プリズン ブレイク 所長。 人気キャラクターランキング!1位〜25位まで発表!

プリズンブレイクのキャストと声優一覧

プリズン ブレイク 所長

Prison Break プリズン・ブレイクの概要 2005年~2009年にアメリカで放送されたドラマで、シーズン4まである。 2005年放送開始当初は、13エピソードで終わるはずだったが、人気により続編が作られた。 そのため、辻褄の合わない部分ある。 そこでストーリーをまとめてみた。 私の周囲ではシーズン1を見て、シーズン2で離脱した人も多い。 その理由はツギハギのストーリーではないだろうか。 しかし私は、シーズン1よりシーズン3~4が好きである。 シーズン1で離脱は絶対に勿体ないと思う。 「大脱走」「パイヨン」「ショーシャンクの空」のようなドラマを作りたいという制作者側の意向で制作されたプリズン・ブレイク。 「大脱走」などの脱獄映画を好きな人はシーズン1は嵌るだろうが、3以降が面白い。 プリズン・ブレイク シーズン1のあらすじ リンカーン・バローズはテレンス・ステッドマン(副大統領の弟)殺害事件容疑で死刑判決を受ける。 リンカーン・バローズの弟、マイケル・スコフィールドは兄の無実を信じ、兄を脱獄させようとする。 マイケルは、建築家であり、兄リンカーンが収容されているフォックスリバー州立刑務所の設計にも携わっていた。 登場人物・人物相関図 犯罪者• マイケル・スコフィールド 主人公• リンカーン・バローズ マイケルの兄• フェルナンド・スクレ マイケルの同房者、従兄の罠で逮捕• ジョン・アブルッチ マフィア 航空会社を経営(刑務作業の指揮官)• チャールズ・ウエストモアランド ハイジャック事件で身代金と一緒に消えたD. クーパーとの噂• シーノート 刑務所内の物資の調達に長けている• ヘイワイヤー 統合失調症• トゥイーナー スリ(脱獄では時計を盗む) 刑務所関連• サラ・タンクレディ 診療所の医師、知事の娘、元麻薬常用者• フランク・タンクレディ イリノイ州知事であり、サラの父親• ポープ所長 刑務所の所長• ブラッド・ベリック 刑務長• ロイ・ウイリアム・ギアリー 刑務官(金品を巻き上げる) 刑務所外• ベロニカ リンカーンの元恋人・マイケルの幼馴染み• ニカ・ヴォレク マイケルの妻(偽装結婚)• ポール・ケラーマン レイノルズ副大統領のシークレットサービス• ダニエル・ヘイル 副大統領のシークレットサービス• ニック・サブリン 再審請求を扱う事務所ジャスティスの弁護士• フォックスリバー州立刑務所へ• 刑務所の設計図をタトゥーの柄にして体に彫る。 銀行強盗を行いフォックスリバー州立刑務所に投獄される。 糖尿病を装い診療室に入る。 糖尿病を装い診療室へ• ボルトで6角棒を作り、洗面台のネジを外す。 糖尿病を装い定期的に診療室に入るために薬をシーノートが調達する。 同房者を誘う• 同房者スクレを脱獄計画に誘うが、スクレは関与を拒否する。 配管を腐食させる• 新しい同房者のヘイワイヤーを精神科棟に戻す• スクレが脱獄計画に参加• アブルッチが脱獄計画に参加• 除草剤で配管を腐食させる 5. 脱出ルートの確認• イングリッシュ、フィッツ、パーシー、3つの通りのうち、脱走ルートとして適している通りを確認する。 暴動を画策• 房内監禁命令が出るように暴動を施策。 排水路• 排水路への壁に穴を開ける。 刑務官休憩室の地下を掘る• チャールズ・ウエストモアランドを仲間にする。 刑務官の休憩室に放火。 刑務官の休憩室の修理と見せかけ、地下を掘る。 地下を掘る• アブルッチの刑務作業の指揮権を復帰させる。 シーノートが計画を知り、脱獄計画に参加。 見回りの時間を計る時計と偽造キー入手• ニカ(妻)がマイケルにカードキーと腕時計を渡す。 