テニスの王子様 ネタバレ。 テニスの王子様の最終回(42巻)のネタバレと感想!無料で読む方法も|終わり良ければすべて良し!あの漫画の最終話集めました

テニスの王子様 日本 vs ドイツ【ネタバレ注意】|Ekuto|note

テニスの王子様 ネタバレ

スポンサーリンク 「テニスの王子様 BEST GAMES!! 不二vs切原」作品情報! BEST GAMES!! 第3弾「テニスの王子様 BEST GAMES!! の情報は公式HPをチェック👀 — アニメ「新テニスの王子様」公式 shintenianime 作品紹介 【日本公開】2019年11月15日 【原作】許斐剛『テニスの王子様』 集英社 【監督】川口敬一郎 【脚本】広田光毅 【アニメーション制作】M. C 手塚プロダクション キャラクター・キャスト(声) 「テニスの王子様 BEST GAMES!! 不二周助:甲斐田ゆき• 切原赤也:森久保祥太郎• 越前リョーマ:皆川純子• 手塚国光:置鮎龍太郎• 大石秀一郎:近藤孝行• 乾貞治:津田健次郎• 菊丸英二:高橋広樹• 河村隆:川本成• 桃城武:小野坂昌也• 海堂薫:喜安浩平• 幸村精市:永井幸子• 真田弦一郎:楠大典• 柳蓮二:竹本英史• 仁王雅治:増田裕生• 柳生比呂士:津田英佑• 丸井ブン太:高橋直純• ジャッカル桑原:檜山修之 作品概要 原作は週刊少年ジャンプにて連載されていた許斐剛先生の『テニスの王子様』。 作中に登場する名試合を、OVA化する企画『BEST GAMES!!』の第三弾となっています。 スポンサーリンク 「テニスの王子様 BEST GAMES!! 不二vs切原」あらすじ(ネタバレあり!) BEST GAMES!! 第3弾「テニスの王子様 BEST GAMES!! その試合は、青春学園中等部と立海大付属中学校の決勝戦でした。 対戦するのは青学3年不二周助と、立海2年切原赤也。 序盤から攻める不二が、颯爽と1ゲームを先取します。 切原は相手の顔面に向かってボールが飛ぶように、回転をかけたサーブを打ちますが、それをも軽々と返す不二。 応援に来ていた不二の姉は、いつもとは様子の違う弟に違和感を感じます。 テニスの天才と言われる不二は、とても優しい性格で、圧倒的に勝てる相手にも合わせる形で試合をしてしまい、対戦相手を徹底的に倒すということはしてきませんでした。 しかし今日の不二の眼差しはとても鋭かったのです。 その原因は、かつての切原の試合にありました。 切原は相手にわざとボールをぶつけたり、怪我を負わせたりといたぶるプレイをする選手だったのです。 そんなテニスをすることも、友人が傷つけられたことも許せなかった不二にとって、この試合は何があっても負けられませんでした。 不二は容赦なく、ボールを打ち返してポイントを取ります。 圧倒的な攻撃にプライドを刺激された切原は、いよいよ悪魔の顔を覗かせました。 不二は右ひざに至近距離でボールをぶつけられ、これまでのサーブも上手く打てない状態に。 それでも切原は手加減することなく、さらにひざへ負担をかけさせるように左右へと走らせます。 そしてネットぎわに誘いこんでは膝を狙い打つ。 どこに刎ねるか予想も付かないナックルサーブを撃つ切原と、コートに倒れてしまう不二。 はたして試合の行方は…? 以下ネタバレを含みます。 不二は怪我を負ってもなお、試合の続行を望みました。 切原の心のこもっていない謝罪を聞いて、さらに不二の瞳に怒りが宿ります。 しかし、膝の痛みはひどく、3-2まで逆転されてしまいます。 ラリーを長引かせる切原は、またしてもネット際に誘いこんではボールをぶつけました。 そんな絶体絶命の会場に駆けつけたのは、かつて切原の攻撃で足を痛めて入院をしている他校の生徒・橘でした。 不二を応援する声がコートに響くと、切原はさらに挑発するようにわざと、橘のほうへ向かってボールを打ちます。 不二の怒りはとうとう頂点に達し、「いつか自分で気づいてやめてくれると思っていた」と小さく呟きました。 顔つきの変わった不二は、徹底的に切原を倒すことを決意。 切原が撃っていた顔面へと飛ぶサーブを、見よう見まねで打ってみせます。 不二は心理的な圧迫感を与えつつ、じわじわと切原を追い詰めはじめました。 これまでのように容赦をするつもりは一切なく、右ひざを痛めているという状態の試合の中でも進化を見せる不二。 切原は「これまで自分がやってきたことを返される」と脅迫概念にかられて、動けなくなります。 そしてボールをよけようとしてしまい、たまたまそのボールは切原の右ひざに。 メンタルが完全に敗北した切原は、そのまま巻き返すこともできず6-4で不二の勝利に。 「テニスを、憎しみを生む道具にしちゃいけない」 そう語る不二たち青春学園と立海大付属中学の決勝戦は、最後の戦いへと続くのでした。 スポンサーリンク 「テニスの王子様 BEST GAMES!! 不二vs切原」感想とまとめ 【BEST GAMES!! シリーズ』の第3弾がいよいよ登場しました。 テニプリシリーズは作品自体だけでなく、キャラクターそれぞれの人気も高い作品なので、今回の試合が取り上げられることを期待するファンは多かったようです。 不二VS切原待ってました!そろそろベスフェス立海もやらないかな?! 『BEST GAMES!! シリーズ』はあくまでOVA化企画なので、映画館では、イベント上映の扱いで、 2週間と公開期間は短めです。 せっかく大きいスクリーンで見られる機会なので、ぜひとも映画館へ足を運びたいですね。 情報公開時から待ち望んでいたファン達の声が多いなか、『BEST GAMES!! シリーズ第1弾』の公開記念にあわせて行われたイベントような、キャスト陣が登壇するイベント 『BEST FESTA!! 』の開催を望む声も多いようです。 1999年の連載開始から、アニメ化、映画化、ミュージカル化、実写映画化など様々なコンテンツでファンを楽しませてきてくれた『テニプリ』が、これからさらにどんな進化をみせてくれるのかも、あわせて楽しみですね。

