ご多用の中ありがとうございました。 「ご多忙」と「ご多用」の意味の違いと使い分けを例文付きで解説!

「ご多用のところ」の意味と使い方・例文|メール/ありがとう

ご多用の中ありがとうございました

「返信」の意味は手紙やメールで返事をすることです。 最近のコミュニケーションツールは、日常もビジネスの場面も、手紙よりメールが主流になっています。 また、メールのやり取りにもマナーやルールがあり、相手から返信をもらったときに「ご返信ありがとうございます」と感謝を伝えることは、マナーのひとつでしょう。 「ご返信ありがとうございます」を適切に使ってメール返信ができるように、返信する相手やシーンなどを分けて、具体的な使い方などをご紹介します。 「ご返信ありがとうございました」との違い 「ご返信ありがとうございます」と「ご返信ありがとうございました」の違いは、過去形か現在形かという点です。 目安としては、メールのやり取りがどういう段階かという点です。 メールでやり取りしている内容が継続している場合には、現在形の「ご返信ありがとうございます」を使い、案件のやり取りが最後になるタイミングならば、過去形の「ご返信ありがとうございました」と、いったん区切りをつける使い方があります。 ですが、迷ったときは、「ご返信ありがとうございます」を使うのが無難です。 「ご返信ありがとうございます」の使い方 社外の目上の人と違い、上司との関係は緊張感もありますが、連帯感やある種の親しみもあるでしょう。 同じフロアで働いている上司ならば、上司のスケジュールなど様子を把握しているので、状況を踏まえて、メールの対応ができます。 上司の立場に立って、メールの内容や送信のタイミングなどを考えましょう。 」、「早速にご返信ありがとうございます。 」など、相手の状況を配慮した内容は好感を与えるでしょう。 お礼 早速にご返信ありがとうございます。 本文省略 締めの挨拶)取り急ぎメールにてお礼申し上げます。 「ご返信ありがとうございます」とメール返信に感謝の気持ちを伝え、その後の文章については、返信をもらったメールの内容に応じて作成します。 例えば、提出物の受領確認やゼミ参加の確認など、事務的な返信メールであれば、シンプルな内容の返信でいいでしょう。 ですが、、就活に関する相談など、特殊な内容に対しての返信をいただいたら、「ご返信ありがとうございます」と共に、具体的で丁重な文面の返信にすることをおすすめします。 本文省略 締めの挨拶文 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。 電話、メール、手紙の対応についてまとめた1冊ですので、とても便利に使えるでしょう。 それでは、メールで「ご返信ありがとうございいます」を使うシーンと対応について、考えてみましょう。 シーンは、社外、社内、就活として、それぞれについて下記にくわしく取り上げました。 「ご返信ありがとうございます」社外 社外とのやり取りは、担当者同士の個人としてのやり取りと、自分の所属部署を代表して先方の部署とのやり取りをする場合などがあります。 担当者同士のメールのやり取りは、業務に関する具体的なものが多いので、メールはシンプルでわかりやすい内容にします。 御礼の言い方は、「ご返信ありがとうございます」が適切でしょう。 社外の部署あてのメールは、文面も内容もあらたまったものになりますので、敬語の使い方などにじゅうぶん配慮します。 御礼を伝えるときは、「ご返信ありがとうございます」より、あらたまった言い方がいいでしょう。 「ご返信ありがとうございます」社内 社内では個人同士のメールのやり取りが多いですが、依頼や問い合わせなど、社内の各部署にさまざまなメールをする機会があります。 個人同士、対部署に対してのどちらの場合も、返信メールを受け取ったときは、受信確認の目的と共に、御礼を添えて返信しましょう。 その場合、「ご返信ありがとうございます」は適切な言い方です。 「ご返信ありがとうございます」就活 就活中は、教授、企業、OBなどとメールで連絡をとる機会がたくさんあります。 OB訪問、企業訪問、企業説明会などの事務的な通知などが、手紙やメールで行われるでしょう。 メールで事務的な通知を受けた場合、必ず返信をしましょう。 確かに受け取りましたという内容と合わせて、「ご返信ありがとうございます」と御礼を伝えます。 また、申し込みや日程調整など、自分から依頼したことに返信が来た場合も、対応してくれたことのお礼に、「ご返信ありがとうございます」を加えて返信をします。 「ご返信ありがとうございます」の前後に、心をこめた挨拶文を加えると、丁寧な印象になるでしょう。 企業あて 企業に届く、たくさんの就職希望者からのメールに対応することは、とてもたいへんな業務です。 企業から返信を受けた場合は、そのことをじゅうぶんに理解して、御礼の文章を考えましょう。 「ご返信ありがとうございます」に加え、ぜひ就職したいという気持ちを、丁重にアピールすることもおすすめします。 OB、OGあて まず、OB、OB訪問を受けてくれる人たちは、忙しい中で時間をつくってくれていることをよく理解しましょう。 訪問の依頼をしたメールに、返信が来たら必ず「ご返信ありがとございます」と御礼を入れます。 訪問を受けてもらえたなら、「このたびは、OB訪問をご承諾いただき誠にありがとうございました」などと、重ねて御礼のメッセージを入れましょう。 また、訪問を断られた場合も、「ご返信ありがとうございます」に加えて、「ご予定がつかないとのご連絡、確かにうけたまわりました。 突然のお願いにもかかわらず、ご検討いただき ありがとうございました。 」など、丁寧に御礼のメッセージを入れることをおすすめします。 OB、OGの方々にあてる文面を作るときは、社会人の先輩として、敬意を払うことを忘れないように気を付けてください。 「ご返信ありがとうございます」の例文 相手からの返信にお礼を伝える機会は、さまざまです。 社内では個人同士のメールのやり取りと、社内の各部署にとのやり取りがあります。 また、社外の場合は、実務の担当者同士でのやり取りと、会社を代表して先方の部署とのやり取りをする場合があります。 どちらの場合も、丁寧で配慮のあるメールの文面を考える必要があります。 内容やメールの相手に応じて変化をつけましょう。 就活に関するメールは、相手も内容も色々です。 自分が送信した内容に対しての返信メールは、重要な内容のものが多いでしょう。 ですから、メールにしっかり目を通して、「ご返信ありがとうございます」の御礼とともに、適切な敬語を使って返信しましょう。 以下に、それぞれのメールの例文をご紹介しましたので、ご参考になさって下さい。 例文(社内) 件名:Re:ボランティア参加についての御礼 企画推進部の皆さま お疲れ様です。 (途中省略) まだ現場が混乱しており、当日は臨機応変なご対応をお願いすることもあるかと思いますが、ご理解いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 このたびはお忙しいところ、ご返信ありがとうございます。 また、説明会参加の日程を変更いただき、誠にありがとうございました。 事前に頂いた資料を熟読し、貴社で働きたいという思いが一層強くなりました。 ご説明会に参加させていただき、より一層貴社への理解を深めたいと思っております。 何卒よろしくお願いいたします。 ご丁寧に、ご返信をいただきありがとうございます。 それでは、新卒採用の募集開始を楽しみにしております。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 「ご返信ありがとうございます」は、自分が送ったメールに返信をくれたことに感謝をしめす言い方です。 さまざまな相手に使える「ご返信ありがとうございます」に、状況に合わせた配慮のある言葉をつけ加えることで、メールを受け取った相手の印象に残るでしょう。 言葉づかいと同じく、文面は自分の印象をあらわしますので、「ご返信ありがとうございます」を活用して、コミュニケーション力を高めましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「ご多忙の中ありがとうございます」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご多用の中ありがとうございました

