ランドロス 育成 論。 霊獣ランドロス+ジバコイル サイクル崩しのとんぼルチェン構築【ORAS・ランドジバコ】

ランドロス育成論

ランドロス 育成 論

タイプ:じめん・ひこう 種族値:H89 A145 B90 C105 D80 S91 特性:いかく ランドロスは、ブラックホワイトで登場した「 じめん・ひこうタイプ」のポケモンです。 ボルトロス、トルネロスと同様に初登場のブラックホワイトでは化身フォルムだけが存在していましたが、次作のブラックホワイト2にて新しく霊獣フォルムが追加されたという経緯を持ちます。 一般的には「霊獣ランドロス」と呼ばれることが多いので、その名称を使用して解説していきます。 種族値を見ると、準伝説ポケモンなだけあり全体的に平均以上のステータスになっており、特にAが145と非常に高いです。 これを活かして 強力な物理アタッカーとして運用することが可能です。 耐久面や素早さに関してもH89、B90、D80、S91と十分あり、Cも105と高いので両刀型や特殊型も存在するなどカスタマイズ性の高い種族値になっています。 また、特性が「いかく」である点も優秀な要素の一つであり、対物理に関しては実際の種族値以上の耐久を持っていることになります。 多くの優秀な要素を持っており様々な型で活躍が見込める霊獣ランドロスですが、今回は高いとは言えないSを補って高火力・高耐久・高速のアタッカーとしての運用が可能になる「 こだわりスカーフ型」についてご紹介します。 メインルールはシングルバトルを想定しましたが、ダブルバトルやトリプルバトルでもメジャーな構成であり、1匹育成しておけば他のルールでも問題なく使える汎用性の高い型となっています。 特性 いかく(相手のAを1段階下げる) 対物理ポケモン性能が向上する優秀な特性。 現環境ではメガガルーラやガブリアスなど強力な物理ポケモンが多いので腐ることが少ないです。 今回の型では「こだわりスカーフ」でSを補うので、「ようき」にするメリットはそれほどありません。 持ち物 こだわりスカーフ(同じ技しか出せなくなる代わりにSが1. 5倍になる) 激戦区より少し低い91というSを補うことが可能な持ち物。 これを持たせることで先手を取れる相手が非常に多くなります。 努力値配分 H4 A252 S252 火力と素早さどちらも重要なポケモンなので、ASに全振りします。 余りの4は、総合的な耐久を少し上げるためHに振ります。 技構成 タイプ:あく 威力:65 命中:100 効果:相手が持ち物を持っているときに威力が1. 5倍になり、その持ち物を使えなくする。 XY以降強化された優秀なサブウェポン。 メガシンカしていないゲンガー、クレセリアなどに対して刺さり、その他多くの相手に対しても持ち物を使えなくすることで機能を大幅に下げることが可能となります。 しかし、持ち物を持っていない相手やメガシンカポケモンに対して打ち合うには威力が低い技なので、基本的には打ち逃げを意識して使用すると良いでしょう。 運用方法 「こだわりスカーフ」型の霊獣ランドロスは、序盤から終盤まで多くの役割を果たすことができますが、適切な技選択ができるかどうかが重要になります。 序盤から中盤にかけては、相手側に霊獣ランドロスを比較的安定して受けることが可能なポリゴン2、水ロトム、スイクンなどのポケモンが控えにいることが多いので、それらが繰り出されることが多いです。 したがって、そのような状況では有利なサイクルを回すことができる「とんぼがえり」や持ち物を落として機能を下げる「はたきおとす」を選択すると良いでしょう。 霊獣ランドロス対策ポケモンが倒れたもしくは消耗してきた中盤以降には、タイプ一致高火力の「じしん」や怯みの追加効果を持つ「いわなだれ」で一貫性を取ることを狙っていきます。 多様な役割を果たしてもらいたいので、終盤までHPをできるだけ温存しておくことが重要と言えます。 霊獣ランドロスと相性の良いポケモンは「 ライコウ」です。 霊獣ランドロスが苦手な高耐久ポケモンの多くに対してライコウが有利を取ることができ、ライコウが苦手な地面タイプに霊獣ランドロスを繰り出すことができるので、非常に相性補完が優れています。 2匹とも準伝説ポケモンなので、合計種族値が高い並びを作ることができるという点も大きなメリットです。

