名古屋芸術大学 ポータル。 名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 舞台芸術領域の資料請求・願書請求

名古屋芸術大学

名古屋芸術大学 ポータル

平成20年10月7日、北名古屋市と名古屋芸術大学との間で「北名古屋市と名古屋芸術大学との連携に関する協定」を締結しました。 この協定は、市内唯一の大学である名古屋芸術大学と、お互いが持つ知的・物的資源を有効に活用し、教育、文化、まちづくりなどの幅広い分野で協力し合い、地域社会の発展と人材の育成を推進するというものです。 これまでも名古屋芸術大学とは、公開講座やモニュメントの製作、演奏会の開催、まちづくりに関する委員会への参画など、さまざまな分野で連携をとってきました。 今後は、さらに協力体制を強化し、学生の持つ若い活力や芸術の力をいかした特色あるまちづくりを進めていきます。 連携に関する事項• 知的・物的資源の相互活用• 人的交流及び職場体験の促進• 教育、スポーツ及び文化・芸術の相互交流• 地域のまちづくりの推進 など 大規模災害時における相互協力に関する協定 平成21年11月10日、北名古屋市と名古屋芸術大学は「大規模災害時における相互協力に関する協定」を締結しました。 協定書の主な内容• 名古屋芸術大学への災害時における一時的避難所および避難場所の設置• 帰宅困難者 在勤者・学生等 への支援• ボランティア組織の整備• 防災訓練の実施協力 主な連携実績 PDF 575 KB 関連リンク 外部リンク お問い合わせ 企画情報課 電話:0568-22-1111 代表 ファクス:0568-25-1800 E-mail:.

次の

名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 舞台芸術領域の資料請求・願書請求

名古屋芸術大学 ポータル

平成20年10月7日、北名古屋市と名古屋芸術大学との間で「北名古屋市と名古屋芸術大学との連携に関する協定」を締結しました。 この協定は、市内唯一の大学である名古屋芸術大学と、お互いが持つ知的・物的資源を有効に活用し、教育、文化、まちづくりなどの幅広い分野で協力し合い、地域社会の発展と人材の育成を推進するというものです。 これまでも名古屋芸術大学とは、公開講座やモニュメントの製作、演奏会の開催、まちづくりに関する委員会への参画など、さまざまな分野で連携をとってきました。 今後は、さらに協力体制を強化し、学生の持つ若い活力や芸術の力をいかした特色あるまちづくりを進めていきます。 連携に関する事項• 知的・物的資源の相互活用• 人的交流及び職場体験の促進• 教育、スポーツ及び文化・芸術の相互交流• 地域のまちづくりの推進 など 大規模災害時における相互協力に関する協定 平成21年11月10日、北名古屋市と名古屋芸術大学は「大規模災害時における相互協力に関する協定」を締結しました。 協定書の主な内容• 名古屋芸術大学への災害時における一時的避難所および避難場所の設置• 帰宅困難者 在勤者・学生等 への支援• ボランティア組織の整備• 防災訓練の実施協力 主な連携実績 PDF 575 KB 関連リンク 外部リンク お問い合わせ 企画情報課 電話:0568-22-1111 代表 ファクス:0568-25-1800 E-mail:.

次の

名古屋芸術大学出身の有名人

名古屋芸術大学 ポータル

名古屋芸術大学図書館蔵書検索 1. php on line 86 2. DBの名称(英語) 3. DBの名称(ひらがな) ナゴヤゲイジユツダイガクトシヨカンゾウシヨケンサク 4. DB構築責任者氏名 名古屋芸術大学図書館 5. DB構築責任者氏名(ひらがな) ナゴヤゲイジユツダイガクトシヨカン 6. DB構築責任者氏名(ローマ字) 7. 構築責任者の所属機関(日本語) 8. 構築責任者の所属機関(英語) 9. 所属機関の住所 10. 構築開始年月 11. 最終更新年月 12. 今後の更新予定の有無 13. DB設置場所の北緯 14. DB設置場所の東経 15. 原資料 16. 原資料の概要(400字以内) 名古屋芸術大学図書館の資料を検索することができる。 テーブル名とデータ項目 18. レコード件数 19. データベース管理システム(DBMS) 20. 運用形態• インターネットから一般公開している。 インターネットから公開している場合のURL 22. 年間アクセス件数 23. 利用登録者数 24. 利用規程の有無 25. 構築のために助成を受けた補助金 26. データベースの構築目的 27. データベースの検索・利用方法 28. データベースを活用した研究成果 29. 今後の開発計画・課題 30. DB構築に関する論文・著書(5点以内) 31. DBの活用成果をまとめた論文・著書(5点以内) 32. DBの主題NDC• 書誌学• 美術 33. 資源タイプ(NDL)• 書誌 34. DBサイトに関する変更履歴 35. 最終変更年月日•

次の