ギアリー刑務官に時計を取られる。 トゥイーナーが時計を取り戻す。 ウエストモアランドが計画に加わる。 脱獄メンバーを減らす 現時点の脱獄メンバー マイケル、リンカーン、スクレ、アブルッチ、シーノート、Tバッグ。 脱獄チームから1人減らそうとする。 Tバッグがアブルッチののどを切る。。 脱獄失敗• リンカーンを独房から出す。 (薬を使用、食中毒の症状で診療室へ移動させる)• 診療室で腐食させていたパイプが交換されていて、脱獄に失敗する。 2度目の脱獄計画 脱獄を失敗したことで死刑執行を遅らせることを考える。 死刑執行を遅らせるために電圧線を壊すが、べリックに見つかる。 その後、ステッドマンの遺体が偽物であるという証拠が届いたためにリンカーンの処刑は延期される。 精神科棟に侵入 脱獄計画を再開する。 精神科棟に侵入し、診療室へのパイプを見つけるが火傷を負い、タトゥーの一部が消える。 精神科へ• 精神錯乱を起こした振りをする。 精神科棟に移る。 消えたタトゥーの部分を知っているかも知れないヘイワイヤーの協力を得る計画。 刑務所内の地図• ヘイワイヤーの記憶を取り戻させ、タトゥーの一部(地図)を描く。 診療所の鍵を盗む• 診療室の鍵をサラから盗むが、鍵の紛失に気付いたサラは鍵を交換する。 所長室へ• サラに脱獄について話し、診療室のドアの鍵を開けておくように話す。 トゥイーナーが脱獄チームに加わる。 タージマハルの模型を壊れるように細工し、所長室に呼ばれる。 所長にリンカーンを懲罰房から診療室に移させるように命令させる。 所長を閉じ込める。 抜け穴を通った後、患者の振りをして精神病棟へ。 ヘイワイヤーが脱獄チームに加わる。 精神病棟から診察室へ移る。 怪我したウエストモアランドが脱落、500万ドルの在りかを教ええる。 診察室から外に出る。 脱獄したメンバー8人 マイケル、リンカーン、スクレ、アブルッチ、ヘイワイヤ、シーノート、Tバッグ、トゥイーナー• ヘイワイヤーとトゥイーナーがチームから追い出される• アブルッチ手配のバンで逃げるが、ティーバッグは手錠で繋がれた手首をアブルッチに切り落とされ追放される。 フォックスリバー州立刑務所での出来事 Tバックとの出会い 刑務所内で暴動が起こり、T バックの同房者が殺害され、マイケルが疑われる。 また、マフィアのボスである アブルッチは自分を売った人間の情報を得るためにマイケルを拷問する。 (シーズン1-2) スクレが計画に参加 スクレは脱獄計画の関与を拒否したが、婚約者を横取りされるのを防ぐため脱獄計画に参加することを決意。 (シーズン1-4) アブルッチが計画に参加 アブルッチが航空会社を経営していることから、マイケルは脱獄の時にアブルッチの協力を得たかった。 マフィア組織のために、アブルッチは警察に通報したフィバナッチの居場所を突き止めなければならなかった。 マイケルは刑務所に入る前からフィバナッチについて調べていて、それをエサにまアブルッチが仲間となる。 (シーズン1-4) Tバックが脱出計画を知る 房内監禁命令が出るように暴動を施策するが、大暴動に発展。 Tバックと刑務官が洗面台裏の穴の存在を知る。 診療所のサラが襲われる様子を知ったマイケルは、脱獄ルートを使ってサラを助ける。 (シーズン1-6) ウエストモアランドが脱獄チームに協力 刑務官の休憩所に唯一出入りしているチャールズ。 飼い猫をべリックに殺されたことで計画に協力する。 休憩室への放火。 (シーズン1-8)その後、脱獄チームに参加する。 (シーズン1-10) アブルッチが刑務作業指揮権を剥奪される危機 アブルッチはマフィアのファルゾーニから送金してもらい、ベリックにワイロを渡し、刑務作業指揮官の座についていた。 