ピン g410 ドライバー 評価。 ピン G410 LST ドライバーの試打&評価/重たいヘッドでガツンと飛ばす│楽しい GOLF LIFE

ピンG410SFT試打データ付き評価|高い弾道で捕まえたい人にフォーカスしたドライバー

ピン g410 ドライバー 評価

ストレートフェードで、ヘッドスピードのある人がパワーフェードを打ちたいならぜひ。 内山プロ 顔つきがストレートです。 ヘッドが重めなので、それを活かして打つと、真っすぐ飛んでいきます。 高橋さん 好みの打感だが、球が上がりきらなかった。 HSが遅い人は、9度ロフトよりも、10. 5度をお薦めしたい。 前作の「G400」シリーズの安定した飛距離性能を、さらに熟成させたドライバーが「G410」という評価。 HS遅めの人は10. 5度ロフトで、後方のウェート調整を試してみると飛距離につながるはず。 ヘッドスピード遅めのスライサーに合う 伊丹プロ 打音が金属系とカーボン系の中間で落ちついています。 ボールをかなりつかまえやすいです。 内山プロ バランスがよく、つかまります。 トウ、ヒールで芯を外して打っても飛距離がほとんど落ちません。 高橋さん 気持ちのいいハイドローが打てました。 強い球で飛距離も伸びています。 スライスに悩むアベレージの人が「試すべき1本」という評価だ。

