心理 カウンセラー。 心理カウンセラーになるには資格が必要?|心理資格ナビ

心理カウンセラーになるには資格が必要?|心理資格ナビ

心理 カウンセラー

心理カウンセラーはどんな仕事を行うのか 心理カウンセラーは、ストレスや悩みを抱える相談者と対面し、相談者の置かれている状況や環境・心理状態を把握したうえで、カウンセリングや心理テストを行い、問題解決へと導く仕事をします。 心理カウンセラーが活躍できる場は、医療機関や学校・企業・地方公務員があり、独立して開業することも可能です。 実際は心理カウンセラーという名前の仕事がある訳ではなく、心理カウンセリングをする人達を総称して心理カウンセラーと呼びます。 また、資格を持っていなくても心理カウンセラーを名乗ることはできます。 しかし、心理カウンセラーとして活躍したいのであれば、心理カウンセラーに携わる資格を持っていた方が、知識や技術の証明に繋がります。 資格の勉強をすることで、自分自身がより正しい知識を学ぶことができ、結果的に相談者を助けることに繋がります。 心理カウンセラーになりたい方におすすめの資格 心理カウンセラーになりたい方におすすめの資格には、心理職初の国家資格である「公認心理師」や、民間資格である「産業カウンセラー」などです。 他にもさまざまな種類があります。 ここでは、それぞれどの分野での就職に役立つのかを解説していきます。 国家資格 国家資格とは、知識・技術が一定水準であることが国から認定される資格のことです。 そのため、一般的に国家資格でないものよりも取得の難易度は高めの傾向があります。 心理カウンセラーとして生かせる国家資格は「公認心理師」だけです。 公認心理師 公認心理師は、相談者やその周囲の人に問題解決へ向けた援助を行い、心の健康に関する教育や情報提供を行います。 公認心理師は2018年12月に第1回公認心理師試験が行われたばかりなため、活躍する場所は未知の部分が多いですが、病院・学校・企業など、現在心理カウンセラーが必要とされている場での活躍が期待できます。 公認心理師の資格を持っていることにより、知識・技術があると国から証明されるので、就職には有利になっていくと言えるでしょう。 【参考URL】 教育機関の関わる資格 心理カウンセラーに生かせる資格には、教育機関の関わる資格も含まれます。 例えば、日本臨床心理士資格認定協会や日本心理学会などがあります。 詳しく解説していきましょう。 臨床心理士 臨床心理士は日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格です。 主に、投薬をせずに1対1のカウンセリングなどで相談者の問題を解決します。 臨床心理士の代表的な仕事にスクールカウンセラーがあります。 他には教育センターや教育の相談機関などに勤めることもできますし、精神科や心療内、児童相談所、老人ホーム、少年院、刑務所でのカウンセリングを行う臨床心理士もいます。 臨床心理士の需要は高まっており、民間資格のなかでも信頼度が高いため就職にはかなり有利です。 産業カウンセラー 産業カウンセラーは、日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格です。 主に、労働者が抱える問題や悩みをカウンセリングし問題解決をサポートします。 産業カウンセラーは、民間企業の人事部や医療機関、職業安定所などで活躍できます。 しかし、産業カウンセラーの需要はそこまで高くないのが実情です。 他の資格と一緒に取得することで、就職に役立てることができる資格です。 認定心理士 認定心理士は、 日本心理学会が認定する民間資格です。 認定心理士の資格には試験はありません。 日本心理学会に認定申請し、認定されることにより資格が得られます。 認定申請できる条件には、16歳以降通算2年以上の日本滞在、大学・大学院で必要な科目を修了し卒業する、日本心理学会指定の科目の単位を取得する、の3つの条件があります。 活躍の場は、療育、児童養護施設、母子生活支援施設などがあります。 しかし、認定心理士の資格だけでは就職は厳しいです。 ただ、認定心理士は、心理学の基礎知識があることの証明になりますので、持っておいて損はありません。 民間の学会が認定している資格 民間の学会が認定している資格には、メンタルケア心理士 R や認定カウンセラーがあります。 メンタルケア心理士 R メンタルケア心理士 R は、メンタルケア学術学会が認定する民間資格です。 基本的なカウンセリング技法や精神医科学・薬理学・生化学など様々な視点から心理学を学び、福祉や医療・教育などの場で活躍が期待できます。 認知度も高く、様々な分野から心理学を学んでいるため、就職にも大いに役立ちます。 認定カウンセラー 認定カウンセラーは、日本カウンセリング学会が認定する民間資格です。 認定カウンセラーの資格は必ずしもカウンセラーの職に就けるものではなく、日本カウンセリング学会のカリキュラムを修了した、という証になります。 認定カウンセラーの資格のみで就職するより、他の資格も取得しておいた方が、より就職に有利になります。 心理職初の国家資格である公認心理師 公認心理師は、2017年に誕生した心理職初の国家資格です。 文部科学省と厚生労働省が共管しています。 公認心理師は名称独占資格であり、資格を持っていなければ公認心理師は名乗れません。 多岐にわたって活躍できる場所がある 公認心理師は、臨床心理士と同じように病院をはじめ、学校・一般企業・福祉施設・警察など、多岐にわたって活躍できる場所があります。 しかし、公認心理師は国家資格として世に出回ってまだ日が浅いので、世間に公認心理師が認知されることで、より一層就職に有利になることが期待できます。 臨床心理士との違い 公認心理師は臨床心理士と仕事内容が似ていますが、公認心理師は心の健康に関する情報提供を行うのに対し、臨床心理士は調査・研究を行う点が双方の違いです。 まとめ 今回は、心理カウンセラーになるために役立つ資格や、就職に役立つ資格を紹介をご紹介しました。 公認心理師や臨床心理士のように、就職にとても有利になる資格から、認定心理士や認定カウンセラーのように知識・技術を証明する補助的な資格まで、様々な種類があります。 カウンセラーを目指す方は、ご紹介した資格を取得しておくと就職にも役立ちますので、是非参考にしてください。 精神保健福祉士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか? 神戸医療福祉専門学校なら、精神保健福祉士の国家試験合格率が 97. インターネットを利用した教材e-learningで、自宅学習もサポートします。 大学卒業後の方、社会人経験者まで様々な年齢層の学生が在籍しています。 クラスメイトは、年齢は違えど、同じ目的・目標をもった仲間なので、毎年、お互いに励まし合う雰囲気に満ち溢れています。 在校生の声 「地域の患者さんが来校し、リアルな実習ができる。 」(理学療法士科4年生) 「集中して勉強できる4年制専門学校を選びました。 」(理学療法士科4年生) >> ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!.

