - 、東海テレビ) 放送予定のレギュラー番組• SKE48 ガチでアレ!? 始めちゃいました〜涙の1年間ダンス修行〜(2020年4月17日 - 、メ〜テレ) 過去のレギュラー番組• (2008年7月4日 - 2009年6月30日、中京テレビ)• (2008年10月9日 - 2019年9月25日 不定期出演、日本テレビ)• 名古屋版(2009年7月8日 - 2012年9月25日、中京テレビ)• 地元応援バラエティ このへん!! トラベラー 各地域版(脚注参照 )• (2009年7月10日 - 2012年11月30日 不定期出演、テレビ東京)• (2009年10月11日 - 2010年3月28日、テレビ愛知) - 大矢・桑原・松井珠・松井玲• (2010年4月5日 - 2013年3月30日、NHK総合) - 制作・東海3県ローカル• (2010年4月6日 - 2011年5月5日、) - 関東広域圏で放送された• (2010年4月8日 - 9月30日、中京テレビ) - 高田・平田・秦• (2010年6月11日 - 2011年6月10日、東海テレビ)• (2010年6月28日 - 9月27日、テレビ愛知) - 出口・中西(月曜レギュラー)• (2010年8月18日 - 2011年3月26日、) - 水曜日の「SKE48の社会科見学」に出演• (2010年9月11日 - 2011年9月24日、テレビ東京) - メンバー2名が交替でMCとして出演• (2011年10月4日 - 2012年9月27日、中京テレビ)• (2010年12月7日 - 12月28日、中京テレビ)• (2011年4月2日 - 2016年4月2日、名古屋テレビ) - 斉藤・加藤る(2013年12月 - 2016年4月)・佐藤聖( - 2014年2月)・岩永(2013年12月 - 2015年2月)・木下(2014年5月 - 2014年11月)・佐藤実( - 2015年3月)・中西( - 2015年3月)• (2011年4月7日 - 9月29日、名古屋テレビ) - メンバー2名が東海地方の大学を紹介• (2011年4月22日 - 不定期出演、)• (2011年5月1日 - 9月25日、)• SKE48リポート(2011年5月8日 - 5月29日、) - 木﨑・小木曽・高柳・向田• (2011年7月9日 - 2013年3月9日、東海テレビ)• (2011年9月25日・10月30日・11月27日、テレビ愛知)• (2011年10月12日 - 12月28日、日本テレビ)• (2011年11月17日 - 2012年2月23日 不定期出演、)• (2012年4月4日 - 6月27日、日本テレビ)• (2012年4月7日 - 7月28日、CBCテレビ) - 小木曽・高柳・古川・小林亜・柴田・原• SKE48 野球場へようこそ! (2013年1月21日 - 4月8日、日本テレビ)• (2013年4月2日 - 9月28日、中京テレビ)• (2013年4月3日 - 2014年3月26日、中京テレビ)• (2013年4月18日 - 不定期出演、)• (2013年4月22日 - 9月30日 不定期出演、) - 大場美・北川綾・木本・須田・松井玲・松井珠・松村• (2013年7月5日 - 2014年3月28日、テレビ東京)• (2013年9月16日 - 2018年 不定期出演、) - 佐藤す・木本・江籠・宮前• (2013年10月5日 - 2019年3月24日 不定期出演、)• (2013年10月5日 - 12月21日、日本テレビ)• 日曜なもんで! (2013年10月20日 - 2014年3月30日、テレビ愛知) - 大矢・木﨑・柴田・木下・山田み(二村・東・北野・熊崎)• (2014年1月4日 - 8月23日、テレビ愛知) - メンバー2名• DANCE KINGDOM(NOTTV)• SKE48 ROAD OF THE DANCE IDOL(2014年4月17日 - 9月25日) - 竹内舞・石田・木下・斉藤• 〜Season-2 SKE48ダンス底力〜(2014年10月23日 - 2015年6月28日)• (2014年7月2日 - 12月24日、CBCテレビ)• (2014年7月14日 - 9月30日、日本テレビ)• (2014年10月12日 - 2015年1月4日、日本テレビ)• (2015年4月2日 - 9月30日、) - 山内・梅本・石田• (2015年7月3日 - 9月25日、テレビ愛知) - メンバー2名が月替わり• (2015年10月6日 - 12月22日、日本テレビ) - 東・熊崎・後藤楽・惣田・谷・辻・水野• (2017年4月25日 - 2019年3月27日、東海テレビ)• (2017年7月17日 - 10月9日、東海テレビ)• SKE48ヲ科学セヨ(2017年12月27日 - 2018年2月11日、)• (2018年3月22日 - 3月30日・4月3日 - 6月26日・9月4日 - 12月25日・2019年2月6日 - 3月27日、テレビ東京)• とれたてキス(2019年1月9日 - 3月27日、TBS)• (2019年1月22日 - 4月2日、日本テレビ)• Fun x Fun Japan! (2019年11月23日 - 2020年1月4日、GMM 25/2020年2月10日 - 24日、東海テレビ)• (2011年4月2日 - 2020年3月19日、東海テレビ) 過去の単発番組• 24時間テレビ 真夏の興奮チャリティーライブ(2008年9月1日【8月31日深夜】、中京テレビ) - 柴木除く• 石田純一VS加藤晴彦 中京テレビ大感ちゃ祭(2008年10月19日、中京テレビ)• 〜東京・大阪・名古屋〜 ドドーンと見せます 有名人のグルメ店最強ガイド! (2009年6月6日、テレビ愛知)• 2009〜真夏だぜ! クールジャポン爆笑祭〜(2009年8月8日、テレビ愛知)• BOMBER-E秋まつりSPライブ(2009年10月13日、名古屋テレビ)• SKE48が超劇場版ケロロ軍曹の声優に挑戦であります!! (2010年2月19日、エンタ! 371) - 松下・矢神・向田• どれどれトーク SKE48 名古屋発のアイドルです(2010年6月18日、) - 松井玲・松井珠・向田• (ファミリー劇場)• AKB48 ネ申テレビスペシャル2009(2009年12月28日) - 桑原・矢神• AKB48 ネ申テレビスペシャル〜チーム対抗! 春のボウリング大会〜(2010年4月30日) - 桑原・松井珠・松井玲・小木曽・高柳・向田• ネ申テレビ番外編〜SKE48学院修学旅行〜(2010年9月23日)• 『SKE48の新・明るい農村』(2011年9月16日、NHK総合 ) - 大矢・桑原・加藤る・磯原・間野・山田恵• SKE48のヒット商品けんきゅ〜女学園(2011年10月21日、中京テレビ)• SKE48が行く! S再生K可能Eエネルギー探しの旅(2012年3月3日、中京テレビ) - 小野・加藤る・木下・中西・梅本・柴田• スペシャル SKE48全チーム大集合! (2012年8月24日、NHK総合 )• Uta-Tube SKE48 密着スペシャル(2013年1月14日、NHK総合 )• 『岐阜発ドラマ「父の花、咲く春」もっと楽しみ隊! 』(2013年3月15日 - 3月17日、NHK総合 ) - 加藤る・古川• presents AKB48 ドキュメント3. 11(2013年3月21日、NHK総合) - 松井玲・松井珠• 金とく『SKE48の未来教室〜過疎高齢化を考えます! 〜』(2013年7月19日、NHK総合 ) - 斉藤・柴田・高柳・古川・山下ゆ・金子・菅・松井玲• 真夏の全力投球! MJ presents SKE48リクエストスペシャル(2013年9月21日、NHK BSプレミアム)• AKB48選抜総選挙スペシャル(2013年9月28日、NHK BSプレミアム)• Uta-Tube SKE48 密着スペシャル(2014年1月13日、NHK総合 )• Uta-Tube SKE48 密着スペシャル(2015年1月17日、NHK総合 )•

