名付けヒント。 宝石の和名が知りたい!名付けに役立つ宝石の名前や漢字のヒント一覧

名付け百科事典【ゲーム遊牧民】

名付けヒント

宝石の和名が知りたいという方は意外と多いもの。 石・宝石好きの方はもちろん、赤ちゃんの名前を考える上で名付けのヒントにしたい方、キャラクター名・商品名や愛称といったさまざまな名前・ネーミング・命名の漢字を考える方… そんな皆様に役立つ宝石の和名・読み方、さらに宝石をイメージする漢字をピックアップして一覧にしてみました。 誕生石の和名については、 石言葉も含めて名付けの連想のヒントも添えていますので参考にしてみてくださいね。 誕生石に使われている宝石の和名一覧 1月 柘榴石(ざくろいし):ガーネット 植物の「ざくろ」を意味する語源から、和名でも柘榴石と呼ばれています。 赤系統のガーネットは古来から愛されています。 石言葉の「真実」「友愛」の方が名付けの連想には使いやすそうですね。 2月 紫水晶(むらさきすいしょう):アメシスト 水晶の中でも気高い美しさを誇るアメシスト。 紫は古来から高貴な色とされています。 「紫」「晶」、また石言葉の「誠実」も名前に活かせそうな字です。 3月 藍玉(あいぎょく):アクアマリン/珊瑚(さんご) 海の水を意味するアクアマリン。 「藍」や海に関する言葉、石言葉の「幸福に満ちる」も名付けのヒントになりそう。 また「珊瑚(さんご)」も3月の誕生石です。 4月 金剛石(こんごうせき):ダイヤモンド 最強の硬度と美しい輝き、宝石の王様として愛されるダイヤモンドの和名は「金剛石」。 力強い響きですね。 石言葉「純真無垢」からの連想も良さそうです。 参考: 5月 翠玉(すいぎょく):エメラルド/翡翠(ひすい) 「翠」は「みどり」。 美しい緑色のイメージは5月にぴったり。 エメラルドは「幸運と幸福」、翡翠は「健康と繁栄」が石言葉です。 参考: 「月」やムーンストーンの「青白い光」のイメージも美しいですね。 7月 紅玉(こうぎょく):ルビー 美しく赤い宝石、ルビー。 「紅」の文字も印象的です。 情熱的なイメージからの連想や、石言葉「慈しみ」から「慈」を使う案も。 8月 橄欖石(かんらんせき):ペリドット 橄欖…他では見ない漢字ですね。 オリーブの誤訳で、深緑色(オリーブ色)のカンラン石のうち宝石として扱われるのがペリドットです。 人名には使いにくい字なので、ペリドットの緑色から連想するか、石言葉の「幸せ」「(夫婦間の)愛」から考えてみても。 9月 蒼玉(そうぎょく):サファイア 青い宝石の代表、サファイア。 人気の高いパパラチアサファイアはオレンジ系のピンク色で、パパラチアは「蓮」の意味。 石言葉「誠実」「愛情」も参考に。 10月 蛋白石(たんぱくせき):オパール/電気石(でんきいし):ピンクトルマリン オパールとトルマリンは意外な和名に驚きます。 や石言葉「幸福」「希望」、トルマリンの石言葉「広き心」「思慮深さ」からの連想はいかがでしょう。 11月 黄玉(おうぎょく):トパーズ/黄水晶(きずいしょう):シトリン 黄色のイメージが強い11月の誕生石。 実際にはトパーズにはさまざまな色があります。 石言葉はトパーズが「希望」「友情」、シトリンも「友愛」「希望」と似ていますね。 12月 トルコ石:ターコイズ/瑠璃(るり):ラピスラズリ 12月の誕生石は青のイメージ。 ターコイズの石言葉は「成功」「繁栄」です。 瑠璃はそのまま名前に使う案も。 宝石独特!「瑪瑙」の読み方は?…宝石の和名一覧 誕生石以外で、特徴のある宝石の和名をご紹介します。 ちなみに「 瑪瑙」の読み方は「 めのう」。 断面が馬の脳に似ているという意味から来ているとか!宝石でしか使わないような漢字で、見ているだけでも面白いですよね。 和名には、漢字の意味から宝石・鉱物の特徴を理解しやすいというメリットもある場合があります。 お気に入りの石の和名をチェックしてみましょう。 主な宝石の和名と読み方をおおよその硬度順で一覧にしてみました。 宝石全般をイメージする漢字とは? 最後に、宝石の和名から名付けを考えている方のヒントに。 宝石の持つ美しい魅力そのものをイメージできるような漢字をピックアップしてみました。 【 宝石全般をイメージする漢字の例】• 宝石の輝きや明るさ、透明感…「輝、煌、光」「明、晶、透」• 宝石の純粋さや強さ…「純、真」「原、源」「堅、鋼、剛」• 宝石の気高さや華やかさ…「高、貴」「瑛、英、華」「麗、玲」 以上は参考例ですが、組み合わせや読み方も含めて、さまざまな名前のアイディアを考えてみてくださいね。 POINT• 宝石の和名、色やイメージ、石言葉は名付け、ネーミングなどのヒントに。 宝石独特の個性的な和名は面白い。 鉱物の特長を理解しやすいメリットも。 宝石から「輝」「貴」などさまざまなイメージを連想してみよう。 【参考記事】「誕生石」についてはこちらの記事でより詳しく紹介しています。 【お子様の名付けに関心がある方へおすすめの本】.