しかしファルゾーニはアブルッチがフィバナッチの情報を得られないことでアブルッチを見限り、送金が止まり、ワイロを渡せなくなってしまう。 (シーズン1-9) ファルゾーニにフィバナッチの居場所を教えたことにより、アブルッチへの送金が再開され、刑務作業の指揮権が復帰した。 (シーズン1-10) シーノート脱獄チームに参加 物資を調達していたシーノートはマイケルの目的を探り、脱獄チームに参加することとなる。 元イラク駐留陸軍の軍人で、正義感が強いことから米軍の捕虜虐待を告発しようとしたところ、不名誉除隊処分された。 家族にはイラクに駐留していると嘘をついている。 (シーズン1-10) 脱獄チームから1人追放 マイケルは脱獄チームからティーバッグを追放するつもりでいたが、Tバックは刑務所外の仲間に「自分が脱獄しなかったら通報するよう」に伝えていた。 アブルッチの部下がTバックの仲間を殺害。 ティーバッグがアブルッチの喉を切る。 (シーズン1-12) リンカーンが独房に投獄 脱出計画を守るためにリンカーンが暴動を起こし、独房に投獄。 脱獄時、食中毒の症状を起こす薬を飲ませ、リンカーンは診療室に入る。 (シーズン1-13) マイケルの火傷 マイケルは脱出ルートを見つけるために精神科棟に侵入するが、戻る時に火傷してしまう。 サラは、マイケルの火傷部分からマイケルが精神科棟に侵入するための刑務官の服の一部を見つける。 マイケルの房を競売 火傷の詳細について話さないマイケルは懲罰房に送られ、マイケルの房が競売にかけられる。 脱獄チームは、マイケルの房を守るためポーカーのいかさまにより資金を得るが、刑務官キアリーは値を吊り上げる。 刑務官キアリーはマイケルにより窃盗を告発され、解雇される。 ステッドマン殺害の黒幕 リンカーンは父によりステッドマン殺害の黒幕について知らされる。 ベリックが穴を発見・ウエストモアランドが負傷 ウエストモアランドは穴を発見したベリックを気絶させるが、負傷する。 刑務所外での出来事 ケラーマン マイケルの幼馴染でありリンカーンの元恋人である ベロニカはテレンス・ステッドマン殺害事件の調査をしていた。 (シーズン1-2)ベロニカは、ステッドマン殺害事件の情報を持っている女性と会うが、女性はシークレットサービスとしてレイノルズ副大統領に仕える ケラーマンに殺害されてしまう。 (シーズン1-3) ケラーマンはマイケルとリンカーンが同じ刑務所に収監されていることを知り、マイケルを他の刑務所に移送させることとするが、ホープ所長により移送は阻止される。 (シーズン1-5) 証拠品の偽造 再審請求を扱う弁護士ニックがベロニカの協力者となる。 ベロニカとニックは、ステッドマン殺害事件の証拠品であるテープが偽造されていることに気付く。 しかしテープは消える。 (シーズン1-5) ニックはリンカーン逮捕に繋がった匿名の電話の発信地がワシントンD. であることを突き止める。 (シーズン1-6) ケラーマンとヘイルに指示している人物は副大統領 副大統領のシークレットサービスであるケラーマンとその部下ヘイルはベロニカとニックの命を狙う。 また、LJの両親を殺し、LJを犯人に仕立てた。 (シーズン1-8)後に、LJは逮捕される。 ステッドマンは生きている ヘイルはベロニカにステッドマンは生きていると言い。 その証拠書類を渡そうとするが、ケラーマンに殺される。 (シーズン1-13) ステッドマンの遺体が偽物 ステッドマンの遺体が偽物という証拠が届き、ベロニカとニックは遺体を掘り起こすが、歯の治療痕がステッドマンと一致する。 (シーズン1-15) ステッドマンと会う ベロニカは生きていたステッドマンと会う。 プリズンブレイク シーズン1~4の人物相関図とあらすじ.

