小陰唇 画像。 小陰唇

小陰唇

小陰唇 画像

小陰唇の悩みは実は女性の美容外科への相談の中でも比較的多いご相談です。 ですが、モニターにご協力いただけるかたは非常に珍しく、今回は貴重なモニター写真をご紹介します。 小陰唇の悩みは小陰唇が大きく、「下着からはみ出る」、「タイトなズボンだと挟まれて痛い」、「自転車に乗ると擦れる」「小陰唇黒ずみ」などの悩みが多いです。 また、このモニター患者様が最後のアンケートに記載していただいたように、「将来介護される側になった際、手を煩わせたくない」ということもあるようです。 小陰唇縮小手術は肥大・拡張している小陰唇の皮膚を切除して縫合するだけの比較的単純な手術ですが、実は、切除するデザインと方法が非常に大事です。 元来小陰唇はきれいなカーブ状の形をしているのですが、手術後もカーブ状になっていないと非常に不自然です。 下手な手術だと、両側の小陰唇が四角いドアになってしまいます。 それではモニター写真を紹介します。 上記は手術前の小陰唇です。 小陰唇が通常は拡張・肥大しています。 上記が小陰唇縮小手術約半年後の状態です。 手術の跡もなく、形もカーブ状を描いていて非常に自然です。 また、小陰唇全体の黒ずみも改善しているのがわかると思います。 小陰唇はヒダの先端に行くほど皮膚の黒ずみが強いため、手術では黒ずみが強いところが切除され、小陰唇全体の黒ずみも改善されるのです。 また、他の手術と同様に手術の傷跡を心配されると思うのですが、そもそも小陰唇など性器の皮膚というのは、傷跡が非常に残りにくいので、傷跡の心配は全くする必要がないです。 このように形が自然になれば、他人に手術を受けたことは100%気付かれることはないです。 患者様にも非常に満足していただけたことが何よりも嬉しいです。 最後に患者様のアンケートです。 「40代女性 1. 施術のきっかけ:物心ついた頃から少陰唇が長くジーパンにこすれたり自転車に乗ると内出血したり、出産時には看護師さん同士で「見えにくいから気をつけて」と会話されたり苦痛でした。 母の介護をした時、下のお世話が難しく、互いに気まずい思いをし、もし私も介護される時になった時、娘に普通以上の手間をかけてしまうかも、と決心しました。 クリニックを選んだ理由:通院しやすい距離だったのと、医師やスタッフさん紹介に好感が持てたこと。 電話をしてみた時の説明が明瞭だったことです。 カウンセリング・施術前説明の内容と感想:カウンセリングの時、20年以上苦しんでいたことや、母の介護のことを忙しそうな顔をせず、親身になって聞いて頂いて、ここなら私の悩みを取り除いてくれる。 と安心し、全ておまかせする気持ちになれました。 施術の内容・痛みなど:この辺りで切ります。 とマーカーで線を書き確認。 局所麻酔注射の後切除と縫合で30分位のイメージでした。 失敗した。 と感じたのは局所麻酔の注射がかなり痛かったこと。 注射の前にガス麻酔で寝てからという選択もあったのに、注射なんて平気と断ってしまいました。 が、性器への注射は思った以上に痛かったのでガスを使ってもらうと良いと思います。 施術日の来院から施術後まで:前日入浴時に自分で剃毛した以外は特に何の準備もせず、車で来て術後も曲射麻酔が効いていたので、普通に運転して帰りました。 あっさり終わった感じです。 施術後どのような経過を辿りましたか:局所麻酔が切れてからはさすがに痛く、2日程痛み止めを使いましたが、仕事は休まずに行けました。 縫合糸の違和感で1週間程度はガニ股になるかもです。 アフターケア内容について:場所が場所なだけに、こちらとしては多少恥ずかしいわけですが、淡々と診察してくれてかえって冷静でいられました。 施術結果に対する感想:本当に長い間悩んでいたことが一瞬?で解決し、嬉しさでいっぱいです。 生理の時の経血の広がりや不潔感も驚く程なくなり、タイトなジーパンも痛くない。 そして将来もし娘に世話になる時は心の中で「あの時決心してよかった」ときっと思うだろうなと感じています。 メッセージ:不安なく全てを終える事が出来ました。 本当にありがとうございました。 モニターは本当は恥ずかしかったのですが、私自身情報が少ない中で悩む事が多かったのと、きっと出産や子宮検診を繰り返してきた女性でなければモニターを快諾しにくいだろうと考えOKしました。 同じ悩みを持つ方へ少しでも参考と解決の糸口となれれば幸いです。 」 船橋美容HP 青山美容HPもご参照ください。 美容整形外科・美容皮膚科 千葉・船橋中央クリニック 東京・青山セレスクリニック 元神賢太 , , , コメントを残す メールアドレスが公開されることはありません。 funa-biyou.

