限界突破wifi 端末保証。 限界突破WiFiの口コミ・評判!料金・速度を他社と比較!端末のスペックは?店舗はある?海外でも使える?

限界突破WiFiはおすすめ?他の無制限ポケットWiFiとも徹底比較

限界突破wifi 端末保証

限界突破wifiの特徴 ・クラウドSIMで ドコモ・au・ソフトバンク のキャリア回線を使える ・データ容量は無制限で3日で10GBなどの速度制限は無い ・P6をOEMした独自の端末でマップ機能や翻訳機能がある ・同時接続数は最大8台まで接続可能になっている ・広告モデルに氷川きよしを採用している ・国内だけでなく世界107ヵ国でも利用できる 限界突破wifiを簡単にまとめると、2019年12月時点では、最先端のモバイルWiFiサービスといって問題ないです。 限界突破wifiの口コミ評判 限界突破wifiが発表されて、わたしがすぐにレビューしてYouTubeに投稿したところ、2019年12月4日時点で7万回以上視聴されています。 限界突破wifiに関しての動画では、YouTubeで一番再生されています。 この動画には、100件以上のコメントがついているので、 限界突破wifiの口コミ評判が気になる人にとっては、すごく参考になると思います。 さっそく反響の多いコメントを中心にピックアップして紹介します。 このように、大画面であるがゆえ、ディスプレイ割れ(液晶割れ)を心配する人がいました。 それとバッテリー持ちを心配する人が多いようです。 これらのコメントに対しては、いいねが多く押されている状況です。 また、どんなときもWiFi、FUJIWiFi、WiMAXなど他社のWiFiサービスと比較しても、限界突破wifiの方が良さそうということから、限界突破wifiを申し込んでいる人も多いようです。 さらには、限界突破wifiを運営するエックスモバイル株式会社の木野社長もコメントしていました。 限界突破wifiの6つのデメリット ・2年契約の縛りがある ・端末が大きい ・接続端子がType-C端子 ・起動が遅い ・口座振替もできるけどすごく高くなる ・端末が1種類で選べない 限界突破WiFiの最大のデメリットは、2年契約の縛りがあるということです。 どんなときもWiFiやMugenWiFiなども同じように2年契約ですから、申し込みの際にはしっかり契約内容を確認しましょう。 2年以内に解約する場合は、18000円の解約違約金が発生します。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 解約違約金 24ヶ月未満:18000円 契約更新月:0円 それ以降:5000円 12ヵ月未満:19000円 24ヶ月未満:14000円 契約更新月:0円 それ以降:9500円 契約更新月 3ヶ月間 1ヶ月間 端末返却 返却義務なし 返却義務あり 2019年10月に契約した場合、2021年10月~12月が契約更新月となり、この3ヶ月以内に解約すれば、解約違約金は発生しません。 それ以降は、1年契約の更新となります。 どんなときもWiFiは、契約更新月が1ヶ月なので、これは大きな違いと思います。 いずれにしても、2年契約が最大のデメリットであり、それ以外はあまり気にならないですね。 端末が大きいので、片手操作がしにくいのと、ディスプレイ割れの心配があるぐらいで、そこまで気になりません。 また、Type-Cというのは、新しい規格なので良いと思うのですが、わたしが持っているモバイルバッテリーなどがすべてマイクロUSB端子なので、使い回しが効かないぐらいです。 これもそこまで気になりません。 端末の起動については、3分前後かかります。 どんなときもWiFiやMugenWiFiのU2sは1分ぐらいで起動するのですが、そもそもデータ容量は無制限だし、ずっと電源を入れて起動しておけばいいだけなので、これもあまり気になりません。 口座振替ができるのはメリットのように感じますが、クレジットカード払いと比較すると、2万円以上も高くなりますから、おすすめできません。 また口座振替はネット申し込みには対応していなくて、エックスモバイルショップで店頭申し込みに限られています。 