グローセンス 充電。 グローセンス(glo sens)実機レビュー!低温加熱式ジャンルに殴り込みをかけた「噂」のデバイスをご紹介します。

glo sens(グローセンス)の使い方。グローの新製品を紹介

グローセンス 充電

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? おはようございます、モクログ管理人のげんちゃんです。 今日は久しぶりにローラーブレードなどをしに公園に行くことになっているので、朝から書き始めています。 子供がね・・・家にいても暇だー!とうるさいんですよ。 私も最近走れていないので、ちょっとした運動だと思って行ってきますよ。 さて、今回のエントリーですが、 11月か ら全国販売と噂される グローセンスで、 定番の 裏技が使えるのかどうかを検証しましたので共有します。 グローセンスに興味を持たれている方は、是非参考にしてください。 この記事の目次• グローセンスのカートリッジ グローセンスのカートリッジを見ると、なんとなく構造は予想出来ます。 まず驚くのが、VAPEのRDAなどと同じように、上から覗くとコイルが丸見えです。 (リビルドは出来ないので見た目の話です) コイルにはウィッグのようなものも確認できますので、まったく同じ構造です。 吸い方にも寄りますが、 15パフで0. 1mlくらいのリキッドが必要だと言われていますので、グローセンスのカートリッジは180パフ分=1. 2mlくらいのリキッドが入っていると予想されます。 見た目的にも結構深さのある構造なので、この下の部分にちょっとしたタンクのようなスペースがあり、そこにリキッドが入っているんでしょう。 ですので、これはRDAというよりはRDTAに近い構造をしているんだと思います。 リキッドの補充は2パターン コイルとウィッグまでが筒抜けなので、 RDAのようにそのままリキッドを垂らして補充するのが一番シンプルで簡単な方法のように思えます。 ですが、逆さまにしたときにリキッドが垂れてこないか心配なので、もう1つの方法についても探ってみました。 それは リキッド充填型ポッドのように、タンクにリキッドを流し込む方法です。 多少分解できれば「ココがリキッド注入口だ!」という場所が見つかると思うので、そっちをメインに紹介します。 フレーバーカラーの底板をはずす グローセンスのカートリッジはプラスチックで全体が造形されているので、外せるところなんて底しかありません。 「底」というのは、フレーバーごとに色がついている板のようなパーツで、よく見ると爪で止めているだけに見えます。 これをマイナスドライバーを使って外してみました。 無理やり引っこ抜こうとすると、爪を引っ掛ける部分が折れますので気をつけてください。 底に注入口発見 底を外すと、中には白地のプラスチックパーツが出てきました。 両脇に穴が空いており、中心部分は通電用の金属製プレートが。 充填型のポッド型VAPEを使ったことがある方ならお解りかと思いますが、この両脇の穴がまさにタンクに繋がる注入口ですね。 薄いシリコンで漏れにくいように加工されていますので、これをめくって出来た穴にリキッドを入れてみました。 溢れないようにゆっくりと入れていき、1mlほど補充したところで、シリコンを戻し、底をはめ込んで完成です。 「カートリッジ再生」成功! リキッドがウィッグに染み込むまで少し置いて吸ってみました。 私が今回再生に使ったのは「MELLOW BLEND」と言ってタバコ味系のフレーバーです。 これに小江戸さんの「セックスオンザビーチ(自作ニコチンソルト入り)」で補充、ちゃんとセックスオンザビーチになってました。 美味い! ちゃんとセックスオンザビーチです! 構造が良いのか、底からはリキッド漏れもないので「カートリッジ再生」はひとまず成功です。 RDAみたいに上から補充 RDAなんかは直接コイルやウィッグにリキッドを垂らしますが、同じようにコイルなどが丸見えなので、これでもイケるのでは?と試してみました。 やり方は簡単で、 ただ上からリキッドを垂らすだけ。 ここで心配なのは、タンク内にうまくリキッドが染み込まず、逆さまにしたらリキッドが垂れてきた・・・という事態。 リキッドを垂らしたあと、5分ほど放置してから逆さまにして置いてみました。 これでもイケるが・・・ 結論から言うと、コレでもカートリッジ再生はいけちゃいました。 全然吸えるので、 面倒なときやちょっと復活させたいときはコレで十分です。 ただし、横にあるキャップを見てください。 やはり補充したリキッドが垂れてきているのは間違いないので、もし上部から補充するのであれば、 たばこポッドを買ったときに付いているキャップを付けておくことをオススメします。 あとがき コイルも見えるし、内部の構造も調べてみたかったのですが、底を外したときに見えた白地のパーツが取り外せなかったんですよ。 でも上手くバラすことができれば、リビルドもできちゃうかも。 それは…、「リキッドの注入量が多過ぎた」ことです。 試しに、白点滅したポットから注射器(プルームテック再生用にAmazonで購入)でリキッドを全量吸い出し、改めて1〜2mlを注入。 試しに吸ってみると、白点滅しなくなりました! ポッドの容量は10〜12ml程度のキャパがあり、今までは漏れるギリギリまでリキッドを入れていました。 ポッド内部がリキッド液で満たされていると、リキッドが気化するためのスペースがなくなっていたからでは?と想像します。 理由は分かりませんが、適量を注入することで白点滅は回避出来そうですネ。