次の

【プリズン・ブレイク】キャスト(俳優&女優)のまとめ

プリズン ブレイク 所長

・ドキドキの連続。 次を見なくてはいられない。 プリズン・ブレイクの魅力はとにかくハラハラとさせられる展開がおもしろいということです。 脱獄をするので看守、受刑者との関係が大事になり、いつ見つかってしまうかのドキドキ。 いつ計画が破綻してしまうかのハラハラ。 そしてその計画を実行できるように見える天才型の主人公。 主人公のマイケル・スコフィールドを演じるウエントワース・ミラーがあまりにも適役だと思います。 頭脳と度胸で兄の冤罪を晴らそうとする主人公の兄弟愛には泣かされるシーンも多く、さらに巻き込まれていく人達の末路にも悲しさがあります。 人間として、生きることにこだわり、そのための苦悩、ぜひ見ていただきたいです。 ・プリズンブレイクが人気の理由がようやく分かった プリズンブレイクは今から10年以上前にアメリカで放映開始となった、刑務所から脱獄する物語です。 当時から話題になっていたのは知っていましたが、それから長年見逃してきて、遅咲きながらここ半年でいっきにパート3まで観る事が終わったので、その感想となります。 このドラマは、単なる名作映画「大脱走」などの焼き直しではなく、刑務所を脱獄するのに入念な下調べや人間関係や裏切り、兄弟や仲間の絆も張り巡らされています。 だから、とにかくスリリングで1時間ドラマがあっという間に終わってしまい、次作が気になって仕方ないのです。 主役はそうでもないですが、脇役メンバーはとにかくクセが強くて、その点でも同時期に放映されていた「24」よりも、コアな海外ドラマや洋画ファンでも夢中になるでしょう。 今でも、バラエティ番組などで、ティーバッグの日本語吹き替えを担当した方のナレーションが多い事からも、このドラマが与えた影響の大きさが垣間見れます。 ・正義感が強すぎる主人公に、スカッとするアクションドラマ 24を好きな方なら間違いなくハマるのがプリズン・ブレイクです。 罪を犯していないのに牢屋に入れられてしまう実の兄を救うために、主人公がみずからの命を呈して巨大組織と対峙していきます。 銀行強盗や脱獄など日本では考えられないアメリカンな展開に手に汗にぎるシーンが続きます。 突拍子もない展開についていけないことも多いのですが、多くの人間味あふれる登場人物が出てくるため自分と重ね合わせてストーリーを楽しむこともできます。 個人的にはスキンヘッドのマイケルが大好きです。 自分を犠牲にしてまで、人を助けるタフな精神力にやられます。 仕事や人間関係で悩んでいるときにスカッとする海外ドラマです。 ・サスペンスドラマの王道作品です サスペンスドラマの王道としてはやはりプリズンブレイクは外せない作品ですし、ちょっと古い感じもありますが脱獄モノは個人的に好きなジャンルなので見返したりもしています。 刑務所の中はある意味独特な社会が形成されているので、そういった観点から個性的な人間ドラマが織りなされるのも見どころです。 無実の罪に対する陰謀などはまさにサスペンスとして自分で展開を予測したりするのも楽しい点ですし、脱獄などが成功をしてもまた予期せぬ展開でまた投獄されたりという展開はちょっとテンプレート的かなと言う点もあるのですが、それぞれの刑務所ではまた新しいキャラが立っていることもあり、新シーズンも楽しみな作品です。 ・プリズンブレイクはおすすめ! もともとミステリー・アクションが好きで、特に主人公が知能的な人物の作品が好きです。 プリズンブレイクはそんな私の好みをすべて抑えています。 あらすじとしては、無実の罪で刑務所に収監された兄のために、IQの高い弟マイケルが自ら投獄し、脱獄計画を企てていくアクションサスペンスです。 見どころは何といっても登場人物のキャラの濃さにあります。 