ワイモバイル 1年後。 ワイモバイルで機種変更はおすすめしない?2年後も安く使い続ける方法はコレ。

ショップ店員なら誰でも知ってる。私がソフトバンクからワイモバイルに乗りかえた理由。

ワイモバイル 1年後

この記事の目次• ワイモバイルの料金プラン ワイモバイルのスマホベーシックプランの料金は次のように推移します。 プラン名 S M R 基本料金 2,680円 3,680円 4,680円 データ容量 4GB 12GB 17GB 「おうち割光セット」「家族割」「新規割」などを使えば、スマホベーシックプランSだと1,480円で利用することが可能です。 肝心の3年目からの料金は高いのか? 2019年10月1日に行われた料金改定により、契約期間縛りとそれに伴う契約解除料金が廃止されました。 これにより、今まで2年縛りで3年目の解約がベストとされていましたが、どのタイミングで解約したとしても、そこまで変わらないようになっています。 ただ、スマホベーシックプランの「新規割」適用が6ヶ月なので、解約するとした7ヶ月目が良いとされています。 ワイモバイルのスマホベーシックプランでは、料金プランの見直しが行われたことにより、2年目、3年目以降の基本料金が変わらないのが特徴です。 新規割は終わってしまいますが、基本使用料2,680円からというのは何年目でも変わりません。 2年間はデータ増量オプションが無料 ワイモバイルでは、2年間に限り月間データ容量が増量するオプションが無料で使えます。 本来は月額500円のオプションなので、2年間で12,000円お得になる計算です。 ワイモバイルのデータ容量は、増減後で次のように変わります。 プラン名 プランS プランM プランR 基本データ容量 3GB 9GB 14GB データ増量オプション適用 4GB 12GB 17GB スマホベーシックプランSは1GB、M/Rは3GB増加しています。 無料データ増量オプションの適用が終わる3年目が解約のベストタイミングか 結論を言ってしまうと、ワイモバイルの解約タイミングは3種類あると考えます。 新規割が終了する7ヶ月目• データ増量オプション無料が終了する3年目• 機種代金の支払いが終わるタイミング 1つ目は、新規割が終わるタイミングでの解約です。 新規割は最大6ヶ月間700円基本料金が割引されるお得な特典。 ワイモバイルのスマホベーシックプランならいつ解約しても違約金が発生しないので、新規割が終わったら他に乗り換えも検討していいかもしれません。 2つ目はデータ増量オプションが終了する3年目です。 無料のデータ増量オプションがなくなると、毎月500円の増量オプションが発生してしまいます。 オプションを使わない人であれば問題ありませんが、そうでない人はUQモバイル等に乗り換えも視野に入れてください。 最後は、機種代金支払いが終わるタイミングです。 ワイモバイルは36回払い、24回払い、一括払いの3つの支払い方法が用意されており、前者2つの分割払いを選んだ場合は機種代金の支払いが終わるまではワイモバイルを使うのが良いかと思います。 逆にSIMのみ契約の人であれば、新規割や無料データ増量オプションが終わるタイミングが乗り換えタイミング。 3年目も基本料金が変わらないのでそこまで乗り換えする意味も薄いですが、少しでもスマホをお得に使っていきたい人は似たような料金体系であるUQモバイルも検討してみてはいかがでしょうか。

次の

ワイモバイルは1年後、2年後料金が上がる?いくらになるの?

ワイモバイル 1年後

「月1980円なら通信品質のいいワイモバイルにしてみようかな!!」 とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか? ワイモバイルとの契約ではたしかに1年目は月額1980円で利用できます。 しかし、2年目以降は実質的な「値上げ」となります。 ワイモバイルの料金設定は通話料金コミコミ価格とはいえ、格安SIMの料金プランと比べるとやはり「お高め」と言わざるを得ません。 では、ワイモバイルの通信料金はどの程度高くなってしまうのでしょうか。 1年目、2年目の料金設定を比較してみたいと思います。 ワイモバイル1年目と2年目の通信料金を比較 ワイモバイルのスマホプランの料金設定は以下の通りです。 比較対象 1年目 2年目 3年目以降 スマホプランS 1980円 2980円 2980円 スマホプランM 2980円 3980円 3980円 スマホプランL 4980円 5980円 5980円 1年後の通信料金は? ワンキュッパ割が1年で切れる 1年目、2年目の料金設定の違いはこの「ワンキュッパ割」が影響しています。 「ワンキュッパ割」とは、契約から1年間だけ月額料金が1000円割引となるオプションのことです。 1年目はワンキュッパ割が適用され、2年目からは適用されなくなります。 そのため、1年目は安く、2年目が高くなります。 形式上は割引がなくなり元の通常料金に戻るだけなのですが、やはり、途中から支払いが増えるので「値上げ」という印象が強く残ってしまいます。 スマホプランSであれば、2年目以降は2980円で固定です。 端末代は別にかかる 月額料金の支払いは通信料金だけではありません。 端末代金も考慮する必要があります。 スマホ本体を分割24回払いで購入すると、月額料金に上乗せされる形で毎月請求されます。 仮に通信料金が1980円だったとしても、端末代金の分割分が1000円近く加算される場合があります。 ただし、端末代が一括ほぼ0円の機種もありますのでほとんどお金をかけずに端末を入手することは可能です。 次回の乗り換えは2年後が目安になる理由とは? 契約更新月が2年ごとに訪れる ワイモバイルの月額料金は、契約から1年後に+1000円となります。 できれば通信料金が上がる前のタイミングで乗り換えたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、ワイモバイルでは2年単位の契約が一般的です。 2年以内に途中解約すると違約金として1万円ほど取られてしまいます。 違約金を発生させずに乗り換えるには、契約から2年後に訪れる「契約更新月」で乗り換えるしかありません。 データ増量オプションの無料期間も2年間で切れる 契約時から無料で使えていたデータ増量オプションも2年間で無料期間が終了します。 3年目以降も引き続きデータ増量オプションをつけたい場合は、オプション料金として月額500円支払う必要があります。 端末代金の支払いも契約から2年間で完済できる 分割払いで端末を購入する方は多いと思うのですが、その分割払いも2年間で完済します。 途中での解約は、端末代金の残債を一括で精算するか、今まで通り毎月支払っていかなければなりません。 下取り割引も2年間で切れる ワイモバイルの下取り割引も2年間で切れるのが大半です。 ワイモバイルの下取りは、下取り額が現金で貰えるわけではありません。 月額料金の割引に充てられます。 iphoneの下取りだと、よほど古い機種以外は割引が24ヶ月間適用される場合が大半です。 もし、途中で解約してしまうと、この下取り割引が途中で打ち切りとなり、本来の下取り価格から目減りする形となります。 以上のように、あらゆる特典が2年間で切れます。 もし、乗り換えを検討するのであれば、2年間というスパンで乗り換えるのが都合が良いと言えます。 まとめ 1年目はワンキュッパ割で1000円の割引が受けられますが、2年目からは通常料金に戻るため、1000円上がったように見えてしまいます。 スマホプランSなら1年目1980円、2年目2980円なので、1年平均で月額2500円。 この料金設定が高いと感じるか否か…ここがワイモバイルを選択する1つのポイントとなるのではないでしょうか。 記事内で下取りについて触れましたが、幸いにも、ワイモバイルでは月額料金の割引サービスが充実しています。 通信料金が高い分をいかに、割引分で下げられるかという点も大切です。

