度々 英語。 度々すみませんって英語でなんて言うの?

何度もすみませんを英語で?9通りの表現を4つのシーン別に使い分け

度々 英語

「急かしてすみません」の敬語の1つ目として「急なご連絡となり申し訳ございません」が挙げられます。 直接的に急かしているわけではないのですが、「急かしてすみません」という表現を敬語に言い換えるとしたらその状況に合わせて表現を選ぶ必要があり、「急なご連絡となり申し訳ございません」もその一つとなります。 この表現は「連絡が急になってしまったために納期までタイトなスケジュールとなり大変申し訳ない」というニュアンスが含まれているため、状況によっては急かしている表現となるわけです。 「ご連絡」や「申し訳ございません」という部分も、敬語表現になっているため敬語への言い換え表現であると言えるのです。 この表現についても直接的に急かしているわけではないのですが、納期に関して無理を言っている場合にはこの表現を導入文で使いつつ納期に対して急かす文章を入れていく形になります。 「ご無理」という部分に、タイトなスケジュールの納期が含まれているわけです。 これがもしも英語の場合だともっと直接的な表現に直して英訳をしないと通じないのですが、日本語の場合だとそれまでの状況や、文章の前後のニュアンスで急かしている要素を十分に出すことができるためにこの表現も急かす部類に入るのです。 この表現は上述の2つの表現に比べるとだいぶ急かしている表現となっています。 「お忙しいところ」に度々連絡を入れている時点で、相手に対して急かしているアクションをとっていると言えます。 とはいえこの表現を使うことで相手方も急かしていることに対して気を遣ってくれているんだなと感じるため、悪い気はしないはずです。 急かすこと自体はネガティブに感じられる行為ではあるのですが、この表現のような気遣いがあると良好なコミュニケーションが取れるので覚えておきたいところです。 この表現も急かしているニュアンスを直接的に表現している言い回しになっています。 元々がタイトなスケジュールになっているために急かす結果になっていることを謝罪している表現になります。 しかしながらビジネスにおいては、お互いが気を付けていたとしてもスケジューリングがタイトになってしまうことは往々にしてあるものです。 そのため、このような表現を使いつつもお互いに仕事を成功させようとするベクトルで良好なコミュニケーションを意識することでビジネスは円滑に進むことでしょう。 この表現になると催促そのものが度重なっていること自体を謝罪している表現となり、急かしていることを直接的に謝罪している敬語表現であると言えます。 ビジネスにおいて納期に間に合わせるために催促をする場面には必ずあたるものです。 日本語の難しいところは「この1つの表現を使えば失礼なく相手を急かすことができる」という表現がないことです。 ここで紹介した5つの表現を、状況や相手との関係性に合わせて使い分けていきたいところですね。 「急かしてすみません」はそのままの文章を英訳するのではなく、状況に応じて日本語自体を書き換えつつ英語に訳す作業が必要になりますので、例文のような言い回しになってくるのです。 1つ目のニュアンスがもっとも丁寧で分かりやすい例文になります。 2つ目に関しては文章よりは会話で使っていきたい言い回しになります。 3つ目は「ありがとう」というような直訳にはなりますが、このような婉曲的な言い回しが必要な場面も想定し、例文として紹介していますが英語にするとこのような表現も「急かしてすみません」の英語訳となるので覚えておきましょう。 「急かしてすみません」を英語で伝える例文• (短い期間であなたの仕事を終わらせなければならないことをお詫びします)• Sorry for so many times asking. (度々のお願いとなりまして申し訳ありません)• Thank you for your understanding about this matter. 相手方はそのタイトな納期に対して真剣に納期を間に合わせようと、他の業務とうまく調整をしながら頑張ってくれているはずで、その光景が想像できれば相手方に対しての気遣いも十分にできるはずです。 しかしながらビジネスにおいて追い詰められている状況では「前もって言っていたのに何でできないんだ」などという気持ちが相手に対して見えてしまうようなこともあるかもしれませんが、それはコミュニケーションにとってマイナスになります。 相手に対する気遣いを常に忘れずに行動するようにしましょう。