次の

【至急お願い致します】

小陰唇 画像

小陰唇が黒ずんでしまうのはなぜ? 友人に対してもなかなか相談しにくい小陰唇の黒ずみ。 デリケートな問題なので、悩みを一人で抱え込んでいる女性は少なくありません。 ここのページでは、小陰唇が黒ずむ原因や実際に悩みを抱えている人の口コミなども紹介しています。 このページのもくじ• ビラビラ(小陰唇)が黒ずむ原因とは? お風呂での洗い過ぎや化繊の下着、カミソリ負けなどによる刺激が原因の小陰唇の黒ずみ。 年齢を重ねていくと多少は黒ずんでしまうものですが、若い女性も例外ではありません。 ここでは小陰唇の黒ずみの原因についてまとめました。 摩擦 黒ずみの大きな原因は摩擦によって生まれるメラニン色素。 摩擦でダメージを受けた場合、わたしたちの身体はメラニン色素を生成して肌を守ろうとします。 メラニンとはよくシミの原因と言われている色素のこと。 これが大量に生成されると肌のターンオーバーが行われても排出が間に合わず、肌に沈着し、黒ずみやくすみを引き起こしてしまうのです。 小陰唇やデリケートゾーンは皮ふが非常に薄く、ダメージを受けやすい部分。 下着や服との擦れは避けられません。 とくに、摩擦が強いタイトなジーンズやナイロン素材の下着を好む方が要注意です。 また、刺激によってメラニン色素が生成されるケースは「下着や衣服との擦れ」のみではありません。 たとえばトイレットペーパーでゴシゴシと強く拭く・入浴の際にゴシゴシ洗いする・刺激の強いボディタオルを使うなども、摩擦が生じてメラニン色素が大量に生成されてしまいます。 ときどき黒ずみを落とそうとしてボディソープでゴシゴシ洗いしてしまう女性もいますが、黒ずみは汚れではないため擦っても落ちません。 むしろ逆効果になってしまうので注意しましょう。 炎症やかぶれ 炎症やかぶれは、色素沈着による黒ずみを引き起こしてしまう要因の1つ。 掻きむしってしまうと肌に強いダメージを与えてしまいますし、できものを潰してしまうと跡が黒く残ってしまうこともあります。 また皮ふがダメージを受けることでだんだんと角質が分厚くなってしまい、肌がごわごわしてしまう可能性も。 肌のターンオーバーも乱れてしまい、メラニン色素が正常に排出されなくなったり、まだ未熟な細胞が表面に出てきてしまったり…悪いことばかり起きてしまいます。 デリケートゾーンは皮ふが非常に薄いうえ、汗・おりもの・生理などで非常にムレやすい部分。 炎症やかぶれなどのトラブルは珍しくありません。 なにかトラブルがあった場合は放置したり自己流のケアをしたりするのではなく、軟膏を塗ったり保湿したり、程度が酷ければ早めに医療機関に相談するようにしましょう。 そのほかカミソリでのムダ毛処理もダメージが強く、炎症やかぶれトラブルの原因に。 生えかけのムダ毛がチクチクと肌を刺激して、たまらなく痒くなってしまうのも女性なら経験済みですよね。 「ぜったい掻かない」と気を付けていても、寝ている間に無意識に掻いてしまうこともあります。 できるだけ、カミソリのムダ毛処理は避けてくださいね。 ホルモンバランスの乱れ 生理や妊娠、出産などに起きるホルモンバランスの乱れも小陰唇の黒ずみの原因だと考えられています。 女性ホルモンにはさまざまな種類があり、体調や心身の変化によってそれぞれの分泌量も変化します。 特定のホルモンが大量に分泌されると、メラニンをつくり出す細胞「メラノサイト」が活性化。 