わたしはクレジットカード払いをおすすめしているので、これもそこまで気になりません。 あと端末が1種類で、色は黒のみです。 これもそこまで気になりません。 ただ2020年春までにはカラーバリエーションが増えるかもしれないというウワサがあります。 iPhoneのように、白とか赤とかゴールドとかが出れば、選択肢が増えていいですね。 いずれにしても、限界突破wifiのデメリットは、重箱の隅をつつくように探して、6つをピックアップしましたが、 やはり気になるのは 2年契約の縛りがあるということが最大のデメリットです。 限界突破wifiの8つのメリット 限界突破wifiのメリットについて解説します。 限界突破wifiの8つのメリット ・データ容量無制限で速度制限を気にすることなく利用できる ・クラウドSIMの技術で3キャリアの回線を利用できる ・初期費用が無い ・月額料金がシンプルでわかりやすい ・更新月が3ヶ月ある ・端末の返却義務がない ・国内だけではなく海外でも利用できる ・アップデートが頻繁にある ・全国に店舗(エックスモバイルショップ)がある 限界突破WiFiの最大のメリットは、たくさんあります。 いま流行のクラウドSIMで、データ容量が無制限で、さらに3日で10GBといった速度制限もありません。 さらに料金がわかりやすくシンプルで安いのも素晴らしいです。 人気のどんなときもWiFiと比較すれば、より分かりやすいです。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 契約期間 2年 2年 月額料金 3500円 3480円 2年目以降料金 3500円 3980円 初期費用 0円 3000円 端末費用 0円 0円 初月の日割り計算 あり あり 2年総額 84000円 86520円 率直な感想としては、どんなときもWiFiは2019年4月にスタートしたWiFiサービスですが、限界突破wifiは2019年10月にスタートしたサービスなので、後発組としてかなりどんなときもWiFiを意識したサービスと思います。 口コミ評判にもあったように、どんなときもWiFiよりも良いWiFiサービスと評価して問題ないですね。 また、端末の返却義務がないというのも、かなり好評です。 まだはじまったばかりのWiFiサービスですが、アップデートも頻繁に行われており、今後さらに良いWiFiサービスになっていくのではないかと期待できます。 さらにエックスモバイルショップが全国にあるということも高評価ですね。 わたしのようなガジェットに詳しい人であれば、ネットで完結できるのですが、世の中のほとんどの人はそうではないですもんね。 いろいろネットで調べてみたけど、不具合の原因がわからない時、メールや電話しかサポートが無いと不安になるものです。 でも限界突破wifiは、100以上の店舗があり、今後さらに出店していくようなので、いざ困ったことがあれば対面して相談できるのは素晴らしいと思います。 実際にわたしも をしましたが、やっぱり店頭対応があるのはすごく良いな。 と思いました。 限界突破wifiの解約方法 限界突破WiFi の解約は、2年以内だと18000円の解約違約金が発生します。 ここで注目なのは契約更新月です。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 解約違約金 24ヶ月未満:18000円 契約更新月:0円 それ以降:5000円 12ヵ月未満:19000円 24ヶ月未満:14000円 契約更新月:0円 それ以降:9500円 契約更新月 3ヶ月間 1ヶ月間 端末返却 返却義務なし 返却義務あり 限界突破WiFiの契約更新月は、3ヶ月もあります。 2019年10月に契約した場合、2021年10月~12月が契約更新月となり、この3ヶ月以内に解約すれば、解約違約金は発生しません。 それ以降は、1年契約の更新となります。 どんなときもWiFiは、契約更新月が1ヶ月なので、これは大きな違いと思います。 検討できる期間が1ヶ月か3ヶ月かは、個人的に大きいと思いますね。 最近のモバイルWiFi業界の流れは、契約期間が無い(=解約違約金が無い)のが主流になりつつあったのですが、限界突破WiFiは、あえて契約期間を2年に設定しています。 