ダンス オブ ヴァンパイア 博多 座。 ダンス・オブ・ヴァンパイア

コング桑田

ダンス オブ ヴァンパイア 博多 座

音楽は、映画「ストリート・オブ・ファイアー」のジム・スタインマンで、1997年に初演。 日本では東宝が2006年に帝国劇場で初演。 帝劇(2006、2009、2011、2015年)での上演のほか、これまでに博多座(2009年)、梅田芸術劇場メインホール(2012、2016年)、愛知県芸術劇場(2016年)でも上演しました。 ヴァンパイア研究の第一人者アブロンシウス教授と、若き青年助手アルフレートは、吹雪の雪山に迷い込んだ先に一軒の宿屋に辿り着いたが、そこは怪しげな村民たちのたまり場だった。 教授は村民の振る舞いからヴァンパイアの存在を確信するが、アルフレートはお風呂好きな宿屋の娘・サラに恋をしてしまう。 しかし、夜が更ける中入浴中のサラの前に、ヴァンパイアのクロロック伯爵があらわれ、アルフレートの前から姿を消してしまうというストーリー。 『ダンス オブ ヴァンパイア』は一見重厚なテーマと思いきやコメディ要素満載な展開と、思わず一緒に踊らずにはいられない、ド派手・怒涛のラストが特徴的なミュージカルです。 当日券を求める列が1,000人以上並んだこともあると言われる、東宝作品の中でも、大変に人気の高いミュージカルとなります。 広告 ダンス オブ ヴァンパイア キャスト紹介 メインキャストは、主人公で吸血鬼のクロロック伯爵役に初演から連続出演中のミュージカル界のカリスマ・山口祐一郎。 吸血鬼研究者のアブロンシウス教授役には、2009年公演から連続出演中の石川禅。 お風呂好きなヒロインで宿屋シャガールの娘・サラ役には、前回公演にも出演した神田沙也加と、今回新キャストとなる桜井玲香のダブルキャスト。 アブロンシウスの助手・アルフレート役には、新キャストの相葉裕樹、東啓介のダブルキャスト。 サラの父で宿屋の亭主・シャガール役には今回で3回目の出演となるコング桑田。 シャガールの妻・レベッカ役には初演から連続出演中の阿知波悟美。 宿屋の女中でシャガールの愛人・マグダ役には2006年初演、2009年にサラ役を演じた大塚千弘が役替りで出演。 クロロックの息子・ヘルベルト役には、新キャストの植原卓也が出演。 そしてクロロックの手下・クコール役には初演から連続出演中の駒田一が出演いたします。

次の

ダンス・オブ・ヴァンパイア

ダンス オブ ヴァンパイア 博多 座

音楽は、映画「ストリート・オブ・ファイアー」のジム・スタインマンで、1997年に初演。 日本では東宝が2006年に帝国劇場で初演。 帝劇(2006、2009、2011、2015年)での上演のほか、これまでに博多座(2009年)、梅田芸術劇場メインホール(2012、2016年)、愛知県芸術劇場(2016年)でも上演しました。 ヴァンパイア研究の第一人者アブロンシウス教授と、若き青年助手アルフレートは、吹雪の雪山に迷い込んだ先に一軒の宿屋に辿り着いたが、そこは怪しげな村民たちのたまり場だった。 教授は村民の振る舞いからヴァンパイアの存在を確信するが、アルフレートはお風呂好きな宿屋の娘・サラに恋をしてしまう。 しかし、夜が更ける中入浴中のサラの前に、ヴァンパイアのクロロック伯爵があらわれ、アルフレートの前から姿を消してしまうというストーリー。 『ダンス オブ ヴァンパイア』は一見重厚なテーマと思いきやコメディ要素満載な展開と、思わず一緒に踊らずにはいられない、ド派手・怒涛のラストが特徴的なミュージカルです。 当日券を求める列が1,000人以上並んだこともあると言われる、東宝作品の中でも、大変に人気の高いミュージカルとなります。 広告 ダンス オブ ヴァンパイア キャスト紹介 メインキャストは、主人公で吸血鬼のクロロック伯爵役に初演から連続出演中のミュージカル界のカリスマ・山口祐一郎。 吸血鬼研究者のアブロンシウス教授役には、2009年公演から連続出演中の石川禅。 お風呂好きなヒロインで宿屋シャガールの娘・サラ役には、前回公演にも出演した神田沙也加と、今回新キャストとなる桜井玲香のダブルキャスト。 アブロンシウスの助手・アルフレート役には、新キャストの相葉裕樹、東啓介のダブルキャスト。 サラの父で宿屋の亭主・シャガール役には今回で3回目の出演となるコング桑田。 シャガールの妻・レベッカ役には初演から連続出演中の阿知波悟美。 宿屋の女中でシャガールの愛人・マグダ役には2006年初演、2009年にサラ役を演じた大塚千弘が役替りで出演。 クロロックの息子・ヘルベルト役には、新キャストの植原卓也が出演。 そしてクロロックの手下・クコール役には初演から連続出演中の駒田一が出演いたします。

次の

ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』【博多座】2020

ダンス オブ ヴァンパイア 博多 座

音楽は、映画「ストリート・オブ・ファイアー」のジム・スタインマンで、1997年に初演。 日本では東宝が2006年に帝国劇場で初演。 帝劇(2006、2009、2011、2015年)での上演のほか、これまでに博多座(2009年)、梅田芸術劇場メインホール(2012、2016年)、愛知県芸術劇場(2016年)でも上演しました。 ヴァンパイア研究の第一人者アブロンシウス教授と、若き青年助手アルフレートは、吹雪の雪山に迷い込んだ先に一軒の宿屋に辿り着いたが、そこは怪しげな村民たちのたまり場だった。 教授は村民の振る舞いからヴァンパイアの存在を確信するが、アルフレートはお風呂好きな宿屋の娘・サラに恋をしてしまう。 しかし、夜が更ける中入浴中のサラの前に、ヴァンパイアのクロロック伯爵があらわれ、アルフレートの前から姿を消してしまうというストーリー。 『ダンス オブ ヴァンパイア』は一見重厚なテーマと思いきやコメディ要素満載な展開と、思わず一緒に踊らずにはいられない、ド派手・怒涛のラストが特徴的なミュージカルです。 当日券を求める列が1,000人以上並んだこともあると言われる、東宝作品の中でも、大変に人気の高いミュージカルとなります。 広告 ダンス オブ ヴァンパイア キャスト紹介 メインキャストは、主人公で吸血鬼のクロロック伯爵役に初演から連続出演中のミュージカル界のカリスマ・山口祐一郎。 吸血鬼研究者のアブロンシウス教授役には、2009年公演から連続出演中の石川禅。 お風呂好きなヒロインで宿屋シャガールの娘・サラ役には、前回公演にも出演した神田沙也加と、今回新キャストとなる桜井玲香のダブルキャスト。 アブロンシウスの助手・アルフレート役には、新キャストの相葉裕樹、東啓介のダブルキャスト。 サラの父で宿屋の亭主・シャガール役には今回で3回目の出演となるコング桑田。 シャガールの妻・レベッカ役には初演から連続出演中の阿知波悟美。 宿屋の女中でシャガールの愛人・マグダ役には2006年初演、2009年にサラ役を演じた大塚千弘が役替りで出演。 クロロックの息子・ヘルベルト役には、新キャストの植原卓也が出演。 そしてクロロックの手下・クコール役には初演から連続出演中の駒田一が出演いたします。

次の