メラニン色素が大量に生成されてしまい、黒ずみの原因となるのです。 「妊娠中~出産にデリケートゾーンや乳首が黒ずんだ」という話を聞いたことがないでしょうか?これらも、女性ホルモンの影響によるものなのです。 生理や妊娠・出産であれば黒ずみは一時的なもの。 肌のターンオーバーによってメラニン色素は排出されるため、あまり気にする必要はありません。 ですが、ホルモンバランスの乱れはストレスや栄養の偏り、不規則な生活リズムによっても起こり得ます。 根本的な原因を解決しなければメラニン色素は過剰に分泌されたまま、肌に色素が沈着してデリケートゾーンが黒ずんでしまいます。 ストレス解消・栄養バランスのとれた食事・適度な休息と十分な睡眠を意識して、改めて普段の生活を見直してみましょう。 乾燥 乾燥は肌のバリア機能が低下してしまう原因です。 肌のバリア機能が弱まると外部の刺激から肌を守れません。 そのため肌細胞はメラニン色素を生成して、刺激から肌を守ろうとしてしまうのです。 また乾燥からくる痒みのせいで、余計にデリケートゾーンが黒ずんでしまう可能性も。 さらに、乾燥はメラニン色素の過剰生成だけでなく、ターンオーバーの乱れも招いてしまいます。 ターンオーバーの周期が遅くなるとメラニン色素が正常に排出されず、周期が早すぎると未熟な細胞が肌表面に出てきてしまい外部からの刺激をより受けやすくなります。 顔や身体を丁寧に保湿ケアしていても、デリケートゾーンの保湿ケアまで行っている女性はあまり多くありません。 乾燥はデリケートゾーンにとっても大敵。 専用の保湿クリームやワセリンなどでケアしてあげましょう。 また乾燥は睡眠不足や偏った食生活、ストレスも原因になりますので、普段の生活から気をつけてみてくださいね。 小陰唇(ビラビラ)の黒ずみ 原因は小陰唇肥大の可能性あり 小陰唇肥大もまた、小陰唇の黒ずみの原因です。 小陰唇が大きいと大陰唇から一部分が飛び出し、乾燥してしまいます。 乾燥は黒ずみの原因であり、飛び出ている一部分だけが黒くなってしまうことも。 さらに、小陰唇が大きいとこすれたり圧迫されたりと摩擦刺激を受けやすくなるため、メラニンが生成されて黒ずみとなるのです。 黒ずみの治療方法として脱色剤を塗る方法もありますが、根本的な解決方法とは言えません。 小陰唇が大きい方の場合、一度脱色剤で治療しても再び乾燥やこすれによって黒ずんでしまうからです。 方法は、小陰唇縮小手術だと言えるでしょう。 大陰唇から飛び出た部分を切除して、ピンク色の小陰唇を手に入れることができます。 1人で悩むより専門家に相談してみる このサイトでは東京で小陰唇縮小手術を行なっているクリニックを20院以上リサーチ。 そのなかから、とくにおすすめしたいクリニック5選をピックアップしました。 小陰唇縮小手術を受けて、長年のコンプレックスから解放された女性がたくさんいます。 もちろん、クリニックを受診した女性に恥ずかしさや不安がなかったわけではありません。 少しでも恥ずかしさを和らげたい場合は、女性医師対応してくれる、女性専用クリニックを選ぶのがおすすめです。 ビラビラ(小陰唇)の黒ずみに悩む女性の声• 昔からデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいます。 デリケートゾーンというか、パンツのスレなのか付け根が真っ黒です!