アイスボーン弱点一覧。 【モンハンワールド:アイスボーン】モンスターの弱点早見表【MHWI】

【MHWアイスボーン】パオウルムー亜種の弱点と攻略【モンハンワールド】

アイスボーン弱点一覧

スキル 詳細 【重要】 基本の生存スキル。 剣士ガンナー共に必須。 【おすすめ】 雷やられ中は気絶しやすいため、気絶自体を無効にすると楽。 【おすすめ】 帯電中の被ダメージ軽減。 20で雷属性やられも無効化。 【大】対策よりもスキルが軽くなるため、発動させやすい。 通常時は氷属性が最大弱点。 帯電中は水属性が最大弱点となる。 足を素早く破壊してダメージを与えやすくする。 気絶しやすくなる危険な状態異常なので、気絶耐性で無効にするか雷耐性20で被ダメージとやられを対策しよう。 おすすめ装衣・装具• 形態ごとの特徴を覚える• 常に側面に位置取り攻撃• 脚を攻めて部位破壊とダウンを取る• 帯電すると攻撃が激しくなる• 頭を攻撃して特殊ダウンを狙う 形態ごとの特徴を覚える アンジャナフ亜種の形態解説 通常 ・見た目と行動共に特徴は無い ・戦闘開始時と帯電解除直後はこの状態 ・ 攻撃の度に蓄電して帯電状態に近づく 微帯電状態 ・背中の体毛が蒼白く逆立つ ・ 行動速度が上がり攻撃も増える ・攻撃の度に蓄電して、さらなる帯電を目指す 帯電状態 ・背中の膜に模様が浮かび、口元も発光する ・肉質が硬化し、最大弱点が水属性になる ・ 行動速度がさらに上昇し、全ての攻撃が解放される ・ 帯電突進か特殊ダウンで解除される。 アンジャナフ亜種は、まるで古龍のように段階的に自身を強化する特性を持つ。 帯電が進むごとに行動速度が上がり攻撃パターンも増えるため、帯電したら警戒を強めよう。 常に側面に位置取り攻撃 アンジャナフ亜種の攻撃は、口周りや足元を狙うものが多い。 常に脚の側面に位置取れば、多くの攻撃を回避できる。 タックルなどを警戒し、ヒットアンドアウェイを意識しよう。 脚を攻めて部位破壊とダウンを取る ジャナフ亜種の脚は、部位破壊で肉質が軟化する。 また、脚を集中攻撃すれば高い頻度でダウンを取れる。 1回のダウン時間は短いが、頻繁にダウンさせて攻撃を阻み帯電を阻止しよう。 帯電すると攻撃が激しくなる アンジャナフ亜種は 攻撃をするたびに蓄電し、帯電状態になる。 帯電時には攻撃に雷属性が付与され、攻撃パターンも増える。 攻撃速度も上がり大幅にパワーアップするので、帯電中は慎重に立ち回ろう。 帯電突進で解除される 帯電中の大技である、帯電突進を使うと帯電が解除される。 苦手だと感じる場合は守りに徹して、帯電解除を待って攻撃するのもあり。 頭を攻撃して特殊ダウンを狙う 帯電中の頭に一定以上のダメージを与えると、特殊ダウンと共に帯電状態を解除可能。 ただし攻撃の多くが口を使ったものなので、うかつに近づくのは危険。 ガンナーやランスは狙いやすいが、その他の武器はダウン中に攻撃しよう。 アンジャナフ亜種の主な攻撃 アンジャナフ亜種の主な攻撃パターン 【危険】 帯電突進 帯電中に使う突進。 口を開けて前方に大きく突進する。 素早いため、すぐに左右に回避しよう。 【危険】 頭部叩きつけ 帯電状態時に使用する、地面に頭を叩きつける技。 叩きつけると同時に放電するので、近づかないようにしよう。 また、噛みつきなど他の攻撃の後に続けて出す場合もある。 【危険】 踏みつけ 雷属性を伴う踏みつけ攻撃。 足を上げたら離れて回避すること。 回転攻撃 体を回転させる攻撃。 尻尾を振りかぶるような動作を見たら離れよう タックル 体全体でタックルする。 体を少し引く予備動作がある。 足元にいる際に警戒すべき攻撃。 雷弾 帯電中のブレス。 前方に雷弾を3つ吐く。 ゆるやかに飛来するため、回避はしやすい。 噛みつき攻撃 身体を捻りながら噛みつき攻撃をする。 帯電突進は危険と好機を併せ持つ技 アンジャナフ亜種の大技の帯電突進は、同ランク帯のモンスターの中でも恐ろしい威力の攻撃。 動きも素早いが、 範囲は広くないので左右に少し移動すれば回避可能。 また、帯電突進後は帯電が解除されるためチャンスとなる。

