ぶんぶん どり む 低 学年。 やってよかった「ブンブンどりむ」は中学受験の人におススメの理由!効果は中学生以降も続きます。

ブンブンどりむを辞めた人の理由は?入会前に必ず知っておきたいこと

ぶんぶん どり む 低 学年

作文特化の通信教育「ブンブンどりむ」。 息子にやらせて1年半。 なぜやめたのか?• 短期間で効果はあったのか?• すんなり解約できたのか? など、子どもに通信教育をやらせてみたい人、「ブンブンどりむ」に興味のある人に向けて書きたいと思います。 我が家がブンブンどりむをやめた理由 ブンブンどりむを途中で退会した理由は大きく3つあります。 伸びしろを感じなかった• 課題に追われるようになった• 作文の宿題が出ると、書けなくて泣きだすほどです。 それが ブンブンどりむを始めて半年ぐらい過ぎると、スラスラ書けるようになり上達にびっくりしました。 (提出課題の添削結果です。 とても丁寧に書いてもらえて、間違いなくこの添削で作文力が上がりました。 ) しかーし! そこからの伸びしろがなかったんですねー。 息子は算数や理科が得意な「ザ・理系」タイプ。 物語を読んでも感動なんてしません。 そんな息子が、 そこそこの作文が書けるようになっても、それ以上に感動するような文章を書けるわけがないんです。 ある程度の作文力が身に着いたんだからこれ以上を望む必要はない、と考えました。 課題に追われるようになった 三年生になると6時間授業の日が増え帰宅時間が遅くなりました。 平日は学校の宿題をやるだけで精一杯。 土日は勉強したくない。 二年生までなら、平日にちょっとずつ進めることで対応できたんですけどねぇ…。 金額イタかった ブンブンどりむは月額5,445円(年一括払いなら月額4,972円)。 一見高く感じますが、• 月2回の作文添削(かなり丁寧)• メインのテキスト• その他の副教材たくさん これを踏まえるとそこまで高い値段ではありません。 でもね!全部真剣に取り組んでこそなんです。 締め切り前に慌てて課題の作文を書く、メインテキストは流し読み、副教材は貯まる一方…。 適当に取り組んでいたら、月額の価値はありません。 ブンブンどりむを始めた当初は、「添削でいい評価が欲しい!」「ポイント貯めてプレゼントもらう!」と張り切っていたんですけどね。 やっぱり通信教材って、子どもにやる気を出させる親の手腕が試されますね… ブンブンどりむの解約方法・引き止められた? ブンブンどりむの解約方法について、HPにはあまり詳しく書かれていなかったので解説しておきます。 引き止めはあった? ちなみにその電話で引き止めは一切ありませんでした。 だったらボタン1つで解約できるようにしてよ!って思ったのはここだけの話し… あ、でも電話で解約時期を相談出来たり、ポイントの有効期限を教えてもらったりと、電話があることは悪いことじゃないなと思いました。 ブンブンどりむを1年半続けた効果は? 1年半という短い期間ではありましたが、ブンブンどりむは確かに効果がありました! それまでは、 「〇〇しました。 楽しかったです。 」 という 事実をただ羅列しただけの作文。 それが今では、 「一番楽しかったのは〇〇です。 なぜなら、・・・・からです。 特に・・・が面白かったです。 」 というように、 「事実+自分の感情」を書けるようになりました。 これはかなりの進歩! 短期間でも一度みっちり作文に向き合った成果ですね。 文章能力って一生モノの能力ですから、低学年のうちに身に付けられたのはよかったと思います。 まとめ・ブンブンどりむを解約した理由 ブンブンどりむを解約した理由、そして解約方法について解説しました。 解約はしましたけれど、ブンブンどりむをやらせたことは正解でした! それまで苦痛だった作文をスラスラ書けるようになって、親も子も大助かりです。 学校の授業だけでは作文能力はなかなか身に付きません。 親が教えるのは難しいです。 作文が苦手なお子さんに手を焼いているなら、短期間でもいいから一度やらせてみるといいですよ。 作文嫌いの子どもに手を焼いた私が言うんだから間違いない! 年齢が上がるにつれどんどん課題が難しくなるので、思い立ったらすぐに始めることをおすすめします。

