わがまま な ヴァカンス。 映画「わがままなヴァカンス 裸の女神」のフルを無料で視聴|日本語吹替/字幕はDairyMotionやPandoraでも見られる?|シネマテラス

わがままなヴァカンスの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

わがまま な ヴァカンス

解説 「美しき棘」のレベッカ・ズロトブスキ監督が、16歳の少女が体験する刺激的な夏をつづった青春ドラマ。 カンヌで暮らす少女ナイーマは、帰省中の従姉ソフィアと夏休みを過ごすことに。 普段はパリで暮らすソフィアは、高級ブランド品を身にまとい肉感的な体つきで男を虜にする魅力的な女性になっていた。 別荘地でのグループディナーや高級クルーズなど、初めての大人の世界で刺激的な経験をするナイーマだったが……。 ランジェリーデザイナー、モデルとして活躍するザヒア・ドゥハールがソフィア役を演じる。 ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。 2019年製作/92分/フランス 原題:Une fille facile 配給:アットエンタテインメント スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 腰に彫られたタトゥーが表題の文字かどうかは失念してしまったが、字幕に『今を生きろ』と記載してあったので、こういうことなのだろうと勝手に想像した次第。 しかし、内容はそれ程ハードな絡みはなく、性交シーン所要時間は短い。 元高級コールガールの触込みなら、もう少しフランス映画の太っ腹な所をみせて欲しかったが、そもそもがテーマはもっと哲学的な要素が散りばめられているストーリーである。 観光地としては世界中のセレブが集まる場所であるカンヌで暮らすということの光と闇を、一人の16歳の娘がその好奇心としかし手痛い洗礼を受けて大人の狡猾さを体現していく一種のジュブナイル作品でもあろう。 それを一足先に踏み入れた従姉妹との共同生活に於いて、その憧れを加速させていく女の子。 アヴァンタイトルの入り江の綺麗なしかし艶っぽい色合い、虫の羽音が妙に毒々しさや性的なイメージを駆り立てる演出、そしてトップレスの姿態と、ナレーション文字の「人生で最も重要なのは職業選択の自由」。 そう、女の子が人生観を初めて意識する季節でもあるのだ。 自分の主体性を未だ持ち得ない女の子は同級生の男の子とのコントに流されるように付合ってはいるが、従姉妹のお姉さんの自由でカッコイイ生き方に傾倒し始める。 しかしお姉さんが実は母親を亡くした心の隙間を埋めようとするいじらしさも同時に女の子は理解している。 Gストリングと雲丹を使った喩え話でセクシーさに憧れ、くだらない悪口も意に介さない態度にスマートさを感じ、リスペクトが益々膨らむ。 そこまでは芯の通った凛々しさを感じていたのだが、高級クルーザーで乗り込んできたセレブ達との出会いからストーリーは転換し始める。 セレブを射止めようとする貪欲さと、同時にカッコイイと思っていた振る舞いが実は金持ちに依存しようとする裏腹な浅はかさに疑問を感じ取る。 同時に、セレブの一人だと思っていた男達の一人が、実は雇われている従者だと知ることになる。 その大人の事情や世知辛さ、そして実体の掴めない怪しい情報屋風情の仕事に益々戸惑いが心を支配してゆく。 この辺りの少女の心の機微は巧く演出できているようには感じた。 その雇われ目利き男の忠実さや、しかし葛藤が見え隠れしている現実を垣間見るにつれ、その心情に同情心を催す。 粗相をした船内スタッフにプロ意識の欠如を叱ることで誠実さも覗かせるが、その目利き男は優しく諭す。 「君は未だ子供だ」。 そんな中で、雇っていたボスが従姉妹に飽きて別れを切り出す手段に姑息な手を使う。 取引品の窃盗の罪をなすりつけてボートを追いだしてしまうのである。 それでも闘おうとせずに傷つくだけのお姉さん。 セレブ達の傍若無人、人と思わないデリカシーの無さが露呈されたのである。 住む世界の違いをハッキリ感じた女の子は改めて、自分の目標を真剣に考えるようになる。 それは才能があった料理の道。 6月から9月迄の3ヶ月間での多感で多彩な経験が彼女を大人の扉を開かせた、青春ストーリーである。 昨今の格差社会を描く作品としても優しい筋になっていて、舞台設定としての高級リゾート地、そこで働く母親や同僚のホテル厨房スタッフ、対するリゾートの消費者としてのセレヴとその優雅さの影に隠れたヒエラルキーや生業としては理解し難い情報をもって美術品蒐集家達を渡り歩く胡散臭い商売との対比を、複雑にせずにさりげなく説明出来ている巧みさは評価したい。 ボスであるラテン気質の男の言動不一致な人間性が崩壊しているクズさと、鑑定を請け負う寡黙な男とのスタンスの違いや人間性の可否を浮き彫りにする、からかい半分の呼び名に反抗する「もう、その呼び方にはうんざりだ」という台詞は、ラスト近くにおいてのクライマックスであると思う。 金も大事だがそれ以上に誇りをきちんと持つことの大切さを訴えるシーンとして心に響く演出である。 最後迄、娘に手を付けない高潔さや仕事に対する取り組みの姿勢を、生きた目標として気付くことができた娘の、代え難い貴重な期間は、それを大切に取っておくように従姉妹からプレゼントされたヴィトンのバッグに保存しておく件が、メタファーとして秀逸である。 地理的にもカンヌがイタリアと意外に近く、国境としてあやふやな現状、故に怪しい輩が暗躍する事情の知識も学ぶことができ、大変興味深い作品であった。 但し、折角あの曰く付きの女性タレントの出演なら、パフィーニップルのセクシーさ以上の官能シーンが欲しかったと、不満感は拭えないことを付け加えておく。 学生時代、夏休みを過ぎると同級生の女の子は、急に大人びた姿に変貌する。 その甘酸っぱい理由がこの作品にはある。