特に私はサラという登場人物がとても好きです。 知的で美しい刑務所医師ですが、次第に主人公マイケルに惹かれていきます。 自分の立場とマイケルへの思いの間で葛藤するサラがみどころです。 私のようにヒューマンミステリーよりのアクションが好きな方にはぜひおすすめしたいドラマです。 ・マイケルの澄んだ瞳が美しすぎる 無実の罪で死刑にされそうな兄を脱獄させるというストーリーで、主人公のマイケルと兄のリンカーンがどちらもイケメン&いい奴なのでドキドキしながらも応援したくなってしまいます。 特にマイケルはモデル並みのルックスでキリリとした瞳が素敵過ぎます。 スキンヘッドにするとイケメンは余計にイケメンに見えると気付かされました。 刑務所の中の服役囚たちにも濃いキャラが多くて仲間になったり裏切られたり、ハラハラしながら見入ってしまいます。 シーズン1でなんとか脱獄できたのに、結局指名手配されているので逃亡生活は続き、派手に収監と脱獄を繰りかえしながらシーズンが続いていくのでちょっと笑えます。 どこかでひっそりと暮らすことはできなかったのでしょうか・・・? ・予想を反する裏切りにアッと驚く プリズンブレイクの見どころはなんといっても、主人公マイケルスコフィールドのあっと驚く考え、発想に驚かされます。 冤罪の兄を助けるため自分も捕まり、一緒に脱獄するというドラマです。 脱獄する彼らの前に次々と問題が発生します。 それを、ヒラリヒラリとかわしていきます。 そのかわし方がとてもスマートです。 敵を味方につけ、時には味方が裏切ることもあります。 本当に脱獄できるのかとハラハラすること間違いなしです。 海外ドラマ自体に抵抗がありましたが、私は友達に勧められ1話を見ました。 1話が終わる頃には続きの2話が超気になりました。 絶対予測できません。 絶対はまります。 絶対見て下さい。 プリズンブレイクはつまらない、面白くないというレビューや口コミも・・・ ・プリズンブレイクはシーズン1が最高です。 全シリーズ5までありますが、何といってもシーズン1が最高です。 冤罪で投獄された兄を脱獄させるために自らも同じ刑務所に入る弟、その体には刑務所の設計図がタトゥーで彫られている、もうそれだけでワクワクしますが、刑務所内での様々なアクシデントが絶妙に描かれていて、次が見たい、次はどうなるの?と一気に見てしまう程の内容でした。 シーズン2では脱獄後の逃亡が描かれているのですが、ちょっと拍子抜け感もあり、その後シリーズ3,4と脚本家が変わった事もあり、個人的にはあまり面白くなかったです。。 どうやらシリーズ5に向かって視聴者数も減ったみたいです。 やはり主人公であるマイケルが一番魅力的でセクシーだと思います。 ・シーズン4でマンネリ感が・・・ 会社の同僚から推薦され、レンタルビデオ店にて借りて観たのがきっかけです。 今のところ、シーズン5までレンタルできますが、各シーズンごとによって内容や目的などの状況や背景が変わってきており、面白いです。 シーズン1と2の内容が特に切迫していて、一番面白いです。 全シーズンを通して裏社会による計画的深さがあり、大きな課題となっています。 面白くない点は人質をとる場面が多いことです。 マンネリ感にさいなまれます(特にシーズン4)。 お気に入りの登場人物は主役のマイケルです。 予想外の展開にハラハラするシーンが多いですが、持ち前の頭脳的アドリブでピンチを奪回したり、計画的断念をする場面や、冷静且つ、感情と理性との内面的葛藤などが見ものです。 プリズンブレイクの海外での評価はどうなの? プリズンブレイクはシーズン4で完結の作品で、海外でも人気の高い作品でした。 シーズン1の視聴者数は1051万人と非常に多く、その人気の高さが表れています。 ただ徐々に人気も下がっており、シーズン5に至っては視聴者数が300万人近くまで減ってしまいました。 