クロノクロス 戦闘。 クロノ・クロスとは (クロノクロスとは) [単語記事]

クロノ・クロス 攻略チャート ちょっとした隠れ情報

クロノクロス 戦闘

コンピュータゲームの歴史は、ゲームハードごとに様々な時代を築いてきました。 黎明期に爆発的ブームを起こしたファミコン時代や、新たな波を感じさせたプレイステーション時代など、直近のニンテンドースイッチとPS4の盛り上がりにも決して引けを取りません。 ファミコン時代の活気を受け継いだスーパーファミコン時代も、実に活気に満ちたひとときでした。 『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』といったファミコンの名作RPGが、より美麗なドット表現を手に入れ、容量の大きさを活かしたボリューム感溢れるシリーズ作を展開。 その正統進化に、多くのゲームファンが酔いしれました。 また、シリーズ作ばかりでなく、スーパーファミコン時代に生まれた新たな名作も少なくありません。 その数は枚挙に暇がないほどですが、スクウェア(現 スクウェア・エニックス)が世に送り出した『クロノ・トリガー』も、忘れられないRPGのひとつ。 時代を超える冒険は良質の物語と相まって、新規IPながら非常に多くのユーザーに親しまれました。 名作が生まれると、その続編を望む声が自然と挙がるもの。 その点で言えば、『ドラクエ』や『FF』などはまさに代表的な作品で、現在にも続く長いシリーズ展開を続けています。 そしてこの『クロノ・トリガー』も、続編に当たる『クロノ・クロス』が登場しました。 そんな意欲作『クロノ・クロス』が発売されたのは、今からちょうど20年前の1999年11月18日。 今回は本作の20周年を祝い、『クロノ・クロス』がどのような作品だったのか、その特徴を振り返ってみたいと思います。 また、『クロノ・クロス』に寄せた熱い想いが読者の方々から到着しているので、そちらも合わせてご覧ください。 『ドラクエ』や『FF』を語る上で決して外せないクリエイター陣が参加する、まさに夢のようなソフトでした。 それだけにゲームファンから高い期待を集めましたが、その期待を裏切らない完成度の高さで、今も語り継がれる名作として名を残しています。 ですが、『トリガー』のリリースから4年以上の月日を経て登場した『クロノ・クロス』は、プラットフォームもプレイステーションに変更し、見た目やバトルシステム、物語の軸となる「時間」との向き合い方も変化させるなど、様々な点で異なる道を選んでいます。 一目で分かる最も大きな違いは、グラフィックでしょう。 『トリガー』はスーファミソフトだったので、まさにドット絵の全盛期。 一方『クロス』は、プレステが得意とする3D描写を活かし、キャラクターをポリゴンで表現。 キャラクターデザインも結城信輝氏が手がけており、ビジュアルについては一新と表現していいほどの変化を遂げました。 バトルシステムも、『トリガー』はアクティブタイムバトルをグレードアップさせた「ATB Ver. 2」を採用し、緊迫感ある戦闘を演出。 パーティに加わる人数も大きな違いがあり、『トリガー』は一般的なRPGと同程度の人数ですが、『クロス』では40人以上のキャラクターをパーティに加えることが可能。 この多様性が、編成とバトルの選択肢を更に増やしてくれます。 対する『クロス』は、異なる展開を辿ったパラレルワールドを行き来します。 流れた時間は同じでも、その道程に違いがある平行世界を渡る『クロス』の冒険は、『トリガー』と明確に異なる刺激を与えてくれます。 共通する世界を背景としながらも、『トリガー』の要素をそのまま継承する選択はせず、独自性を模索した『クロス』。 前作を引き継ぎ、正統進化を果たすシリーズ作が多い中、本作は新たな可能性にチャレンジしたことが、作品の様々な部分から窺えます。 誤解のないように補足しておきますが、『クロノ・クロス』は『クロノ・トリガー』を否定するものでは一切ありません。 設定は関連作としてしっかりと結びついていますし、音楽面も光田康典氏が引き続き担当しています。 世代のバトンを渡す親子のような関係ではなく、尊敬する師匠と弟子のような関係が、『クロノ・トリガー』と『クロノ・クロス』に近しいと言えるでしょう。 その前に『クロノ・トリガー』もプレイして欲しい! 『クロノ・クロス』はプレイステーションソフトですが、ゲームアーカイブス入りを果たしており、PS3やPSP、PS Vitaでプレイすることができます。 オリジナル版を入手するには中古市場しかないので、もし本記事で興味を持った方は、価格もお手ごろなゲームアーカイブス版をお勧めします。 ですが、『クロノ・トリガー』も未プレイならば、まずは『クロノ・トリガー』をぜひ遊んでください。 ビジュアルやゲームシステムも異なる両作ですが、世界観は同一なので、『クロノ・トリガー』でその世界をあらかじめ知っておくと理解がより深まります。 ちなみに『クロノ・トリガー』は、スーファミ版以外にも、様々なプラットフォームで展開。 ゲームアーカイブス版もありますし、ニンテンドーDS版も発売済み。 多くの人が所持しているスマートフォン向けにもリリースされていますし、2018年にはアップグレード版も登場しているので、場所を選ばず遊びたい人にはスマホ版がうってつけです。 「スマホよりも大きな画面で遊びたい!」という方は、SteamにてPC版が配信されているので、そちらを一考してみましょう。 『クロノ・トリガー』と比べると、『クロノ・クロス』のプレイ環境は限られているので、PCやスマホへの移植やリメイクなど、今後の展開に期待したいところです。 グラフィック、音楽、ヒロインとのラスト・・・様々な魅力に惹かれた読者たちの声もご覧あれ 《臥待 弦》.