個人的に思ったのは、限界突破WiFiは、完全にどんなときもWiFiをライバル視していると感じました。 それと、さらに注目なのは、解約時にレンタル端末を返却するのが当たり前ですが、限界突破WiFiは返却義務がないということです。 この 返却の義務が無いというのは大きいですね。 どんなときもWiFiは、返却しなければ、弁済金として18000円を請求されることになります。 限界突破WiFiが、なぜ端末返却を義務付けないかは、理解できませんが、いずれにしても、完全にどんなときもWiFiをつぶしに来ている感じですね。 解約条件で比較すれば、限界突破WiFiの方がメリットが多いと判断せざる負えません。 ふじもんおすすめWiFi 限界突破wifiの補償 限界突破WiFi の端末補償は月額500円です。 をしっかりチェックしました。 限界突破WiFiの端末補償は、月額500円ですが、初月は日割り計算もしてくれるようです。 初月だからといって、補償プランに加入は、必須ではありません。 料金が100円違います。 僅差ではありますが、補償についてはどんなときもWiFiの方が良いですね。 個人的に、わたしはどんなときもWiFiの補償プランに加入していないです。 ですからこういった補償プランの料金というよりは、初月だけは加入必須という他のWiFiサービスと比べると、限界突破WiFiの補償プランの設定は、全然OKと思いました。 余談ですが、利用規約を細かくチェックしたところ、そもそもエックスモバイルはこういった補償は、通常700円で設定しているようです。 これを500円に設定した理由は、できるだけどんなときもWiFiに負けないように料金設定したと感じました。 どんなときもWiFiの端末は液晶表示も無いし、壊れにくいと思うのですが、限界突破WiFiの端末はタッチパネルだし故障する可能性は、どんなときもWiFiの端末と比べて高いと予測できます。 そんな中で、500円で設定してきたところに、ちょっとだけセンスを感じました。 とはいえど、補償についてはどんなときもWiFiの方が好条件です。 限界突破wifiの海外利用 限界突破WiFi は、海外でも利用することは可能です。 107ヵ国に対応しています。 海外での利用料金は、月額3500円以外に必要になります。 渡航エリアによって料金は異なりますが、参考までにアジアの料金を掲載しておきます。 わたしが大好きなインドネシアのバリ島で使うことを想定すると、1日380円~利用することが可能です。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 海外対応 107ヵ国 107ヵ国 利用料金 1日380円~ 1日1280円~ 補足 翻訳アプリ 地図アプリ どんなときもWiFiもクラウドSIMに対応しているのですが、料金が1日1280円~です。 ちなみにどんなときもWiFiは1日1GBで1280円です。 だから限界突破WiFiで1GBを使うと、980円です。 こう見ても、 限界突破WiFiの海外利用条件は、どんなときもWiFiをうわまわっている感じです。 ただここは言っておきたいのですが、どんなときもWiFiの海外利用の料金プランは元々すごいです。 例えば、海外WiFiサービスで最も有名な は1日2000円ぐらいしますし、日本の空港でレンタルした時から課金されています。 それに対してどんなときもWiFiは、現地で電源を入れたタイミング(WiFiを使ったタイミング)で課金が発生します。 限界突破WiFi の運営会社はエックスモバイルという会社です。 エックスモバイル社について、気になる人もあると思うのですが、わたしがしっかり取材してきました。 エックスモバイルの社長である木野将徳氏に、限界突破wifiの誕生秘話や、別事業(スゴイ電話)などの話もしっかり聞いてきました。 会社名 エックスモバイル株式会社 住所 東京都渋谷区神宮前5-25-4 BARCA3F 代表者 木野将徳 ホームページ 電話問い合わせもあります。 まとめ まとめます。 限界突破WiFi は どんなときもWiFi よりも好条件と判断しました。 限界突破WiFiは、間違いなく人気が出ると感じます。

