紫陽花の挿し木方法。 アジサイ(紫陽花)を増やしたい! 最適な時期と方法、注意点を知っておきましょう

紫陽花(アジサイ)の挿し木の簡単な方法

紫陽花の挿し木方法

アジサイとはどんな花? アジサイは、5〜7月にかけてピンクや青色の花を咲かせ、雨にぬれても元気なことから、梅雨の代名詞ともいわれています。 アジサイの花のように見える部分は、花びらではなく葉が変形した萼 ガク と呼ばれるものです。 萼は別名「装飾花」と呼ばれ、色づいているので外見上は花びらのように見えます。 萼は種を作りませんが、中央に隠れている5枚の花びらと、10本の雄しべがくっつくことで種を実らせます。 アジサイの育て方!咲かせたい花の色によって土作り方法は違う? アジサイの品種を選べば、花の色もコントロールできます。 人工的に花の色をコントロールするのは難しく、土壌の酸度で花の色が変わる品種「城ヶ崎」でチャレンジしてみましょう。 青色のアジサイの土作り(酸性土壌) アジサイを青色にしたいなら、土を酸性にします。 自分で作るときは、赤玉土(小粒)5:腐葉土3:ピートモス2ほどの割合で混ぜた土がおすすめです。 ピンク色のアジサイの土作り(アルカリ性土壌) ピンク色の花を咲かせたいときは、土をアルカリ性にしましょう。 自分で作るなら、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土に、一握りくらいの苦土石灰を混ぜて2週間ほど寝かせます。 日本の雨は酸性で、土壌は酸性にかたむきやすくなっています。 雨によってアルカリ性が薄まるので、同じ量の苦土石灰というアルカリ性を強めるための肥料を春先加えてください。 アジサイの育て方!苗植え、鉢植えの時期と方法は? 苗植えに適した時期 アジサイの苗を植える適期は、3~4月か9月頃です。 苗は1年中購入できるので、春か秋頃になったら準備しておきます。 鉢植えと地植えのどちらでも育てられますが、好みの花色があるときは、土の管理が簡単な鉢植えがおすすめですよ。 鉢植えの方法• 苗ポットよりも一回りから二回り大きな鉢を用意する。 ポットから苗を取り出して、手で軽く根をほぐす。 苗を植える。 周りに土を入れて、株を安定させる。 たっぷりと水やりをする。 アジサイのお手入れ!水やりの仕方と肥料の与え方は? 水のやり方 アジサイは乾燥を嫌います。 鉢植えは、土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷり水やりをしましょう。 夏は朝と夜の2回、土を観察してください。 ただ、カシワバアジサイなど過湿を嫌う品種は、土の表面がしっかり乾いてから水やりをします。 肥料のやり方 アジサイは適量の肥料を与えることで、たくさん花を咲かせます。 肥料成分がゆっくり効いて長続きする緩 効性の肥料がおすすめです。 3~4月の苗を植えるタイミングと花が咲いた後の7~8月、冬の12月中旬~2月上旬に1回ずつ、肥料の三大要素が 適正に含まれた 油粕と骨粉などの有機質肥料 を与えます。 アジサイの栽培で注意する病気や害虫は? アジサイは、病気にかかりにくい植物です。 ただ、過湿や雑菌が多いと病気かかることがあります。 定期的に剪定して風通しをよくしておくことが予防につながります。 病気にかかった部分があれば、すぐに切り取って処分し、切り取った部分に殺菌剤をまきましょう。 黒点病(黒星病) 黒点病は、葉に淡褐色や黒色の斑点が出て葉が落ちる病気です。 病原菌が好む高温多湿な環境を避け、窒素が多い土にならないよう注意します。 ダコニール1000などの総合殺菌剤を定期的に土へ散布するのが予防に効果的です。 炭そ病 炭そ病は、葉に斑点ができ、穴が開いたり枯れたりする病気です。 病原菌は高温多湿を好み、雨風によって伝染していきます。 GFベンレート水和剤などで予防・治療することができます。 感染した葉は速やかに取り、殺菌剤を散布します。 うどんこ病 うどんこ病は、葉や花が粉をまぶしたように白くなる病気です。 光合成ができなくなり、葉から栄養分が吸収されてしまうので、生育不良で花が咲かなくなります。 見つけてすぐにサプロール乳剤やカリグリーンなどを散布すると有効ですよ。 感染した葉は速やかに取り、殺菌剤を散布します。 カミキリムシ カミキリムシは、幼虫が幹の中を食い荒らし、葉や株を枯らしてしまう病害虫です。 幼虫は株元に木くずを落とす特徴があるので、見つけたら捕殺しましょう。 穴があいた茎は地際から切り取って処分します。 ハダニ ハダニは、葉裏にについて汁を吸う害虫です。 感染すると、葉は変色して樹勢が弱くなります。 水を撒く時、水圧を高くして葉裏にかけ、吹き飛ばすようにすると効果があります。 アジサイに植え替えは必要?鉢栽培の植え替え方やタイミングは? 今年購入したアジサイの鉢植えは、花が咲き終わった5~6月に一回り大きな鉢に植え替えます。 従来の株の植え替えは12〜3月が良いでしょう。 根の生長が早く、根詰まりを起こしやすいアジサイの性質上、1~2年に1回は植え替えが必要です。