次の

江籠裕奈(SKE48)のプロフィール

江籠裕奈 高校

Yahoo! ニュース• ドワンゴジェイピーnews• ニッカンスポーツ• Pop'n'Roll• OKMusic• エキサイトニュース 毎日新聞 Yahoo! ニュース ドワンゴジェイピーnews WWSチャンネル Yahoo! eplus. ニュース 日刊スポーツ 毎日キレイ 朝日新聞社 エキサイトニュース Yahoo! ニュース ACTRESS PRESS ウオーカープラス Yahoo! ニュース モデルプレス MusicVoice エキサイトニュース ドワンゴジェイピーnews MusicVoice モデルプレス エキサイトニュース TV LIFE エンタメNEXT BARKS MusicVoice BARKS Pop'n'Roll WWSチャンネル Yahoo! ニュース ウオーカープラス WWSチャンネル T-SITEニュース WWSチャンネル エキサイトニュース OKMusic エンタメNEXT モデルプレス PR TIMES エキサイトニュース Yahoo! ニュース WWSチャンネル WWSチャンネル Yahoo! ニュース ザテレビジョン MusicVoice 朝日新聞社 Yahoo! ニュース 東スポWeb softbank. jp ニッカンスポーツ エキサイトニュース ドワンゴジェイピーnews MusicVoice Yahoo! ニュース ENCOUNT エンタメNEXT 日刊SPA! Yahoo! ニュース SmartFLASH ザテレビジョン Yahoo! ニュース webザテレビジョン.

次の

江籠裕奈の高校や進学予定の大学は?スキャンダルの噂と出禁についても調べてみた!

江籠裕奈 高校

net 江籠裕奈。 センターゼロポジ。 2019-06-12 23:02:07NEW! テーマ:Stand by you(江籠裕奈) 5期生も 気付いたらもう先輩の立場。 これから先 今回みたいな企画、ライブに 呼んでいただける機会も どんどん無くなっていくと思います。 MVPという結果を頂きましたが これがラストチャンス。 このチャンスを自信に変えて どう頑張るかは自分次第。 素敵な機会を作ってくださった スタッフのみなさん 応援してくださったみなさん 本当にありがとうございました!! SKEに入って良かったと思えた1日でした 坂道グループと48グループの情報などをまとめています。 ・記事やツイートの削除依頼などありましたらメールもしくはコメント欄からお願いします。 ・まとめ方やサイトに関してご意見等ありましたら、メールにてお願い致します。 【著作権について】 著作権について. 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する意図は全くございません。 掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。 【コメントに関して】 他の利用者を不快にさせる発言、誹謗中傷等に関しましては管理人の判断で修正・削除させていただきます。 【相互リンク・RSSについて】 当サイトは、リンクフリーです。 相互リンク・RSSに関しましては、当ブログを追加後に依頼をお願いいたします。 確認が出来次第こちらにも追加いたします。 なお、スマートフォンサイトにも合わせて登録をお願いいたします。 また公序良俗に違反しているサイトやアダルトサイトまたは、管理人がそぐわないと判断したサイトはお断りする場合もございますのでご理解をお願いいたします。 blog. blog.

次の