その 劣等 騎士 レベル 999 raw。 [白石新×山崎千裕] その劣等騎士、レベル999 第01

[白石新×山崎千裕] その劣等騎士、レベル999 第01

その 劣等 騎士 レベル 999 raw

「まあ……ユアン君は俺に稽古をつけてもらいたいんだよな?」 「ええ、強くならないと……僕は騎士様には到底なることはできないんです」 とりあえず、こんなのを俺の手元に置いておくなんて絶対に嫌だ。 さて、どうするか……と考えて、俺は閃いた。 「……魔法学院に入学するというのはどうだ? 騎士学校とかの方が良いんだろうが、俺のコネは魔法学会にしか通用しねーからな」 「魔法学院ですか?」 「一から鍛えなおすなら最適な場所だ。 体力訓練もあるし、騎士団の入団試験にも無駄にはならんだろう」 嘘も方便、ここは自分を弱いと思い込んでいるこの子の話に合わせてやろう。 俺がどんだけ言っても師匠の洗脳が強すぎだし……説得は無理だろう。 まあ、さすがに実際に学院に放り込まれると、自分と他人の違いは認識してくれるだろうな。 「そう……ですね。 いや、それは良いですねっ! 僕は父さんと母さんと言う……普通の人からしか闘い方を学んでいないし……専門的な場所で魔法を学んでみたいですっ!」 「おう、推薦状を書いてやるよ。 今日はここに泊まって、明日の朝に出発すると良い。 食事はそこらにあるものなら好きに使っても構わんから」 そうして、俺はそそくさと棚から火酒を取り出して、自分の部屋に引っ込んだ。 ベッドに腰掛け、深くため息をつく。 そうして、トクトクとグラスに火酒を注ぎながら独り言ちた。 酒でも飲まないとやってらねーな……。 二日酔いの重い頭で、俺は家の外の井戸へと向かった。 と、そこでユアン君と金髪の少女が庭先で対峙しているのを発見した。 「それじゃあ、出会った日……一昨日の夕方に教えたとおりにやってくださいっ!」 金髪の少女は独特の歩行方法で、ユアン君の周りをクルクルと回りはじめる。 そうして俺は、あっと息を呑んだ。 これは……残像の妙技? 確か、東方のニンジャが使うとかいう暗殺と奇襲の特殊闘法……。 「できてますよテレンティアさんっ! 残像の数は5体ですっ!」 おいおい残像5体って……ニンジャマスターのレベルじゃねえか。 私は自分が強者だと思っていたのです。 まさか勇者が虚弱体質だったとは……」 おいおい勇者だとっ!? いや、まあ……才能の塊みたいなもんだから……そう考えると納得が……。 それにしても習得が早すぎだとは思うけど。 「テレンティアさん……僕だって強くはありません。 これから頑張りましょう」 「はいっ! 師匠っ!」 と、そこで俺は頭を抱えてその場で 蹲 ( うずくま )ってしまった。 強さも頭も滅茶苦茶だ。 ぶっ飛び過ぎてて、どこからツッコミ入れていいのかサッパリ分からねえ。 そうして、俺は自分が昨日……ユアン君に何を薦めてしまったのかを思い出して戦慄した。 「ま、俺の知ったこっちゃないか」 その日、昼飯を食べた二人は俺にお礼を言ってから去っていった。 基本的には礼儀正しくて良い子なんだよな……。

次の

その劣等騎士、レベル999(ウェブ版)