次の

クロノ・クロス

クロノクロス 戦闘

「ステータスの謎」とするとまるで謎を解明したかのように見えるのであえて「ステータスは謎」と書く。 このゲームでのレベルアップ時の成長ステータスはランダムで決まります。 個人的にこういうランダム要素はとても許せないので全員最大ステータスにしたいと思う。 最大ステータスというのはゲーム攻略本に載ってる値で、限界値や上限値と呼ばれるものです。 このゲームではレベルアップはボス戦後に必ず行われ、レベルアップ後に雑魚と戦闘すると、レベルアップでもないのにいくつかの数値が上昇しますが、最終的なステータスには大きな違いがでない仕組みというのがどうやら働いているようです。 LV99に到達すると成長は完全に止まり、雑魚と戦ってももう能力が上がることはありません ここ重要。 以下引用 ******************************* 161 :名無しさん@お腹いっぱい。 これが気に入らなかったらボス戦からやり直し その後は100回以上戦闘しても一切上がらなかった。 ただしステータスは進化前のものでFA。 揺るがなき事実。 何をやっても無駄。 というかこれからでもいけると思ってる た。 -結果- 全ステータスが限界値に達したキャラはでない。 健闘したキャラでも合計のマイナス値が、 セルジュで-2 スラッシュ-2 ラズリー-3 イレーネス-3 HPに関しては限界値に対して上回っていたものが+1まで、マイナスは10までだった。 でも限界値通りのキャラがほとんど。 スネフやリーアのHPがこの値から外れると悲しい。 スラッシュは3周目に仲間にしたので下手な補正は入らないかと思う。 もう一人の3周目に仲間にしたドクは合計-12でそのうち力が-6だった。 この二人の条件は一緒。 やはり完全ランダムの線が強い。 ただ使用頻度 雑魚との戦闘 が影響すると思えるのは、セルジュの高い値。 セルジュ以外がランダムなのだろうか。 私はこう考える。 戦闘に参加することで、ランダムの値であってもそのランダムの要素を少しでも抑えることができるのではないかと。 その理由として、 「ぬすむ」御用達の準レギュラー・ファルガは全体的に高い値で-1が5つあるだけだった。 ただしランダムなので使わないキャラでも同じことは起きる。 ただなりにくいだけ。 -結果- セルジュはやはりというか-3止まりだった。 素晴らしい強さ。 否、強制参加キャラだからか。 そして準レギュラー・ファルガは-8。 先程は-5だったのに対して少し低い。 セルジュも同じく。 特筆すべきはその他の使わなかったキャラ。 マイナス値二桁ばかりです。 この結果は一目瞭然で、戦闘に参加させなかったキャラは明らかにステータスの伸びが低い。 酷いキャラでHPのマイナスが20。 戦闘不能だったということはない。 参考資料のを用意。 つまらないので本当に見たい人だけ見ればいい。 しかし誰ひとり全能力を最大にできなかったのは悔しい。

