肺がん ステージ 4 余命 高齢 者。 肺がん患者さんに絶対に知っておいて欲しい7つのこと

ステージ4の肺がんの手術・治療法や症状、余命を分かりやすく解説する

肺がん ステージ 4 余命 高齢 者

緩和ケアについてお聞きします。 肺がんステージ4の父親を持つ家族です。 ガンは骨に多数転移している状態です。 先日、病状・余命について病院から説明を受けました。 余命は2ヶ月です。 緩和ケアについてはある程度ネットで調べました。 施設を利用するにあたっての費用などは把握出来ましたが 実際のところ緩和ケアを利用をされたご家族様の声を聞きたくて質問をしました。 差し支えがなければ教えて頂けないでしょうか? 宜しくお願い致します。 感謝致します。 大変恐縮ですが、BAを決めかねますので 回答受付終了時点で投票にさせて頂きます。 失礼かと存じますが、補足にてお礼申し上げます。 ありがとうございました。 小細胞肺がん末期の兄が7月初めに緩和ケアに入りました。 当初、1ヶ月位だろうと先生のお話でしたがここ最近では車椅子に載って少しの時間ですが散歩出来るまでになりました。 具合悪い時もしばしばありますが初めの頃と比べるといくらかしゃべれるようにもなり、笑い顔もみれるようになったので良かったと思います。 でも、一番感じたのは建物のイメージで行けば緩和ケアといったゆったりした気持ちのいいところではありますが本人が元気に歩きまわれるわけではなくむしろ私ら付き添う身内がゆったりした気分で居られるということのほうが強い気もします。 兄がここまで一時的とはいえよくなったのは私ら身内が変わり替わり付いてそばに居て見守ることが出来たからだと思ってます。 そのことによって本人がほんのすこしでも苦痛と孤独から解放されるのではないでしょうか。

次の

仕事や趣味、日常の時間を少しでも長く―高齢者の肺がん、生活機能重視の治療を東京都健康長寿センターの山本寛・呼吸器内科部長|医療ニュース トピックス|時事メディカル

肺がん ステージ 4 余命 高齢 者

癌の組織型、EGFR遺伝子変異の有無をご確認ください。 検査していないなら調べてください、と主治医に言いましょう。 化学療法をあきらめるのはそれからでも遅くありません。 抗がん剤の治療によって、吐き気、脱毛、手足のしびれなどの副作用が起こりえますし、ご心配なさっているように、時に重篤な状態になることもあります。 スポンサーリンク ステージ4の大腸がんは、大腸や周辺のリンパ節にとどまらず、肝臓や肺、腹膜などの、大腸とは離れた臓器にまで転移してしまっている状態です。 ここまで進行してしまうと、完治する確率はかなり低くなります。 手術を行い、大腸がんの腫瘍を取り除いたとしても、すでにほかの臓器に転移してしまっている癌細胞は取り除けません。 ステージ4と診断されても、決して回復の見込みゼロというわけではありません。 しかし自分のためにも家族のためにも、残りの人生について考えることは重要です。 がんの告知と共に重要になってくるのが余命宣告です。 余命宣告は治癒するための治療を行う事が難しくなった時に行われます。 大腸癌、腎癌、骨の癌、子宮癌等で手術されることが多く、抗ガン剤の併用も行われます。 もとの癌の種類、全身状態、肺の状態によって、治療がことなるので、もとの主治医とよく相談することが重要です。 現代医学では、がんの転移に対していたちごっこのような形での対処になってしまい、おおくのがん患者の方が転移の恐怖と闘っておられることとと思います。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の

癌ステージ4とは?癌ステージ分類一覧表での生存率や余命を調べてみると?

肺がん ステージ 4 余命 高齢 者

5年相対生存率 進行がんは、周りの組織広がったり、他の臓器に移したりしたがん。 がん進行度に応じて早期の1から最も進んだ4期に分類される。 同センターによると、1年間にがんになる人全体に占める75歳以上の割合は2012年で42%を占め、02年(35%)から7ポイント増えていた。 高齢化の進展で今後も合は増えるとみられる。 同センターは、15年に全国のがん診療連携拠点病院など427施設でがんと診断された患者約70万人の集計データを公表。 75歳以上の高齢者の病期別の治療法を初めて明らかにした。 それによると、4期の非小細胞肺がんと診断された85歳以上の患者は「治療なし」が58・0%に達した。 同じ病期の胃がんは56・0%。 大腸がんは36・1%と高く、12年から徐々に増える傾向になった。 特に治療が難しい膵臓がんは60. 高齢患者が少ない子宮体がんは66・7%だった。 高齢になると心臓病や糖尿病などにかかっていることも多く、手術や抗がん剤治療が難しい患者も多いとみられる一方、認知機能の衰えから治療の差し控えなどがあるとの見方もある。 高齢者のがん治療に詳しい杏林大の長島文夫教授(腫瘍内科学)は「高齢で意思疎通に困るケースに対し、医療者側で適切な治療法を考えるための基準作りを急ぐ必要がある」と話している。 抗がん剤について、厚生労働省は高齢患者向けの治療指針を作る方針だ。 また同センターは同日、がん診断から5年後の生存率の最新データも合わせて発表した。 2008年にがん診療連携拠点病院でがんと診断された約21万4500人の治療成績を集計した。 それによると、全がんの生存率は65・2%。 部位別の生存率は、前立腺97・7%、乳房92・7%、子宮体82・8%が高かった。 前立腺は1~3期の生存率が100%だった。 一方、早期発見が難しい膵臓は9・9%にとどまった。 病期が進むと生存率が一気に低下する傾向がみられた。 胃がんは早期の1期が95・0%だった一方、4期は9・0%と低かった。 指針策定急げ 進行がんの85歳以上の高齢者には、がんの積極的な治療が控えられている実態が初めて判明した。 がんは現在利用できる最良の治療である「標準治療」が基本だが、抗がん剤などの積極的な治療は体への負担が大きい。 様々な合併症を抱えて体調が安定しない多くの高齢者は、体力のある人を想定した標準療を受けることは難しい。 このため高齢者のがん治療に統一的な基準はなく現状では医師らが治療と副作用のバランスを考慮しながら、個別に治療法を判断している。 高齢患者の治癒への希望をくみ取りつつ、平均寿命を超えても体への負担が大きい治療が必要かどうかも含め検討し、早急に指針を作るべきだ。 実際の生存率より高く出る。 がんと診断された人で5年後に生存している人の割合を、同じ姓・年齢分布の日本人で5年後に生存している人の割合で割って算出する。

次の