ポケモン剣盾 たべのこし。 【ポケモン剣盾】効率的な努力値調整方法まとめ HP調整・耐久調整の振り方解説【ソード・シールド】

【上級者の育成論】HPの奇数調整、2n+1調整や3n調整とは【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾 たべのこし

「16n-1」とは「何かの数に16をかけて1引いた数」という意味です。 16、160、320、16000などは全て「何かの数に16をかけた数」です。 ですが切り捨てなので、HP159の場合は回復量9です。 HP145でも回復量は9ですので、16n-1調整は、食べ残しを持つと最低効率になってしまいます。 では16n-1は何のための調整かというと、天候ダメージを最低限で抑える調整です。 そのため、できるだけ多くのHPを確保した上で、天候ダメージを減らしたい場合は16n-1調整を行ったりします。 また、16n-1は必ず8n-1でもあります。 8n-1調整は毒や火傷のダメージを最低限で抑える調整なので、ついでに16n-1にしておく、という調整もあります。 161でも175でも、食べ残しの回復量は10なので、HPに余計な努力値を振らず効率よく回復するための調整です。 ただしこれはあくまでも「努力値節約」のための調整であって、質問文のブルンゲルのようにHP極振りが活きる場合は使いません。 なんで、たとえばHP159なら回復量は9、161なら回復量は10となります。 これをHPに対する回復量で見ると約5. それが調整として優れてるかは別問題ですけど。 「16n-1」とは「何かの数に16をかけて1引いた数」という意味です。 16、160、320、16000などは全て「何かの数に16をかけた数」です。 ですが切り捨てなので、HP159の場合は回復量9です。 HP145でも回復量は9ですので、16n-1調整は、食べ残しを持つと最低効率になってしまいます。 では16n-1は何のための調整かというと、天候ダメージを最低限で抑える調整です。 そのため、できるだけ多くのHPを確保した上で、天候ダメージを減らしたい場合は16n-1調整を行ったりします。 また、16n-1は必ず8n-1でもあります。 8n-1調整は毒や火傷のダメージを最低限で抑える調整なので、ついでに16n-1にしておく、という調整もあります。 161でも175でも、食べ残しの回復量は10なので、HPに余計な努力値を振らず効率よく回復するための調整です。 ただしこれはあくまでも「努力値節約」のための調整であって、質問文のブルンゲルのようにHP極振りが活きる場合は使いません。 では、これを実際にターン内の数値変動にしてみましょうか。 ただし、互いに攻撃は行わないものとする、というもの。 1 2 3 4 5 159 150 141 132 123 (変動36) 160 150 140 130 120 (変動40) 161 151 141 131 121 (変動40) となります。 食べ残しは右から左へ見れば、回復推移になります。 16n-1は天候ダメが最小限になる調整で、天候ダメを受けながら居座るための調整ですね。 具体例だとバンギラキの並びをする時のラッキーとか。 16nは食べ残しの回復量と最大HPを効率よくまとめた形ですね。 ただ、見ての通り、天候ダメで考えた時、もっとも効率よく削られていくのであまりされません。 16n+1はその折衷ですね。 食べ残しによる回復効率1を取りつつ、天候ダメを考慮してもHPが16nより高いラインを維持できるというもの。 ただし、上例161は珠ダメで損する10n+1にもなります。

