君が代 歌詞の意味。 君が代の歌詞の意味とは?いつから歌われているの?実は恋の歌だった?

君が代の歌詞の意味は?2番や3番もあった!

君が代 歌詞の意味

「君が代」は平成11年(1999年)に正式に日本の国歌に制定されましたが、歌詞の意味をご存知ですか? 歌詞の意味を知らないまま歌っていたという人や、平成になって正式に国歌として制定されたことに驚いた人もいるのではないでしょうか? 今回は、君が代の歌詞の意味、いつから歌われているのかについて調べていきましょう。 実は恋の歌だったという話もあるようですよ。 歌詞の意味とは? 君が代は、平安時代(794年~1192年ごろ)の歌集「古今和歌集」(905年)の詠み人知らずの和歌がもとになったと言われています。 「君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌(いわお)となりて 苔(こけ)のむすまで」 という和歌で、現代語に訳すと 「君が代は、千年も八千年も永遠ともいえる時間、小さな石が大きな岩になって、その岩に苔が生えるまで、長く長く続きますように」 となります。 ここでの 「君」は、身近な人を指すと考えられており、特定の人物を指しているわけではなく、 身近な人の長寿を祈る歌とされています。 また、 男女の永遠の絆を歌った恋の歌という解釈もあります。 古代日本語では「き」は男性、「み」は女性を表したそうです。 日本神話に登場する最初の男女神は「イザナギ」と「イザナミ」です。 「イザナギ(イザナキ)」の「キ」は男性を、「イザナミ」の「ミ」は女性を指すのだそうです。 そして、神は存在は完全な存在であることから、君が代の「君(キミ)」は心身ともに完全に成長した男女を指すと考えるようです。 また、「さざれ石の 巌(いわお)となりて」は、小さな小石が結束して大きな岩石となることから、協力しあい、団結しあうことを表しています。 つまり、「君が代」は 「君」は「心身ともに成長した男女が」 「代」は「時代を超えて」 「千代に八千代に」は「永遠に千年も八千年も、生まれ変わってもなお」 「さざれ石の巌となりて」は「協力し合い、団結をして」 「苔のむすまで」は「固い絆と信頼で結びついていこう」 と解釈するようです。 いつから歌われているの? 平安時代に詠まれた君が代ですが、鎌倉時代(1185年~1333年)以降、庶民に広まり、長寿を祈る歌、お祝いの歌、さらには恋の歌として、さまざまなお祝いの場面で歌われるようになりました。 江戸時代(1603年~1868年)には三味線で曲をつけたものが酒場で流行ったこともあるようです。 国歌として正式に制定されたのは平成11年(1999年)ですが、明治13年(1880年)に雅楽奏者の林廣守 はやし ひろもり が曲に起こし、ドイツ人音楽家フランツ・エッケルトが西洋風和声をつけることで国歌として用いられるようになりました。 第二次世界大戦前までは、国家平安の歌として親しまれていましたが、戦中に天皇を称える歌として君が代が使われたこと、軍国主義の象徴となったことなどから、戦後、GHQ(連合国軍総司令部)が日の丸掲揚と君が代の斉唱を禁止し、その後も厳しく制限をしましたが、特定の場合に日の丸の掲揚と君が代の斉唱を認めました。 その後、日本には正式な国歌がなかったので、平成11年に正式に制定されるまでの間は、慣習として君が代が国歌として使われていました。 学習指導要領では1978年に「国歌を斉唱することが望ましい」、1989年には「入学式や卒業式などにおいては、その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする」と改訂され、現在のように入学式、卒業式で君が代が歌われるようになりました。 千年以上前の平安の時代から歌い継がれてきた「君が代」ですが、もともとは、長寿を祈る歌であり、男女の永遠の絆を歌った恋の歌でもあったのですね。 いろいろな解釈はございますが、いつの時代も誰かのことを想って詠われ歌だったということに変わりはないようです。 関連: -.

次の

君が代の意味とは?現代語訳すると見えてくる美しい日本文化とは?