賞の受賞歴としては• 2006年 ゴールデングローブ賞(作品賞 主演男優賞 — ウェントワース・ミラー)• 2006年 エディー賞• 2006年 サターン賞(主演男優賞(テレビ部門)作品賞(テレビ部門)• 2006年 テレビ批評家協会賞(作品賞)• 2006年 エミー賞(プライムタイム・エミー賞)(メインタイトルテーマ部門 — ラミン・ジャワディ)• 2006年 サテライト賞 (助演男優賞(テレビ部門) — ロバート・ネッパー) と数多くの賞にノミネートされています。 このことからもプリズンブレイクの評価の高さがうかがえますね。 気になっているなら、一度見てみる価値はありますよ。 プリズンブレイクはDVDやレンタルで見るよりもHuluがお勧め! プリズンブレイクのDVDBOXを買うならこちらから プリズンブレイクはDVD・BDを買ったり、レンタルで見ることもできますが、ビデオオンデマンドで見るのがお勧めです。 DVD・BDを買うと高いですし、レンタルだと借りたり返却したりが面倒ですからね。 それよりも一気に見れるビデオオンデマンドのHuluがお勧めです。 数あるビデオオンデマンドの中でも海外ドラマが一番豊富にそろっているのがHuluです。 他の配信サイトではシーズンごとに見放題じゃないこともありますが、Huluの場合はたいていそろっているのでお勧めですよ。 海外ドラマ好きならHuluに登録しておけば間違いなしです! 「ビデオオンデマンド」ランキング 1位:Hulu 他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い! 月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。 今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。 2位:U-NEXT 月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。 DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。 30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。 3位:amazon プライムビデオ オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。 少し暇つぶしできればいい人向けです。 ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

次の

プリズン・ブレイク 人物相関図とあらすじ シーズン1

プリズン ブレイク 所長

『プリズン・ブレイク』のシーズン1は全22話から構成されており、 主人公マイケル・スコフィールドが無実の罪で服役している兄リンカーンを脱獄させる様子が描かれています。 シーズン1はこのドラマの中で最も評価が高いシーズンで、刑務所の設計図をタトゥーとして体に描き込むなど、それまでにはなかった斬新なアイディアでとても面白くなっています。 ちなみにリンカーン羽目られており無実の罪で収監されているのです。 マイケルは非常に頭の良い建築士で、フォックスリバー刑務所を設計したことがある過去から、自身の体に刑務所の設計図をタトゥーとして入れ、兄を脱獄させるために同じ刑務所に入ろうと自身も銀行強盗をします。 そして無事同じ刑務所に収監されることとなるのです。 マイケルは警備が手薄で脱獄に使う予定の診療室に定期的にアクセスするため、タイプ1糖尿病を装って頻繁に出入りしていました。 一方で、インシュリン注射を毎日打ってくれる医者サラ・タンクレディに好意を寄せていたのです。 