次の

映画「わがままなヴァカンス 裸の女神」のフルを無料で視聴|日本語吹替/字幕はDairyMotionやPandoraでも見られる?|シネマテラス

わがまま な ヴァカンス

「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

わがままなヴァカンス (2019)

わがまま な ヴァカンス

解説 「美しき棘」のレベッカ・ズロトブスキ監督が、16歳の少女が体験する刺激的な夏をつづった青春ドラマ。 カンヌで暮らす少女ナイーマは、帰省中の従姉ソフィアと夏休みを過ごすことに。 普段はパリで暮らすソフィアは、高級ブランド品を身にまとい肉感的な体つきで男を虜にする魅力的な女性になっていた。 別荘地でのグループディナーや高級クルーズなど、初めての大人の世界で刺激的な経験をするナイーマだったが……。 ランジェリーデザイナー、モデルとして活躍するザヒア・ドゥハールがソフィア役を演じる。 ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。 2019年製作/92分/フランス 原題:Une fille facile 配給:アットエンタテインメント スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 腰に彫られたタトゥーが表題の文字かどうかは失念してしまったが、字幕に『今を生きろ』と記載してあったので、こういうことなのだろうと勝手に想像した次第。 しかし、内容はそれ程ハードな絡みはなく、性交シーン所要時間は短い。 元高級コールガールの触込みなら、もう少しフランス映画の太っ腹な所をみせて欲しかったが、そもそもがテーマはもっと哲学的な要素が散りばめられているストーリーである。 観光地としては世界中のセレブが集まる場所であるカンヌで暮らすということの光と闇を、一人の16歳の娘がその好奇心としかし手痛い洗礼を受けて大人の狡猾さを体現していく一種のジュブナイル作品でもあろう。 それを一足先に踏み入れた従姉妹との共同生活に於いて、その憧れを加速させていく女の子。 アヴァンタイトルの入り江の綺麗なしかし艶っぽい色合い、虫の羽音が妙に毒々しさや性的なイメージを駆り立てる演出、そしてトップレスの姿態と、ナレーション文字の「人生で最も重要なのは職業選択の自由」。 そう、女の子が人生観を初めて意識する季節でもあるのだ。 自分の主体性を未だ持ち得ない女の子は同級生の男の子とのコントに流されるように付合ってはいるが、従姉妹のお姉さんの自由でカッコイイ生き方に傾倒し始める。 しかしお姉さんが実は母親を亡くした心の隙間を埋めようとするいじらしさも同時に女の子は理解している。 Gストリングと雲丹を使った喩え話でセクシーさに憧れ、くだらない悪口も意に介さない態度にスマートさを感じ、リスペクトが益々膨らむ。 