次の

紫陽花の挿し木の方法について!失敗しない方法と時期について

紫陽花の挿し木方法

アジサイ、お気に入りの品種がありますか? 気に入ったアジサイを増やしてみたいと思ったら、 挿し木をすれば、同じ品種をたくさん増やすことができます。 アジサイの生長を近くで鑑賞できるのも楽しく、 順調に生長すると、翌年か翌々年には花を咲かせてくれます。 アジサイの挿し木は、手順とコツを覚えると、容易にできます。 いろいろな植物に応用できますので、とても便利です。 中でも、湿度を保つことができ、日照時間も長い 梅雨の時期が一番適しています。 3月ごろには休眠枝ざしという方法で挿し木を行うこともできますが、 品種によっては発根しにくくなります。 9月に挿し木をする場合は、早めに挿しておくと冬の寒さに負けません。 用土:鹿沼土、パーライト、バーミキュライト、ピートモスなどを単体で使用します。 必ず新しいものを用意し、あらかじめ給水させておきます。 挿し穂を用意します。 今年伸びた枝で、花芽のついていないものを、15~20㎝程に切ります。 挿し穂から2節目の葉を取り、1節目の葉は半分くらいにカットします。 これは、葉から余分な水分が蒸発するのを防ぐためです。 茎は、よく切れるハサミやナイフで斜めにカットすると、 給水が良くなり発根しやすくなります。 挿し穂を水にさし、1時間ほど水上げします。 用土に、箸などで斜めに穴を開け、 挿し穂の切り口に異物が入らないように注意し挿します。 根元をしっかりと押さえます。 スプレーで 葉水を与えるのも良いです。 2週間から1か月で発根します。 しっかり発根する1ヶ月後くらいに5号鉢に鉢上げします。 鉢上げした後は、 徐々に日当たりのよい場所へ移しながら育てていきます。 そのように表示されたアジサイは、 自分で楽しむ程度に増やすのが良いかと思います。 2015年06月10日に、新芽が展開しているので、 おお~! 発根の兆しと思い覗いてみました。 今年の開花は無理ですが、来年には必ず咲いてくれるでしょう 梅雨の時期に挿し木をすれば、 2週間少しくらいで発根すると思います。

次の

【アジサイの育て方】鉢植えや植え替え方法、肥料の量や枯れる原因は?

紫陽花の挿し木方法

紫陽花を挿し木にする時期 紫陽花は、挿し木に向いている花です。 よく活着するので、簡単に増やすことができますよ。 紫陽花の挿し木の適期は6月の梅雨のシーズン。 花が終わった後から、7月下旬までには挿し木をしましょう。 花が咲いていてもOKです。 紫陽花は翌年も花を楽しむために、花後に剪定をしますが、剪定時期もちょうど同じころなので、 剪定した枝を使って挿し木にするのがおすすめです。 今年は、紫陽花の挿し木に挑戦して、お気に入りの紫陽花を増やしてみませんか。 それでは、挿し木の方法をご紹介します。 紫陽花の挿し木の増やし方 紫陽花の挿し木は、2節挿しが基本です。 今年伸びた元気な枝を使って挿し木にしましょう。 長い枝を使えば、ひとつの枝から2~3本の挿し穂をとることができますよ。 紫陽花を挿し木にする用土 挿し木にする用土は、水はけや保水性がよいもの。 また、病原菌のいない新しい土で、肥料の入っていない小粒の土を使います。 鹿沼土などを単用したり、混ぜて使ったり、市販の挿し木用土を使ってもOKです。 fa-heart 紫陽花の挿し木 1 花がついているものは、節の上でカットします。 切り花やドライにして楽しみましょう。 2 枝に節が2節残るようにカットします。 4枚の葉がついている状態です。 3 下の2枚の葉を切り落とします。 これは葉の蒸散を防ぐためです。 5 植える部分をカッターで斜めにカットします。 きれいに切ることで発根しやすくなります。 6 すぐに水に挿し、1時間以上おきます。 7 湿らせた用土に割り箸で穴を開け、植えます。 切り口を傷つけないように、やさしくそっと。 葉っぱ同士も当たらないように植えましょう。 8 半日陰に置き、水が切れないように管理します。 うまくいけば、1ヵ月くらいで発根します。

次の