次の

かっこいい・かわいい宝石の名前♡名付けのヒントにも

名付けヒント

宝石の和名が知りたいという方は意外と多いもの。 石・宝石好きの方はもちろん、赤ちゃんの名前を考える上で名付けのヒントにしたい方、キャラクター名・商品名や愛称といったさまざまな名前・ネーミング・命名の漢字を考える方… そんな皆様に役立つ宝石の和名・読み方、さらに宝石をイメージする漢字をピックアップして一覧にしてみました。 誕生石の和名については、 石言葉も含めて名付けの連想のヒントも添えていますので参考にしてみてくださいね。 誕生石に使われている宝石の和名一覧 1月 柘榴石(ざくろいし):ガーネット 植物の「ざくろ」を意味する語源から、和名でも柘榴石と呼ばれています。 赤系統のガーネットは古来から愛されています。 石言葉の「真実」「友愛」の方が名付けの連想には使いやすそうですね。 2月 紫水晶(むらさきすいしょう):アメシスト 水晶の中でも気高い美しさを誇るアメシスト。 紫は古来から高貴な色とされています。 「紫」「晶」、また石言葉の「誠実」も名前に活かせそうな字です。 3月 藍玉(あいぎょく):アクアマリン/珊瑚(さんご) 海の水を意味するアクアマリン。 「藍」や海に関する言葉、石言葉の「幸福に満ちる」も名付けのヒントになりそう。 また「珊瑚(さんご)」も3月の誕生石です。 4月 金剛石(こんごうせき):ダイヤモンド 最強の硬度と美しい輝き、宝石の王様として愛されるダイヤモンドの和名は「金剛石」。 力強い響きですね。 石言葉「純真無垢」からの連想も良さそうです。 参考: 5月 翠玉(すいぎょく):エメラルド/翡翠(ひすい) 「翠」は「みどり」。 美しい緑色のイメージは5月にぴったり。 エメラルドは「幸運と幸福」、翡翠は「健康と繁栄」が石言葉です。 参考: 「月」やムーンストーンの「青白い光」のイメージも美しいですね。 7月 紅玉(こうぎょく):ルビー 美しく赤い宝石、ルビー。 「紅」の文字も印象的です。 情熱的なイメージからの連想や、石言葉「慈しみ」から「慈」を使う案も。 8月 橄欖石(かんらんせき):ペリドット 橄欖…他では見ない漢字ですね。 オリーブの誤訳で、深緑色(オリーブ色)のカンラン石のうち宝石として扱われるのがペリドットです。 人名には使いにくい字なので、ペリドットの緑色から連想するか、石言葉の「幸せ」「(夫婦間の)愛」から考えてみても。 9月 蒼玉(そうぎょく):サファイア 青い宝石の代表、サファイア。 人気の高いパパラチアサファイアはオレンジ系のピンク色で、パパラチアは「蓮」の意味。 石言葉「誠実」「愛情」も参考に。 10月 蛋白石(たんぱくせき):オパール/電気石(でんきいし):ピンクトルマリン オパールとトルマリンは意外な和名に驚きます。 や石言葉「幸福」「希望」、トルマリンの石言葉「広き心」「思慮深さ」からの連想はいかがでしょう。 11月 黄玉(おうぎょく):トパーズ/黄水晶(きずいしょう):シトリン 黄色のイメージが強い11月の誕生石。 実際にはトパーズにはさまざまな色があります。 石言葉はトパーズが「希望」「友情」、シトリンも「友愛」「希望」と似ていますね。 12月 トルコ石:ターコイズ/瑠璃(るり):ラピスラズリ 12月の誕生石は青のイメージ。 ターコイズの石言葉は「成功」「繁栄」です。 瑠璃はそのまま名前に使う案も。 宝石独特!「瑪瑙」の読み方は?…宝石の和名一覧 誕生石以外で、特徴のある宝石の和名をご紹介します。 ちなみに「 瑪瑙」の読み方は「 めのう」。 断面が馬の脳に似ているという意味から来ているとか!宝石でしか使わないような漢字で、見ているだけでも面白いですよね。 和名には、漢字の意味から宝石・鉱物の特徴を理解しやすいというメリットもある場合があります。 お気に入りの石の和名をチェックしてみましょう。 主な宝石の和名と読み方をおおよその硬度順で一覧にしてみました。 宝石全般をイメージする漢字とは? 最後に、宝石の和名から名付けを考えている方のヒントに。 宝石の持つ美しい魅力そのものをイメージできるような漢字をピックアップしてみました。 【 宝石全般をイメージする漢字の例】• 宝石の輝きや明るさ、透明感…「輝、煌、光」「明、晶、透」• 宝石の純粋さや強さ…「純、真」「原、源」「堅、鋼、剛」• 宝石の気高さや華やかさ…「高、貴」「瑛、英、華」「麗、玲」 以上は参考例ですが、組み合わせや読み方も含めて、さまざまな名前のアイディアを考えてみてくださいね。 POINT• 宝石の和名、色やイメージ、石言葉は名付け、ネーミングなどのヒントに。 宝石独特の個性的な和名は面白い。 鉱物の特長を理解しやすいメリットも。 宝石から「輝」「貴」などさまざまなイメージを連想してみよう。 【参考記事】「誕生石」についてはこちらの記事でより詳しく紹介しています。 【お子様の名付けに関心がある方へおすすめの本】.