そこまでは芯の通った凛々しさを感じていたのだが、高級クルーザーで乗り込んできたセレブ達との出会いからストーリーは転換し始める。 セレブを射止めようとする貪欲さと、同時にカッコイイと思っていた振る舞いが実は金持ちに依存しようとする裏腹な浅はかさに疑問を感じ取る。 同時に、セレブの一人だと思っていた男達の一人が、実は雇われている従者だと知ることになる。 その大人の事情や世知辛さ、そして実体の掴めない怪しい情報屋風情の仕事に益々戸惑いが心を支配してゆく。 この辺りの少女の心の機微は巧く演出できているようには感じた。 その雇われ目利き男の忠実さや、しかし葛藤が見え隠れしている現実を垣間見るにつれ、その心情に同情心を催す。 粗相をした船内スタッフにプロ意識の欠如を叱ることで誠実さも覗かせるが、その目利き男は優しく諭す。 「君は未だ子供だ」。 そんな中で、雇っていたボスが従姉妹に飽きて別れを切り出す手段に姑息な手を使う。 取引品の窃盗の罪をなすりつけてボートを追いだしてしまうのである。 それでも闘おうとせずに傷つくだけのお姉さん。 セレブ達の傍若無人、人と思わないデリカシーの無さが露呈されたのである。 住む世界の違いをハッキリ感じた女の子は改めて、自分の目標を真剣に考えるようになる。 それは才能があった料理の道。 6月から9月迄の3ヶ月間での多感で多彩な経験が彼女を大人の扉を開かせた、青春ストーリーである。 昨今の格差社会を描く作品としても優しい筋になっていて、舞台設定としての高級リゾート地、そこで働く母親や同僚のホテル厨房スタッフ、対するリゾートの消費者としてのセレヴとその優雅さの影に隠れたヒエラルキーや生業としては理解し難い情報をもって美術品蒐集家達を渡り歩く胡散臭い商売との対比を、複雑にせずにさりげなく説明出来ている巧みさは評価したい。 ボスであるラテン気質の男の言動不一致な人間性が崩壊しているクズさと、鑑定を請け負う寡黙な男とのスタンスの違いや人間性の可否を浮き彫りにする、からかい半分の呼び名に反抗する「もう、その呼び方にはうんざりだ」という台詞は、ラスト近くにおいてのクライマックスであると思う。 金も大事だがそれ以上に誇りをきちんと持つことの大切さを訴えるシーンとして心に響く演出である。 最後迄、娘に手を付けない高潔さや仕事に対する取り組みの姿勢を、生きた目標として気付くことができた娘の、代え難い貴重な期間は、それを大切に取っておくように従姉妹からプレゼントされたヴィトンのバッグに保存しておく件が、メタファーとして秀逸である。 地理的にもカンヌがイタリアと意外に近く、国境としてあやふやな現状、故に怪しい輩が暗躍する事情の知識も学ぶことができ、大変興味深い作品であった。 但し、折角あの曰く付きの女性タレントの出演なら、パフィーニップルのセクシーさ以上の官能シーンが欲しかったと、不満感は拭えないことを付け加えておく。 学生時代、夏休みを過ぎると同級生の女の子は、急に大人びた姿に変貌する。 その甘酸っぱい理由がこの作品にはある。

次の