次の

【ORAS】ランドロス・霊獣フォルム(物理アタッカー型)についての育成論

ランドロス 育成 論

Contents• 基本情報 ランドロス じめん・ひこう H89 A145 B90 C105 D80 S91 こうげき種族値145と、メガメタグロスと同等の火力から放つタイプ一致じしんは非常に強力です。 また、耐久も優秀で、種族値は大したことありませんが、自身のいかくと育て方次第でとてもかたくなります。 ランドロスというポケモンのおかげで、じめんの一貫切りが必須となったのは言うまでもありません。 こいつ1体で、でんき・じめんの一貫切りをでき、いかくで相手の火力を削げる超優秀ポケモンはパーティ構築で必ず候補にあがるポケモンです。 スカーフランドロス 最もメジャーなランドロス。 こだわりスカーフで ほとんどのポケモンの上から行動できますので、とんぼがえりでいかくを回しながら相手を掻き回していく厄介なポケモンです。 上からいわなだれを押し付けて 無限の勝ち筋を持てるほか、じめんの一貫が出来れば、こいつでじしんを打っているだけで勝ててしまうほど、サイクル面、こうげき面で優秀なポケモンです。 最近ではガオガエンの登場により、パーティにいかく持ちが最低1体以上が当たり前のこの環境に合わせて、 特殊型も出現しました。 スカーフランドロスは、ぶつり、とくしゅ、どちらでも強いので正直どちらも用意しておくのがいいでしょう! スカーフランドロスはとても強いので、ぜひ育成しておきましょう! チョッキランドロス 耐久を厚くし、 サイクル特化させたとつげきチョッキランドロス。 チョッキを持たせれば不一致れいとうビームを耐えれる耐久力を持ち、サイクルを有利にしてくれるポケモンです。 スカーフランドロスと一点読みのめざ氷やれいとうビームを耐えて、返しのこうげきで倒せる、 奇襲型ランドロスといってもいいでしょう。 スカーフランドロスと違って、 素早さを落としているのでいわなだれは相性が良くないと思います。 いわなだれを採用している人は多いですが なので技構成は、じしん、がんせきふうじ、いわなだれ、とんぼがえり、はたきおとす、ばかぢからなどは候補として上がるでしょう。 チョッキランドロスも非常に強く、メジャーな型なのでスカーフランドロスと合わせて育成しておきましょう! ジメンZランドロス 個人的に 最強と思っている型。 A-1ジメンZで、厄介なガオガエンを確定1発で持っていけるのは非常に優秀。 こちらのサイクルを一気に有利にしてくれます。 ただ、最近は読まれるようになったので、 安易なぶっぱは注意が必要。 また、上記2つの型がメジャーすぎるので、 ランドロスのまもるは警戒されにくいです。 安易なランド集中に合わせてまもるをすることで、味方の行動を助けてくれます。 場持ちがよく耐久もそこそこで火力もある。 こんな優秀なポケモンはなかなかいません! わたしのランドロスは、じしん、がんせきふうじ、とんぼがり、まもるで育てましたが、 これで完結しているな。 と強く感じます。 ただ、こいつが一番強い!というわけではなく、パーティによって入る型は変わります。 例えば、 リザYスタンならスカーフランドが強いでしょう。 ミラーで相手のリザYを上から縛れるほか、リザYと並ばせれば、味方を巻き込まずにスカーフじしんをおしつけることができます。 パーティによって入るランドロスを決めるのは非常に大切なので、覚えておきましょう! まとめ 今回は、みんな大好きランドロスのメジャーな型を3つ紹介しました! まずスカーフランドロスを用意することが無難なのかなと思いますので、ぜひ育ててみてください! 私は、ランドロスを特殊型も含めて 6体ほど所持しています。 でもまだ足りないかなと感じるので、ランドロス欲しいのですが、もう周回する元気もなければ、GTSで粘る気力もないので諦めています。 笑 以上、最後までお読みいただきありがとうございました! ぐっち.