君が代 歌詞の意味

ここがポイント!• 歌詞の古さには理由が!「君が代」は世界で最も古い国歌? 君が代の歌詞の意味に触れる前に、日本人なら知っておきたい事実が一つある。 それはこの曲が、実は全世界で もっとも古い『国歌』であることだ。 ざっと歴史を振り返ってみると分かるが、君が代は 1999年に制定された「国旗及び国歌に関する法律」を経て、公式に我が国の国歌となった。 Sponsored Link それ以前にも、 1880年からこの歌は日本の代表的な歌として用いられていた。 しかし残念ながら法律では定められておらず、この時は国歌としての意味をまだ持ってはいなかった。 それより4年前の 1876年。 他国にならって君が代の歌詞を「国の歌」として用いる動きが、時の海軍楽長・中村祐庸らを始めとして起こっているが、いずれにしても150年も経っていない。 例えば スペインの「 国王行進曲」は、文字通り国王が行進するシーンを意味する曲になるが… この歌が国歌に採用されたのは 1770年のことで、仮に「君が代」が1880年からの制定と考えたとしても、それより100年以上も歴史がある。 とすると、「 全く『世界最古』ではなくなってしまったではないか!?」と不審がられるかもしれないが、これにはあるカラクリがある。 実はこの曲を『世界最古』だとするのは、その歌詞の部分にあるのだ。 ややトリビアな内容だが、いわゆる『君が代』と言うものの元ネタは、 古今和歌集に収められた短歌の一つなのである。 そしてこの古今和歌集は、詳細な編さん時期こそ不明だが、905年あるいは912年と… およそ10世紀ごろに作られたものである事が明らかになっている。 メロディの作成時期がもっとも古いとされているのはオランダの「 ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ」。 しかし、この旋律が作られたのは 1574年(一説には1568年)である。 君が代の歌詞はなんと、それよりも600年以上も前に作られていたのだ。 楽曲というのは歌詞やメロディ、あるいはリズムやテンポなど様々な要素によって構成されている。 だから一口に『世界最古』といっても、色々な意味の解釈ができるので、この部分は注意が必要だ。 日本の国歌はあくまで 『歌詞』が世界でもっとも古い、と言うことである。 ちなみに採用時期の古さで言えば、先に紹介したスペインの「国王行進曲」が一番最初だ。 日本ではまだ「イスパニア」と呼ばれていた時代である。 かなり意味深…君が代の現代語訳! 先に説明した通り「 君が代」の歌詞は古今和歌集を元ネタにしていて、ミレニアムな価値のあるものといえる。 だがそこまで昔の作品だと、言葉の意味も変化してしまっているため、現代人からすると 中々解釈がしづらい。 そもそも読み間違いなんかも結構ある… Sponsored Link 例えば「 さざれいしのいわおとなりて」の部分など、人によっては「岩(の)音鳴りて」や、個人的にビックリさせられたのは「石野岩男さんになって」と架空人物をでっち上げる人までいるのだ。 ちなみにここは「 さざれ石の巌となりて」が正解。 しかし逆にいえば、正しい解釈を説明しなければならないくらい意味の難しい歌詞とも言えるだろう。 ちなみに、この謎に満ちた「さざれ石」なる存在。 現代では専門用語で「 石灰質角礫岩」と呼ばれるシロモノである。 本来は「小さな石」を指していたが、炭酸カルシウムや水酸化鉄が長い時間をかけて石に付着し、やがて 大きな岩の塊にまで巨大化したものを指すようになった。 つまり該当部分の歌詞は、現代訳すると「 小さな石が大きな岩に変化して、さらにその上に苔が生えるほど長期間」というニュアンスを含んでいるのだ。 君が代の冒頭「千代に八千代に…」も「一千年あるいは八千年」と訳すことが出来、これも結局は「 長い間」を指している。 なお、八という数字は日本では「 末広がり」の縁起が良い数字とされている。 この場合は単なる「八千年」ではなく「未来永劫」くらいの意味で捉えても間違いではないという意見もある。 つまり、それだけ長い間「 平和が続きますように」と言うのが、君が代のもっとも重要な解釈部分なのだが…多くの人が勘違いしているが、この歌はいわゆる天皇崇拝のための曲ではない。 要するに、「長い間の平和」は「天皇の時代が長く続きますように」という意味では決してないのだ。 この辺りの理解の違いで「 軍国主義だ!」などと騒いで問題になることが現代においても度々ある。 なので今回は、是非とも覚えていってもらいたい。 この「君が代」で歌われていることは、実は天皇でもましてや特定の誰かでもなく、実は私たち一人一人に向けられた歌詞なのだ。 冒頭でいきなり『君が代』などと、天皇イメージの言葉が用いられているので勘違いしやすいが、そもそもこのワードを現代訳すれば単なる「 あなた」という意味に過ぎなかったのだ。 ここからちょっと走り気味に答えを急ぐが、つまり歌詞本来が指す意味は次のようになる。 「 あなたのいる世界が幸せとともにずっと続きますように」 「 あなたの大切な家族や友人たちの幸せが未来永劫失われませんように」 そもそも古今和歌集の初句では「 我が君」となっているところを、あえて改訂版の「君が代」を採用しているところからも、軍国主義を意味していないことは明らかだろう。 ちなみに現代語訳には、「 恋愛編」と呼ばれるイレギュラータイプの歌詞も存在する。 こちらは「ずっとずっと愛し続ける」という、聞いていてこちらが恥ずかしくなるような意味が綴られている。 また「一万年と二千年前から愛してる」というサビで有名な「創聖のアクエリオン」との奇妙なシンクロも指摘されており、今も昔も日本人の感性が変わっていないことを暗示しているようだ。 君が代の「ヘブライ語訳」が話題に!歌詞そのままで意味が通じるってホント? 昨今、国歌についてネット上で噂になっている事柄がある。 それは「 ヘブライ語訳」の意味が通じすぎてヤバいというものだ。 もちろん翻訳するのだから、現地の言葉として通用するのは当たり前だ。 と思いがちだが、これがちょっと違う。 なんと「君が代」の歌詞を 日本語のまま、ヘブライ語に当てはめるという手法である。 しかもこれで、れっきとした文面に訳されるというのだ。 例えば出だし部分は「クム・ガ・ヨワ」と、まあやや強引だが、それっぽい現地語に変換される。 これを日本語に逆翻訳し直すと「 立ち上がり神をたたえよ!」という、なんとも神々しい意味に早変わりするのだ。 こうして翻訳されたものは大体が、いわゆる「 賛美歌」の様相を呈しており正直、 元々の意味とはだいぶ異なる。 しかし文面としては、最初から最後までかなり一本調子のしっかりした解釈がされているので、興味がある方は調べてみると良いだろう。 まあ冒頭の「クム・ガ・ヨワ」を見るに、いずれもやや強引な変換の仕方であるのは否めないが… しかし、例えば「八千代に」という歌詞部分はそのまま「 ヤ・チヨニ」と当てられ、しかもその意味が「 神に選ばれた民」としっかりした言葉になっているところなどは、さすがに驚かざるを得ない。 そもそも、日本語とヘブライ語では響きのソックリな言葉が多数存在する。 研究者の間では、一説によるとその類似語は3000ワードを超えるとも言われている。 例えば日本を代表する「サムライ」は、ヘブライ語の「 シャムライ」という言葉に良く似ており、訳すと「 守るもの」という意味になる。 似たようなもので、お寺にある社務所(シャムショ)は現地では「社殿」を表す言葉になり、結構ニアピンな雰囲気もある。 とある都市伝説では、 日本人はユダヤ系の血を引いているとする説もあるが… 多くの単語がヘブライ語と似ているのも、もしかするとそんな所に由来しているのかもしれない。 世界中で採用される国歌を調べてみると、大体は国王や神について述べたもの、あるいはその国の歴史を象徴する内容になっていることが多い。 そんな中で、君が代の歌詞は 世界万民の平和や幸せを願った意味になっている。 もしかすると「世界で一番優しい国歌」と言えるのかもしれない。