塀の外ではリンカーンのかつての恋人で弁護士でもあるベロニカ・ドノバンによって、リンカーンの無実を証明しようと事件の背後にある陰謀を調査していました。 結局リンカーンが刑務所に入れられた理由は、かつてその組織で工作員として活動していたリンカーンの父親アルド・バローズが原因だったのです。 姿を消した父親をおびき出そうと組織はリンカーンをハメたのでした。 シーズンの最後では、「フォックスリバー8」としてマイケル、リンカーン、スクレ、ティーバッグ、シーノート、トゥウィナー、アブルッジ、ヘイワイヤーら8名が脱獄することに成功するのです。 そして、兄を救出するために、刑務所を設計した知識を用いて脱獄を計画する。 第2話 アレン スクレはトイレの水が流れないことで房内検査があると気づき、マイケルに禁制品を捨てろと言う。 そして、マイケルが机の裏に隠されていたナイフを見つけた時、運悪くベリク刑務官に見つかってしまう。 はたしてマイケルの脱出計画は遂行できるのか? 第3話 セルテスト 刑務作業全般を仕切っているアブルッチは、アクシデントによりマイケルの左足の小指が植木ばさみで切断されてしまったという。 時間に迫られたマイケルは同じ監房に住む受刑者に助けを求めるが、受刑者はその計画を知り正常な同房者がいる房へ移るという。 第4話 腐食 リンカーンは看守達に無理やり連れられ、予定より1ヶ月も早く電気椅子に座らされる夢を見る。 一方、新しい同房者のヘイワイヤーがマイケルのタトゥーの図案に興味を示したことで、マイケルは脱出計画を遅らせることを強いられる。 第5話 イングリッシュ、フィッツ、パーシー シークレットサービスのケラーマン捜査官とヘイル捜査官がポープ所長を訪れ、マイケルを別の刑務所に移すという。 追い込まれたホープ所長は移送する事をマイケルに告げると、マイケルは兄の死刑執行まで待って欲しいと頼む。 第6話 悪魔の孔 Part1 兄リンカーンの死刑執行が刻一刻と迫る中、マイケルは点呼が多すぎて脱獄のための作業が思うようにすすまないと弱音を吐く。 そこで同房が、点呼も見回りもない房内監禁となるある手段を思いつく。 しかし、騒ぎは大規模な暴動に発展してしまう。 第7話 悪魔の孔 Part2 刑務所内の暴動は激しさを増し、部隊が出動する事件に発展する。 囚人はホープ所長に対して看守と女医を人質にしたと告げ、空調を元に戻すように要求する。 一方マイケルは、屋根から屋外の状況を確認した後、別の排気口を開けその中に入る。 第8話 ルート66 マイケルは、脱出ルートをアメリカに例えて説明する。 自分の房はニューヨーク、診療室はカリフォルニア、そして排水路は脱獄に使う道のルート66だと。 しかし、脱出計画に重要な古い倉庫が看守の休憩室として使われていることを知り、マイケル達は計画に疑問を抱き始める。 第9話 トゥイーナー ティーバッグと同房のセスがシャワー室でマイケルに助けを求めるが、マイケルは見てみぬふりをする。 リンカーンは、ポープ所長に息子が行方不明なので刑務所外に出て捜させてくれと訴える。 一方、アブルッチの特権が消えてしまい脱出計画を脅かす。 第10話 策士 マイケルはアルブッチと手を組み、ファルゾーニを呼んで一芝居打つ。 そして、アブルッチを刑務作業のトップに戻すことに成功する。 一方副大統領は、部下ケラーマン捜査官らの手際の悪さにいらだち、クィンを現場に投入する。 第11話 七人の壁 身内の会社に架空の助成金を流していた副大統領が相手と知り、これ以上は無理なのかとニックとベロニカは口論になる。 一方、マイケル達が看守部屋で穴を掘りつつ作業をしていると、看守が現れマイケルの妻が面会に来たとマイケルに告げる。 