ドコモ コロナ。 ドコモとauの「料金支払い期限延長」は7月31日まで 再延長はしない予定

ドコモ、新型コロナの影響で来店数が7割減 5Gのエリア構築に遅れも?

ドコモ コロナ

条件を満たしているのなら、1GB追加オプションとスピードモードのいずれかを申し込みすれば良いと思いますけど。 nttdocomo. dynavi Q. 以下のとおりです。 スピードモードのお申込みがない場合、リミットモードとなります。 1GB追加オプションは、1GBずつ、その都度利用可能データ量をお申込みいただくお手続きです。 通信速度が128kbpsになっても、そのままの通信速度でご利用いただく場合、追加料金などはかかりません。 なお、利用されたデータ量は翌月1日にリセットされて、自動的に通常速度に戻ります。 追加したデータ量は、実際に利用されたデータ量1GBあたり1,100円 税込 の料金がかかります。 なお、スピードモードは廃止のお申出がない限り、翌月以降も継続されます。 当月中に通常速度でのご利用に戻したい場合、1GB追加オプションをお申込みいただくことで、追加データ量分を通常速度でご利用いただけます。 追加したデータ量は、実際に利用されたデータ量1GBあたり1,100円 税込 の料金がかかります。 なお、1GB追加オプションは、ご利用ごとにお申込みが必要となり、翌月以降に継続されません。 当月中に通常速度でのご利用に戻したい場合は、再度1GB追加オプションをお申込みいただくことで、追加データ量分を通常速度でご利用いただけます。 詳しくは、dポイントクラブサイトの「データ量の追加につかう」についてをご覧ください。 となっています。

