あの世 で 俺 に わび 続けろ。 あの世で俺に詫び続けた2時間ライブ『LIVE・A・LIVE・A・LIVE 2018 鶯谷編』で液体人間になってきた

あの世で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!!とは (アノヨデオレニワビツヅケロオルステッドーーーーッとは) [単語記事]

あの世 で 俺 に わび 続けろ

ゆったりとしたキャラクターセレクト曲「SELECT・A・LIVE」からアップテンポな近未来編のバトル曲「PSYCHOで夜露死苦!! 」へのメドレーに、場内を埋め尽くしたファンたちは早くもノリノリ。 演奏直後からの大歓声に応じるように、MC役のディレクターの時田貴司氏(スクウェア・エニックス)とサウンド担当の下村陽子氏が登場すると、その声はさらに大きさを増した。 長い付き合いの両氏だけに、このイベントが開催できたことの嬉しさを軽妙な語り口で説明。 とくに、このイベントが実現に動いたきっかけが「酔った勢いでツイッターにメモをアップしたら反響がすごかった。 時田氏が「あの世で俺にー!」と叫ぶと来場者が「わび続けろー!」と叫ぶコールアンドレスポンスもバッチリきまって、会場内の温度をさらに高くした。 SF編のゲーム内ゲームのBGM「CAPTAIN SQUARE」の演奏に続いては、ゲストアーティストが登場。 当時宣伝プロデューサーを務めた岡宮道生氏がギターに加わって奏でられたのは、現代編のバトル曲「KNOCK YOU DOWN! どこか対戦格闘ゲームっぽさを感じさせる熱いギターサウンドに、来場者はひときわ湧き上がった。 興奮冷めやらぬうちに2人目のゲストとして登場したのは、声優・シンガーとして活躍する加瀬愛奈さん。 とくれば、唄うは当然、下村氏の25周年ベストアルバム『 memoria! 』に収録された、「Kiss of Jealousy」だ。 原始編のバトル曲である同曲だが、ラテンの調べはそのままに情熱的なボーカルが加わることで、まるで昭和のトレンディードラマ主題歌を彷彿とさせるアレンジとなっていた。 famitsu. html)につづいて、2度めの生披露となった。 開発者トークでは裏話続出! そして次回開催も……!? 「最初は(小学館だけでなく)複数の出版社に企画を持ちかけた」、「総勢24人のスタッフが複数人のチームに分かれ、それぞれが競うように並走して各エピソードを制作していた」、「メールや携帯電話が主流ではなかった時代なので、楽曲については内線電話でのやりとりも多かった」といった、関係者ならではのスペシャルな裏話が続出。 来場者ははじめて耳にするエピソードの数々に興奮を隠せない様子であった。 途中話が脱線して、「時田氏にプロレスラー・獣神サンダーライガーのコスチュームを競り落としてこいと仕事そっちのけで送り出された」、「休憩ルームではファイヤープロレスリングばかり遊んでいた」と、なぜかプロレスの話題続出となっていったのも、当時のチーム内の雰囲気を感じさせる一幕……かもしれない(笑)。 コーナーのシメには、下村氏がこの日のために発掘してきたという、21年前に録音されたという「GO! ブリキ大王!! 」のアレンジ音源を披露。 ボーカルのあまりの初々しさに、時田氏が苦笑いをしたままにトークはお開きとなった。 「どうにかデータをサルベージしたい」と思い出のつまった品であることをアピールしていた。 ここからは後半のライブコーナー。 まず演奏されたのは、功夫編からの「鳥児在天空飛翔 魚児在河里游泳(鳥は空を飛び、魚は河を泳ぐ)」。 ゲーム中では非常にドラマチックなシーンで流れるこの曲を、ゲストのヴァイオリン奏者・伊藤友馬氏が二胡にて演奏。 憂いのある調べに、来場者たちは当時を思い出を蘇らせているようであった。 続いての演奏は、西部編から「WANDERER」。 本物の和楽器でのアレンジとあって、楽曲のよさがさらに際立つ仕上がりとなって、場内を見事に和の雰囲気に染め上げていた。 「MEGALOMANIA」はボーカルアレンジもあるが、この日はインストゥルメンタルでの披露となった。 まったく鳴り止む様子のない拍手に応えてバンドメンバーが再登場すると、待望のアンコールがスタート。 物憂げなメロディがピアノとトランペットのみで奏でられる「届かぬ翼」、そして勇ましくも切なさを感じさせるメロディの「凛然たる戦い」がメドレーにて披露された。 アンコールに隠しシナリオである中世編の楽曲を持ってくるというニクい演出には、来場者の誰もがニヤリとしたはず。 そして大トリは、この曲ナシには終われない「GO! ブリキ大王!! ボーカルを務めた時田氏の熱唱が轟いたが、この日はモニターに歌詞を表示。 来場者も加わっての大合唱が場内に響き渡る中、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。 モニターに3番の歌詞が表示されると、ステージと客席が一体となって拳を突き上げながらの大合唱を繰り広げた。 M02:CAPTAIN SQUARE M03:KNOCK YOU DOWN! ゲスト:岡宮道生(Guitar) M04:Kiss of Jealousy ゲスト:加瀬愛奈(Vocal)、岡宮道生(Guitar) (休憩) M05:鳥児在天空飛翔 魚児在河里游泳 ゲスト:伊藤友馬(二胡) M06:WANDERER ゲスト:伊藤友馬(Violin) M07:殺陣! ブリキ大王!! ゲスト:時田貴司、加瀬愛奈(Vocal)、岡宮道生(Guitar).

