ドイツ 銀行 破綻 しない。 ドイツ銀行は破綻しないの?破綻が囁かれる理由と時期の見方

独ワイヤーカードが破綻、負債額40億ドル 不正会計で支払不能

ドイツ 銀行 破綻 しない

もふ社長 「もふもふ不動産」の運営者。 投資家、ブロガー、YouTuberとして活動。 のチャンネル登録者数15万人を超え、を超える。 2019年3月末にサラリーマンを辞め独立。 詳しい。 もふもふしたものをこよなく愛し、不動産投資、株式投資、経済、税金、科学、研究開発などを初心者にわかりやすく解説することを得意としている。 もふもふ不動産のもふです。 僕は投資家でややブログなどで資産運用や不動産投資について解説しています。 最近、ドイツ銀行が破綻するという噂がTwitterやYouTubeで盛んに取り上げられています。 本当に破綻しそうなら大きな問題なので、投資家の私がいろいろ調べてみました。 結論から言うと、ロイターやブルームバークのような大手報道機関からドイツ銀行が破綻しそうという報道はなく、ただの噂のようです。。 詳しく解説していきます。 YouTubeでも解説しています。 もくじ• ドイツ銀行が破綻するという報道はない ドイツ銀行の破綻の報道がないか?くまなくチェックしたのですが、実際に破綻と解説している報道はありませんでした。 アメリカのシェアオフィスのWeWork問題の時は、各社からかなり報道されており、日本に居ながらも状況が詳しくわかりました。 参考: もし本当にドイツ銀行が破綻するとなると、WeWork問題どころではないので、もっと報道機関が報道するでしょう。 報道されていないということは、破綻しそうな問題が世界的には考えられていないというのが一般的な見解になります。 ドイツ銀行がCoCo債の返済を見送り ロイターからの報道がドイツ銀行のデフォルトと騒いでいる方もいますが、これは全くのガセネタです。 ドイツ銀、償還可能な債券の返済オプション行使せず 市場混乱が影響 [ロンドン/フランクフルト 11日 ロイター] — ドイツ銀行 は、来月末に償還可能になる債券の返済オプションを行使しない方針。 新型コロナウイルス感染拡大を背景とする最近の市場の混乱を受けた決定で、他の銀行が追随する可能性がある。 ドイツ銀が返済を見送るのは総額12億5000万ドルのAT1債(その他ティア1債)。 AT1債は偶発転換社債(CoCo債)の一種で、銀行が発行する債券としては最もリスクが高い。 償還期限がない永久債と同等に扱われるが、償還可能日を迎えれば返済できる。 ドイツ銀のAT1債は4月30日に償還可能日を迎える。 最近発行された他のCoCo債は、感染拡大が深刻なイタリアの銀行が発行したものを中心に、新型コロナ流行の打撃を受けている。 伊銀UBIバンカが1月に発行したAT1債(発行額4億ユーロ)は9日に利回りが174ベーシスポイント(bp)急騰し、7.17%となった。 伊銀バンコBPMのCoCo債は利回りが9.67%と、月初の6.6%から大幅に上昇している。 2010年頃から金融危機や銀行の破綻を防ぐ目的で、自己資本比率を高めるように規制されていました。 その規制のことをバーゼルといったりします について詳細はこちら。 ドイツ銀行などの各種金融機関は、バーゼル3に対応するため、自己資本を高めつつお金を調達できるCoCo債を発行したのでした。 CoCo債は、銀行の自己資本比率が一定以下に下がると債務を帳消しできるような条項がついた債権です。 自己資本比率が下がった時に、価値がなくなるような条項が付いている分、金利が高い特徴があります。 銀行の経営が安定しているのなら、高い金利で運用できる魔法のような商品ですね。 についてはこちら そして、返還期限がないので、ずっと発行しておくことができる商品です。 今回の報道は、 CoCo債が2020-4-30に返還ができる開始日になるのだが、返還しない というだけの話です。 これで何で破綻になるのか?謎です。。 なぜCoCo債を返還しないのか? 返還すると自己資本比率が下がってしまう問題がありますが、バーゼル3の規定があるので今のこの状況だと返還しにくいのでしょう。 また、今はCoCo債の利回りが暴騰している 債券価格が暴落している 状況になります。 暴落しているときに、より良い条件で発行している債権を返還する意味は全くありません。 ちょっとイメージしにくいのですが、たとえるのなら、、 永久的に車に乗る権利を100万円を払ってかった。 年5万円の手数料を支払う必要がある。 いま、この永久に車に乗る権利の年間手数料が10万円に上がっている。 返還しないほうがメリットあるから返還しないだけなのに、「これだけの金額すら変換できないから破綻だ」とか言われるのはわけわかりませんね。 ドイツ銀行の株価の推移 もし本当に破綻が近づいているのなら、株価は暴落するはずです。 ドイツ銀行の株価を見てみたところ、この1年で大きな変化はありませんでした。 ドイツ銀行の1年間の株価チャート 2020. 3 この1年間、大きな変動は起こっていません。 時価総額も104億ポンドあり、日本円で1. 3兆円ほどあります。 破綻すると考えている会社の時価総額が1兆円を超えるでしょうか? イギリスを代表する銀行のバークレイズ銀行の株価を見てみましょう。 バークレイズ銀行の株価。 ドイツ銀行と比較すると、バークレイズ銀行の株価のほうが下がっていますね。。 時価総額は2兆円くらいあるので、ドイツ銀行よりも規模は大きいですが、比較してみると一概にドイツ銀行の株が暴落しているとは言えないことがわかります。 ドイツ銀行はすぐ破綻しない~まとめ 少なくとも、2020年3月時点ではドイツ銀行が破綻するという報道は特ありませんでした。 CoCo債という、いつ返還してもいい債権の変換開始可能日に返還しないというだけで、それ自身は全く問題ありません。 また、返還しないほうがメリットが大きいことも解説しました。 ただ、大規模なリストラをしている事もあり、経営に全く不安がないかというとそういうわけではありません。 引き続き注視していきたいと思います。 暴落しているときこそ、投資を始めるべきかもしれません。