次の

全国の「心理カウンセラー」資格講座を一覧比較

心理 カウンセラー

Contents• 社会人からでも心理カウンセラーになれる! 心理カウンセラーには、どのようなイメージを持っていますか?やっぱり、悩みや苦しみを抱えている人の話をじっくりと聞いて、気持ちを楽にしてもらう、その手助けをする人、というイメージでしょうか。 人の心を扱う心理カウンセラーになるには、いくつもの方法があります。 というのも、 「心理カウンセラー」という資格があるわけではないからです。 そして、そういう意味では、社会人をしていても、 年齢制限なくいつからでも心理カウンセラーになれます! 資格なしで心理カウンセラーになるには 「心理カウンセラー」という資格が存在しているわけではないので、たとえ何も資格を持っていなくても、 いつでも心理カウンセラーを名乗って仕事ができます。 もちろん、実際に仕事をしていくための知識やスキルは必要になります。 そのために、例えば、• 心理学系の書籍を読んで、心理学やカウンセリングの知識を身につける• 通信講座などで心理学やカウンセリングの基礎知識を身につける といった方法がありますね。 十分に知識とスキルが身についていれば、それだけで相談者も増えるでしょうから、特にこれといって資格は必要ないかもしれません。 ただ、相談者の方に自己紹介をするときに、「心理カウンセラーです」と名乗ったとしても、「無資格なの?」と不安に思われるかもしれないので、はじめは信用を得るのは難しいかもしれません。 つまり、いつでも心理カウンセラーにはなれますが、• 相談者の方の信用を得るため にはやはり、何かしらの資格があったほうがいいでしょう。 それなりの収入を得ようとするならばなおさら、です。 スポンサーリンク 資格をとって心理カウンセラーになるには 資格を取る方法もさまざまです。 通信講座で取る方法と、通学してスクーリングで取得する方法があります。 通信講座で心理カウンセラーの資格を取る 民間団体が、心理系の資格はかなり色んな種類のものを出しています。 ざっと、見てみると、• まだまだあります…。 各資格が気になる方は、各種資格の講座のページをチェックしてみてください。 カウンセラーといっても、何に特化して勉強したいか、によって取得したいと思うものは異なりますね。 いずれも、 修了に要する期間は数ヶ月です。 例えば、産業心理カウンセラーであれば、会社でのメンタルヘルスケアについて勉強するので、カウンセリングだけでなくキャリアカウンセリングや職場環境の改善まで学べます。 また、メンタルケアカウンセラーは、公的学会資格なので履歴書にも記載できるというメリットがあるようです。 スクーリングで心理カウンセラーの資格を取る 通信ではなく、学校に通ってスクーリングという形で民間資格を取るという方法もあります。 例えば、• などが、心理学を学ぶスクールとしては代表的です。 各スクールによって取得できる資格は異なります。 日本心理カウンセラー養成学院であれば、• 認定交流分析療法士• 認定アートセラピスト• 認定コミュニケーションインストラクター• 認定心理カウンセラー2級・1級• 認定インナーチャイルドファシリテーター• 認定メンタルヘルス指導員 があります。 かなり種類は豊富ですね!続いて、日本心理学アカデミーであれば、• 心理コンサルタント• 心理カウンセラー初級/中級/上級• トークコーディネーター• メンタルトレーナー• チェンジトレーナー• 離婚セラピスト• ダイエットコンサルタント こちらも幅広い資格があります。 ダイエットコンサルタントは、いまいち心理カウンセラーでないような気もしますが、実はダイエットも、心理学的にアプローチすれば成功しやすい場合があります。 そして、ヒューマンアカデミーでは、• 米国NLP協会認定NLPプラクティショナー• 米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー• 米国NLP協会認定NLPビジネスプラクティショナー• 米国NLP協会認定NLPビジネスマスタープラクティショナー• TA(交流分析)カウンセラー• TAトレーナー• メンタルヘルス・ケアカウンセラー があります。 