次の

振れば振るほど強弾道! 「G410 LST ドライバー」試打

ピン g410 ドライバー 評価

G410LSTの特徴&スペック デザインからわかること デザインは、 G410の他の2モデルに似ていますが、色が黒いです。 ですから、 G410のイメージカラーである赤は真ん中の文字だけ。 ギミックとしては G410プラスと全く同じものです。 LSTだから特別なことは見た目ではあまり分かりません。 ノーマルのほかにフェード、ドローポジションがあります。 ウェイトはネジを含めて12gあり、ポジション変更による弾道の変化は大きめです。 今回の試打データは全てこのノーマルポジションで計測しています。 なんだかんだノーマルが一番結果が良い気がします。 G410LSTのウェイトの重さは12gで、G410プラスよりも2g軽いものが装着されていました。 ちなみにこのウェイト、調べてみたら他の重さもありました。 在庫は安定していませんが、弾道の高さを変えたり少しでもヘッドスピードを変えたい場合は、購入してみても良いでしょう。 ヘッド重量 前作から重いヘッドでしたので G410LSTもそれとほぼ同等の198. ちなみに、G400の方は198gでした。 他社のヘッドと比べるとかなり重くて、例えばRMX118が191g、TS3とエピックフラッシュサブゼロは194g、M5が196gです。 ここまで重いので、短尺セッティングにも相性が良いです。 ウェイト抜きのヘッド重量 G410LSTはプラスよりも4g重いです。 総重量 G410LSTのカタログ上の重量は311gです。 実際もだいたい311gでした。 シャフトはピンツアー173-65Sです。 フレックス R S X 総重量 307g 311g 316g トルク 4. 3 3. 4 3. 2 今回の試打ではテンセイCKプロオレンジ60Sを装着したものも一緒に試打しました。 そちらの重量は、314gです。 フレックス 60S 70S 総重量 314g 322g トルク 3. 5 2. 9 試打データ それでは試打データを見ていきます。 今回は先述の通り、G400LSTとの比較もしてみます。 4 平均打ち上げ角 14. 確実にフェードになるくらいのつかまりの悪さがデータからも分かると思います。 また、バックスピンがそこまで少なくなく、むしろ多いです。 詳細データやコマ撮りカメラの画像からもしっかりアッパーに打っていてこれだけスピンがかかってしまいます。 飛距離は可もなく不可もなくといった感じで、最大距離もノーマルポジションだとキャリーで282y、トータル304yでした。 方向性はかなりまとまっています。 幅5y、右に約20yのあたりに集まりました。 2 平均打ち上げ角 14. 個人的にはG400は慣れたヘッドなので振れている感触だったものの、結果は G410LSTに軍配が上がります。 仮にバックスピン量が G410LSTと同じ数値だったとしたら、飛距離の差は1y~3y程度になると予想されます。 7 平均打ち上げ角 10. 予想通りな結果でした。 振り心地はあまりよくないです。 相性はちょっと悪いと感じました。 イメージ的には、ドローが打てるシャフトですからもっと良い弾道を期待しましたが、最大距離もキャリー284yと伸びません。 ただ、サイドスピン量は微量ながら減っています。 ピンツアーとテンセイの大きな違いは、弾道の高さでした。 テンセイの平均35yに対して、ピンツアーは平均43y。 この辺りは後で詳しく説明します。 4 平均打ち上げ角 13. 計画としては、まずロフトで制御する。 それでもだめならウェイトをドローポジションにしてスリーブをフラットにし、強引に右に打ち出すといった感じでした。 ですが、最初のロフト調整だけで良い結果が出ました。 最大飛距離はキャリーで296y、トータル321yのフェードボール。 試打データを見て分かる通り、サイドスピンがほとんどないのは、ドロー、フェード、ストレートを打ち分けてみたからです。 ビジュアルで見るG410LSTの弾道 ノーマルポジションの弾道が青色です。 バックスピンが多い割には吹いたり凹みがあるわけではありません。 赤の弾道がG400LSTです。 G410LSTの打ち出し角の低さと滞空時間の長さが分かります。 そして、オレンジがテンセイCKプロオレンジです。 こうして見ると、いかに低いかが分かるでしょう。 方向はご覧の通りです。 G410LSTの顔 まず、開いています。 これは前作の時から変わっていませんが、ややマシになっていると思いました。 構えるのに少し慣れが必要でしょう。 見た目は、他の G410シリーズと似ています。 試しに G410プラスやG400LSTと比べてみました。 左が G410LSTです。 投影面積は見た目では分からないくらいの差です。 ヘッド体積も450㏄と455㏄ですからあまり変わらないんですよね。 こちらは、G400LSTとの比較です。 こう見ると G410LSTは一回り大きくなっていますね。 フェースがオープンになるので、フラットに構えたくなるかもしれませんが、オープンのままグリップした方がうまくヒットします。 感覚的な部分を少しばかり 試打した感想は、扱いにくいです。 打っていて面白くないです。 全く易しくはなく、低スピンということにも疑問が残ります。 もちろん、サイドスピンは低いですが、バックスピンは残念です。 捕まり具合は、M5ツアーに似ています。 打感はピンなので期待しないでください 笑 G410LSTの打感はプラスよりもマシですが、硬めの金属音です。 実は… 気にしないという方も多いかもしれませんが、 G410LSTはライ角が他のモデルより1. 基本的にフラットになる方が捕まりは弱くなります。 つまり、打ち出しで右に出やすくなるのです。 カスタムの提案 おそらく、 G410LSTを検討している方はカスタム前提で考えていると思います。 逆に言うとそれらのシャフトが好みでないという方は ピンツアーで組んだ方が良いと思います。 ピンツアーでも、65と75があります。 65は汎用品と同じくらいのスペックで、振動数が75よりも多いです。 つまり、しなり戻りに関しては75の方がすこしだけ強くなるでしょう。 また、ピンツアーのシャフトはフレックスによってキックポイントが変わるので、Rフレックスが合う可能性も大いにあります。 ですから、試打シャフトをたくさん持っているところで試打することをおススメします。 また、フィッティングに際しても、かなりの技術が必要だと感じたのでピンの公認フィッターがいる店舗か、時間に余裕があるならピンのフィッティングスタジオに行くのが良いです。 とにかくヘッドの特性、ギミックの効果を熟知した人に見てもらいながらセッティングを詰めていきましょう。 データチャート 安定性は、さすがピンといった感じで高評価。 一方で、スピン量に関しては低スピンを謳っているとは思えない代物でした。 また、易しさは感じられず前作に増して敷居が高くなった気がします。 飛ばそうと思えばかなり飛ぶのでセッティングが非常に重要です。 セッティング次第でこれらの評価は行けんが分かれるところでしょう。 総評 イマイチ。 なんとなく G410プラスの完成度が高かったからか、やたら期待していたのはあるかもしれませんが、こうして客観的に試打データを見てみると良さが分かりにくいです。 安定性は確かにありますが、同じレベルにもっと飛ぶドライバーがあるので魅力的だとは思いません。 さらに、構えた時の気持ち悪さは好まれないと思います。 慣れと言ってしまえばそれまでですが、打感も悪く、慣れる前に手放したくなりそうです 笑 M5、エピックフラッシュと前作で座りの悪かったヘッドが2019年モデルでスクエアになっているのを考えると、尚更 G410LSTである必要はないと思います。 おススメ度 他の G410シリーズはこちら。 メルマガでは、ギアの裏話や考え事を配信しています。