次の

度々すみませんを英語で言うと|英文メール例文とサンプル

度々 英語

「度々」の意味と読み方 「度々」の読み方は「たびたび」が基本で、稀に「どど」「よりより」とも 「度々」の基本的な読み方は「 たびたび」です。 「たびたび」の他にも「 とど」や「 よりより」と読まれることもあります。 「 度々〈とど〉」は、「たびたび・しばしば」という意味合いで使用される言葉 「 度々〈よりより〉」は、「時々・おりおり」という副詞として使用される言葉です。 「度々」の意味は「何度同じことが繰返される様子」で、具体的な頻度の定義はなし 「度々」は、「 同じことが何度も繰り返される様子」を言い表した言葉です。 主に、相手に対して何度も同じことを繰り返してしまったということに対して申し訳ないという気持ちや、感謝の気持を伝える場面で使用され、 繰り返される頻度について具体的な定義はありません。 日常生活はもちろんのこと、ビジネスシーンなど幅広い場で使用される言葉です。 「度々」は、「度度」と表現されることもありますが、一般的には「度々」が使用されています。 「度々」の使い方と例文 「度々すいません」は「何度も繰り返し申し訳ありません」 「度々すいません」は、「 何度も繰り返し申し訳ありません」という意味で、同じ人に対して何度も迷惑をかけることを予め伝えたり、相手にお詫びをする場面でし使用されます。 例えば、「確認をしてほしい」いうお願いを一度したにもかかわらず、まだ確認をしてもらえていないという場合に、「度々すいませんが書類の確認をお願いいたします」というように使用すると、「繰り返し確認することをお願いして申し訳ないのですが」というニュアンスで謝罪の意味を込めたうえでお願いをすることができます。 つまり、「大変恐縮なのですが〜」といった クッション言葉と同じ使われ方をするということがわかります。 「すいません」は少々くだけた表現であるため、とくに目上の人に対して使用する場合など敬意を示すべき相手に対して使用する場合は、「度々申し訳ありません」というようにより丁寧な表現をするほうが適しています。 例文 「度々すいません。 もう1枚確認していただきたい資料があるのですがよろしいでしょうか」 「度々すいませんが、もう一度連絡をいただくようお願いしてもらえますか?」 「度々すいません、予算案に関する資料をもう一度見せていただけますか?」 「度々すいませんが、やはりハンドルの調子が悪いのでもう一度見てもらいたいのですが」 「度々お手数をおかけして」は「度々手間をかけさせてしまい」 「度々お手数をおけして」は「度々手間をかけさせてしまい〜…」というニアンスで使用されます。 「手数」は、「 ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指し、「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 つまり、「度々お手数をおかけして」は、 相手に何度も時間や費用・労力といった手間をかけさせてしまうことにたいするお詫びの気持ちを伝える表現です。 例文 「度々お手数をおかけしてしまいますが、新しい決定事項については郵送していただけますか?」 「度々お手数をおかけしてしまいますが、今一度お間違えがないか、ご確認いただいてよろしいでしょうか」 「度々お手数をおかけして申し訳ありません、もう一度ご希望の日程をお伝えいただけるとありがたいです。 」 「度々恐れ入ります」は「何度も迷惑をかけ申し訳ありません」 「度々恐れ入ります」は、「 何度も迷惑をかけてしまい申し訳ない」という気持ちを言い表した表現です。 「恐れ入る」には「自分の悪かったことについて申し訳なく思う」「相手の厚意にたいして恐縮する」という意味があります。 相手に対して何度も繰り返し迷惑をかけることを申し訳なく感じ、恐縮している気持ちを「度々恐れ入ります」というような言い回しで依頼やお願いごとをする場面などで使用することができます。 