次の

独ワイヤーカードが破綻、負債額40億ドル 不正会計で支払不能

ドイツ 銀行 破綻 しない

CDSは本当にやばいの? ・残高7500兆円(正確なところは不明) ・CDSから間接的な要因でもコケるリスクがじわじわ高まってきている ・根本的に回復する見通しがないのでどこかが倒れるとデフォルトする 調べた限りですと、CDSそのものはもちろんやばいままです。 解決の見通しはなさげです。 ストレステストにおける脆弱性の発覚から始まり評価低下、CDS、株価下落を抑えるための応急処置的なCoCo債などの複数の要因が絡まってどんどんジリ貧になっている模様です。 この記事の信憑性 私(草猫店長)はこれまで仮想通貨目線で貨幣とは何かから、フィンテック業界の動向、経済に関することを仮想通貨と絡めながら400記事を更新してきました。 デジタルマネーの目線を持つ人からの世界経済についての解説として読んでみてください。 特に痛手となったのはフォルクスワーゲンのCo2排出量の偽装における罰金(1兆3000億円)です。 ドイツ銀行はフォルクスワーゲンのCDSを持っていたので倒産して道連れになるわけには行かずに、巨額の出資を行い罰金を間接的に支払いました。 メディアでは資本率が回復した、とかヘッジファンドとして出資が現れた、なども報道されています。 しかし、800億円のトレード損失の噂や中国の巨大派閥が筆頭株主になってからは巨額マネーロンダリングの噂など、負のスパイラルでしかない事件も多いです。 唯一救いなのをいえば2018年度は給料や人員を削減してスリム化したことにより黒字転換を14年来のに果たしたそうです。 (約430億円の純利益) とはいえ、ギリシャの国債CDS(50兆円)などを抱えているドイツ銀行からするとスズメの涙ではないでしょうか。 2018年度の業績に関しては を参考にしてみてください。 CDSとはそもそもなに:復習 さて、CDSってよくわかんない。 という人も多いと思うので解説します。 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは、信用リスクを対象とする金融派 生商品であるクレジット・デリバティブの最も基本的かつ代表的な商品です。 取引の 外形は「保証」や「信用保険」に類似し、補償を受ける当事者(保証でいう被保証人)は、 取引の対象となる信用リスクを、補償を提供する当事者(保証でいう保証人)に移転 します。 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは、企業の負債が返済されない(不履行)際に負債を代理で保証する契約(デリバディブの金融商品の一種)のことです。 負債を代理で保証する機関や組織は代わりに保証料を受け取ります。 倒産保証や債務保証に良く例えられます。 身近な例でいえば借金の連帯保証人に少し近いかもしれません。 奨学金の機関保証は返済されなかった場合に肩代わりになってくれますが、その代わり保証料が上乗せされますね。 架空のA社がドイツ銀行から1億円の社債を保証(プロテクション)してもらうフローです。 万が一、B社がコケた場合に元本の1億円をドイツ銀行が保証します。 保証金の2パーセント(年利)はあくまで例です。 倒産後はドイツ銀行が元本(社債の時価)を支払わなければなりません。 一般的にはオークション決済で時価が決まります。 CDSは専門用語が間にたくさん入ってわかりにくいですよね〜 プロテクション=保証のこと プレミアム=保証をもらうために支払う保証料のこと クレジットイベント=保証(債権の元本)を支払うイベントのこと カウンターパーティーリスク=ドイツ銀行(例)が破綻して保証金を支払えなくなるリスクのこと ちなみに、CDSは一般的には債権に対して保証金の支払いが生じるわけですが、実際には債権なしでもCDSは組めるようになっているらしいです。 つまり債務を受け入れる銀行側は無の状態からCDSで利回りをもらえるということです。 CDSの種類 CDSと一口に言っても種類がたくさんあります。 対象にする組織によってCDS内容が変わってきます。 証券化商品に関してはRMBS、CMBS、ABS、ABS CDOとCDSが派生します。 ドイツ銀行は企業に貸付を行なっていたので企業に対するCDSが中心になりますね。 ドイツ銀行の場合はリーマンショックの時とどう違う? 