次の

グローセンス(glo sens)の使い方や充電方法を徹底解説!

グローセンス 充電

グローセンスの説明書を見る前に• 本体とは別に、たばこポットを用意 スターターキットには、フレーバーが付いてないので、別で購入します。 吸ってみたい味を選んで用意しましょう。 中身は、• たばこポット• フレーバーカートリッジ が入ってますので、本体へ組み立てます。 グローセンス本体をセット それぞれの部品は、カチッと音がするまでハメることがポイント。 ライトがすべて白点灯したら、充電完了 充電時間は、 75分~5時間半が目安。 充電がカラっぽだったら、 最大で、満タンまでに5時間半かかるってことですね。 充電中でも吸うことは可能 「 充電完了まで待てない!」 ってあなたは 15%充電できたら、充電中でも吸うことができます。 我慢できない人は、充電しながらゆっくり待つのもアリですね。 もし、充電できない場合は、不具合が発生してるかも。 充電エラーの対処法はこちら。 電源オン• ボタンを連続で3回押すだけ• 吸い込む時:ボタン長押し• 吸い終わり:ボタンを離す って感じで、 吸い込んでる時のみボタンを押すようにしましょう。 電源オフ リセット方法• ボタンを連続3回押しで、電源が切れる 電源を入れる時と同じですね。 グローセンス本体の再起動は、電源のオンオフでできます。 電源のオンオフ• リセット方法 はボタンの長押しって覚えておきましょう。 グローセンスの使い方の注意点 バッテリーが10%以下で、自動で電源オフに 「充電がもうすぐ切れるけど、平気っしょ~」 って吸い続けてると、 予想より前に電源が自動で切れてしまいます。 早めに充電すると強制終了がなくなり、ショックを受けることに。 バッテリー残量が10%以下の合図は、• 右上のランプだけ5回点滅 見逃さないようにしたいですね。 温度の長さでも、充電時間が変わる.