次の

あの世で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!!とは (アノヨデオレニワビツヅケロオルステッドーーーーッとは) [単語記事]

あの世 で 俺 に わび 続けろ

ルクレチア王国で開かれた武闘大会で決勝戦まで勝ち進むも、決勝戦で親友でありライバルでもある オルステッドに敗れ、王女アリシアへの求婚の権利を取り損ねてしまう。 だが、アリシアが魔物によって 魔王山へと攫われた事を知った彼は、彼女を救う旅に出ようとするオルステッドを城門の外で待ち構え、 昔からのよしみで彼に同行を申し出る。 そして旅の過程で、かつて先代の魔王を倒した勇者ハッシュと その仲間だった僧侶ウラヌスとも仲間になる。 魔物達との度重なる苦闘の末、魔王山の最上階の部屋へ と足を進めた彼らは、そこで待ち受けていた魔王と遂に対決し勝利を飾る。 しかし、その魔王は偽者であった。 その事をハッシュの口から告げられたストレイボウは焦燥感に駆られ、 ハッシュが息も絶え絶えに病で死に伏せるのにも目にくれず魔王像を見回す。 すると、彼は魔王像の隠し 通路を開く仕掛けに気が付く。 その時、彼は今まで抑えていた気持ち…オルステッドを出し抜いて自分が 先にアリシアを救おうという気持ちが爆発した。 そして魔術によって、あたかも魔王山の罠の様に見せ掛 けて落盤を引き起こす。 三人で脱出する振りをして二人が出口の向こうに行った事を確認した彼は魔術を 強めて出口を落盤で塞ぎ、オルステッドとウラヌスには自分が逃げ遅れて落盤に巻き込まれて死んだと思 わせる事に成功。 彼は念願を果たす。 だが、それでも気が収まらなかったストレイボウは、オルステッドを絶望のどん底に突き落とすべく、 ルクレチアに帰って城の客室で眠っていた彼に幻覚の術をかけ、ルクレチア王を魔王に見せて殺させる事で 王殺しの罪と魔王の汚名を着せる事にも成功。 全ては旨くいったかと思ったが、牢獄内で死に際のウラヌス の助けを得て脱出したオルステッドは魔王山を再び登り、遂に隠し通路を見つけストレイボウのいる山頂 まで来る。 そこでストレイボウは、山頂に建ってあるもう一つの魔王像の隠し部屋から自ら姿を現し、冥土 の土産とばかりに事の顛末をオルステッドに明かす。 そして、自分がいくら努力しても、何においても自分 を上回るオルステッドに対してどれだけ劣等感を抱いていたか、苦しい思いをしたかを憎悪を込めて告白 した彼はオルステッドに襲い掛かる。 だが、憎しみによって以前より強大な力を得ても尚、彼は敗れ逝く ことに。 結局ストレイボウは最後の最期まで、オルステッドを超えるは無かった。 考 察 恐らくはアリシア並(若しくはそれ以上)にライブアライブ中で嫌われているキャラと言えるだろう。 決勝戦前に「遠慮は無しだ。 友達だからといって手加減などしたら許さんからな!」などと言っておきながら、 負けた後もずっと屈辱感やアリシアへの未練を引きずったまま、彼のことを親友だと信じている オルステッドの気持ちをズタズタに傷つけるような裏切り行為に出るその様は、まさに悪役と呼ぶに 相応しい。 更にその追い討ちとばかりに、ストレイボウに先に助けられた事で(この時に彼から、オルステッドに よってどれだけ彼が苦しんだかも聞かされたものと思われる)彼に心変わりしていたアリシアもまた 「あなたにはこの人の…負ける者の悲しみなんて分からないのよ!」とオルステッドを罵り、ストレイボウ の後を追って自害する。 その結果オルステッドは全てに絶望し、魔王オディオを名乗るようになる。 そして、旅の前はあれだけ勇者、勇者と持てはやしていながら今度は自分を(誤解とはいえ)魔王と 罵るようになったルクレチアの人間全てを虐殺し、ルクレチアの国を生きる者は一人としていない、 憎しみが全てを包む絶望の世界に変えてしまった。 その中で出来た迷宮の一つの「心のダンジョン」 という場所では、殺されたルクレチアの人々と共にストレイボウが魂という形で登場し、そこで彼は オルステッドの変貌ぶりは自分のせいなのか、と一応は責任を感じているようなことを言うが、それで 見ても彼のした事は決して許される事ではない。 彼の裏切り行為こそが、 オルステッドを巡る全ての悲劇の要因だからだ。 ただ、そんなストレイボウに共感は持てないが、彼の持つ負の感情自体は実に人間的で誰もが持ち得る 感情だと言えるだろう。 どれだけ努力してもオルステッドを超えられない、やる事成す事の全てが オルステッドの引き立て役にしか過ぎない、誰もがオルステッドの方を見て自分の方には目などくれは しない、挙句、昔から恋慕の眼で見ていた(この辺ははっきりとはしてないが、個人的にはそうであると 考えている)アリシアを取られたとあっては、オルステッドへ向ける気持ちが「友情余って憎さ百倍」に なってしまうのも、ある意味仕方のないことだと思われる。 その点では、ストレイボウに同情の余地は 多少なりともあるのではないだろうか? 全ては、人間である以上誰もが持つ感情や、人間である以上誰もが見せる汚さや醜さが呼び起こした 悲劇だと言えるだろう…。 名 言 「あの世で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!!!」 魔王山頂でのストレイボウ戦前の彼の台詞の一つ。 その中で最もインパクトが大きい。 「てめえは ここに来やがった!! てめえは いつもそうやって! 俺のしてえ事をブチ壊しやがるッ!!むかしッからそうだ! 俺がどんなに努力しても!てめえはいつもその一つ上を行っちまうッ!!」 魔王山頂でのストレイボウ戦前の彼の台詞の一部。 彼がどれだけオルステッドに劣等感を抱いているかが伺える。 「今こそッ!てめえを ブッたおしッ!!てめえの引き立て役だった過去に決別してやるッ!!」 魔王山頂でのストレイボウ戦前の彼の台詞のまた一部。 オルステッドを倒す事で彼を超えようとする決意表明だが、結果は言うまでもない。