次の

どんなときもWiFi VS 限界突破WiFi|評判・料金・速度・性能を徹底比較

限界突破wifi 端末保証

限界突破wifiの特徴 ・クラウドSIMで ドコモ・au・ソフトバンク のキャリア回線を使える ・データ容量は無制限で3日で10GBなどの速度制限は無い ・P6をOEMした独自の端末でマップ機能や翻訳機能がある ・同時接続数は最大8台まで接続可能になっている ・広告モデルに氷川きよしを採用している ・国内だけでなく世界107ヵ国でも利用できる 限界突破wifiを簡単にまとめると、2019年12月時点では、最先端のモバイルWiFiサービスといって問題ないです。 限界突破wifiの口コミ評判 限界突破wifiが発表されて、わたしがすぐにレビューしてYouTubeに投稿したところ、2019年12月4日時点で7万回以上視聴されています。 限界突破wifiに関しての動画では、YouTubeで一番再生されています。 この動画には、100件以上のコメントがついているので、 限界突破wifiの口コミ評判が気になる人にとっては、すごく参考になると思います。 さっそく反響の多いコメントを中心にピックアップして紹介します。 このように、大画面であるがゆえ、ディスプレイ割れ(液晶割れ)を心配する人がいました。 それとバッテリー持ちを心配する人が多いようです。 これらのコメントに対しては、いいねが多く押されている状況です。 また、どんなときもWiFi、FUJIWiFi、WiMAXなど他社のWiFiサービスと比較しても、限界突破wifiの方が良さそうということから、限界突破wifiを申し込んでいる人も多いようです。 さらには、限界突破wifiを運営するエックスモバイル株式会社の木野社長もコメントしていました。 限界突破wifiの6つのデメリット ・2年契約の縛りがある ・端末が大きい ・接続端子がType-C端子 ・起動が遅い ・口座振替もできるけどすごく高くなる ・端末が1種類で選べない 限界突破WiFiの最大のデメリットは、2年契約の縛りがあるということです。 どんなときもWiFiやMugenWiFiなども同じように2年契約ですから、申し込みの際にはしっかり契約内容を確認しましょう。 2年以内に解約する場合は、18000円の解約違約金が発生します。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 解約違約金 24ヶ月未満:18000円 契約更新月:0円 それ以降:5000円 12ヵ月未満:19000円 24ヶ月未満:14000円 契約更新月:0円 それ以降:9500円 契約更新月 3ヶ月間 1ヶ月間 端末返却 返却義務なし 返却義務あり 2019年10月に契約した場合、2021年10月~12月が契約更新月となり、この3ヶ月以内に解約すれば、解約違約金は発生しません。 それ以降は、1年契約の更新となります。 どんなときもWiFiは、契約更新月が1ヶ月なので、これは大きな違いと思います。 いずれにしても、2年契約が最大のデメリットであり、それ以外はあまり気にならないですね。 端末が大きいので、片手操作がしにくいのと、ディスプレイ割れの心配があるぐらいで、そこまで気になりません。 また、Type-Cというのは、新しい規格なので良いと思うのですが、わたしが持っているモバイルバッテリーなどがすべてマイクロUSB端子なので、使い回しが効かないぐらいです。 これもそこまで気になりません。 端末の起動については、3分前後かかります。 どんなときもWiFiやMugenWiFiのU2sは1分ぐらいで起動するのですが、そもそもデータ容量は無制限だし、ずっと電源を入れて起動しておけばいいだけなので、これもあまり気になりません。 口座振替ができるのはメリットのように感じますが、クレジットカード払いと比較すると、2万円以上も高くなりますから、おすすめできません。 また口座振替はネット申し込みには対応していなくて、エックスモバイルショップで店頭申し込みに限られています。 わたしはクレジットカード払いをおすすめしているので、これもそこまで気になりません。 