本当に悩んでいます• 私はあそこのビラビラが黒くて大きめですピンクで小ぶりな感じではないのでかなりコンプレックスですし、行為に至るのが怖いです(引かれてしまうのではと)• 女子大生です。 デリケートゾーン(Iライン?ビラビラ?)の黒ずみで悩んでいます…クリーム塗ったり保湿したりしようと思ったのですが、毛が剛毛なので塗りようもありません… ビラビラ(小陰唇)の黒ずみから 小陰唇縮小手術を受けた女性の体験談• 溶ける糸、抜糸なしタイプで術後5日目です。 痛みも和らぎ出血もなくなりました。 私は小陰唇の大きさは大きくないので黒ずみのところだけ少しカットしてもらった程度なのでそんなに見た目は変化なく、傷もしっかり治れば黒ずみ少し消えた?くらいの変化だと思いますが満足してます。 高校生の時に経験しました。 自分の場合、親にやられたという色合いが強いのですが・・・結局はして良かったのかなと思いますよ。 手術された理由は小陰唇に厚みがあってキレイに洗えないというものでしたが、やはりスッキリしていて洗うのも容易になりましたし、見かけもキレイです。 術後の痛さがあった時は嫌だったかなという感じです。 ビラビラ(小陰唇)の黒ずみが気になるときの対処法は? 対処法1. 下着の摩擦や物理的な刺激を減らす 小陰唇は角質が非常に薄く、とてもデリケートな部分です。 そのため、ちょっとした刺激が黒ずみの原因になることもあります。 締め付けの強い下着をはいている場合は自分に合ったサイズに変えましょう。 ナイロン製よりも綿素材やシルクのほうが手触りが良く、小陰唇への刺激も少なめです。 またトイレのあとにトイレットペーパーでゴシゴシ擦るのもNG。 ダブルの柔らかいトイレットペーパーで優しく吹きましょう。 また、身体を洗うときも同様です。 アソコを強くゴシゴシと洗ってしまうと、黒ずみの原因になってしまうことがあります。 匂いなどが気になるため、ついつい強く洗ってしまいますが、摩耗し肌が傷つき黒ずみにしてしまっていること理解しましょう。 これを念頭に置いて、優しく丁寧に洗うことが1つの対処法となります。 アソコ専用のアイテムも多くあるため、こちらを活用してみるのもよいでしょう。 物理的な刺激の代表例として、アンダーヘアーも1つの要因といえます。 生まれつき薄い人は問題ありませんが、濃い人は薄い人よりも擦れてしまうことになるため、黒ずみになってしまうリスクが高くなります。 昨今では脱毛技術も優れているため、アンダーヘアーを整えて美しくする意味も込めてケアしてみるとよいでしょう。 対処法2. デリケートゾーンにも保湿ケアを 小陰唇の黒ずみはメラニン色素の沈着によるもの。 ターンオーバーを正常化させてメラニン色素の排出を促してあげれば、多少の改善が期待できます。 ターンオーバーが乱れる要因はデリケートゾーンの乾燥です。 顔や体だけでなく、デリケートゾーンもきちんと保湿ケアしましょう。 顔やボディ用の保湿クリームは刺激が強すぎる可能性があるため使用は不可。 ワセリンといった刺激の少ない保湿アイテムを使うのが正解です。 また、保湿成分が配合されたデリケートゾーン専用の石鹸も多数販売されているので、こちらも検討してみてくださいね。 先にも少し触れましたが、そもそもデリケートゾーンは乾燥しやすい部位です。 乾燥するとトラブルが起こりやすい一方で、蒸れすぎてもいけない部位でもあります。 非常にデリケートでケアのバランスが大変な部位だからこそ、丁寧に保湿していく必要があると言えます。 正しい保湿ケアの仕方は、クリームを優しく塗り込むようにマッサージをすることです。 