次の

MHW ダメージのオレンジ色=肉質45では無い 弱点特効と超会心が死にスキルになっていませんか?モンハンワールド

アイスボーン弱点一覧

装衣・装具 詳細 【おすすめ】 状態異常を無効化する。 攻撃を自動回避できる。 装備中はクラッチも安全かつ確実に決められる。 攻撃で怯まなくなるため、転身同様クラッチが狙いやすい。 被ダメージも軽減できる。 回避時間を延ばすことで攻撃を避けやすくなる。 範囲内のハンターの状態異常を解除できる。 マルチでおすすめ。 毒と麻痺の両方をスキルで対策するのは重いため、あると便利だ。 転身で毒針は回避できない トビカガチ亜種が発射する毒針は、のけぞりが無い攻撃。 転身の装衣を貫いてくるため、自動回避はできない。 転身の装衣を着用していても、毒針への注意は怠らないこと。 トビカガチ亜種の攻略方法と立ち回り トビカガチ亜種の攻略ポイントまとめ トビカガチ亜種の噛みつきには、麻痺が付与される。 一見すると毒より厄介に感じるが、 麻痺値は牙の部分にしか乗っていない。 噛みつき自体が避けやすいこともあり、麻痺耐性の優先度は低め。 部位破壊で状態異常が弱体化 頭部を破壊すると麻痺が、尻尾を破壊すると毒の蓄積値が下がる。 特に尻尾の破壊は毒針の数にも影響するため、恩恵が大きい。 複数狩猟で他のモンスターへの対策をしたい場合は、毒耐性をつけずに素早く尻尾を破壊するのも有効。 トビカガチの主な攻撃 トビカガチ亜種の主な攻撃パターン 【注意】 滞空尻尾攻撃 滞空したのち、前方に尻尾を叩きつけるか回転攻撃を繰り出す。 高威力かつ猛毒持ち。 【注意】 回転毒針飛ばし 小さく吠えて身体を震わせ、体を1回転させる。 尻尾に当たると毒状態となる。 【注意】 噛みつき 前方に噛みつく。 麻痺属性を持つ。 毒針飛ばし 体を震わせたのち、尻尾の毒針を発射する。 地面に残る毒針を踏むと毒になる。 尻尾振り 尻尾を振って攻撃する。 毒属性を持つ。 頻度が高く発生も早いため厄介。 尻尾振りは毒耐性で無視しよう 尻尾振りは発生が早く頻度も高いが、威力が控えめ。 無理に回避するよりは、毒耐性をつけて無視してしまうのがおすすめだ。 身体を震わせたら距離を取る 小さく吠えて身体を震わせたら、回転毒針飛ばしが来る。 こちらも頻度が高く、威力も高いため剣士にとっては厄介。 震えてから発生まで間があるため、確認後に後方へ前転して距離を取ろう。 噛みつきは牙に注意 トビカガチ亜種の噛みつきは、牙に麻痺が付与される。 牙から液体を出しながら口を開ける予備動作があるので、確認したら前転で回避しよう。 胴体ならダメージだけで済むため、棒立ちしていなければ牙に当たることは少ない。 特に回転攻撃は威力が高い上に、一撃で猛毒を付与される危険な攻撃だ。 回転攻撃は直前に特徴的な鳴き声を出すが、滞空した時点で距離を取って回避に専念しよう。 トビカガチ亜種の写真の撮り方 獣人族観察記録所の撮影依頼に含まれる セリエナ祭以降、撮影依頼に「飛毒竜の晩餐」が追加。 達成条件は、トビカガチ亜種の食事シーンを撮るというもの。 撮影依頼をコンプリートしたい場合は、トビカガチ亜種と戦う際に撮影を狙ってみよう。 観察依頼:飛毒竜の晩餐.

