プロメア 盗作。 【超緊急悲報】 映画「プロメア」に設定をパクられたとしてマガジン漫画家がブチギレきた━━━━(゚∀゚)━━━━!!

【炎炎ノ消防隊】パクリ疑惑はどうなった?プロメアだけじゃない?

プロメア 盗作

「プロメアが炎々をパクった件」について、検索がアフィしか出てこないのでまとめました。 ソース確認可能な事項のみの羅列です。 本記事はどちらかを擁護・断定をするものではありません。 ・発端 「」氏による以下の発言。 連載前の内容を知り合いでも話すのはやめておこう。 どこで盗られるかわかったもんじゃない。 (19年6月12日発売のマガジン巻末コメントにて) これ以降、大久保氏による言及はなし。 特定の人物・作品は指していない。 ・炎上 上の発言を受け、ネットで設定が似通っていることから「プロメア」のことではと物議を醸し、キャターデザイン・設定等で参加の氏とのリプライが発掘される。 ネット上で盗作とされた点は以下である。 対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオ。 (公式サイト・ABOUTより) 共通キーワードとしては人体発火現象・消防。 冒頭 「人体発火」世界観の導入として、電車内で人が発火、火事を起こす。 ・炎々 ・プロメア (ネタバレを含む映像) 0:09~0:10 ・キャラデザ 「マッドバーニッシュ」のデザインと「焔人」のデザイン。 黒い・角が生えている・体に線など。 大久保氏がコヤマ氏に貰った ? 「デザインのアクセント」が焔人かどうかは定かではない。 ・公開時期 プロメアが当初予定していた時期より公開を早めたことにより、炎々アニメ化発表により放送時期を危惧したのではないかと物議を醸した。 ソースを確認できないため消文字にて記載。 ・現状 公式や両氏のからこの件について発信されたことはないが、炎上状態を放置していることから大久保氏の発言は「プロメアに盗られた」の意で間違いないとされている。 プロメアおよびコヤマ氏は一切言及していないので、以下盗作とされる箇所に言及しているインタビューを載せていくものとする。 そもそも、劇場アニメの企画が立ち上がったのは、いつ頃でしたか? (以下、中島) 2013年に『』が終わったところで、「次はできれば劇場で」と2人で話したところからです。 最初は、『』のゾンビ版『レ・ゾンビラブル』をやろうと一所懸命プレゼンしましたが、「キョトン……」とされて。 (以下、今石) 僕もミュージカルがやりたいって言っていたら誰にも賛同されず……。 でも、そこからわりと早い段階で、中島さんから「炎」というテーマが出てきました。 中島 そこらへんで「世界大炎上」のイメージとキーワードが浮かんだので、半年から1年後には、企画をまとめて今石さんに持って行ったんですが、そこからが長かった。 今石さんが、僕が書いた最初の本を破るのは毎回恒例なんだけど、『』(以下『』)、『』と2回続けて破られたから、今度は僕が最初に破ってやろうと思って。 でもダメだったね(笑)。 今石 1回、固まりかけたんですけどね。 脚本について話してた時に出てきたんですけど、確かにアニメとして描きがいがある題材だなと思って。 炎って動いてないと表現できないし、かたちもなければ触れもしないし。 でも、それを触ったり掴んだりする違和感はアニメならできるし、面白いなと思いましたね。 ーー炎を操る人種<バーニッシュ>のアは? 中島 僕ですね。 の『』を読んでいてふと、燃やすのがコミュニケーションのツールになっている生命体がいたら迷惑だよなっていうのを思いつきまして。 あの短編のコミュニケーション方法が違うとなかなか理解し合えないよねっていうところに触発されたんですね。 映画『メッセージ』の原作ですが。 そこから炎生命体、そしてバーニッシュとアを転がしていきました。 G: 『プロメア』の企画当初というのはどういう感じだったんですか? 若林: 僕の記憶だと、次回作は「ヤクザの抗争もの」をやろうとしていたと思うんです。 G: 抗争もの!? 笑 若林: そのあと、劇場作品として考えることになって、いわゆる「」的な「少年と人外の友情もの」を作ろうという流れになったと思います。 まだ『プロメア』というタイトルになる前、「初期プロメア」は「炎のキャターと主人公の少年が心を通わせる」お話だったんです。 G: 炎はそのときから出てくるんですね。 若林: そうですね。 「初期プロメア」では主人公が心優しい少年・リオで、その良きライバル的なところに、がらっぱちみたいな髪の毛ツンツンのガロという少年が一緒にいて、ヒロイン的なポジションにを腰に差した、今でいうバーニングレスキューのような部隊の「年上の女隊長」。 そこにマスコット的な炎生命体のキャターがいるという話でした。 ~~ 若林: 当初、僕らとしても「映画らしいものを作ろう」「やとは違う、その先を目指そう」という思いがあって、そこに引っぱられてしまったんです。 新しいものを見せたいという気持ちが強くて悩んでしまった….。 そこでリフレッシュもかねて、4人 今石監督・中島さん・コヤマさん・若林さん で近所のレストランへ行ったんですが、みんな注文したのはーだった。 そこで思ったんですよね「これだよね。 俺たちが好きなのは高級な料理じゃないよね。 ーなんだよね」って。 そこでハッと気づいたんです、「自分達の好きなもの、得意なもので勝負しよう」と。 そこでぽろっと「やっぱり、四天王 が出れるような作品がいいよね」なんていうアが出てきたんです。 そこで「だったら主人公やチームはこういう奴らが良いよね」ってコヤマさんがお店のナプキンに絵を描きはじめて、「だったらこういうメカも出そう」と今石さんがメカを描きはじめたり、4人でクライマックスまでの流れをその場で一気に考えて、後日中島さんにまとめてもらいました。 ・備考 トリガー(および前身である)は過去同監督・脚本による「」「」で騒動が起きている。 「」では主人公シモンの前半キャターデザイン、および世界観がのゲーム「ブレス オブ ファイアV ドラゴンクォーター」の 主人公・世界観と一致するとされた。 (「」との関係ついては備考欄を参照)。 世界観が最初の導入部分だけ酷似している、ということで同様の状況である本件としばしば比較される。 「」では漫画「学園ノイズ」作者氏が盗作だとブログに掲載、もう一人の作者である猪原大介氏が否定したことで収束した。 なおプロメアは全編通して過去作のセルフオマージュが多用されているため、単体で盗作を語ることは難しい。 また大久保氏による「盗られた」箇所が現時点で炎炎では明かされていない設定である可能性も考えられるが、読者側では判断できない。 h8b5.