あと端末が1種類で、色は黒のみです。 これもそこまで気になりません。 ただ2020年春までにはカラーバリエーションが増えるかもしれないというウワサがあります。 iPhoneのように、白とか赤とかゴールドとかが出れば、選択肢が増えていいですね。 いずれにしても、限界突破wifiのデメリットは、重箱の隅をつつくように探して、6つをピックアップしましたが、 やはり気になるのは 2年契約の縛りがあるということが最大のデメリットです。 限界突破wifiの8つのメリット 限界突破wifiのメリットについて解説します。 限界突破wifiの8つのメリット ・データ容量無制限で速度制限を気にすることなく利用できる ・クラウドSIMの技術で3キャリアの回線を利用できる ・初期費用が無い ・月額料金がシンプルでわかりやすい ・更新月が3ヶ月ある ・端末の返却義務がない ・国内だけではなく海外でも利用できる ・アップデートが頻繁にある ・全国に店舗(エックスモバイルショップ)がある 限界突破WiFiの最大のメリットは、たくさんあります。 いま流行のクラウドSIMで、データ容量が無制限で、さらに3日で10GBといった速度制限もありません。 さらに料金がわかりやすくシンプルで安いのも素晴らしいです。 人気のどんなときもWiFiと比較すれば、より分かりやすいです。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 契約期間 2年 2年 月額料金 3500円 3480円 2年目以降料金 3500円 3980円 初期費用 0円 3000円 端末費用 0円 0円 初月の日割り計算 あり あり 2年総額 84000円 86520円 率直な感想としては、どんなときもWiFiは2019年4月にスタートしたWiFiサービスですが、限界突破wifiは2019年10月にスタートしたサービスなので、後発組としてかなりどんなときもWiFiを意識したサービスと思います。 口コミ評判にもあったように、どんなときもWiFiよりも良いWiFiサービスと評価して問題ないですね。 また、端末の返却義務がないというのも、かなり好評です。 まだはじまったばかりのWiFiサービスですが、アップデートも頻繁に行われており、今後さらに良いWiFiサービスになっていくのではないかと期待できます。 さらにエックスモバイルショップが全国にあるということも高評価ですね。 わたしのようなガジェットに詳しい人であれば、ネットで完結できるのですが、世の中のほとんどの人はそうではないですもんね。 いろいろネットで調べてみたけど、不具合の原因がわからない時、メールや電話しかサポートが無いと不安になるものです。 でも限界突破wifiは、100以上の店舗があり、今後さらに出店していくようなので、いざ困ったことがあれば対面して相談できるのは素晴らしいと思います。 実際にわたしも をしましたが、やっぱり店頭対応があるのはすごく良いな。 と思いました。 限界突破wifiの解約方法 限界突破WiFi の解約は、2年以内だと18000円の解約違約金が発生します。 ここで注目なのは契約更新月です。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 解約違約金 24ヶ月未満:18000円 契約更新月:0円 それ以降:5000円 12ヵ月未満:19000円 24ヶ月未満:14000円 契約更新月:0円 それ以降:9500円 契約更新月 3ヶ月間 1ヶ月間 端末返却 返却義務なし 返却義務あり 限界突破WiFiの契約更新月は、3ヶ月もあります。 2019年10月に契約した場合、2021年10月~12月が契約更新月となり、この3ヶ月以内に解約すれば、解約違約金は発生しません。 それ以降は、1年契約の更新となります。 どんなときもWiFiは、契約更新月が1ヶ月なので、これは大きな違いと思います。 検討できる期間が1ヶ月か3ヶ月かは、個人的に大きいと思いますね。 最近のモバイルWiFi業界の流れは、契約期間が無い(=解約違約金が無い)のが主流になりつつあったのですが、限界突破WiFiは、あえて契約期間を2年に設定しています。 