『マネー・ショート』 誰もが予測できなかったリーマンショックを見事に予測し、巨額の利益を手にした4人の実話を元にして作られた作品です。 正直専門用語が多く知識が何もない私は見ててあまり詳しくは分かりませんでしたが、鑑賞後虚しいような、しかし言葉では表せない感情を抱きました。 — ユウスケ Mwhitetiger0822 リーマンショックの際もCDSの仕組みによって支払い不能となってドミノ倒しで多数の不良債権が生じました。 CDSを買っていた(保証する側)は保証金を支払えなくなり破綻しかねませんでした。 しかしリーマンショックの際に登場したAIGが金融期間に資金投入して救済することによって債権を支払うことができてなんとか更なるドミノ倒しから救うことができました。 (AIGもアメリカ政府から資金を注入してもらっています) 一方でドイツ銀行はどうかというとAIGではま買えないりょののCDS残高は連鎖を繰り返しておりハッキリとした数字はわからないのですがおよそ7500兆円ほどの残高を抱えているそうです。 日本のGDPは500兆円です。 どれだけ大きいのかはいうまでもありませんね。 実際に返済する際の元本は一説によると260兆円と言われていますが、どのみちAIGではとても救済できません。 投資レーティングも下がってしまった ブルームバーグによると、現在のドイツ銀行は金融業界の中でもっとも低い投資レーティングになっているとのことです。 基本的なリスク管理の許容範囲を超えている あくまで一般論として自己資本を上回るリスクを持つことは自己破綻への条件でしかありません。 ドイツ銀行は金融工学を学んだエリート揃いがいたはずですが、7500兆円ものドイツGDP19倍のリスクは過剰なのはいうまでもがなですよね。 そして近隣諸国のデフォルトや大企業の倒産、中国経済のバブル崩壊などなど、債務不履行になる可能性が日に日に大きくなっているように見えます。 穴だらけの泥舟ですね。 CDSでは営業マンが歩合制であぶく銭を得ていた マイナス金利によって収入頭を得るためのCDSでもありましたがそれは一側面です。 実際はCDSを販売していた人の中には100億円を稼いでいた人がいるそうです。 (ひどすぎ) 歩合制でしかもCDS(デリバディブ)というのは無から有を生み出している金融商品です。 性質はギャンブルと似ているところもあります。 「投資」ではなく「投機」と呼ばれています。 私がもしも完全に利己的な人間で同じ立場であれば、自分が退職か、辞める時までに崩壊しないCDSをそれっぽい理由で契約しまくってあぶく銭を稼いだらトンズラします。 憶測しても仕方ありませんがそういう人がいたのかもしれませんね。 人間の欲は尽きないですからね。。 詳細はわかりませんが普通はどこかで歯止めが来るはずです。 そもそも7500兆円も残高が溜まる前にストッパーがかかっていたはずで資本主義らしい欲深い事情がありそうなネタです。 CDS(デリバディブ)でドイツ銀行が破綻 まとめ CDSは時間の問題でデフォルトというのがまとめになります。 コメルツ銀行と合併してもたかがしれてそうです(コメルツ銀行の株価は6ユーロ) CDSそのものが原因ではないですが、CDSを皮切りにどんどんジリ貧になってきています。 日本とは直接関係ないと思う人もいるかもしれませんが、世界を巻き込む恐慌なので日本にも関わってきます。 根拠としてはわずか1年間で500万?ほどの企業が倒産し始めていて、実質的にバブルが崩壊中とも言われる中国があります。 中国とドイツも関わっていますから、共倒れになれば、ソフトバンクのような中国に社債を残しまくっている企業も大ダメージを受ける可能性があります。 個人でできることといえば、資産の一部を別の通貨に切り替えることくらいですね。 仮想通貨は金融危機のたびに資産逃避先としてよく選ばれています。 (ただし、自国の経済が仮想通貨のボラティリティよりマシだという国がメインですが) 資産の数パーセントでも仮想通貨(暗号資産)に手を付けるのは大アリだと思いますよ。 ビットコインバーゲンでは1万円から始める仮想通貨を推奨しています。 仮想通貨は儲けるよりも遊ぶつもりで手をつける方が健全だと思っています。 の記事で詳細があります。 国がキャッシュレスに2019年の予算案で2798億円を投じつつ、大手が参入しているくらい普及しています。 ていざという時にいつでも準備できるように保有してみる経験があった方が良いと思いますよ。