次の

アニメ『テニスの王子様』のあらすじ・ネタバレを徹底紹介! | MOVIE SCOOP!

テニスの王子様 ネタバレ

「テニスの王子様」はテニスの名門中学校「青春学園中等部」を舞台に描かれた大人気テニス漫画です。 「週刊少年ジャンプ」で許斐剛さんにより、1999年より約9年間連載されていました。 2009年3月からは第2シリーズである「新テニスの王子様」が「ジャンプスクエア」にて連載されています。 「テニプリ」の通称で親しまれ、2001年から2005年にかけてテレビアニメ化されました。 ストーリーが原作に追い付いてしまった事もあり、テレビアニメ版は2005年で放送終了となりました。 その続編として「全国大会編」のOVAが2006年より隔月発売されました。 この「全国大会編」はテレビアニメ版の続きから原作「テニスの王子様」の最終話までを描いた作品です。 劇場版やミュージカル化などもされており、男女問わず人気の作品です。 また、2012年には「新テニスの王子様」もテレビアニメ化されています。 アニメ「テニスの王子様」全国大会編のあらすじ(ネタバレあり) 主人公の越前リョーマは、テニスの名門中学校「青春学園中等部」に入学し、テニス部に入部して、チームメイトたちと共に全国大会優勝を目指していました。 全国大会前に青学を離れてアメリカ行きを決めたリョーマですが、テレビアニメ版では全国大会の開会式にリョーマが現れるというところで最終回となりました。 OV A「全国大会編」はこの全国大会が始まるところから物語がスタートします。 リョーマと青学の全国大会での初戦の相手は沖縄の比嘉中でした。 ラフプレーも目立つ比嘉中に苦戦しますが、5試合を勝ち抜き、青学は準々決勝へ進みます。 準々決勝の相手は因縁の相手である氷帝学園です。 当然のことながら、氷帝との試合は激戦となり、青学は辛くも3勝で準決勝に進みました。 準決勝は四天王宝寺中です。 個々の技術が高くかなりの強敵でしたが、リョーマが出ることなく勝ち抜き、いよいよ決勝へ進みます。 決勝の相手は関東大会決勝でもあたった立海大付属中です。 手塚、真田のライバル対決やリョーマと幸村の試合など息もつかせぬ試合が続きます。 アニメ「テニスの王子様」全国大会編の試合結果まとめ 全国大会編での青春学園の試合結果を簡単にまとめてみたいと思います。 個性的な新キャラクターや、全国の特徴的な学校、今まで戦ってきた宿命のライバルたちが全国を目指してぶつかる熱い試合を繰り広げます。 あらすじや試合結果だけ見ても接戦につぐ接戦ですが、アニメを追って見ていくと物語が進むにつれてのドキドキ感が味わえると思います。 ひとりひとりのキャラクター紹介が大変なほど個性的なキャラクターが多い「テニスの王子様」ですが、この全国大会編では新キャラクターもなかなかの個性の持ち主たちです。 人気のある氷帝学園との試合もじっくり描かれているので、「全国大会編」はじっくり見てみて欲しい作品です。

次の

アニメ『テニスの王子様』のあらすじ・ネタバレを徹底紹介! | MOVIE SCOOP!