個人的に思ったのは、限界突破WiFiは、完全にどんなときもWiFiをライバル視していると感じました。 それと、さらに注目なのは、解約時にレンタル端末を返却するのが当たり前ですが、限界突破WiFiは返却義務がないということです。 この 返却の義務が無いというのは大きいですね。 どんなときもWiFiは、返却しなければ、弁済金として18000円を請求されることになります。 限界突破WiFiが、なぜ端末返却を義務付けないかは、理解できませんが、いずれにしても、完全にどんなときもWiFiをつぶしに来ている感じですね。 解約条件で比較すれば、限界突破WiFiの方がメリットが多いと判断せざる負えません。 ふじもんおすすめWiFi 限界突破wifiの補償 限界突破WiFi の端末補償は月額500円です。 をしっかりチェックしました。 限界突破WiFiの端末補償は、月額500円ですが、初月は日割り計算もしてくれるようです。 初月だからといって、補償プランに加入は、必須ではありません。 料金が100円違います。 僅差ではありますが、補償についてはどんなときもWiFiの方が良いですね。 個人的に、わたしはどんなときもWiFiの補償プランに加入していないです。 ですからこういった補償プランの料金というよりは、初月だけは加入必須という他のWiFiサービスと比べると、限界突破WiFiの補償プランの設定は、全然OKと思いました。 余談ですが、利用規約を細かくチェックしたところ、そもそもエックスモバイルはこういった補償は、通常700円で設定しているようです。 これを500円に設定した理由は、できるだけどんなときもWiFiに負けないように料金設定したと感じました。 どんなときもWiFiの端末は液晶表示も無いし、壊れにくいと思うのですが、限界突破WiFiの端末はタッチパネルだし故障する可能性は、どんなときもWiFiの端末と比べて高いと予測できます。 そんな中で、500円で設定してきたところに、ちょっとだけセンスを感じました。 とはいえど、補償についてはどんなときもWiFiの方が好条件です。 限界突破wifiの海外利用 限界突破WiFi は、海外でも利用することは可能です。 107ヵ国に対応しています。 海外での利用料金は、月額3500円以外に必要になります。 渡航エリアによって料金は異なりますが、参考までにアジアの料金を掲載しておきます。 わたしが大好きなインドネシアのバリ島で使うことを想定すると、1日380円~利用することが可能です。 限界突破WiFi どんなときもWiFi 海外対応 107ヵ国 107ヵ国 利用料金 1日380円~ 1日1280円~ 補足 翻訳アプリ 地図アプリ どんなときもWiFiもクラウドSIMに対応しているのですが、料金が1日1280円~です。 ちなみにどんなときもWiFiは1日1GBで1280円です。 だから限界突破WiFiで1GBを使うと、980円です。 こう見ても、 限界突破WiFiの海外利用条件は、どんなときもWiFiをうわまわっている感じです。 ただここは言っておきたいのですが、どんなときもWiFiの海外利用の料金プランは元々すごいです。 例えば、海外WiFiサービスで最も有名な は1日2000円ぐらいしますし、日本の空港でレンタルした時から課金されています。 それに対してどんなときもWiFiは、現地で電源を入れたタイミング(WiFiを使ったタイミング)で課金が発生します。 限界突破WiFi の運営会社はエックスモバイルという会社です。 エックスモバイル社について、気になる人もあると思うのですが、わたしがしっかり取材してきました。 エックスモバイルの社長である木野将徳氏に、限界突破wifiの誕生秘話や、別事業(スゴイ電話)などの話もしっかり聞いてきました。 会社名 エックスモバイル株式会社 住所 東京都渋谷区神宮前5-25-4 BARCA3F 代表者 木野将徳 ホームページ 電話問い合わせもあります。 まとめ まとめます。 限界突破WiFi は どんなときもWiFi よりも好条件と判断しました。 限界突破WiFiは、間違いなく人気が出ると感じます。

次の

限界突破WiFiの端末補償はつけるべき?故障が怖い人は必ず読んでください!