その 劣等 騎士 レベル 999 raw

「まあ……ユアン君は俺に稽古をつけてもらいたいんだよな?」 「ええ、強くならないと……僕は騎士様には到底なることはできないんです」 とりあえず、こんなのを俺の手元に置いておくなんて絶対に嫌だ。 さて、どうするか……と考えて、俺は閃いた。 「……魔法学院に入学するというのはどうだ? 騎士学校とかの方が良いんだろうが、俺のコネは魔法学会にしか通用しねーからな」 「魔法学院ですか?」 「一から鍛えなおすなら最適な場所だ。 体力訓練もあるし、騎士団の入団試験にも無駄にはならんだろう」 嘘も方便、ここは自分を弱いと思い込んでいるこの子の話に合わせてやろう。 俺がどんだけ言っても師匠の洗脳が強すぎだし……説得は無理だろう。 まあ、さすがに実際に学院に放り込まれると、自分と他人の違いは認識してくれるだろうな。 「そう……ですね。 いや、それは良いですねっ! 僕は父さんと母さんと言う……普通の人からしか闘い方を学んでいないし……専門的な場所で魔法を学んでみたいですっ!」 「おう、推薦状を書いてやるよ。 今日はここに泊まって、明日の朝に出発すると良い。 食事はそこらにあるものなら好きに使っても構わんから」 そうして、俺はそそくさと棚から火酒を取り出して、自分の部屋に引っ込んだ。 ベッドに腰掛け、深くため息をつく。 そうして、トクトクとグラスに火酒を注ぎながら独り言ちた。 酒でも飲まないとやってらねーな……。 二日酔いの重い頭で、俺は家の外の井戸へと向かった。 と、そこでユアン君と金髪の少女が庭先で対峙しているのを発見した。 「それじゃあ、出会った日……一昨日の夕方に教えたとおりにやってくださいっ!」 金髪の少女は独特の歩行方法で、ユアン君の周りをクルクルと回りはじめる。 そうして俺は、あっと息を呑んだ。 これは……残像の妙技? 確か、東方のニンジャが使うとかいう暗殺と奇襲の特殊闘法……。 「できてますよテレンティアさんっ! 残像の数は5体ですっ!」 おいおい残像5体って……ニンジャマスターのレベルじゃねえか。 私は自分が強者だと思っていたのです。 まさか勇者が虚弱体質だったとは……」 おいおい勇者だとっ!? いや、まあ……才能の塊みたいなもんだから……そう考えると納得が……。 それにしても習得が早すぎだとは思うけど。 「テレンティアさん……僕だって強くはありません。 これから頑張りましょう」 「はいっ! 師匠っ!」 と、そこで俺は頭を抱えてその場で 蹲 ( うずくま )ってしまった。 強さも頭も滅茶苦茶だ。 ぶっ飛び過ぎてて、どこからツッコミ入れていいのかサッパリ分からねえ。 そうして、俺は自分が昨日……ユアン君に何を薦めてしまったのかを思い出して戦慄した。 「ま、俺の知ったこっちゃないか」 その日、昼飯を食べた二人は俺にお礼を言ってから去っていった。 基本的には礼儀正しくて良い子なんだよな……。

次の

That Inferior Knight, Actually Level 999

その 劣等 騎士 レベル 999 raw

「まあ……ユアン君は俺に稽古をつけてもらいたいんだよな?」 「ええ、強くならないと……僕は騎士様には到底なることはできないんです」 とりあえず、こんなのを俺の手元に置いておくなんて絶対に嫌だ。 さて、どうするか……と考えて、俺は閃いた。 「……魔法学院に入学するというのはどうだ? 騎士学校とかの方が良いんだろうが、俺のコネは魔法学会にしか通用しねーからな」 「魔法学院ですか?」 「一から鍛えなおすなら最適な場所だ。 体力訓練もあるし、騎士団の入団試験にも無駄にはならんだろう」 嘘も方便、ここは自分を弱いと思い込んでいるこの子の話に合わせてやろう。 俺がどんだけ言っても師匠の洗脳が強すぎだし……説得は無理だろう。 まあ、さすがに実際に学院に放り込まれると、自分と他人の違いは認識してくれるだろうな。 「そう……ですね。 いや、それは良いですねっ! 僕は父さんと母さんと言う……普通の人からしか闘い方を学んでいないし……専門的な場所で魔法を学んでみたいですっ!」 「おう、推薦状を書いてやるよ。 今日はここに泊まって、明日の朝に出発すると良い。 食事はそこらにあるものなら好きに使っても構わんから」 そうして、俺はそそくさと棚から火酒を取り出して、自分の部屋に引っ込んだ。 ベッドに腰掛け、深くため息をつく。 そうして、トクトクとグラスに火酒を注ぎながら独り言ちた。 酒でも飲まないとやってらねーな……。 二日酔いの重い頭で、俺は家の外の井戸へと向かった。 と、そこでユアン君と金髪の少女が庭先で対峙しているのを発見した。 「それじゃあ、出会った日……一昨日の夕方に教えたとおりにやってくださいっ!」 金髪の少女は独特の歩行方法で、ユアン君の周りをクルクルと回りはじめる。 そうして俺は、あっと息を呑んだ。 これは……残像の妙技? 確か、東方のニンジャが使うとかいう暗殺と奇襲の特殊闘法……。 「できてますよテレンティアさんっ! 残像の数は5体ですっ!」 おいおい残像5体って……ニンジャマスターのレベルじゃねえか。 私は自分が強者だと思っていたのです。 まさか勇者が虚弱体質だったとは……」 おいおい勇者だとっ!? いや、まあ……才能の塊みたいなもんだから……そう考えると納得が……。 それにしても習得が早すぎだとは思うけど。 「テレンティアさん……僕だって強くはありません。 これから頑張りましょう」 「はいっ! 師匠っ!」 と、そこで俺は頭を抱えてその場で 蹲 ( うずくま )ってしまった。 強さも頭も滅茶苦茶だ。 ぶっ飛び過ぎてて、どこからツッコミ入れていいのかサッパリ分からねえ。 そうして、俺は自分が昨日……ユアン君に何を薦めてしまったのかを思い出して戦慄した。 「ま、俺の知ったこっちゃないか」 その日、昼飯を食べた二人は俺にお礼を言ってから去っていった。 基本的には礼儀正しくて良い子なんだよな……。

次の