次の

クロノ・クロス その他の探索場所

クロノクロス 戦闘

この世に隠された神秘を求めて各地を旅をしている。 マスクで顔を隠しており、素性を知るものも誰もいない。 黒の魔術に長けており、物理攻撃力より魔力が高め。 杖を消したり出現させたり、分身させた杖を剣に変化させて切り付けるなど、奇術 マジック を生かした攻撃を行う。 自身の杖を常に空中に浮かせており、ダッシュ時は自身も空中を滑るようにして華麗に移動する。 からは「マヂックギルドのホープ」と呼ばれていた。 レベルスター取得で増えるエレメントグリッドは、低位レベルの枠が少ないまま高位レベルの枠ばかりが増えていくという、他のキャラクターと全く逆な配置になっている。 物語序盤に酒場にいる。 話しかけると、テルミナの占い屋の婆さんと「賭け」をしている事を話してくれる。 「難攻不落の蛇骨館にあるお宝を1週間以内に盗み出すことは可能かどうか」という内容であるが、彼は「どんなマジックにもタネがあるように、完璧な城などこの世に存在しない」と豪語、蛇骨館には岸壁から侵入可能であることを見抜いており、自身が蛇骨館に潜入することで自分の説と腕を証明してやろうと考えていた。 そんな時、同じく蛇骨館に入る方法を探していたセルジュとキッドと知り合ったことで、仲間となる。 「龍騎士の誇り」というアクセサリーが回収できた場合は賭けは勝ちとなり、占いババから武器が貰える。 しかし、「龍騎士の誇り」を取り逃したまま蛇骨館をクリアした場合や、占いババへの報告をしないままストーリーを進めてしまった場合は期限切れでアルフの負けとなる。 負けた場合は占いババに仮面の中身 素顔 を見せるイベントになる。 この時に寿命が縮むほど驚かれるため、有名な人物であると推測できる なお、蛇骨館潜入時の協力者はアルフの他に、蛇骨館で兵士として雇ってもらうために道場破りを考えている自称勇者、蛇骨館にいる妹に会うためにこっそり侵入を試みる音楽家がいる。 3人とも侵入ルートが違う上、いずれか一人しか選択できない。 選ばれなかったキャラは旅立ってしまい二度と会えなくなるので、3人とも仲間にしたい場合は周回プレイが必要。 ANOTHERワールド側で仲間にすることができるが、HOMEワールド側のアルフについては登場せず不明。 しかし、HOME側で仲間にできるスネフがアルフのことを知っているため、ゲーム中に登場しないだけでおそらく両世界に存在するものと思われる。 『』物語序盤で素顔を見せた時の占い婆の反応や、凍てついた炎を前にした時の本人の反応など、いくつか抽象的ではあるが魔王を示唆させる点が数多く存在する。 まず、クロノクロスの原作となった作品『』でとのパートナーだった仮面の魔導師「ギル」と特徴が一致する点。 同作のメインシナリオではギルの正体が魔王であった(ただしギルは魔王の記憶を持つ上、年齢も30歳とアルフより上)ことが語られており、ギルが登場しないクロノクロスにおいて、アルフが今作におけるギル 魔王 の立ち位置ではないかと思われていた。 ゲーム内のパーティーリストの並び順でも、アルフはセルジュとキッドに次ぐ3番目に位置している。 アルフの移動モーションが魔王と同じ恰好であり、顔立ちや髪質も魔王 というより、少年時代のジャキをそのまま大人にしたような姿 に酷似している。 だがその魔王を思わせる数々の事柄に反して、実際のゲーム内でのアルフの扱いはメインストーリーに深く絡むことはなく、戦闘要員としてPTに加えられる単なる仲間の一人で、選択肢によっては一度も登場すらしないことがある。 