「度々のご連絡失礼いたします/申し訳ございません」は「何度も連絡をしてしまい申し訳ありません」 「 失礼いたします」は、自分が何かをする場合に相手に断りを入れる意味で使用される言葉で、「失礼する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた表現です。 「 申し訳ございません」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」「大変すまない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現になります。 「度々ありがとうございます」は「何度も繰り返しありがとうございます」 「度々ありがとうございます」は、「何度もありがとうございます」 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々ありがとうございます」は、「 何度もありがとうございます」という意味合いで、 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々……〜ありがとうございます」というような使い方をすることが多く、さらに丁寧な表現をする場合は「度々……〜いただきお礼申し上げます」といった表現を使用しましょう。 「度々の質問」は、 相手に何度も繰り返し質問をする場面で使用される言葉です。 同じ質問ではなくとも、同じ人に対して何度も何度も質問をすることは、相手にとって負担をかけてしまうことですし、うっとおしいと思われてしま可能性もあります。 例えば、新しい仕事を任されたばかりでわからないことがあるけれど、何度も先輩に質問するのは申し訳ないという場面で、「度々の質問で申し訳ないのですが・・・」というように使用することができます。 「度々の質問」は「何度も繰り返し質問をすること」 「度々」の類語 「度重なる」は、「 たびかさなる」と読みます。 「度重なる」の意味は「 何度も同じようなことが続いて起こる」です。 例文 ・度重なる失言が原因で、彼に対しての批判の意見が増えた。 ・度重なる失態をどうぞお許しください。 度重なる 「しばしば」は、 ある程度の期間をおいて、同じ行動や状態が何度も繰り返される様子を表現した言葉です。 「しばしば」は「度々」と同じように頻度にこれといった定義はありませんが、毎回ではなく時としてというような頻度で繰り返され事に対して使用します。 例文 ・彼は歌唱力があり、しばしばミュージカルに出演することもあった。 ・主人は基本的に定時で帰宅することができる職業ですが、しばしば帰りが遅くなることがある。 しばしば 「幾度となく」は、「 いくどとなく」と読みます。 「幾度」とは、「どのくらいの回数・何度・いくたび」という意味でのある言葉で、「幾度となく」で「何度も」という意味の表現になります、 例文 ・彼を説得するための話し合いが幾度となく繰り返されていた。 ・彼女は幾度となく私を助けてくれた大切な友人です。 「度々」の使用上の注意点 当たり前だが一回目では使えない 「度々」は、年度も繰り返される様子を言い表した言葉であるため、当たり前ではありますが 一回目で使えません。 例えば、初対面の人に対して「度々ありがとうございます」「度々失礼します」というような表現を突然使用すると「前に何かあったのだろうか・・・?」と思わせてしまうのです。 むやみやたらに使用できる言葉ではなので注意しましょう。 重ね言葉なので結婚式・葬儀などでは使えない 「度々」は、同じ意味の言葉を重ねた「重ね言葉」という言われる表現です。 「重ね言葉」は、 同じ言葉を重ねるといったことから「再婚」や「悲しい出来事の再来」を連想させてしまうため結婚式や葬儀で使用することは避けられています。 うっかり使用してしまうと、非常識だと思われかねませんので頭に入れておきましょう。