次の

名付けのヒントまとめ、素敵な名前を付けたいパパママ必見!

名付けヒント

猫に名前を付ける際のポイント 猫に限らず、ペットに名前を付ける上でもっとも重視したいのは「呼びやすい名前である」こと。 シンプルで短く、わかりやすい名前がおすすめです。 シンプルで呼びやすい名前は印象に残りやすいため、猫も「自分の名前だ」と認識しやすくなります。 仮に長い名前を付けたとしても、普段呼ぶ際には何かしらのあだ名で呼ぶことになるでしょう(例えば、アレキサンドロスという名前であれば、「アレックス」「ロス」「アレちゃん」など)。 いつも同じあだ名で呼んでいればよいのですが、名前が長い分、バリエーションが豊富になってしまうからと、ついつい呼び名を変えてしまうと…猫としてはどれが自分の名前で、どう呼ばれたら反応すればよいのか、わからなくなってしまうこともあります。 呼びやすい名前は、普段のコミュニケーションをとる時に適しているのはもちろん、万が一迷子になってしまった時にも名前を連呼しやすいというメリットがあります。 猫にとっても、飼い主にとってもわかりやすい、シンプルな名前を付けてあげましょう。 com 猫の名前が決まったら、一緒に遊んでいる時、食事の準備ができた時などに、積極的に名前を呼びましょう。 猫が楽しい感情や嬉しい感情を抱きそうな時に名前を呼ぶことで、猫は自分の名前に良い印象を持つようになります。 そうすると、飼い主が名前を呼ぶと近寄ってくるようになるかもしれません。 猫が悪いことをした時に叱る意味で名前を呼ぶことも、もちろんあると思います。 それはそれで意味のあることですが、「叱る時だけ名前を呼ぶ」というのはやめましょう。 猫が自分の名前を嫌いになってしまいかねません。 楽しい時にもたくさん名前を呼んであげて、猫に「名前を呼ばれることは嬉しい」と印象付けましょう。 com 生活用品の製造、販売を手掛けるアイリスオーヤマが2007年から毎年行っている「猫の名前ランキング」。 その2017年版で、総合人気ランキング第1位を獲得した猫の名前は「ココ」でした。 なお、総合2位は「クロ」、3位は「ナナ」という結果に。 ちなみに総合10位まではすべて2文字の名前でした。 やはり、シンプルで呼びやすい名前が人気なようですね。 ランキングの全結果は、下記リンク先で確認できます。 アイリスオーヤマ株式会社のプレスリリース(2017年2月8日 17時00分) 猫の名前ランキング2017 今年一番多かった名前は[ココ]! [モモ]9年連続ならず・・・ 最後に、猫の名付けのヒントをいくつか紹介しましょう。 1.猫の見た目から名付ける 毛並みが白いから「シロ」、三毛猫だから「ミケ」といったように、猫の見た目から名前を付ける飼い主は多いです。 2.猫を迎えた時期から名付ける クリスマス・イブに迎えたから「イブ」、5月に迎えたから「サツキ」のように、猫を迎えた時期を名前に付ける飼い主もいます。 3.食べ物、植物などのシリーズで名付ける 「あんこ」「よもぎ」「おはぎ」といった和菓子シリーズ、「ゆず」「みかん」「れもん」などの柑橘シリーズ、「さくら」「ゆり」「もも」などの花シリーズのように、何かしらのコンセプトを決めて名付ける飼い主も少なくありません。 とくに、複数の猫を飼っている人に多いです。 猫にとっても飼い主にとっても、お気に入りになる素敵な名前を付けてあげられるとよいですね。

次の