「 ご多用」とは? 「やるべきことが多くて忙しい状態」の尊敬語 「ご多用」は、尊敬語「ご」と用事がたくさんあるという意味の名詞「多用」から構成される敬語です。 上司や目上の人、取引先の「しなくてはならないことが多くて忙しい状態」を敬って使う言葉です。 「ご多用のところ恐縮ですが・・・」のあとに要件を記載して使います。 「ご多用のところ」、「ご多用の中」などのあとに、更に丁寧な前置きの言葉「恐縮」、「おそれいります」などを使って要件を伝える正しい敬語表現です。 しかも「ご多用」の次に続く要件には、頼み事や依頼ばかりではなく、お礼・感謝を申し添えたり、場合によってはお詫びなどにも使うことができます。 「ご多用のところ恐れ入りますが」は簡単にいうと「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味で、上司や目上の方を敬ったメールやビジネス文書などで敬語表現として使います。 「ご多用」は相手の忙しい事情や心情をくみ取って、「お忙しいのに申し訳ない」という気持ちを表しつつ、何か「頼み事」をするときに良く使われる便利な敬語表現です。 また、相手の行為や言動に対し、実際に忙しいかどうかは別にして、儀礼的に「ご多用中にもかかわらず、ご支援いただき、ありがとうございます」などとお礼を述べるときにも使います。 なお、「ご多用」は文書や手紙・メールなどで用いられますが、会話で使う事は殆どありません。 「ご多用」の趣旨を声で伝えるとしたら意味の違いのない「お忙しいところ」、「お忙しい中」を使って話すのが一般的です。 「依頼・お願い」、あるいは「お礼・感謝」を目的として「ご多用」を使うとき、後に続く言葉には様々な言い方があります。 効果的な「ご多用」の使い方と、その後に続く言葉の事例を次に示します。 「ご多用」の類語は「ご多忙」で、両方の言葉の意味については大きな違いはありません。 「用」はなすべきことを意味し、「忙」は平静な心を失ってあわただしい、いそがしいことを意味します。 「(ご)多用」は私用、公用の区別がなく用事がたくさんあって忙しいことを指します。 一方、「(ご)多忙」はこの言葉を使う相手が医者であれば診療や手術で忙しい、学生であれば勉強で忙しいと考えることできます。 このことからビジネス上で「ご多忙」を使うときには基本的には「仕事」でとても忙しいと解釈できるのです。 なお、「多忙」の「忙」には、「亡くす、失う」の意味があり、慶弔にかかわる事柄に「ご多忙」を使うのを嫌う方がおられますので気を付けましょう。 「ご多用」と「ご多忙」の同じような文章の敬語表現例文を次に示します。 前述の通り大きな意味の違いはありません。 例文はビジネス文書、メールでも使うことができます。 【例文】お願い・依頼 ・ ご多用の折(ご多忙の折)、大変恐れ入りますが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。 【例文】お礼・感謝 ・ ご多用中(ご多忙中)にも関わらず、講演会にご出席いただき誠にありがとうございました。 「ご多用」も「ご多忙」も使い方に違いはありませんが、「忙」を嫌う方がいらっしゃいますので、結婚式等で「お忙しい中」とは使わないように注意しましょう。 「ご多忙の折」と「ご多忙中」の意味に違いはなく、次に続く言葉で意図が「依頼」か「感謝」なのかが違うだけです。 また、「ご多用の折」と「ご多用中」も同じです。 ・比較的対等な立場での取引先への催促 【例文】ご多用中とは存じますが、先般、電話にてご連絡申し上げました〇〇代金請求書を今週末〇月〇日までにご郵送くださいますようお願いいたします。 ・お詫びを言いつつお願い・依頼 【例文】(依頼事項記載)~の件、ご多用のところ、大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・よく使う一般的なお願い 【例文】ご多用のところ恐縮です。 折り返しお電話をいただきたくお願い申し上げます。 ・取引先等への展示会ご案内事例 【例文】メールにて失礼いたします。 ご多用のところ大変恐縮ですが、来る〇月〇日「国際〇〇会場」にて開催予定の弊社展示会にお越しいただきたくご案内申し上げます。 「ご多用」を使って、上司や目上の方に対し敬語表現をする場合には次の二点に留意しなければなりません。 ・ よく知っている上司や目上の方 ・ 上司や目上でも親密度が薄い幹部など 親密度や接触の程度が異なった上司や目上の方を、同一に扱うことはビジネス上得策ではありません。 日常的に頻繁に接触し指示を仰ぐ上司や目上の人に対し、格式の高い敬語表現を用いると円滑なコミュニケーションに齟齬(そご)をきたすときもあります。 一方、親密度が薄い幹部に対しては、それなりに礼を尽くした敬語表現が必要となります。 格式のある敬語として「ご多用」を使わなければならない場合と、指示・回答のスピードが重要視される場合との違いを把握し上手に使い分けることが大切です。 ビジネスではスピードと合理性が優先されます。 このため格調高い敬語表現よりも物事の必要性や緊急度、重要性などを上司や目上の方に 手短に素早く報告・連絡することが大切です。 最小限の礼節を守り上司や目上の方に「 報告・連絡・相談」を心がけましょう。 以下にメールでの「ご多用」、「お忙しいところ」などを使った上司・目上の方に対する例文を示します。 【例文】 ・ ご多用のところメールにて失礼します。 先週ご指示のありました技術開発関係の書類を、別添ファイルの通り取りまとめましたのでご検討ください。 ・ ご多用中のところ恐縮ですが、添付資料のとおり次年度部内予算書(案)を作成しましたので至急お目通しください。 ・ お忙しいところ恐れ入りますが、来週の出張日程のご提出を至急お願いいたします。