次の

ワイモバイルでプランをMからSに下げるとどうなる?デメリットは?|ワイモバイル大百科

ワイモバイル 1年後

ワンキュッパ割 このワンキュッパ割は、契約から初めの1年間(12ヶ月)適用される割引で、一律-1,080円の割引となります。 適用期間は分割年数とリンクしていますので、スマホなどの24回払いの場合は2年間、ポケットWi-Fiの様に36回払いの端末に対しては3年間の適用期間となります。 2年目以降は割引がなくなる 以上の2点から、2年目以降は割引自体がなくなってしまうので、結果的に支払額が大きくなってしまう様に感じてしまうのです。 ただし、2年目以降は機種代金の分割支払い自体がなくなりますので、結果的に安く感じる事ができるパターンもあるのです。 よって2年目以降も、その契約を継続する事で基本料金のみの支払いになりますので、元々の端末代金が高かった方には状況が良くなると言う現象になるのです。 しかし、現実問題スマホを3年以上同じものを使い続ける方というのは非常に少数派で、多くの方が契約から2〜3年ほどで機種変更を行う事でしょう。 そして、機種変更を行うともれなく割高になってしまうのです。 機種変更時の割引内容 機種変更を行うと言うことは、端末が新しくなります。 例えば、iPhoneSEの32GBを例とすると、乗り換えでの月額割引は1,620円となっているのに対し、機種変更では1,080円の割引額となるのです。 ここより安くするには、格安スマホなどへの乗り換えも検討するでしょうが、格安スマホの場合は確実に通信状況が今よりも劣化してしまうので、ゲームや動画、最悪の場合はLINEの使用でもストレスを感じてしまう可能性があるのです。 かといって、ドコモやau、SoftBankへ乗り換えると、通信は最強ですが月額が機種変更時よりも高くなるので本末転倒です。 そうなると、残された方法は、以下のどちらかです。 2年目以降も安く使う方法 以上の事から正攻法では機種変更では安くならない事がお分かりいただけたでしょう。 では、2年目以降も機種を変更して安く使い続ける方法はどんなものがあるのか、そちらをご紹介いたします。 UQモバイルに乗り換える 前述の通り、格安スマホに乗り換えると通信が悪くなり、3大キャリアに乗り換えると月額が高くなるので、機種変更による月額の増額を避けるのは難しいとお話ししましたが、実はワイモバイルと同じ様に 通信が良く、 月額も抑える事が出来るキャリアがあります。 それが UQモバイルです。 乗り換えなら電話番号も変わらないし、携帯は新しくできるし料金もお得! 以下の公式オンラインサイトから、UQモバイルの料金シミュレーションが無料でできます。 また乗り換え方法や他社比較についても公式サイトが一番わかりやすいです! UQモバイルへの乗り換えが損な人 ただし、UQモバイルへの乗り換えをお勧めできない人もいるのも確かなのです。 ・おうち割を適用している ・Yahoo! プレミアム for Y! mobileを利用 上記に該当する方は、UQモバイルでは該当割引サービスがないので、機種変更を行う事で逆に合計額が高くなってしまう可能性があります。 特にSoftBank光を利用している方の場合は、乗り換えを行う事でネット回線側の月額も1,000円近く高くなってしまうのです。 電話番号が変わるけど、別にLINE通話で十分だよね 手間はかかりますがネットで欲しい端末を購入した上で、 新規契約をし直した方がお得です! どのくらいお得かシミュレーションをしてみました。 iphone7の128Gを購入して、スマホプランSの契約の場合の料金を比較します。

次の