テニスの王子様 ネタバレ

【新テニスの王子様:303・304・305・306話】最新話のネタバレ 手塚の想像を超えた幸村 あんなに清々しい幸村は久々だった。 天衣無縫の手塚と越前を重ね合わせた幸村。 そして、あの時のトラウマを自分の手で滅却した。 ゲーム日本で6-5になる。 手塚は試合をしながら、さすがだと幸村のことを思う。 自ら五感を捨てて、テニスに必要な感覚を極限まで研ぎ澄ました。 こうなるとは手塚も想像していなかった。 蜃気楼は掴ませない 幸村が先に仕掛ける。 そして、手塚は動じることなく打ち返す。 そんな幸村の作戦は、手塚に読まれていると思ったチームメイト。 ラケットを振る手塚は驚いた。 なんと幸村は左で打つと見せかけ、再び右手に持ち替えていたのだ。 そして角度をつけることで、手塚を欺いていた。 「良いフェイク」と手塚は言う。 蜃気楼は簡単に掴ませないと、幸村は自信を持っていた。 ゲーム日本で7-5になる。 会場からは大きな歓声が上がった。 プロになる厳しさ 日本が1セットを奪い、会場からはジャパンコールが。 ドイツチームのベンチからは、手塚で大丈夫なのかとざわめく。 手塚はボルクプロのヒッティングパートナーだ。 監督に「昔の仲間との戦いはやり辛いのか?」と声をかけられる。 でもプロになれば、常にプレーを研究される。 「わかっています」と手塚は答えた。 覚醒した幸村 そして試合が再開する。 手塚と幸村は激しいラリーを繰り広げる。 「来る」と幸村は感じる。 なんと手塚の攻撃を完全に読み切っていた。 すごい速さで反応した幸村は、ノーバウンドで打ち返す。 ゲーム日本で2-0になる。 2セット目も先にブレイクした幸村に観客達は驚く。 その後も幸村は有利に試合を進める。 観客達はジャパンコールで盛り上がる。 この試合はいけると、日本のベンチは手応えを感じていた。 しかし、手塚がここまで押されるとは、誰も思っていなかった。 ジークムントが「何をやってるんだ、もし負けたらスポンサーの話は」と声を荒げる。 ボルクが試合中だと、選手に余計な負荷はかけないよう注意する。 「今のクニミツは、ドイツに来てから一番良い面構えだ」とボルクは言った。 来日したボルクの目的 半年前、密かにレンドール達が来日していた。 レンドールはお目当ての選手は、関東大会に出場していないと伝える。 「日本までシンデレラに会いに来たのに残念だね」と、レンドールはボルクに話す。 ボルクは一枚の写真を手にしていた。 それは3年前にドイツで行われたエキシビジョンで、コートに残った円形痕の写真。 円形痕を見つけ、ボルクは興味を持った。 それをつけたのが日本から来た少年だと知り、日本まで来たのだ。 「その彼が強くなっていれば、いずれ会える」とボルクは言う。 そして、ボルク達はドイツへ帰ったのだ。 ボルクが会いたかったのは 1ヶ月半前のドイツで、ボルクプロヒッティングパートナー選考会が行われていた。 「経験豊富な実績のある4名まで絞ったぞ」と言うジークムント。 その選考会を見に来たボルクは、写真と同じ円形痕を見つける。 あのコートで売っていたのが誰か? ボルクはジークムントに尋ねる。 「アジアからきた中学生が紛れていたから、一次選考で落とした」と言うジークムント。 まだロビーにいたと聞き、ボルクは走り出す。 運命の出会い ボルクがロビーに着くと、「日本から来た手塚です」と挨拶をされる。 手塚は世界No. 1のテニス選手になるため、ボルクを超えると言ってくる。 「無理だ」とボルクは言う。 そして、手塚と一緒に走り出した。 今まで部長として、仲間や勝利のためにテニスをしていた手塚。 幸村は「悪いな」と思った。 幸村が勝つ雰囲気に会場がなっていく。 手塚の軸足はブレず、コートには円形痕ができていた。 至高のゾーン 手塚のプレーをボルクは見つめていた。 表裏一体の複合回転を作り出していたのだ。 ゲームドイツで6-3になったのだった。 新テニスの王子様など好きな漫画を今すぐ無料で読む方法! 以上、新テニスの王子様【303・304・305・306話】のネタバレまとめでした。 ネタバレを読んで「やっぱり絵付きでじっくり読んでみたい…」と思ったら、U-NEXTの無料トライアルでもらえる特典ポイントを使えば、 「新テニスの王子様」連載中のジャンプSQ. ボルクが目をつけた円形痕が、ここでも出てくるとは… 手塚の強さを再確認しました。 幸村がどう攻略するのか、とても気になりました。 試合中に攻略できなければ、勝利が遠のいてしまいます。 ここからどう展開していくのか? 次回も楽しみです。 まとめ 以上、新テニスの王子様【303・304・305・306話】最新話のネタバレあらすじを紹介しました。 次回の新テニスの王子様【307話】ネタバレあらすじの掲載は8月4日の予定になります。 「新テニスの王子様」の最新話までのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。

次の