ヒューマンアカデミーは、NLP資格が充実しているようですね。 特に、は、人気のようです。 最近、NLPがコミュニケーション力のアップやモチベーション向上に良いということで、流行っています。 本屋にもNLP関連の書籍はたくさんありますね。 NLPの本場の米国の協会が認定している資格とのことで、履歴書でのアピールにもなりそうです! 臨床心理士または公認心理師資格を取る 資格を取るなら、• 比較的 認知度の高い「臨床心理士」、あるいは• 心理カウンセラーとして初の 国家資格である「公認心理師」 を取る、という方法もあります。 臨床心理士は民間資格ですが、心理カウンセラーの中では唯一、受験資格として指定大学院の修了が課せられていますし、これまでに医療や教育の現場で活躍してきた実績があります。 また、公認心理師は誕生して間もない資格ですが、心理カウンセラーの資格としては唯一の国家資格です。 つまり、どちらも、 社会的に信用されている資格です。 社会人が心理カウンセラーとして収入を得て生活していくには、この2つの資格のどちらか(あるいは両方)を取ることが、理想的な方法だと思いますが、受験資格を得るには、大学院で2年間勉強したり、心理系学部の大学に編入が必要だったりして、 ある程度の時間と費用(と覚悟…)が必要になります。 公認心理師の資格取得については、「」も参考にしてみてください。 時間もお金もそれほどかけられない、という場合は、これまでご紹介した他の資格を取り、あとは実力をつけていくことで就職や開業することも不可能ではありません。 まとめ 社会人が心理カウンセラーになるには、まず大きく分けて• 心理カウンセラーの資格を取らず、書籍や講座で知識・スキルを身につけていく• 相談者の信用と得るために心理カウンセラーの資格を取る の2通りがありました。 心理カウンセラーの資格としては、• 通信講座で取れる資格• スクーリングで取れる資格• 大学院修了や大学卒業が必須となる、臨床心理士と公認心理師 の3パターンがありました。 自分が置かれた状況や叶えたい夢によって、どの方法がベストなのか、少し考えてみてみましょう。 とても悩む決断だと思いますが、それを乗り越えて臨床心理士と公認心理師の資格を得た私自身は、当時を振り返ってみても、この決断は間違っていなかったなと思えています。 心理学に興味があるという人は多いと思いますが、これまで全く学んだことがなければ何から手をつけていいのかわかりま... ゲシュタルト療法という名前をお聞きになったことがある方は多いかもしれません。 でも実際にはどういうものかご存知で... 社会人になり、世の中の色んな面を見てしまったからこそ、心理カウンセラーになりたい!と思う人はけっこう多いと思い... 誰かの心の支えになりたい。 それを仕事にすることができたらもっとすばらしいな。 そのように考えている人は多いのでは... 心理学を学んでみたいけど、どんなメリットがあるのだろう?と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。 平成29年に公認心理師法が施行され、心理系資格初の国家資格「公認心理師」が誕生しました!心理系のお仕事に興味の... 認知行動療法は、うつや不安に効果的とされています。 でも、カウンセリングでしか体験できないわけではなく、実は自分... 精神分析学で知られる心理学者のジークムント・フロイトは、無意識について研究する中で、「錯誤行為」の説明をしてい... 私たちは大事なものを失ったとき、悲しみに明け暮れます。 時として、どう乗り越えていいかもわからないときがあります... これから心理系の資格を取ろうと思っている方は、臨床心理士と公認心理師、どっちを取りますか?…いえ、取るなら両方... カテゴリー• 最近の投稿•

