フィギュアスケート 毛。 まるで校則!?フィギュアスケートの衣装ルール

ナンシー・ケリガン

フィギュアスケート 毛

五輪連覇中の羽生は史上最多5度目のファイナル制覇をチェンに阻まれた。 3位は合計275. 3点を記録したフランスのケビン・エイモズ()だった。 最終6番滑走のチェンは、この日が25歳の誕生日だった5番滑走の羽生の演技後にファンがリンクに投げ入れた「くまのプーさん()」のぬいぐるみが片付け終わるまで待機を余儀なくされた。 基礎点が増える後半の2本を含め5本の4回転ジャンプをすべて成功させたチェンは、最後のジャンプを3回転ルッツと3回転トーループのコンビネーションで締めくくった。 20歳のチェンは、今年の世界選手権()で自身が記録したFSの世界最高得点を8. 9ポイント上回り、合計でも最高得点記録を約12ポイント、自らの手で更新した。 「驚いた。 得点には本当に感動した」と喜んだチェンは、「最後はガス欠になってしまったので、もう少しスタミナの強化に取り組む必要がある」と今後の課題も口にした。 今回の結果は、羽生に年齢を感じさせるとともに嫉妬心を芽生えさせた。 「少し嫉妬しているけれど、彼のことを心からリスペクトしている」 「ネイサンはフィギュアスケートをより難しいものにしている。 僕は彼よりもかなり年上ですが」「彼はこの競技を前に推し進めているし。 練習では自分の目標像になっている」 「五輪のメダルを二つ持っているがそれは過去のこと。 今を生きたいし、ネイサンともっともっとしのぎを削りたい」 今大会と同じ会場の2006年でエフゲニー・プルシェンコ()氏が金メダルに輝いたエドウィン・マートン()の『オリジン()』で臨んだFSで羽生は、4回転ジャンプを5本着氷したものの、3回転フリップが回転不足となり、トリプルアクセルがシングルになるミスもあった。 「ショートプログラム(SP)の後に、(4回転を)5本にしようと思った。 勝てないと分かっていてもこの大会で何かを成し遂げたいと思っていた。

次の

簡単!フィギュアスケートのルール&見どころ 恋に効くエンタメニュース

フィギュアスケート 毛

みなさんがフィギュアスケートを楽しむのに注目するポイントはどこですか? 演技や大会の結果ももちろんですが、選手たちが身にまとうあの 華やかな衣装も気になりますよね。 この衣装、じつはガチガチの ルールで縛られているのです! 規定に違反していると、なんと競技中の転倒と同じ1. 0点の 減点に! 衣装に関する規定の厳しさ…それは まるで校則のよう! と、いうことで、フィギュアスケートの衣装における厳しい規定を校則風にご紹介します! 【規則その一】過度な露出を禁じる。 又、他の生徒に裸を連想させてはならない。 以下に当てはまるものは、 品位を損なう衣装とする。 (イ)過度に肌を出したもの。 (ロ)肌色の布で覆われていても、裸体を連想させるもの。 (ハ)男子生徒において、「わき毛」が見えること。 (ノースリーブの場合はムダ毛処理が必要) 【規則その二】アイスダンス専攻の女子は、スカートに3か所以上のスリットがあってはならない。 アイスダンスにおいても、衣装は控えめで品位があるものとする。 よって、派手なもの、かつ芝居じみたものを禁止する。 又、女子生徒においては以下の規則を遵守しなければならない。 (イ)上半身の半分以上を布で覆うこと。 (ロ)スカートを着用すること。 又、スカートが腰回りをくるんでいること。 【規則その三】男子生徒は、タイツの着用を禁ずる 男子生徒はズボンを着用しなければならない。 この時、タイツの着用は認めない。 又、ズボンは靴が隠れる丈、つまり長ズボンのみとする。 【規則その四】仮面の着用は認めない。 小道具を所持し、演技に臨むことはあってはならない。 競技において、小道具の使用を認めない。 取り外しのできるアクセサリーなどもこれに該当する。 よって、仮面や覆面は使用してはならない。 又、衣装の一部であっても、電飾は認めない。 【規則その五】衣装の一部が氷上に落ちることを禁ずる。 衣装の一部が取り外せることは認めない。 競技中に衣装の一部、又、髪飾りなどの装飾が氷上に落ちてはならない。 〜〜〜〜〜〜〜〜 厳しい衣装ルールに驚いた方も多いのではないでしょうか? 自由で大胆に見えるあの衣装たちも、これらのルールの範囲内で作られていたものだったのです! 11月10日~11月12日にかけては、グランプリシリーズの日本大会であるNHK杯が行われます。 日本の選手にとっては、気合の入るホームでの大会! もちろん、衣装も気合がたっぷり入ったものが見られるかもしれませんね! 衣装含めて、フィギュアスケートを楽しみましょう!.

次の

フィギュアスケートの衣装インナーや下着はどうしてる?着用しない選手も?

フィギュアスケート 毛

ケイトリン・オズモンド選手(フィギュア)は脇毛も気にしない? ケイトリン・オズモンド選手は165cmと背も高くて可愛らしく、 笑顔がステキな選手です。 その見た目や演技中の美しさとは逆に、脇がとても気になる画像がありました。 それがこちらです。 なにやら薄っすらと見えます。 ですが、全てがそうではなくある時とない時とそれぞれ差があります。 これは本人がたまたま時間がなくて処理が甘かったのか、 割と適当な性格なのか、 あまり気にしない人なのか、 それは分かりませんが、 演技に集中しているからとか関係なく大胆に披露しています。 これはもしかしたら日本人の感覚とは違ったカナダ人との意識の違いがあるのかもしれないと思いました。 Sponsored Link カナダ人と日本人のムダ毛処理の意識や文化の違い カナダ人は皆ムダ毛の処理が甘いのでしょうか? 基本的にはヨーロッパの方たちにはムダ毛の処理に関しては一般的にあり、 カナダでもムダ毛処理用のカミソリが売られていたり、CMが流れているそうです。 しかし、それが処理する部位によっての意識の違いがあるようで、 腕や脚は丁寧に綺麗に処理していますが、脇毛の処理は雑に行なっていたり、全くそのままの状態の方が多いそうです。 夏に出かける時も処理していない状態でもノースリーブを着て出かけたりと脇毛に関しての意識があまり感じられないようです。 日本人からすると逆ですね。 人によりますが日本人の場合、脇の方に気を使って、手や脚は割と適当な方が多い気がします。 キレイになりたい綺麗にしたいの意識はどの国も高いと思いますが、 その結果の違いは文化や美意識の違いでしょうか。 これから先 近年、海外では「ボディ・ポジティブ」という女性のありのままの姿を推奨する考え方が広がっているそうです。 歌手のマドンナが脇毛をそのままの状態でInstagramに公開したりも一部のセレブの間で、本来の自分の姿をありのままに公開する人が増えているそうです。 ケイトリン・オズモンド選手がどのような考えかは分かりませんが、 日本の若い人も徐々に見た目を気にせずありのままの自分を好きになり、 さらにそれを表に出して受け入れてもらえるような考え方が浸透してくるかもしれません。 php on line 524.

次の