次の

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID

ドコモ コロナ

現在、日本だけでなく世界各地で猛威を振るっている 新型コロナウイルスの影響により、外出できず自宅待機を余儀なくされている人が少なくありません。 学校に関しては休校となり長期の休みに入っていますし、2020年4月7日に 「緊急事態宣言」が発令されたことからテレワークも推奨されています。 そんななか、大手携帯キャリアのドコモでは新型コロナ対策として、 50GBまで無料となる支援を開始しました。 そこで今回は、ドコモが実施している 新型コロナ対策支援の条件や申し込み方法などを解説していきます。 あわせて、自宅で勉強するのにおすすめのスマホ・タブレット・iPadも紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 適用期間が終了した場合• 対象外となる料金プランへ変更した場合• 電話番号保管を申し込みした場合• 契約者及び利用者の名義が適用対象外となった場合• 契約している回線を解約した場合 また、支援措置については特に 申し込みをする必要はなく、条件を満たしていれば 自動で適用されます。 オンライン学習におけるデータ量の追加方法 利用可能なデータ量を追加する場合、 1GB追加オプションと スピードモードの2通りの方法があります。 それぞれの特徴を見ていきましょう。 1GB追加オプション 1GB追加オプションは、利用可能なデータ量を1GBずつ追加していくことが可能です。 料金はデータ量1GBあたり追加で 1,000円となります。 1GBずつの追加になるため、 オンライン学習等を受ける前に追加することをおすすめします。 受講前でなければ他の操作にデータ量を消費してしまい、結局追加しなければいけなくなるからです。 スピードモード スピードモードは利用可能なデータ量を超えた場合でも、事前に指定したデータ量までは通常の速度で使えます。 データ量の追加は、1GBから10GBの間で 1GB単位での指定、または 無制限での指定が可能です。 事前に指定しているデータ量を超えた場合に関しては、1GB追加オプションを利用する必要があります。 今回の新型コロナウイルス支援措置では、1GBから10GBまでを選択する場合は50GBまでが無償化となります。 そのため、10GBのスピードモードを申し込み、11GB以降については1GB追加オプションで申し込むというのがおすすめです。 また、無制限の場合は設定すると追加の必要はありません。 しかし、今回の支援措置は50GBが上限と定められています。 つまり、 51GB以降については1GBあたり1,000円(税別)がかかりますのでご注意ください。 Galaxy S20 5Gの価格• 本体価格:97,460円• スマホおかえしプログラム適応:64,973円• Galaxy S20 5Gは、 2020年3月25日に発売された、ドコモの最新機種です。 5Gに対応しているため通信速度は非常に速く、あらゆる操作がスムーズに行えます。 縦約152mm・幅約69mm・厚さ約7. 9mmとコンパクトなサイズも人気に繋がっており、重さも約163gなので持ちやすいです。 画面占有率が93. 4%となり、ほぼ全面ディスプレイといっても過言ではありません。 そのため、動画を視聴する際も見やすいことから、 自宅での学習を動画で行う際に役立ちます。 4000mAhという大容量電池を搭載しているため、長時間充電をせずに使えますのでオンライン授業にもぴったりです。 AQUOS R5G 画像引用元: AQUOS R5Gの価格• 本体価格:106,172円• スマホおかえしプログラム適応:70,781円• AQUOS R5Gは、2020年3月25日に発売された話題の機種です。 次世代ネットワークである5Gによる高速通信が可能で、 受信時最大3. 4Gbps・送信時最大182Mbpsに対応。 また、最新の Wi-Fi6にも対応しているのでワイヤレス通信も従来より高速での通信を実現しています。 そのため、オンライン授業でも使いやすいですし、 約6. 5インチの大画面により動画なども見やすくなっています。 さらに、バッテリー容量も3730mAhとなるため、長時間の使用が可能です。 5Gによる高速通信に加え、 最新のCPUを搭載しているハイスペックモデルなので、オンラインによる通信もサクサク動きます。 9インチiPad Pro 第4世代 画像引用元: iPad Pro 第4世代 128GBの価格• 本体価格:134,640円• 9インチiPad Pro(第4世代)は、 ノートパソコンを凌ぐほどの性能を誇る新たなiPadとして注目されています。 9インチiPad Proは、前面にあるTrueDepthカメラを使うことで、faceIDを使い FaceTimeにて顔を見ながら話すことが可能です。 つまり、自宅でのオンライン学習において、相手の顔を見ながら授業が受けられます。 CPUは高性能なA12Z Bionicを搭載しており、これによりノートパソコンよりも高速での通信を実現しているのが特徴です。 さらに、 マルチタスキングに対応しているので、複数のアプリを一度に使ったり、同じアプリを2つのスペースで使ったりもできます。 マルチ操作もスムーズに行えることから、学習用のアプリを活用して自宅で勉強する際に最適な端末といえるでしょう。 そして、12. 9インチiPad ProはApplepencilに対応していますので、まるで ノートのように使いメモを取ることが可能です。 メモアプリでは、紙に書いているのとほぼ変わらないほど自然に文字が書けます。 Appstoreにはメモとして活用できるアプリが多くありますので、ぜひチェックしてみてください。 ドコモ タブレット dtab 画像引用元: dtabの価格• 本体価格:55,440円• ドコモ タブレット dtabは、 約10. 1インチのディスプレイを搭載したドコモ製のタブレット端末です。 こちらのタブレットは実際に教育現場にて活用されており、地域社会の未来のために役立てられています。 実際に取り入れている現場では、わからないことをすぐにインターネットを使い調べたいということから導入されました。 オンライン学習にも活用できる製品であり、アプリを活用すれば自宅での学習も行えます。 現在では勉強用のアプリが数多くリリースされていますので、タブレットにインストールすることで簡単に勉強に取り組めます。 小学生から高校生など、幅広い世代が使えるタブレットとして人気を集めており、親子で学習状況をシェアするアプリを使っている人もいます。 ドコモが提案している 「タブレットライフ」では、自宅での学習におすすめのアプリを紹介していますので、ぜひ目を通してみてください。 ドコモオンラインショップがお得 ドコモの製品を購入する際は、 ドコモオンラインショップがお得です。 では、下記のメリットがあります。 分割支払い時の頭金が無料• 事務手数料が無料• 2,750円以上の購入で送料無料• オンラインによる手続きなので待ち時間がない• 自宅での受け取りができる• 最短2日で届けてくれる 今ではテレビコマーシャルでも頻繁に放送されており、ドコモオンラインショップを利用する人は増加中です。 そして、現在新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドコモでは 緊急事態宣言対象地域の店舗営業時間を短縮しています。 そのため、公式ホームページでもオンラインショップなどWEBでの手続きを推奨しているため、ぜひ利用してください。 新型コロナ対策として自宅での勉強にドコモの人気端末を活用しよう 画像引用元: 新型コロナウイルスにより、多くの人が学校に行けず自宅待機を強いられています。 そんななか、海外ではオンライン授業を積極的に取り入れており、日本でもそのような動きが徐々にみられつつあります。 ドコモが実施している 「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」は、遠隔での授業を行う上で非常にありがたいサービスです。 50GBまで無償化となる期間は、現在は 2020年4月1日~6月30日とされています。 状況によっては期間が変更となる場合もありますので、随時最新の情報はチェックしておきましょう。