次の

ピン G410 LST ドライバーの試打&評価/重たいヘッドでガツンと飛ばす│楽しい GOLF LIFE

ピン g410 ドライバー 評価

YouTubeアナライズチャンネル 最新動画はマーク金井がテーラーメイドM6ドライバーを試打しています すっかりスキーモードのT島です。 T島あんなに好調だったパターが不調でございます。 YONEXの新しいパターにしようか、にしようかなどと迷っておりますが、ゴルフ行ってないんですわ〜 こちらのパター、ロフト角、シャフトの挿入位置などが選べます。 ゴルフは行かないといいつつ、ピンさんの新製品が試せるチャンスがあるなら・・ 行くでしょゴルフ 新しいクラブは、やっぱりコースでチェックしたいです。 はい!ピンG410のドライバー G410プラスとG410SFTです。 LSTは6月ぐらいになるとかならないとか・・・大切なことなので繰り返しますが、G400(G30、Gもです)のスリーブとG410ドライバーのスリーブは互換性がありません!(まあぶっちゃけ、AmazonでG410用のスリーブを売り始めると思うので、それを買って入れ替えればOK) まずG410プラスドライバー えーっと・・・構えてみるとG400よりもちと大きいのでは?と感じる。 455ccって大きいねぶっちゃけ・・G400MAXっぽいです。 その平均飛距離をアップする感じ。 直進性が高いので、安心して振れるから一発の飛距離も出る感じのドライバー このウエイトですが、移動します。 かなり効果があります。 センター位置でドローになるので、フェードっぽく打ちたいなと思ったら、右の林へ飛んでいきました(汗)合理的な設計かと思います。 ピンさんは、エピックフラシュやM5、M6みたいな派手なテクノロジーは使っていませんが、大ヒットしたG400を進化させています。 試打会などでわかってもらえるかが心配ですが、使っているうちに手放せなくなりそうです。 ピンのドライバーですが、ソールするとフェースが開きます。 そしてピン顔って好き嫌いがはっきりしていますね。 そしてG410SFTドライバー こちらはウエイトがヒール寄りに固定されています。 このドライバーが一番ニュートラルかと思います。 たとえばMグローレのようなボールが捕まる!!!!!って感じじゃないですが、歴代のSFTよりも捕まりは良くなっています。 全然安心して使えるドライバーです。 でもスライサーがドローが打てるわけではありませんよ。 そこんとこ誤解しないでほしいです。 んでフェアウェイウッド ボールが上がりやすい。 スピン量が適量で扱いやすいです。 SFTは、ボールが捕まるのですがヘッドがメッチャでかく感じました フェアウェイウッドにはLSTというのがあります。 3Wだけでロフトが14. 5度でヘッドが小ぶり。 んでUT 試打できたのは22度の4UTでしたが、これはとても気に入りました。 T島的にUTを作るのが上手いなぁ と感じるのはピンです。 今回もいい感じでございます。 G400との差は可変スリーブになって、距離の調節ができるようになったことでしょうか?そもそもG400ハイブリッドも非常にできが良かったので、G400のハイブリッドが安くなっているので買うというのも悪くないと思います。 あG410ハイブリッドも買ってください んでこちら G410アイアン はい。 ピンっぽくない外観です。 えーっとこのアイアンですが飛びます。 フェースの弾きを感じます。 ロフト設定より気持ち飛ぶ感じがします。 フェースをターンさせるタイプのゴルファーだと、返さないと右に弱い球、返すと左という球がでますが、イマドキのドライバーを使いこなせる。 シャットなフェース使いの人は・・ これ好き・・ ってなるはず。 T島もアドレスの時のフェースのポジションがわかったら、いい球がでました。 ややオフセットが減ったので、気持ち右に出る感じがしますが、距離もしっかり出ます。 純正カーボンALTA J CB REDがタイミングが取りやすく扱いやすかったです。 えーっとかなり気に入ったんですけど・・・ ピンのセットウエッジ、UとかSとかLって歴代非常に使いやすかったんだけど ソールの感じはとてもいいんですけど、ほかの番手とフェースの構造が同じなんです。 30ヤード以内で、気持ち飛んでしまう気がして、今回のG410アイアンを買うなら 5〜Wまでにしましょうか・・・って感じです。 今回の新製品、各社ドライバーに注目が集まっているんですよね。 その中でG410のアイアンはかなり好きです。 コントロール性のある小さめのヘッドをうまく開閉して打つ人には扱いづらいかもしれません。 えーっと、ホントにキャロウェイとテーラーメイドが派手な宣伝合戦しているので、他社が地味な感じを受けますがピンのクラブは正常進化しています。 できれば試打会とかよりもレンタルして試してみると良さがわかると思います。 プロが打って飛ぶ。

次の