次の

心理カウンセラーになるにはどうすればいい?その方法と必要な資格

心理 カウンセラー

心理カウンセラーと一口に言っても、様々な種類があります。 人の悩みに寄り添うのが心理カウンセラーの仕事ですが、場所によって、 人の悩みは異なってきます。 そして、人の悩みの数だけ、心理カウンセラーの種類が存在しています。 …社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格。 …文部科学省認定の財団法人日本臨床心理士資格認定協会の資格。 …学校で子供の抱える問題や親の育児の悩みの相談を受ける。 …特別民間法人中央労働災害防止協会が認定している資格。 …日本カウンセリング普及協会が認定している資格。 …自閉症や知的障害、子供から大人までを対象に問題解決する。 …公益社団法人日本心理学会が認定している民間資格。 …学校心理士認定運営機構が認定している民間資格。 …一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協議会認定の資格。 学べる学校 心理カウンセラーになるには、資格が必要になります。 ですから、心理カウンセラーを目指す方は、学校へ通って勉強する必要が 出てきます。 ここでは、心理カウンセラーについて学べる学校をいくつか取り上げみました。 …大学の心理学部、専門学校について。 …認定心理カウンセラー2級と、認定アートセラピストの資格取得。 …協会認定校を開校することも可能。 …資格取得以外に悩みを抱える人の相談を受け付ける。 …心理学について学べる人間心理科があります。 …学科と実技の試験を受けることが可能。 …30年以上の実績を持つ心理クリニックが主催。 …アメリカのマスタープラクティショナーなどの資格取得。 …産業カウンセラーの受験資格を取得可能。 心理カウンセラーによる仕事内容の解説.

次の