次の

君が代の2番と3番の歌詞!意味や作者、ヘブライ語みたいかもユダヤ人に聞いてみた!

君が代 歌詞の意味

古今和歌集では『賀歌』に入っている。 だから、『君が代』とは、『あなたの寿命』がという意味であり、相手の長寿を祝う歌となる。 明治以降は、『君が代』には『天皇の治世』という意味として教育された。 現在なら、日本国憲法前文から、『国民の世』と解するのが正しいであろう。 それが、国歌への意味づけである。 なお、予想される反論に対して、 一つの作品には、いろいろな意味づけが与えられるのが当然だ。 例えば、マルクスとレーニンの著作だ。 レーニンは大量の虐殺をした。 しかし、国内のマルクス・レーニン主義者はこの虐殺で『思想』を否定しない。 もし、『君が代』を過去によって断罪するなら、同様に『レーニン思想』も破却すべきである。 これを論理的無矛盾という。 戦争は『歌』や『旗』が起こすのではない。 人間が侵略戦争を起こすのだ。 戦争の命令は言葉によってなされる。 もし、戦争・侵略を批判するのなら、『侵略をした日本人と日本語』を全否定して、自決することが論理的必然となる。 日本人がこの地上から消え去れば、日本は二度と侵略することはない。 日教組の戦前からの教員は、軍国主義教育に邁進し、学童や生徒、学生を予科練や海軍兵学校、などに強制受験させ、尊い子どもの命を南太平洋の海の藻屑とさせ、印パール戦線の屍とした。 この戦前の教師の戦争責任をいっさい反省せず、自分らを被害者と位置づける日教組流の考え方を全否定すべきである。 以下を本当に反省として自分の心に刻むのなら、のうのうと生きていないで、自分で自分を裁きなさい。 決して、公務員恩給を受け取るな、辞退せよ。 そして、その金を東南アジアに戦時賠償として支払うことだ。 高知の中学教員だった竹本源治が一九五二年に高知県教職員組合の機関誌に発表した「戦死せる教え児よ」です。 「逝いて還らぬ教え児よ 私の手は血まみれだ! 君を縊(くび)ったその綱の 端を私も持っていた しかも人の子の師の名において 嗚呼! 『お互いだまされていた』の言訳が なんでできよう 慙愧(ざんき)、悔恨、懺悔(ざんげ)を重ねても それが何の償いになろう 逝った君はもう帰らない 今ぞ私は汚濁の手をすすぎ 涙をはらって君の墓標に誓う 『繰り返さぬぞ絶対に! 上のように『言い訳ができない』と思うのなら、阿南惟幾のように自分で自分を裁け。 教壇に二度と立たなければ教え子を戦場に送ることも絶対にない。 生きていなければ、二度と侵略戦争に手を貸すこともない。 卑怯者は反省を口にして生きることを選ぶ。 しかし、他人の子どもの命は惜しくない、だから戦場に行かせて殺した。 そして、また『自分の命かわいさに』戦争に協力するのだ。 そうして、再び『仕方なく戦争に協力した』と言い訳する。 実践なき言説は、無能のたわ言という。

次の