次の

グローセンス(glo sens)が故障した時の全対処法まとめ

グローセンス 充電

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? こんばんは、自宅でプチDIY中のげんちゃんです。 インドアな私ですが、祖父の影響か昔は大工さんに憧れていた頃もあり、インパクトや丸ノコ、サンダーなどの工具も好きで、ちょこちょこ買い足しています。 本業でも業者さんと密に連携して仕事をするんですが、インパクトなどでガガガガガガガガーっ!とやっている姿を見ると尊敬しちゃいますよねー。 やっぱり自分で何かを作れる、直せるって凄いですよね、私はド素人ですが、いつかは格好いいウッドデッキとか作りたいなーと思ってます。 いや、むしろDIYブログとか面白そうだな・・・なんて思ったりもしますが、ソッチのほうはまだまだ勉強不足なので当分作れそうにないんですけどね(汗) さて、本題に入りますが、懇意にしている方から「噂」のグローセンスをお借りすることが出来ました。 せっかくですので実機レビューをお届けしたいと思います。 グローセンス は今は 東京エリア限定ですが、 11月から 全国展開されるとのことなので、参考になれば幸いです。 シンプル構造 グローセンスは3つのパーツから構成されており、スターターキットに同梱されているのはバッテリー部分のみ(アクセサリー類)です。 残りの2つのパーツは、ネオポッド(neo pods)という専用たばこに同梱されているフレーバー・カートリッジとたばこポッドで、これを本体に順番にはめ込むだけで準備完了します。 逆に言えば、ネオポッドを買わないと必要なパーツが揃わないので使うことが出来ないということです。 メルカリなどで買ってはいけない理由は、このネオポッドがグローセンス購入者しか買えないので、転売品を買ってもネオポッドが買えないからです、これ重要な点などでお忘れなく。 最近のデバイスはどれも充電時間を短縮していますので、この点は頑張ってほしかった点です。 もちろん急速充電には対応していないので、アイフォンとかのACアダプターとか使っちゃダメですよ。 各パーツの詳細 パッケージやセット内容、各パーツをご紹介します。 写真中心に確認いただければと思います。 吸いたいときに吸えて、辞めたいときに辞められるのが低温加熱式の良さなので、吸い方によっては1日持つかもしれません。 ですが、180パフでタバコ1箱分相当との記載でしたが、 体感ではタバコ15本分くらいですかね。 バッテリー本体詳細 お馴染みの丸いボタンに「glo」のロゴ、 高温加熱式のグローにどことなく近い雰囲気を維持しています。 背面の「glo」のロゴだけレーザー刻印されており、なんで表面にもやってくれなかったのかと思いました。 フレーバーポッド詳細 かなり気になるのが、このフレーバーポッドなんです。 写真の通り、上から見るとコイルがむき出しで、 ガバーっと口が空いているんですよ。 コレ、蒸気量は期待できそうですけど、逆さまにしていたらリキッドが漏れてきたりしないんですかね。 たばこポッド詳細 プルームテックのたばこカプセルの中身は、たばこ葉を「粉末状」にしたものでしたが、グローセンスは違います。 目視できるほど粒が大きくて、これが味わいや吸いごたえに結構影響を与えてそうです。 粒が大きいということは、蒸気が通りやすいので蒸気量が多くなりますが、逆にニコチンが付着しにくいというデメリットがありそうです。 ネオポッドを吸った感想 グローセンスの良さは、なんと言っても蒸気量の多さとフレーバーの味がしっかり出ることにあります。 ぶっちゃけ美味いです。 ただですね・・・キックが全然ないんですよ、まるでノンニコチンの電子タバコを吸っているような感じなんです。 比較的メジャーなデバイスで比較すると以下のようになります。 ただ致命的な欠陥があって、グローセンスは180パフの交換タイミングは教えてくれるものの、 60パフは教えてくれないんですよ。 あくまでもタバコなので、ニコチンを付着させる役割を持つたばこポッドの交換タイミングはかなり重要なハズなんですが、これについてはスルーなんですよね(汗) もともとキック(ニコチンによるガツン感)も少ないので、吸っていてそろそろ交換かな・・・と分かる人はいないと思います。 改善されると思っているんですが、そのまま全国展開しちゃったらマズイと思うんですが、グロー・チームの方はどう考えているんでしょうか。 グローセンスの総評 グローセンスは結構良いデバイスだと思っています。 なんと言っても蒸気の量と味がしっかりしているので、吸ってる感があるんですよね。 プルームテックの発売当初は、蒸気量の少なさに不満を持ったユーザーが「プルームテック+爆煙」で検索したくらいなので、満足度を感じる上で「蒸気の量」は重要な要素なんです。 惜しいのはキックのなさ・・・これに関してはプラスは疎か、プルームテックよりもないように感じました。 ここが改善されると人気が出そうなんですけどね・・・JTさん曰く、たばこカプセルの開発が一番大変だったと言ってましたので、グローセンスのたばこポッドを改良するのはなかなか難しそうです。 まだ気になる点はいくつかありますが、トータルとしてシェアを獲得できる十分な力を持っているデバイスだと思いますので、今後の展開に期待が高まりますね。 あとがき 2019年も始まったと思ったらあと3ヶ月ちょっとで終わりですよ(汗) 今年も色々なことがあったんですけど・・・いつ振り返っても時間って過ぎるのが早いですよね。 既に年初のことなんて半分も思い出せなくなってしまいましたが、残り3ヶ月くらいは記憶に残るように過ごしたいなー、と思いました。 それでは今日はこの辺で、おやすみなさい。

次の