次の

HPの調整でこんなに変わる?より強いポケモンの育て方!|ポケモニット

ポケモン剣盾 たべのこし

「16n-1」とは「何かの数に16をかけて1引いた数」という意味です。 16、160、320、16000などは全て「何かの数に16をかけた数」です。 ですが切り捨てなので、HP159の場合は回復量9です。 HP145でも回復量は9ですので、16n-1調整は、食べ残しを持つと最低効率になってしまいます。 では16n-1は何のための調整かというと、天候ダメージを最低限で抑える調整です。 そのため、できるだけ多くのHPを確保した上で、天候ダメージを減らしたい場合は16n-1調整を行ったりします。 また、16n-1は必ず8n-1でもあります。 8n-1調整は毒や火傷のダメージを最低限で抑える調整なので、ついでに16n-1にしておく、という調整もあります。 161でも175でも、食べ残しの回復量は10なので、HPに余計な努力値を振らず効率よく回復するための調整です。 ただしこれはあくまでも「努力値節約」のための調整であって、質問文のブルンゲルのようにHP極振りが活きる場合は使いません。 なんで、たとえばHP159なら回復量は9、161なら回復量は10となります。 これをHPに対する回復量で見ると約5. それが調整として優れてるかは別問題ですけど。 「16n-1」とは「何かの数に16をかけて1引いた数」という意味です。 16、160、320、16000などは全て「何かの数に16をかけた数」です。 ですが切り捨てなので、HP159の場合は回復量9です。 HP145でも回復量は9ですので、16n-1調整は、食べ残しを持つと最低効率になってしまいます。 では16n-1は何のための調整かというと、天候ダメージを最低限で抑える調整です。 そのため、できるだけ多くのHPを確保した上で、天候ダメージを減らしたい場合は16n-1調整を行ったりします。 また、16n-1は必ず8n-1でもあります。 8n-1調整は毒や火傷のダメージを最低限で抑える調整なので、ついでに16n-1にしておく、という調整もあります。 161でも175でも、食べ残しの回復量は10なので、HPに余計な努力値を振らず効率よく回復するための調整です。 ただしこれはあくまでも「努力値節約」のための調整であって、質問文のブルンゲルのようにHP極振りが活きる場合は使いません。 では、これを実際にターン内の数値変動にしてみましょうか。 ただし、互いに攻撃は行わないものとする、というもの。 1 2 3 4 5 159 150 141 132 123 (変動36) 160 150 140 130 120 (変動40) 161 151 141 131 121 (変動40) となります。 食べ残しは右から左へ見れば、回復推移になります。 16n-1は天候ダメが最小限になる調整で、天候ダメを受けながら居座るための調整ですね。 具体例だとバンギラキの並びをする時のラッキーとか。 16nは食べ残しの回復量と最大HPを効率よくまとめた形ですね。 ただ、見ての通り、天候ダメで考えた時、もっとも効率よく削られていくのであまりされません。 16n+1はその折衷ですね。 食べ残しによる回復効率1を取りつつ、天候ダメを考慮してもHPが16nより高いラインを維持できるというもの。 ただし、上例161は珠ダメで損する10n+1にもなります。

次の

たべのこしの効率とは??|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 たべのこし

ジャイロボールを活かすために素早さは下降補正+逆Vが理想。 特殊も受けることを想定する場合は、Bを削ってDに回そう。 ミラーを意識した型 この型はやどりぎのタネではなく、たべのこしを持たせて、のろいとはたきおとすを採用している。 この型のメリットは ミラーに勝てること。 のろいで積んで、はたき落とすで相手のたべのこしを無効化する。 サブウェポンの炎技に注意 ソードシールド環境初期はナットレイが流行した。 その影響とアーマーガアの流行もあり、サブウェポンに炎技を持つポケモンが非常に多い。 ドラパルトやサザンドラ、ニンフィアなどからは炎技が飛んでくることを前提に立ち回ろう。 元々素早さがかなり低いため、最遅するにはほぼメリットしかないと言っていいだろう。 やどりぎをうまく使う やどりぎのタネを使うことで相手にダメージを与えつつこちらは回復できる。 交代を読んで連続で使用したり、攻撃を読んでまもるで時間を稼いだりしよう。 くさタイプ相手には無効され、ノーリスクで交代を許すので注意。 やどりぎとも相性がいいが、相手に読まれやすい選択肢であることは覚えておこう。 この型はミラーには勝てない… ナットレイ同士のミラーでは のろいとはたきおとしを持っている方が有利。 やどりぎも効かないため、この型だと勝機はほぼない。 相手の手持ちにナットレイが見えたら選出しないか、ほのお技を使えるポケモンと一緒に選出しよう。 それを逆手にとり、意表を突いたアタッカーとして運用する型だ。 攻撃種族値自体は高いわけではないが、一致のメインウェポンの威力が高く、ハチマキを持たせることで高火力を期待できる。 技は1枠自由 メインウェポン2種+はたきおとすは確定。 タネマシンガンはみがわりやばけのかわの貫通、じならしならSを下げて後続に繋げられる。 だいばくはつは、大ダメージを与えつつ自主退場が可能。 ゴーストタイプにスカされる点には気をつけよう。 過去作よりもやや動きづらい 鉢巻ナットレイは、過去作から活躍している型。 しかし剣盾ではタイプ上有利なフェアリータイプがほのお技のマジカルフレイムを取得したケースが多く、素のSとAの問題で、ハチマキの効果が消えるダイマックスも使いにくい。 水や地面タイプとの対面を意識して選出しよう。 ほのお技が使える特殊アタッカーなら比較的に楽に倒せる。 はたきおとすを使えると楽になる はたきおとしで道具を無効にするとかなり有利に戦えるようになる。 ゴリランダーははたきおとすを覚えるうえに、くさタイプなのでやどりぎも無効だ。 等倍で通る非接触技のじしんも使える。 交代読みで技を出す ナットレイは交代技がないので だいばくはつは例外 、交代するなら1ターン使って入れ替えるしかない。 その交代を読んで技を出せば後続にも有利を取れる。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の