次の

あの世で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ

あの世 で 俺 に わび 続けろ

この項は、成分を多く含んでいるかもしれません。 ここから下はで突っ走ってください。 あの世で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!!とは、編における 屈の名である。 一連の流れ ・ ハハハハハ! ヒャーッヒャッヒャアア!! おもしれえほど かんたんに ひっかかったぜ。 が ぶざまにも おっちんだ後だったしな! 後はてめぇを ぜつぼうの ぞこに つきおとすため 王殺しの罪をおわせた! だが・・・・ てめぇは ここに来やがった!! てめぇは いつもそうやって! のしてえ事を こわしやがる! むかしッから そうだ! がどんなに どしても! てめぇは いつも そのひとつ 上を行っちまう! あの決勝大会の時もなあ が あの どんなに 苦しんだか・・・・ に なんかに! わかられて たまるかよ! だが・・・・ は 今のじゃあねえ・・・・ 今こそ を ブッたおし! の引き立て役だった に決別してやる! あの世で 俺にわび続けろ オルステッドーーーー!! 概要で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!! 山頂でのの会話に登場するのひとつ。 に向けて、かつての友人が言い放った 血の叫びである。 (【】のも参照) との長い付き合いで蓄積された劣等感や、武闘大会でしてを奪われた事への悔しさがこれでもかと込められた言葉であるが、この に謝罪と賠償を要するような言いは、まるで(あるいは)が様にしか見えない。 ちなみに、各章の名はがに設定できるため、仮にので編の名を自身の名前にしていた場合のは あの世で 俺にわび続けろ 〇〇(の名前)ーーーー!! となり、中盤までとして散々扱っていたに 自身が名しで 罵倒される破になる。 編がなに対するであった事を考えると、この言葉には何の考えもしにを進めて来たに対する、登場人物からの的なが込められているのかもしれない。 ちなみに最終編のある場所で彼に会う事ができるが、死して皮にもを生み出しによる惨劇の要因となった事に気付いたようだ。 だがこの結果に対して今更彼がいくら詫びようとも、その思いはもう届かないだろう。 関連動画で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!! 例のは2:33から。 「」の開始と同時にが凄まじい勢いで流れる。 (のでが見えない) 関連商品で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!! 関連コミュニティで俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!! 関連項目で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!!• オルステッドより一言.

次の