第12話 邪魔者は殺せ 「メンバーを一人減らさなければ、脱出は成功しない…」この一言に一同はお互い疑心暗鬼に陥る。 ティーバッグは、のけ者にされないために保険を掛けておいたという。 一方、ニックが入院している間にLJはひそかに母親の葬儀へ向かう。 第13話 決行! リンカーンは死刑執行まで懲罰房に監禁されることになってしまう。 マイケルは兄を見捨てて脱走できないというが、計画を中止にはできない雰囲気が漂う。 刻一刻とリンカーンの死刑の時刻が迫る中、マイケルは最後の手段を使って兄を救い出す決意をする。 第14話 密告者 リンカーンのいる診療室の真下までたどり着いていたが、マイケルたちは脱出を断念せざるを得なかった。 「電気椅子に不具合があれば死刑は3週間延期される」とウェストモアランドから聞いたマイケルはヒューズに細工をするが、刑務長に気づかれてしまう。 第15話 計画変更 死刑執行の時間となり、リンカーンは電気椅子に座らされ固定される。 ガラスの向こうの見学室からは、マイケルとベロニカがリンカーンを見つめている。 そんな中、リンカーンは黒い目隠しをされ、とうとう死刑執行に入る。 しかし、死刑の直前に電話が鳴り……。 第16話 フォックスリバーへの道 3年前、設計事務所に勤務していたマイケルは順風満帆な人生を送っていたが、問題を起こしては助けを求めてくる兄がいた。 回想の中でリンカーン、スクレ、ティーバッグ、シーノートと医師サラが刑務所に至った経緯と、マイケルが兄の脱獄を計画した動機が明らかになる。 第17話 J-CAT リンカーンの新たな処刑日が決まる。 マイケルは精神科病棟から医療室までの地図を思い出そうとするが、なかなか思い出せない。 そんな中、マイケルは所長からヤケドした理由を話せと言われるが答えられずに懲罰房に入れられてしまう。 第18話 ブラフ マイケルがヘイワイヤーの記憶から失われた刑務所の地図の一部を取り戻す事に挑む。 しかし、ヘイワイヤーが思い出したのは、マイケルがヘイワイヤーの歯磨き粉を盗んだ事だけだった。 一方、看守達は マイケルの監房を競売に掛けることに。 第19話 鍵 リンカーンが1時間だけの約束で息子に会いに出かけるが、乗っていた車が大型トラックにぶつかり車は横転する。 意識がはっきりしない中、リンカーンは謎の男に引きずられていく。 一方マイケルは、サラが脱出計画の鍵を握っていることに気付く。 第20話 トゥナイト 刑務長は看守部屋で脱獄用の穴を発見するが、後ろからスコップを持ったウェストモーランドに襲われ気を失ってしまう。 マイケルは、脱獄の予定を早めざるを得なくなりサラに協力を求める。 そんな中、ベロニカは思わぬ相手からその生命を狙われる。 第21話 壁の向こうへ... マイケルはホープ所長を脅し、リンカーンを懲罰房から診療室に移すよう連絡させクローゼットに押し込む。 秘書には、所長は重要な電話をしているようなので、邪魔されたくないみたいだと話し立ち去る。 そしてマイケルは、受刑者を率いて脱獄計画を遂行する!! 第22話 脱出! 【 シーズン1 最終話】囚人達が大騒ぎする中、ポープ所長はマイケルの房に向かいトイレ裏の穴を発見する。 マイケル、リンカーンと受刑者たちは自由のため逃走し、看守や地元警察が脱獄犯の追跡をする。 一方ベロニカは、真相を暴くカギを見つけにモンタナへと向かう。 シーズン1の無料動画(日本語吹き替え)はこちら! 高画質・字幕版などで視聴したい人へ スマホで視聴したい場合や、日本語字幕・英語字幕などで視聴したい場合には、動画視聴サイトのTSUTAYA TVで視聴することをおすすめしています。 (1話150円で視聴可能) 月額料金は933円で、今なら30日間の無料お試しキャンペーンを実施しており、簡単な登録を済ませると直ぐに『プリズン・ブレイク』が視聴可能に!しかも高画質です。

次の