次の

【ポケモン育成論まとめ】ランドロスの調整と対策 USUM

ランドロス 育成 論

Contents• 基本情報 ランドロス じめん・ひこう H89 A145 B90 C105 D80 S91 こうげき種族値145と、メガメタグロスと同等の火力から放つタイプ一致じしんは非常に強力です。 また、耐久も優秀で、種族値は大したことありませんが、自身のいかくと育て方次第でとてもかたくなります。 ランドロスというポケモンのおかげで、じめんの一貫切りが必須となったのは言うまでもありません。 こいつ1体で、でんき・じめんの一貫切りをでき、いかくで相手の火力を削げる超優秀ポケモンはパーティ構築で必ず候補にあがるポケモンです。 スカーフランドロス 最もメジャーなランドロス。 こだわりスカーフで ほとんどのポケモンの上から行動できますので、とんぼがえりでいかくを回しながら相手を掻き回していく厄介なポケモンです。 上からいわなだれを押し付けて 無限の勝ち筋を持てるほか、じめんの一貫が出来れば、こいつでじしんを打っているだけで勝ててしまうほど、サイクル面、こうげき面で優秀なポケモンです。 最近ではガオガエンの登場により、パーティにいかく持ちが最低1体以上が当たり前のこの環境に合わせて、 特殊型も出現しました。 スカーフランドロスは、ぶつり、とくしゅ、どちらでも強いので正直どちらも用意しておくのがいいでしょう! スカーフランドロスはとても強いので、ぜひ育成しておきましょう! チョッキランドロス 耐久を厚くし、 サイクル特化させたとつげきチョッキランドロス。 チョッキを持たせれば不一致れいとうビームを耐えれる耐久力を持ち、サイクルを有利にしてくれるポケモンです。 スカーフランドロスと一点読みのめざ氷やれいとうビームを耐えて、返しのこうげきで倒せる、 奇襲型ランドロスといってもいいでしょう。 スカーフランドロスと違って、 素早さを落としているのでいわなだれは相性が良くないと思います。 いわなだれを採用している人は多いですが なので技構成は、じしん、がんせきふうじ、いわなだれ、とんぼがえり、はたきおとす、ばかぢからなどは候補として上がるでしょう。 チョッキランドロスも非常に強く、メジャーな型なのでスカーフランドロスと合わせて育成しておきましょう! ジメンZランドロス 個人的に 最強と思っている型。 A-1ジメンZで、厄介なガオガエンを確定1発で持っていけるのは非常に優秀。 こちらのサイクルを一気に有利にしてくれます。 ただ、最近は読まれるようになったので、 安易なぶっぱは注意が必要。 また、上記2つの型がメジャーすぎるので、 ランドロスのまもるは警戒されにくいです。 安易なランド集中に合わせてまもるをすることで、味方の行動を助けてくれます。 場持ちがよく耐久もそこそこで火力もある。 こんな優秀なポケモンはなかなかいません! わたしのランドロスは、じしん、がんせきふうじ、とんぼがり、まもるで育てましたが、 これで完結しているな。 と強く感じます。 ただ、こいつが一番強い!というわけではなく、パーティによって入る型は変わります。 例えば、 リザYスタンならスカーフランドが強いでしょう。 ミラーで相手のリザYを上から縛れるほか、リザYと並ばせれば、味方を巻き込まずにスカーフじしんをおしつけることができます。 パーティによって入るランドロスを決めるのは非常に大切なので、覚えておきましょう! まとめ 今回は、みんな大好きランドロスのメジャーな型を3つ紹介しました! まずスカーフランドロスを用意することが無難なのかなと思いますので、ぜひ育ててみてください! 私は、ランドロスを特殊型も含めて 6体ほど所持しています。 でもまだ足りないかなと感じるので、ランドロス欲しいのですが、もう周回する元気もなければ、GTSで粘る気力もないので諦めています。 笑 以上、最後までお読みいただきありがとうございました! ぐっち.

次の