次の

ドコモ吉澤社長、菅官房長官の再び「料金値下げ」発言に反論

ドコモ コロナ

携帯電話サービスを含む通信事業は、売上高が8518億円(前年同期比9. 9%減)、営業利益が2194億円(同0. 5%減)だった。 新型コロナの影響で国際ローミングの利用が減ったことなどが要因としている。 一方、決済・映像などの「スマートライフ事業」は、売上高が1384億円(同30. 3%増)、営業利益が283億円(同50. 3%増)と大幅成長。 19年7月にNTTぷららを連結子会社化したことが増収増益につながった。 モバイル決済サービス「d払い」も好調といい、取扱高は前年同期比2. 8倍の1530億円に、ユーザー数は同1. 8倍の2727万人に増えている。 テレワーク需要により、法人向けIoTサービスなどの「その他の事業」も成長。 主にWeb会議ツール「sMeeting」や、オンライン教材「English 4skills」の利用が増え、同セグメントの売上高は1084億円(同0. 9%増)、営業利益は328億円(同14. 6%増)となった。 5Gプランの契約数は8月1日時点で24万件に到達。 下期にはエントリーモデルのスマートフォンを投入し、年度末までに250万件の契約を目指すという。 吉澤和弘社長は「順調に進捗(しんちょく)している」と話した。 コロナで非開示だった連結業績予想を公表 緊急事態宣言の再発出は想定せず 20年度3月期の連結業績予想は、売上高が4兆5700億円(1. 8%減)、営業利益が8800億円(2. 9%増)、純利益が6050億円(2. 2%増)。 4月に発表したでは、新型コロナウイルスの影響により予想が困難として非開示だったが、合理的な算定が可能になったため公表したという。 関連記事• NTTドコモが、5Gを活用して医者が遠隔地から手術の支援を行う仕組みの実証実験を行うと発表した。 商用5G回線を通じて治療室から遠隔地にいる専門医に手術の4K映像をリアルタイムに伝送する。 NTTドコモが2020年3月期の通期連結決算を発表。 主力の通信事業で、月額利用料を従来の最大4割値引きしたスマートフォン向けプランを展開した影響で減収減益だった。 21年3月期の通期連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響を考慮して非開示とした。 NTTドコモ、メルカリ、メルペイが業務提携を正式発表。 5月に会員サービス「dアカウント」「メルカリID」を連携させ、以降はキャッシュレス決済とポイントサービスの分野で協業する。 その狙いと背景とは?• NTTドコモの19年度第1四半期は減収減益だった。 月額料金を最大4割値下げした新プラン「ギガホ・ギガライト」を6月にリリースしたことや、「d払い」の20%還元キャンペーンなどを行ったことが響いた。 通期の連結業績予想は据え置く。 関連リンク•

次の