限界突破wifi 端末保証

この記事でわかること• 話題の「限界突破WiFi」と「ZEUS WiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• ZEUS WiFi(公式): 読みたいところだけどうぞ• 限界突破WiFi:事務手数料が無料、初月が日割りで始めやすい ポケットWi-Fiを申し込むと、ほとんどの場合に事務手数料が3,000円ほど必要になります。 ただし、 限界突破WiFiは事務手数料が無料です。 また、 初月の料金も日割りになっているため、どのタイミングで申し込みをしても損になることがありません。 ZEUS WiFiも初月こそ日割りですが事務手数料の3,000円は必要になります。 2年間の合計費用はZEUS WiFiの方が安い 2年間の合計費用は月額料金が安いZEUS WiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用 限界突破WiFi ZEUS WiFi 84,000円 79,920円 やはり月額料金が圧倒的に安いZEUS WiFiの方が2年間の合計費用を抑えることができます。 初月こそ、事務手数料が無料な限界突破WiFiの方が出費が少なくて済みますが、毎月のランニングコストはZEUS WiFiの方が少ないです。 長く使うことを考えれば、できるだけ毎月の出費は抑えれた方が良いのではないでしょうか。 端末が無料でもらえる限界突破WiFi 限界突破WiFiは端末が無料でもらえます。 解約時の返却は不要ですし、使用途中で壊れてしまった場合でも弁償金は必要ありません。 なので、端末補償(月額500円)への加入は必要ないかもしれません。 通常のルーターと通信速度に違いはないですが、機能性に大きな違いがあります。 端末の違い 限界突破WiFi ZEUS WiFi 機種名 P6 H01 月額料金 3,500円 6ヶ月目まで:2,980円 7ヶ月目以降:3,280円 最大通信速度 下り:150Mbps 上り:50Mbps 連続使用時間 15時間 10時間 同時接続台数 8台 10台 サイズ 152. モバイルバッテリー、GoogleMap、翻訳アプリが内蔵されているのです。 そんな多機能ルーターにも関わらず、月額料金は3,500円となっています。 ZEUS WiFi:Wi-Fiのみで月額2,980円 対してZEUS WiFiのルーターはWiFiの機能しか付いていません。 その分価格が抑えられているといったところでしょうか。 価格か機能性か 個人的には価格重視です。 GoogleMapや翻訳アプリはスマホで使えるので特に必要はなく、モバイルバッテリーは別で持った方が安心です。 いざという時は確かに助かりますが、それよりも毎月の料金が安くなった方が個人的には助かります。 この辺りは個人差があるとは思いますので、自分の用途に合わせて検討すると良いでしょう。 ZEUS WiFi:30日以内なら違約金なしで解約可能 更新月以外の違約金 限界突破WiFi ZEUS WiFi 30日以内 18,000円 0円 1年目 18,000円 9,500円 2年目 18,000円 9,500円 3年目~ 5,000円 9,500円 ZEUS WiFiは30日以内の解約であれば違約金が不要です。 つまり、30日間は好きなだけお試しができるということになります。 初めて使うポケットWiFiで、30日も試せるのは非常にありがたい話です。 限界突破WiFi:端末が無料なので違約金が高い 限界突破WiFiは端末を無料でプレゼントしています。 おそらくそのために2年以内の違約金が18,000円とZEUS WiFiより高くなっているのでしょう。 ただし、3年目以降の違約金は5,000円と良心的になっています。 何気にポケットWiFi選びで一番大事なポイントだと私は考えています。 格安SIM事業が基盤の限界突破WiFi 限界突破WiFiを運営しているのはエックスモバイルという格安SIM事業者です。 全国に店舗を構え、対面サポートも行なっています。 会社の設立は2013年とそれほど古いわけではありませんが、資本金はなんと17億円と非常に立派な会社です。 運営者の顔が見える、透明性の高い会社と言えるでしょう。 無制限ポケットWiFiを提供する会社の中では1、2を争う大きな会社となります。 通信代理店事業が基盤のZEUS WiFi ZEUS WiFiを運営しているのはHuman Investmentという会社です。 ホームページによると、通信代理店事業がメインとなっています。 ポケットWiFiのような通信事業は初めてのようです。 本社は茨城県ですが、東京にも支店があります。 しかも、新宿イーストサイドスクエアというオフィス・商業複合施設の中にある、なかなか大きなビルの3階と4階を貸し切っているのです。 会社の規模としては、限界突破WiFiに負けていないのかもしれません。 初めての通信事業ということで、まだ不慣れな部分もあるとは思います。 ただし、電話の応対品質も悪くなかったので、今後に期待したいですね。

次の