蜘蛛の顔。 クモ

日本の蜘蛛の種類|身近に棲むクモの話・蜘蛛図鑑

蜘蛛の顔

皇室に服従しなかった土豪たちの蔑称• 上記民族をモデルとしたの妖怪 概要 土豪としての「土蜘蛛」 に従属しない、各地の豪族やその一門を指す言葉。 『』『』、また『』など、古来の書物に頻繁に登場する。 主に・・・・・など、当時まだ辺境とされた各地の文献にその名を残している。 中でも・大和葛城山に存在した土蜘蛛が知られ、彼らはによって討伐された。 また彼らはその体からが生えていたとか、全身から光を発することができたなど、まるでのであるかように記述されている。 現在でも地元の一言主神社の境内に『 土蜘蛛塚』という塚が存在し、彼らがとして復活しないように 五体をバラバラにして封印しているのだという。 こうした反政治的な地方豪族の存在は、当時の朝廷にとって目の上の瘤であると同時に、自身らの政治基盤を揺るがしかねない危険因子でもあった。 そのため、そうした民族たちを や 土蜘蛛と呼び、警戒していたという。 なお、土蜘蛛の語源として 「土隠 つちごもり 」とする説があり、彼らが古来からの穴式住居に住む民族であることの暗喩と見るものがある。 妖怪としての「土蜘蛛」 の 伝説に登場する出身の妖怪。 その容姿はの顔にの胴体、蜘蛛のを持つとされる。 獣頭蜘蛛身という意味では、例えば、一部のに近い部類の姿をしている。 様々な異伝が存在し、以下有名なもの二つを挙げる。 土蜘蛛草子 あるとき源頼光が・を連れて洛外にあるへ赴く最中、空飛ぶ奇怪なに遭遇する。 不審に思った二人はこれを追跡し、一件の古びた屋敷に辿り着く。 そこから無数の妖怪たちが出現し、頼光たちを襲撃。 夜を徹しての一大決戦となり、頼光たちを苦しめた。 明け方になり、女の妖怪が登場して目くらましを仕掛けてくるも、頼光はこれに屈せず女に一太刀を浴びせる。 するとたちまちに妖怪たちは姿を消し、女の妖怪も姿を消した。 しかし、白いが地面に落ちていたため、これを辿ると今度は大きな洞穴に行き当たる。 そしてその洞穴の中にたのが蜘蛛の化け物 土蜘蛛 であり、頼光たちを苦しめた元凶であった。 頼光たちは決死の激闘を演じ、頼光が土蜘蛛の首を刎ねて勝利を収める。 その後土蜘蛛の体を解体すると、腹から無数の子蜘蛛が現れ、それをかき分けていくと頼光たちが最初に見かけた「空飛ぶ髑髏」と思しき20のが出てきたという。 ある時、頼光は熱病を患って床に臥せってしまう。 そんな中、彼の病床に身の丈七尺 2. 1m の奇怪なが現れ、彼を縄で絡めて連れ去ろうとしたという。 頼光は必死の抵抗で枕元に置いてあったを振るい、その一太刀が当たると僧侶は逃げ去っていった。 翌日、病の体を押して僧侶の血の跡を追った頼光と四天王は、に行き着き、その裏手にある塚で全長四尺 1. 2m もの大蜘蛛を見つける。 頼光たちはこれを捕え、河原に鉄串で全身を突き刺して晒しものにすることとした。 それから間もなく、頼光は病から快復することができたという。 なお、この土蜘蛛は前述の 大和葛城山の土蜘蛛の怨霊とされる。 この話は、後世での題材にも取り入れられた。 また、この話から創作物の土蜘蛛は相手の身体に異常を起こす能力を持っていることが多い。 怨霊・土蜘蛛 このほか、頼光伝説を由来とした土蜘蛛の痕跡は京都の各所に存在する。 有名どころでは、京都市北区の上品蓮台寺にある『源頼光朝臣の塚』で、かつてこの塚を土蜘蛛の巣食っていた塚だとして、その近くに植えられた木を切ろうとしたものが 病死したという言い伝えがある。 また上京区一条通にも土蜘蛛の塚があり、ここで見つかったを貰い受けた人の家はたちまち傾いてしまったため、 蜘蛛灯籠と呼ばれて恐れられ、今は上京区観音寺門前町の東向観音寺に奉納されている。 関連タグ 土蜘蛛と関連の深いキャラクター 漫画『』に登場する敵キャラクター。 詳しくは該当項目を参照。 関連タグ.