次の

【悲報】映画「プロメア」に設定をパクられたとしてマガジン漫画家がキレる・・・・・

プロメア 盗作

スポンサーリンク プロメア山形県沖地震で炎上理由!炎炎ノ消防隊パクリ盗作で延焼! プロメアが山形県沖地震で炎上 映画「プロメア」が公式ツイッターにて山形県沖地震で「火の用心」とふざけた注意喚起したとして、自分で燃やしました。 プロメアは山形県沖地震発生して数分後、「火の用心!!!」とプロメア流に注意喚起したと思われます。 (画像引用元:) しかし、ふざけている場合じゃないと怒られ、「炎炎ノ消防隊」のパクリ疑惑の最中でもあったため批判殺到で炎上しました。 (画像引用元:) その結果、被害に遭った方々を配慮していない発言として、問題のツイートを削除して謝罪に至ったのでした。 先程、当アカウントにおいて、地震の被害遭われた方々への配慮に著しく欠けた表現が含まれた投稿をツイートいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。 当該ツイートを削除させて頂きました。 今後、このようなことを起こさぬよう、より一層心を引き締め、信頼回復に努めて参ります。 もともと、映画「プロメア」と漫画「炎炎ノ消防隊」は似て内容だと言われていました。 【炎炎ノ消防隊】 太陽暦佰九拾八年、東京皇国。 この世界は、ある大災害を境に突然始まった人体発火現象「焔 ほむら ビト」による脅威に苛まれていた。 突然、自身の体から発火した者は瞬く間に全身が炎に包まれ、自我を失い命が尽きるまで周囲を焼きつくすのである。 この脅威に対応して、一般市民を炎の恐怖から守り、人体発火現象の原因と解決策を究明するために組織されたのが『特殊消防隊』である。 【プロメア】 炎を操る新人類バーニッシュの出現に端を発する惑星規模の発火現象である世界大炎上により、人口の半分が焼失してから30年が過ぎた世界。 自治共和国プロメポリスでは、炎上テロを繰り返す過激派バーニッシュの集団マッドバーニッシュに対抗すべく、 対バーニッシュ用装備を扱う高機動救命消防隊バーニングレスキューが消火活動を行っていた。 そんな中で、炎炎ノ消防隊の作者が「連載前に知人に話して盗まれた」というコメントを残して、プロメアパクリ疑惑が出ていました。 プロメアのパクリ説濃厚じゃん ツイッターで一部の人がプロメアの方が企画が先だからパクリじゃないって言われてるけど、炎炎ノ消防隊の作者コメント見るとそうでもなさそう こんなん人間不信なるわー — ******** dzee50 (画像引用元:) しかも、「炎炎ノ消防隊」作者の大久保篤さんは、同作の連載前に「プロメア」キャラデザのコヤマシゲトさんにデザイン協力も依頼していました。 ! ・? 憶測の可能性もありますが、話の筋道が出来ており、なにより「炎炎ノ消防隊」の作者が言及していることから信憑性が増しています。 このように「プロメア」は「炎炎ノ消防隊」の作者の巻末コメントから、パクリ疑惑で炎上中でした。 プロメア山形県沖地震で炎上理由!炎炎ノ消防隊パクリ盗作から延焼! 「プロメア」は炎炎ノ消防隊パクリ盗作疑惑で炎上中であり、まだ鎮火していませんでした。 その中で、山形県沖地震で「火の用心!!!」と不適切ツイートにより、延焼しているのでした。 まさかのプロメア自身が「火の用心」ですが、果たして2つの炎上を鎮火できるのか注目ですね。 せばな~.