次の

小学生作文の通信教育「ブンブンどりむ」教材紹介と私がお薦めする理由

ぶんぶん どり む 低 学年

夏休みの読書感想文を思うと今から憂鬱になる母親です・・ぶんぶん どりむなどの通信教育や通塾も考えましたが、時間のやりくりを考えると続けるのは難しいと判断し、断念。 市販ドリルで最初はなんとかやってみたいと思います。 「作文力」で検索すると、思っ… 回答件数6件 小学一年生の娘ですが自分で考えて文章や感想を書くのが苦手です。 例えば夏休みの感想や絵日記など宿題でありましたがまったく自分では書けず私に助けを求めにきて私が「例えば〜とかは?」などと言うとそれを丸写し。。 家庭で通信教材をしているのですが、… 回答件数9件 小3の娘がいます。 学校のテストは80点から100点で、授業内容も理解していると思います。 でも、家でチャレンジをやる時は、かなり何度も言わないと取りかからないし、少しやると飽きるし、なかなか集中してやりません。 うちは中学受験は考えていないの… 回答件数9件 小3まで学研に通っていました。 小4の今は進学塾に通っています。 漢字検定を毎年受けていますが、学年相当はクリアします。 しかし、ひとつ上の学年の漢字はまだ合格レベルではありません。 塾でだいぶ漢字は習いましたが、まだ習っていない漢字もあります。 … 回答件数13件 作文の宿題が出ています。 何度か、感想文や日記、友だちへの手紙形式で作文は出ていますが本当に書けないんです。 最終的に出してあげたヒントをほぼ写して似たような思い出を1つ2つ書き足して、「できた!」と夜中に完成。 毎回このパターンで作文は1枚書… 回答件数5件 低学年のお部屋から失礼致します。 小2の中受を検討中の子供がいます。 読書が嫌いなので、「おはなしドリル」という、読書と国語のドリルが一緒になったものを小1からずっとやり続けています。 簡単なようで、ささっと終わらせてしまいますが、話の内容がお… 回答件数5件 小学1年生男の子がいます。 先日、学力テストの結果が学校から返却されました。 普段は、学校の宿題とチャレンジをしています。 読解… 回答件数2件.

次の

作文に特化した通信教材 ブンブンどりむは低学年から始めたほうがいいの?