次の

ドイツ銀行の破綻はあるのか、過去記事をチェックして要点を学ぶ:日経ビジネス電子版

ドイツ 銀行 破綻 しない

Contents• ドイツ銀行大ピンチ!?破綻するとリーマンショック以上の危機が起こる可能性も。 ドイツ銀行は、設立から150年近い歴史がある誇る超名門の民間投資銀行です。 ですが、ここ最近は投資業務が非常に上手くいってないらしく、多額の損失を出していると言われています。 2007年から坂を転げ落ちるように落ちていますが、現在はレンジの最下限近くであり、ここをクリアに破るとドイツ銀行の破綻がいよいよ現実味を帯びてくるのではないかと考えています。 ドイツ銀行が万が一破綻をしてしまうと、リーマンショック以上の金融危機が発生すると言われています。 その理由としては色々とあるのですが、要するに扱っている金額が大き過ぎるわけです。 例えばドイツ銀行が大量に保有している「CDS」という金融商品は残高が7500兆円ほどあるそうですが、これぐらい意味のわからないレベルでお金を扱っている銀行が破綻をすれば、連鎖的な銀行の破綻等は免れないと言われています。 また、ドイツ銀行が破綻をするきっかけとしては、取引先として関係が深い、トルコの破綻、中国のバブル崩壊などが予想として挙げられています。 これらが起これば、一発で破産の危機を迎えそうです。 ドル円ユーロドルはその時どうなる? これについて具体的な事は起きてみないと分かりません。 ですがユーロドルやドル円、そしてなによりユーロ円がとんでもない暴落をするのは間違いないでしょう。 例えば、スイスフランショックや先日のフラッシュクラッシュのようなレベルで、ストップもかからず暴落するような状態になる可能性も十分にあり得ます。 こちらはユーロドルの月足チャートですが、非常に危険な形です。 ドイツ銀行が破綻なら、恐らくギリシャショック時の安値を抜いて、パリティ 等価値 を目指す展開となりそうです。 ちなみにパリティまでは後1160pipsぐらいですが、流石にそこでは一度止まるのではないでしょうか。 ドル円に関しては、一応下がるとは思いますが、一番の問題はユーロなので、どこまで落ちるかは結構未知数な部分があります。 一番危ないのはユーロ円ですかね。 こちらは凄まじい事になりそうです。 ドイツ銀行危機について個人的に思う事。 という風にドイツ銀行危機について書いてみましたが、個人的な本音を書けば「恐らくドイツ銀行はまだまだ破綻には至らないし、万が一トルコ破綻や中国バブル崩壊を経由せずそうなるとしても、ユーロドルと株価のチャートを見ておけば事前に気づくだろ」と思っています。 流石に破綻前はインサイダー等で下降トレンドが出来ているでしょうから、ユーロドルや株価がガンガン安値を掘っているような地合いで安易な逆張りさえしなければ、暴落に巻き込まれるリスクはかなり軽減されるはずです。 何より、ここまで言われているとそう簡単には倒れないと思っています 笑 誰かしら手を差し伸べようとはするでしょうし、まだまだドイツ銀行自体の体力もあると考えています。 決して楽観視しているわけではありませんが、現状はそこまで過敏になる必要は無いのではないでしょうか。 まとめ• ドイツ銀行は現在株価が低迷しており、危険な水準にいると言えます。 中国とトルコも危ない地合いなので、これと結びつけて考えてている方も多いようです。 万が一破綻という事になれば、ユーロドルはパリティを目指す事になりそうです。 流石に破綻前は何かしらのサインを出すと思われます。 ある日突然「解散!」とはならないでしょう。 ユーロドルが現在のレンジを抜ければ、要警戒ですね。 今回はこのような感じで考察をしてみました。 また何か考えが変わったり、自体に進展があったとすれば、ツイッターに書くかブログに書きます。 怖がっていたら結局何も出来なくなるので、私はこの件に関してはもうあまり気にしていないようにします。 それと、ショートで一発当ててやろうとは全く思っていないです。 なんとか躱す事が出来ればとしか考えていません。 こんな考えだからダメなんですかね 笑.

次の