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

ご多用の中ありがとうございました

(新選国語辞典 より) たぼう【多忙】 非常に忙しいこと。 また、そのさま。 「ーをきわめる」「ーな毎日」 (大辞林 より) 考察:多忙について 「多忙」は口語。 ビジネス文書では「多忙」という言葉は避ける。 「忙」という字には、立心偏(りっしんべん)に「亡」(なくなる、姿が消える)で「忙しくて心を失う」という意味があります。 悪い意味を持つ「悪字」の使用を嫌う人が、意外と少なくないそうです。 そのため、「悪字」の使用を避けた言葉を使うことは、 奥ゆかしい心遣いのある表現につながります。 ビジネスでは、知っている知ってないで局面によっては大きく評価や進捗が変わることがございます。 コミュニケーションする相手を見極め、言葉も使い分けれると粋ではないでしょうか。 「ごーのことと存じます」 (2) [名:自] 多く用いること。 「外来語をーした文章」 (新選国語辞典 より) たよう【多用】 (1)やるべき事が多く忙しいこと。 「御ー中のところあいすみません」 (2)多く用いること。 「修辞をーした華麗な文体」 (大辞林 より) 考察:多用について 「多用」は文語。 ビジネス文書では「多用」という言葉が無難。 たとえ、相手様がいそがしくないとしても、「お時間をいただきありがとうございます」という気持ちを伝える。 コミュニケーションには心遣いが必要である。 (例)ご 多用中のところ、打ち合わせのお時間をいただき誠にありがとうございます.

次の