ぶんぶん どり む 低 学年

[toc] ブンブンどりむ監修の齋藤孝先生曰く、書く力は考える力 ベストセラー「声に出して読みたい日本語」の著者、齋藤孝先生(明治大学教授)がブンブンどりむを監修しています。 まずは、学校や社会でますますその重要性を増しつつある「 書く力」について齋藤孝先生が言及している内容を一部ご紹介します。 私は、これらの力の根幹をなすのが「書く力」だと考えています。 実際に「書く」という作業を思い返してみればおわかりいただけると思います。 頭の中のもやもやとした考え、思いから、必要な部分をすくいとり、それらを課題に応じた内容に組み立てるという過程を経て はじめて「書く」というアウトプットにいたります。 「読む」「話す」という行為と比べても、「書く」ためには、かなり高いレベルで頭を働かせる必要があります。 つまり、きっちり書ける人には、同時に、しっかり考え、判断し、知識を活用し、表現する力が備わっているともいえるわけです。 (中略) 書くことで「意識の量」が増え、何事に対しても「気付き」の多い人間になれる。 書くことで、人生に立ちはだかる困難に正面から向き合い乗り越えられる。 つまり、書く力とは、そのままお子さんの人生の推進力となってくれる力なんです。 それだけにおうちの方には、小学生という大切な時期、「書くこと」を学習の軸に据えられることを強くお勧めします。 考えていることを文章で伝えるというのは、とっても難しい作業です。 大人でも苦手意識を感じる人は多いです…私も含め^^;。 この作業を子供の頃からコツコツやっていれば、 入試試験の論述問題も苦手ではなくなりそうですね…! それでは、実際に利用している親御さんの口コミを見てみましょう。 ブンブンどりむの効果と評判は?良い口コミ 小学1・2年生会員の保護者の声 「マンガ形式のテキストや、クイズを取り入れた課題などもあり、 子どもが楽しく取り組めるように工夫されています」 「 お話の続きを書く課題が好きなようです。 ときどき大人では考えつかないような展開で書いていて、子どもの発想力におどろいています」 「ブンブンどりむのキャラクターが大好きなようです。 ここまで 楽 しんで学習するとは思いませんでした。 書くことをまずは楽しんで ほしいです。 」 小学3・4年生会員の保護者の声 「受講し始めた頃は『嬉しい』『楽しい』という言葉を使っていましたが、最近は 『なぜ嬉しいか』『どのように嬉しいか』を 具体的にわかりやすく表現できるようになりました」 「 添削指導のアドバイスを読むことで、どこが上手に書けているのか、何が足りないかを自分で考えられるようになってきました」 「苦手だった国語と作文……。 書き出すまでの時間が短くなったの が大きな変化です。 ブンブンどりむに取り組み始めて、 国語のテストの点数も上がり、本人も喜んでいます。 」 小学5・6年生会員の保護者の声 「添削指導では、どこが良かったのか、どうすればもっと人に伝わる文章になるのかをアドバイスしてくれます。 そのおかげで『 読む人に伝わる文章』を意識しながら、書けるようになりました」 「普段の家族同士の会話で、社会の出来事を話題にして、自分なりの考えを言うようになってきました。 考える力がついてきているのかなと感じています」 「受講時は、一人では文章が書けない状態でした。 今では 自分一人 で考えて書けるようになっています。 低学年から地道に続けてきて 良かったと思います。 」 その他良いところ 受講学年を選べる 教材のコースは小学校一年生から六年生までの学年別になっていますが、子供が二年生でも三年生のコースを選べるなど、 受講学年が自由に選べます。 しかもこれは、年単位ではなく 翌月から学年コースの変更が可能なんです。 これは珍しい点ですよね。 バックナンバーを購入できる 月額料金と同じ料金で、各学年の バックナンバーが購入できます。 しかも、1年以内のものなら添削サービスもついてきます! 入会金がない・毎月契約OK 通信教材だと、だいたい入会金があったり、一年契約だったりしますよね。 最低6か月契約とか条件があったりも。 ブンブンどりむの場合は、 入会金もないし毎月契約で良いので、いつでも始められるし、いつでもやめる・また再開できます。 こども新聞が毎月届く メインテキストの他にドリルと合わせて、 子供用の新聞が届きます。 今って朝日新聞とかでも、こども新聞などのサービスが普及していますよね。 こどもが興味を持つ内容になっているので、文章を読む機会が増えるのもいいですね。 ブンブンどりむの効果と評判は?悪い口コミ 悪い口コミを調べてみたところ、 大きく4点あがりました。 語彙力を増やすトレーニングが弱い 作文には、前提として語彙力が必要があります。 ブンブンどりむでは、作文がメインになっているので、 並行して語彙力を増やすトレーニングが必要になりますが、そこの部分が弱いです。 例えば、ブンブンドリムには クロスワードが付いていますが、これが結構難しいんです。 語彙力を養うという目的で行うものですが、そもそも語彙力を増やす目的というよりも、 語彙力がないと解けない問題です。 だから、 お母さんやお父さんが一緒に考えて・調べて、取り組んでいく必要があるんですね。 あとは、語彙力を増やすならやはり、 読書…それも多読がオススメです。 ただ、大学入試をする際にはほとんどの場合、予備校に通うことになりますよね。 そして予備校で志望校に合わせたトレーニングをするはずです。 それぞれの塾が、進学希望先の入試テストについて分析を繰り返していますから、塾での学習をしっかりやれば合格するレベルに到達できることが多いです。 だから、小学生という段階で、将来の 受験を目的にブンブンドリムを始めるとしたら…そこは「?」かもしれません。 長期で見て、間接的・総合的な国語力を養うという目的で、ブンブンどりむを利用するというスタンスなら、しっくりくる気がします。 赤ペン先生の存在意義 「ブンブンどりむ」には課題提出をすると、 赤ペンで添削をしてくれるサービスが付いています。 ただ、"褒めて伸ばす"がモットーだそうで、褒めて褒めて少し改善点を書いて… って進めていくので、子供が理解して「次はこうしよう!」って自ら改善しようとするには、月2回じゃ不足感があります。 赤ペン先生は、どちらかというと モチベーション維持のための役割が大きいんじゃないかな〜と思っています。 やっぱり親の干渉が必要ですね。 赤ペン先生の添削はあくまでリズムを保つものだ、と思っておくと納得がいきます。 月額費用が高め-コスパは? 正直な感想は、 作文という特化した教材で内容も照らし合わせたところ、 月額5000円というのは ちょっと高いなという印象です。 参考までに、毎月の内容としては以下です。 提出課題ー添削サービス 月2回• メインテキスト• ドリル2冊(ボリューム少なめ)• 子ども向け新聞• 親向け情報誌• 隔月で絵本サイズの子供の本 作文に特化した科目であるがゆえに、 もう少し安価な設定だとサイド教材として続けやすいですよね^^; 「月5,000円という価格が少し高いな、効果あるのかな?」って疑問に感じてしまう人は、このブンブンどりむの内容を最大限に活用してコストパフォーマンスを上げなければません。 それは、 親の干渉による活用次第になりそうです。 メインテキストをどれだけ使いこなせるか?がポイントになると思います。 ブンブンどりむの効果と評判は?SNSからみた口コミ カンガルーママ 先輩から紹介されたブンブンどりむの作文集を読んでみた。 1年生でもこんだけ書けるんだな~。 すごいや。 — E. T eritakaio 小4長男は、ぶんぶんドリムをやってる。 発達障害で、文字をかくこと、作文は大嫌い なので、小3をとってます。 毎月添削がんばってだしてるんだけど、添削の赤ペンがすばらしいんだよね。 小さなことまで必ず褒めてくれる 次男の自宅学習をすこしさせようかと、スマイルゼミとぶんぶんドリムの資料を取り寄せ。 次男は学年相応の取り組みができるかがまず心配だなー。 タブレット学習で紙が増えないのはいいかも。 くもんがすごかったので…。 ドリムは本を良く読む子向けかも。 、学年違いでもできるらしい。 — ぴーたん pita3n ぶんぶんドリム 作文通教 届いた。 基本的な重要なことを、とっつきやすく、簡単に。 ベネッセ的。 値段の割に内容は薄く感じるけれども、息子のレベルからすると、むしろ合っているかも。 息子も気に入った様子。 雑誌「ニースがわかる」がついてくるのも、息子にしてみるとポイント高いみたいだ。 いろいろなコメントを見ていると、 しっかりと取り組めば結果として作文力がつくと言えそうです。 中学受験を考えている方にも、 子供の総合的な応用力を高めるという点で、お勧めできる教材だと考えられます。 一度、 無料体験キットを請求してお子さんにやらせてみるのもいいと思います。

次の