2~3日に1回数分だけマッサージをするだけでも、アソコ周りの血行もよくなり黒ずみの対策にも繋がります。 また、皮膚のターンオーバーを正常化するためには、食生活を正すことも有効です。 生活が乱れている自覚のある人は、合わせて食生活も改善していくとよいでしょう。 対処法3. 婦人科形成メニューがある美容外科で相談してみる 小陰唇は女性ホルモンの増加に伴い、思春期ごろから少し黒ずみ始めるのが普通です。 よく言われるようなサーモンピンクの小陰唇…はなかなかありません。 多少の黒ずみなら心配しなくても大丈夫。 それでも黒ずみが気になる、きれいにしたいという場合は婦人科形成治療を扱っている美容外科で相談してみると良いでしょう。 小陰唇の黒ずみは、下着のスレなどによって誰もが起こる問題です。 自分だけの悩みではなく、普通に生活をしていけば勝手に黒くなってしまうと言っても過言ではないほど、多くの人が悩んでいます。 このような背景があるため、クリニックでもごく当たり前の相談とされています。 クリニックへ相談に行くとしても、恥ずかしがることはありません。 恥ずかしがって放置すればするほど、黒ずみは進み強いコンプレックスに様変わりしてしまいます。 当たり前のように診察してくれるクリニックに勇気を持って足を運ぶのか、一生涯、アソコの黒ずみに悩み性生活などに億劫になるのか、と天秤に掛けたとき、どちらが精神的な負担が軽いかは言うまでもありません。 勇気を持って、相談することをオススメします。 クリニックで受けられる治療法とは 小陰唇や大陰唇の黒ずみを除去するための治療法は大きく分けて2つあります。 1つ目はインティマレーザーという美容機器を用いたレーザー治療。 色素が沈着し黒ずんだ部分に照射するとその組織が浮き出て、黒ずみを改善できるのです。 シミ治療やニキビ治療とはまったく異なる「デリケートゾーン専用のパルス幅」を設定して照射するため、火傷の危険性はほとんどありません。 膣のゆるみ改善や尿漏れ治療にも利用されています。 2つ目は、黒ずんだビラビラを切除する小陰唇縮小手術です。 気になる部分を切除するため、確実に黒ずみを改善できるのがメリット。 また見た目のコンプレックスや痛み・臭いといった悩みを解決できる可能性もあります。 また小陰唇が大きくて下着に擦れやすい…という女性は小陰唇肥大の可能性があります。 摩擦は小陰唇が黒ずんでしまう原因の1つ。 根本的な改善を目指すなら、小陰唇縮小手術を検討したほうが良いでしょう。

次の

小陰唇縮小術|婦人科形成なら湘南美容クリニック【公式】

小陰唇 画像

世界中の女性器の画像を乗せた(学術的な)サイトがあります。 ここを参考にし、かつ実際に見た日本女性のものを参考にすると、日本人は欧米人よりも小陰唇の発達が良く80%以上の大人ははみ出している。 直立して小陰唇が見えます。 1cmくらいは普通の範囲でしょう。 >男性ってはみ出していると気持ちわるいなー・・・とか思うのですか? 逆ですよ。 性交時に陰茎のピストン運動時に小陰唇が大きいと陰茎へのまつわり感が強くて快感だし、見ているとその動く外観で興奮が増します。 小陰唇肥大の定義はどうなんでしょう。 私は片方を広げてその幅が10cmくらいからかなと思いますが。 片方の幅が5cmくらいまでは驚きません。 因みに、左右の幅や形が綺麗な対称形ものは少なく、多くは多少とも非対称です。

次の