パーティに入れておくと一部のシーンで特殊会話が発生する場面があるが、魔王であれば反応するであろう事柄 サラ関係のイベント に対して全く無反応で、シナリオにほとんど絡んでこない。 前作の魔王との共通点はいくつかあるものの、その予想に反して魔王らしくない素振りなため、発売当時は「他人の空似」「記憶を失っている」「正体を隠している」「魔王から」「前作と似たキャラが登場する類のファンサービス」など様々な憶測が飛び出した。 その後発売された攻略本『アルティマニア』の解説によれば、これらの思わせぶりな設定は本編の登場キャラクターの肥大化と開発期間の短縮化などの事情に伴い、各キャラクターを掘り下げたイベントがバッサリカットされた名残である模様。 ちなみに個別のイベントがカットされたキャラは他にも大勢おり、顔グラはあるのにイベントが無い村人 ウーナやリサ等 はその名残。 上記の事情から、アルフの正体については開発関係者から未だに明言されず、ボカされることになった。 参考:魔王関連のインタビュー引用(『アルティマニア』p. 481より) Q ルッカの手紙でジャキの存在が示されていますが、『クロス』にジャキ(『トリガー』の魔王)は登場しているんですか? A もともと、サラとジャキのその後の話をキッチリ描きたかったんですが、キャラクターが40数人になった段階であきらめました。 サラとキッドとジャキの密接なつながりを描くには、キャラクターの数をしぼらなければ無理だろうと思ったんです。 あのルッカの手紙は、開発初期のころ、ジャキがいるという設定のもとに書いたものなんですね。 ルッカは魔王がサラを捜しているというのは知ってるわけだし、べつにそこにいると断言してしまっているわけでもないので、あえてそのまま残しました。 また、上記の他に『ラジカル』のギルについて「その正体は『クロノ・トリガー』に登場する魔王ジャキ」「残念ながら『クロノ・クロス』には登場しない彼(ギル)だが、その面影はどこかに……。 」という文章も存在したり(『アルティマニア』p. 465)、設定資料集ではアルフの初期稿のひとつに「魔王のなれの果て」といったメモ書きがあるなど(『公式設定資料集』p. 114)、アルフと魔王の繋がりがありそうな要素は存在するものの、きちんと明言されている訳ではない。 これによってさらなる議論が巻き起こり、二次創作やファン小説などで盛り上がりを見せた。 それから9年後に発売されたニンテンドーDS版『』では、本筋から外れたマルチエンディングのひとつとして、新規追加の隠しボス「夢喰い」を倒した場合に新たなEDが加わり、サラの魂を取り込んだラヴォスを取り逃がしてしまうという内容のエンディングとなっている。 ここでは、ED後に魔王が姉のサラを救えなかった絶望から自らの記憶と存在を投げ出し、それによって生まれるかもしれない自分の代わりの誰かに希望を託しながら闇に消え去るといった結末を迎える。 その後、過去の記憶を失って森を彷徨う魔王らしき人物の描写がある。 こちらもはっきりとは明言されてはいないものの、後のアルフと同一人物であると思わせるような描写になっており、現在では「アルフ=(記憶を失った)魔王」説がやや有力となっている。 もしアルフが元魔王であると仮定した場合、魔王が希望を託した自分の代わり アルフと主人公一行 が最終的にサラを救い出すことになるため、 当の本人に自覚はないと思われるものの 彼の望みは達せられたことになる。 関連項目 関連記事 親記事.

次の