次の

ユーモアセンスのある顔の蜘蛛!!『アズチグモ』

蜘蛛の顔

・分布 :本州以南 ・時期 :1年中 ・毒 :なし ・タイプ :徘徊型 ・動くスピード:速い ・餌 :ゴキブリ・ハエ・ネズミ ・見た目 :日本で室内に出る蜘蛛の中で最大級。 大きいので見たらすぐわかる。 ・大きさ :体長10~30mm程度、足まで入れた全長は100~130mm CD1枚分 余りの大きさに家の中に出没した時に驚くことが多いのが、この「 アシダカグモ」です。 基本的に毒は無く、性格は臆病なので、無理やり捕まえようとでもしない限り噛みついてきたりはしません。 アシダカグモの主食は「 ゴキブリ」で、 アシダカグモが2匹いれば半年ほどでその家のゴキブリを全滅させるといわれ、ゴキブリがいなくなると別の家へとゴキブリを狩りに移動する姿から、別名「 軍曹」の名で益虫として放置する人も多いです。 ただし、その見た目のグロテスクさと動きの速さから不快害虫と考える人も少なくありません。 アシダカグモを家から追い出したい場合は、家に住むゴキブリを駆除するのが重要で、アシダカグモをその場その場で駆除しても、ゴキブリがいる限り何度でも侵入してきます。 寿命は 約5年ほどで、雪のふる地域では見ないと言われていますが、私が住む家 宮城県北部 にも普通にいるので、北海道以外でなら積雪のある地域でも見かける可能性は高そうです。 ・分布 :本州以南 ・時期 :3月~11月 ・毒 :なし ・タイプ :徘徊型 ・動くスピード:速い ・餌 :ダニ・チャタテムシ・コバエ・ゴキブリ の子供 等 ・見た目 :雄と雌で大きさと色が違う。 雌は茶褐色で雄はより黒っぽい ・大きさ :体長5~9mm程度、足を入れた全長は約10~13mm 最も室内で見かけることの多い小さなクモと言えば「 アダンソンハエトリ」というハエトリグモの一種です。 家の壁や床をぴょんぴょんと跳ね回っていたら大体コイツです。 一般的に「 家グモ」といえば、このアダンソンハエトリを指すことが多いですね。 家の中を徘徊しながらコバエを見つけてはとびかかって捕食するアダンソンハエトリは、毒もなく人間には害がない小さな蜘蛛です。 見た目も恐怖感は無いので、放置しておけば家の中のコバエをキレイにしてくれます。 ユウレイグモ科のクモは数多く知られていますが、日本の家の中に出る蜘蛛はこのイエユウレイグモがよく見られます。 性格は臆病で薄暗い所に潜んでいることが多く、人を咬むことはほぼ無く、動きも遅いのですぐに駆除できます。 特に放っておいても害はないのですが、クモの巣を張るタイプなので部屋の中に蜘蛛の巣ができるのが嫌な方は外に逃がしてあげましょう。

次の

土蜘蛛 (つちぐも)とは【ピクシブ百科事典】

蜘蛛の顔

《スポンサーリンク》 朝に出てくる蜘蛛は縁起が良いから、殺してはいけないと昔から言われています。 『夜の蜘蛛は親の顔でも殺せ、朝の蜘蛛は取って懐に入れろ』という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。 夜の蜘蛛は縁起が悪く、朝の蜘蛛は縁起が良いという意味ですが、どのような理由があるのでしょうか。 今回は 朝蜘蛛の縁起が良い理由について調べてみました! 朝蜘蛛を殺してはいけない理由・その1 朝の蜘蛛は福を持ってきたり、お客さんがやってくる前触れであると言われています。 そのため殺してはいけないと言われています。 しかし、夜の蜘蛛は盗人や泥棒が来る前触れであると言われています。 つまり縁起の悪いもののため、見つけたらすぐに殺すべきであると考えられています。 朝蜘蛛を殺してはいけない理由・その2 朝蜘蛛がいる日は、良い日になると言われています。 蜘蛛は晴天の日にしか網を張りません。 朝、蜘蛛が網を張っている姿を見つけたらその日は一日良い天気である可能性が高いと言えます。 そのため良い気分で一日を過ごせると考えられているため、朝蜘蛛は縁起の良いものと捉えられています。 《スポンサーリンク》 そもそもなぜ朝蜘蛛は縁起が良いの? 人々が朝蜘蛛に良い印象を抱くには、陰陽論に基づいた理由があるようです。 陰陽論では全てのものが『陰』と『陽』に分けられるとされており、この二つのバランスが取れた状態が最も理想的であると伝えられています。 この陰陽論をベースにすると、朝は『陽』であり、夜は『陰』になります。 そして蜘蛛は『陰』となるため、朝の蜘蛛は陽と陰でバランスの取れた状態であると言えます。 バランスが取れているということは、良い状態であるため縁起が良いとされているのです。 さいごに 昔から朝の蜘蛛は良くて夜の蜘蛛は悪いと伝えられていますが、実際にはどの時間帯にせよ蜘蛛は人間にとって良い生き物のようです。 もちろん毒性のものは除きますが、家の中にいるような蜘蛛はダニや蚊、ゴキブリなどを食べてくれる働きがあります。 つまり家の中で人体に有害な虫を駆除してくれているのです。 そのため蜘蛛を見つけたら、殺さずにそのまま自由にさせてあげると良いでしょう。 この記事がみなさんのお役に立てたのなら幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!!.

次の