次の

「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

度々 英語

英語を外国語として必至に使わなければならない人に限らず、この表現は当然ネイティブ同士の間でもよく使われる表現ですよね。 従って言い方もまた十人十色。 私が個人的によく使っていた表現もまた紹介しますね。 一つは、〝Please bear with me for... 相手も怒る気にもなれない一つのテクニックですね。 次に、ネイティブならではの、言いたいことをストレートに表現してしまう直接的な表現。 so many times の部分を again にすれば、「また聞いてゴメンね」ぐらいでしょう。 「何度もゴメン」ならso many timesでしょうかねぇ。 あるいはover and over againに入れ替えるか。 ランケンは割と頻繁に使っちゃいます。 ゴメンねって言った後に、let me clarify xxxxって書くパターンが多い気がします。 xxxxの部分は詳細に聞きたい部分で、let me clarify what you just have told me about xxxにすると、より詳細な議論に入っていけますよ。 Firstly you only need to apologise for something that is wrong. Seeking clarification of points in business is not in itself wrong. It may be irritating or annoying to the other person but it is not wrong. So you can either opt for an apology, express your gratitude or combine the two. Every apology needs to start with two magic words: "I'm sorry," or "I apologise. " This is essential, because these words express remorse over your actions. Then ask them to forgive you. You might want to say either, I do apologise taking up so much of your time, I do appreciate your assistance in this matter, it is important that I clarify everything so that I can finalise the deal. I do assure you I wont need to trouble you further once I have the information. まず、間違っていることを謝るだけです。 ビジネスにおけるポイントの明確化を求めること自体が間違っているわけではありません。 それは、他の人をイラつかせるかもしれませんが、それは間違っていません。 だから、謝ったり、感謝の気持ちを表明したり、2つを組み合わせたりすることができます。 すべての謝罪は2つの魔法の言葉から始める必要があります:「I'm sorry」、または「I apologies」 これらの言葉はあなたの行動を反省しているので、これは必要不可欠です。 何がダメだったのかを説明し、再び起こらないことを彼らに伝える必要があります。 そして彼らに許してもらうように頼みます。 どちらかと言うと、 私はあなたの時間の多くを使いお詫びします。 そのため、私はこの問題についてあなたの助けに感謝します。 すべてを明確にし、トラブルがまた起きた時あなたを必要としないことが重要です。 My apologies for asking again... - Apologies is saying sorry... So you say sorry for keep asking questions so much. Sorry if I am being a nuisance by asking so many questions. - Nuisance is to cause inconvenience or annoyance. So you basically saying sorry if you are annoying them by asking so many questions. Forgive me, as in Excuse me,, or Pardon me for asking, These phrases are used as an apology. We can use these phrases to apologise for most things E. Forgive me for interrupting but it's time we were leaving Please excuse me but I need to leave now Forgive me for not answering sooner but I was busy Please excuse my late reply Forgive meは、excuse meやpardon meの代わりにお願いするときに使われます。 こういったフレーズは謝罪にも使うことができます。 色んな場面の謝罪に使うことができます。 例えば. Forgive me for interrupting but it's time we were leaving ;お邪魔してすみませんでした、そろそろ失礼いたします。 Please excuse me but I need to leave now すみませんが、そろそろ行かなくてはならないので・・・。 Forgive me for not answering sooner but I was busy. すぐに返答できずすみません、ちょっと忙しかったもので。 Please excuse my late reply 返答が遅れて申し訳ございません。 I apologize for bombarding you with questions, but I am grateful for your answers. "bombarding" emphasizes and can also exaggerate the amount of questions asked, however used in a sentence like this it is professional and also will tell the recipient that you want to know all the details. I believe this will also put a smile on the recipients face and they will answer your questions in detail. I do appreciate your quick response to the questions - this tells the recipients that you are grateful but also looking for a quick response to the questions. This is also professional. You may also join the sentences like so "I apologize for bombarding you with questions, but I am grateful for your answers. I do appreciate your quick response to the questions. " 私はあなたに質問をして謝罪しますが、私はあなたの答えに感謝しています。 「bombaring」は質問された質問の量を強調したり誇張したりしますが、このような文章では専門的であり、すべての詳細を知りたいと受け手に伝えます。 私はこれも受信者の顔に笑顔は笑顔だと信じて、彼らはあなたの質問に詳細に答えます。 I do appreciate your quick response to the questions -これは、あなたが感謝していることを受信者に伝えますが、質問への迅速な対応も求めています。 これはプロフェッショナルでもあります。 "I apologize for bombarding you with questions, but I am grateful for your answers. I do appreciate your quick response to the questions. " このように合わせることもできます。 Phrases 3 is a lot more informal and can be used in making new friends, asking an estate agent, asking at an interview. フレーズ1と2はフォーマルなもので、仕事中、仕事用の電子メール、ビジネス交渉などで使用できます。 フレーズ3はよりインフォーマルで、新しい友達を作る際に使用することができ、不動産業者に尋ねる際などにも使用することができる。 Apologies for all the questions. - Is simply saying sorry for asking so many questions. formal I appreciate your patience. - is saying thank you to the receiver for being patient and answering your questions. It is polite and formal. Sorry for all the questions. - Can be used in a formal or informal email. If there has been an unusual delay perhaps in an order for supplies or some kind of confusion and it has to be resolved or has finally been resolved after some time. Definitely use this if there has been any delay and you are sending a follow-up email or letter to someone. If you would like to reply a business email and apologize for asking so many questions, you can say something like "I apologize for all the questions, but... " and then you may continue with your next sentence. This is a good way to show that you are sorry for having to bother the other person by asking so many questions. Well, if you ask a lot of questions in an email it could be that they are essential questions and it is vital that you have this information in order to do your job. In that case, there is no need to apologise - better just to say something like: "Thanks so much for helping me with all my queries. " Efficient business people don't apologise because they don't make mistakes! And they don't ask unnecessary questions. Using this sentence is a simple way to apologize for asking a lot of questions. Asking questions is a good habit to get into however, because if you don't ask, you don't know. To thank the person for answering all of your questions, you could say something like: thank you for patiently answering all of my questions, I really appreciate it!

次の