次の

【MHWアイスボーン】トビカガチ亜種の弱点と攻略!

アイスボーン弱点一覧

装衣・装具 詳細 【おすすめ】 状態異常を無効化する。 攻撃を自動回避できる。 装備中はクラッチも安全かつ確実に決められる。 攻撃で怯まなくなるため、転身同様クラッチが狙いやすい。 被ダメージも軽減できる。 回避時間を延ばすことで攻撃を避けやすくなる。 範囲内のハンターの状態異常を解除できる。 マルチでおすすめ。 毒と麻痺の両方をスキルで対策するのは重いため、あると便利だ。 転身で毒針は回避できない トビカガチ亜種が発射する毒針は、のけぞりが無い攻撃。 転身の装衣を貫いてくるため、自動回避はできない。 転身の装衣を着用していても、毒針への注意は怠らないこと。 トビカガチ亜種の攻略方法と立ち回り トビカガチ亜種の攻略ポイントまとめ トビカガチ亜種の噛みつきには、麻痺が付与される。 一見すると毒より厄介に感じるが、 麻痺値は牙の部分にしか乗っていない。 噛みつき自体が避けやすいこともあり、麻痺耐性の優先度は低め。 部位破壊で状態異常が弱体化 頭部を破壊すると麻痺が、尻尾を破壊すると毒の蓄積値が下がる。 特に尻尾の破壊は毒針の数にも影響するため、恩恵が大きい。 複数狩猟で他のモンスターへの対策をしたい場合は、毒耐性をつけずに素早く尻尾を破壊するのも有効。 トビカガチの主な攻撃 トビカガチ亜種の主な攻撃パターン 【注意】 滞空尻尾攻撃 滞空したのち、前方に尻尾を叩きつけるか回転攻撃を繰り出す。 高威力かつ猛毒持ち。 【注意】 回転毒針飛ばし 小さく吠えて身体を震わせ、体を1回転させる。 尻尾に当たると毒状態となる。 【注意】 噛みつき 前方に噛みつく。 麻痺属性を持つ。 毒針飛ばし 体を震わせたのち、尻尾の毒針を発射する。 地面に残る毒針を踏むと毒になる。 尻尾振り 尻尾を振って攻撃する。 毒属性を持つ。 頻度が高く発生も早いため厄介。 尻尾振りは毒耐性で無視しよう 尻尾振りは発生が早く頻度も高いが、威力が控えめ。 無理に回避するよりは、毒耐性をつけて無視してしまうのがおすすめだ。 身体を震わせたら距離を取る 小さく吠えて身体を震わせたら、回転毒針飛ばしが来る。 こちらも頻度が高く、威力も高いため剣士にとっては厄介。 震えてから発生まで間があるため、確認後に後方へ前転して距離を取ろう。 噛みつきは牙に注意 トビカガチ亜種の噛みつきは、牙に麻痺が付与される。 牙から液体を出しながら口を開ける予備動作があるので、確認したら前転で回避しよう。 胴体ならダメージだけで済むため、棒立ちしていなければ牙に当たることは少ない。 特に回転攻撃は威力が高い上に、一撃で猛毒を付与される危険な攻撃だ。 回転攻撃は直前に特徴的な鳴き声を出すが、滞空した時点で距離を取って回避に専念しよう。 トビカガチ亜種の写真の撮り方 獣人族観察記録所の撮影依頼に含まれる セリエナ祭以降、撮影依頼に「飛毒竜の晩餐」が追加。 達成条件は、トビカガチ亜種の食事シーンを撮るというもの。 撮影依頼をコンプリートしたい場合は、トビカガチ亜種と戦う際に撮影を狙ってみよう。 観察依頼:飛毒竜の晩餐.

次の