次の

映画『プロメア』にパクリ疑惑が浮上? 『炎炎ノ消防隊』作者が巻末コメントで“設定パクられ被害”を示唆|おたぽる

プロメア 盗作

ー双方の問題となっている設定の概要ー 【炎炎ノ消防隊】 この世界は、太陽暦198年の東京皇国では、大災害を境に突如として始まった人体発火現象、「焔ビト」と言われる突然自身の体から発火し命が尽きるまで周囲を焼き尽くす脅威に晒されていた。 この人体発火現象の原因と解決方法を解明するため発足された「特殊消防隊」は市民の恐怖から守るため仲間たちと「焔ビト」との戦いに日々奮闘するのです。 【プロメア】 この世界は炎を操る新人類バーニッシュの出現によって起こされた大炎上で人口の半分が消失。 あれから30年後、自治共和国プロメポリスでは過激派バーニッシュの集団が炎上テロを繰り返し起こしていた。 このバーニッシュに対抗すべく発足された「救命消防隊バーニングレスキュー」という火消し軍団との激闘がはじまる。 これを見る限り、言葉は違うが設定が酷似しているようにも見えます。 Sponsored Link 公開時期は「プロメア」が先で、2014年には構想されていたようですが、「炎炎ノ消防隊」は2015年連載開始されていますので、時期的には同時期ではないかと思われます。 どちらが先に出したかという点もこうしたことを踏まえると同時期となりますので、一概にどちらとも言えない状況のようで、作者本人もコメントを出しているもののハッキリと盗作で訴えるとまでは言っていないため、このまま収束する可能性もあるように思えます。 ネットの反応は、「これは言い逃れできん」や「アウト」などと言うコメントがあり、さらに、「プロメア」メインスタッフが大久保篤先生と旧知の仲で連載前から設定を教えてもらっていたという情報も寄せているコメントもあるなど、パクリ疑惑の憶測が広がっています。 プロメア盗作疑惑出てるのか プロメアは観て炎炎ノ消防隊は未読だけど説明見る限りではまあ似てるな、しかも作者キャラデザと知り合いとかいう あとな、プロメア構想2014年からで炎炎ノ消防隊は連載2015年からって言ってるけど、連載も構想に時間かけるから同時期もしくは先の可能性あるぞ — ななしー kuronanasi 炎炎ノ消防隊がプロメアと設定似てるからって盗作したとかいったらだめだろ。 プロメア企画され始めた時期ってキルラキル終わってから半年後やから炎炎ノ消防隊より前じゃねぇか。 — D D77261690 炎炎ノ消防隊の作者が、プロメアに盗作されたと嘆く。 「炎炎ノ消防隊」は7月からアニメ放送が始まりますし、「プロメア」も5月25日に公開された人気作品です。 あくまで疑惑の状態なので、今後の動向を見守りたいと思います。

次の