公認会計士 予備校 ランキング。 予備校が売り出している公認会計士の魅力は全部ウソです。

公認会計士通信講座・予備校比較

公認会計士 予備校 ランキング

【公認会計士について】 現在、高校3年生で4月から大学に進学します。 会計士になるために公認会計士の試験を 受けたいと思っているのですが、 ご質問がいくつかあるのでご回答頂けたらと思います。 ネットで調べただけで非常に無知なので 何言ってんだこいつって思われるような質問も あるかと思いますが、何卒よろしくお願い致します。 1、予備校について 様々なサイトや知恵袋の解答を見ていると 独学は厳しいので予備校に通うべきという結論が多いです。 そこでご質問なのですが、予備校に通わずとも 予備校が作成し使用しているテキストを 10万円程度で購入し、それを使用して 独学で勉強するのでも厳しいのでしょうか? 私大に通わせて貰う予定で さらに弟もいるので金銭的に親にこれ以上 迷惑をかけたくないので何とかならないかと 思いまして。 2、勉強期間 実際に現在公認会計士の試験に向けて 勉強されている方や合格された方が いらっしゃればお聞きしたいです。 試験に向けてどれ程の期間で平均で 1日どれほど勉強されましたか? 3、数学について 会計士を目指しているのにおかしな話かと 思いますが、私は数学が大の苦手です。 数学ができない人はやはり合格は厳しいでしょうか? 4、勉強方法について 試験科目が何個かあるかと思うのですが、 どのように勉強をされていましたか? 稚拙な文章で分かりづらい点が多いかと思いますが、何卒ご回答よろしくお願い致します。 もちろん厳しいご指摘等もあるかと思いますので そういったご回答でも構いません。 子供が会計士受験生です。 1, 講義を聞いても難しい内容なのに、テキストを読んだだけで理解する、というのはまずできないです。 また、答練や模試を受けずに、本試験に合格することも不可能です。 とりあえずテキスト買ってやって見ようと10万かけてやり始めても、結局予備校に行くとなったら、結果的に10万円損します。 そして、その可能性が強いのでやめた方がいいです。 2, 大学がある日は5時間、ない日は9時間くらいのようです。 3, それは関係ないと思います。 どちらかというと読解力と記憶力の方が重要かと感じます。 4, これも予備校に行ってると講義や答練に合わせて、いまなにをしなくてはいけないかがわかります。 行かないと勉強の進め方もそれもわかりません。 ご回答頂き、ありがとうございます。 受験生の保護者の方に もしよろしければご質問させて 頂きたいです。 お子様の大学は私大でしょうか? 国公立でしょうか? やはり、大学と予備校に 通うとなるとバカにならない額を 払うことになるかと思うのですが、 どちらの学費もご両親が 負担なされているのでしょうか? 両親に金銭の負担をさらに かけたくないので自分で 何とかしたいのですが やはり予備校は100万弱かかる ようなのでそんな大金は 持ち合わせておらず...。 100万弱のお金をケチっても 意味が無いと言われる方も いたのですが、そのお金を 今捻出するのが大変でして。 またお子様は予備校と大学を かけ持ちされてるとの事ですが ほとんどの時間が予備校と大学で 埋まるのでしょうか? 予備校と大学とバイトをかけ持ち するというのは現実的では ありませんか? 踏み入ったご質問も ありますのでご回答頂ける もののみご返信頂けたら幸いです。 予備校について 独学は無理です。 独学できるレベルというのは、最終的にはとりあえずテキスト内容を丸暗記してしまえばオーケーというものです。 しかし会計士試験の範囲は膨大で丸暗記なんて不可能であり、また理論もあるので内容を確実に理解しなければ試験に対応できません。 理解するにはどうしても講義が必要です。 さらに合格するには答練をこなさなければなりません。 その答練は講座でしかできないもの(独学では入手不可能)なので、理解する面においても答練の面においても独学は無理という結論です。 勉強期間について 私は簿記2級まで合格した後はしばらく簿記から離れていました。 本格的に会計士講座に入ったときは簿記2級修了レベルで、約2年半で論文試験までたどり着きました。 その間短答は2回受験し、論文は幸い1回で終わりました。 講座が始まったばかりのときはやる内容も簡単で、答練もないのでほとんどやることなかったですが、当然カリキュラムが進んでいけば内容も難しくなり、答練も毎日のようにこなさなければなりません。 復習項目もどんどん増えますので、最終的には日に10時間は普通にやっていたと思います。 寝るか勉強しているのどちらかでした。 (食事中も何かしら勉強)とにかくきつくて周りからは少し休んだら?と言われてしまうほど病的な感じになっていたと思います。 数学について あまり数学の出来不出来は関係ないと思いますが、数字アレルギーとかだときついかもしれませんね。 あと余談になりますが、数学って理論的な学問です。 何となく思いつきでやるものではなく、こういう理屈だからこうなるとロジカルに考えなければいけません。 会計士試験もそうですし、会計士として仕事をするときも常にそういうロジカルな物事の考え方が求められます。 数学の問題を解ける解けないというよりは、そのような考え方ができるようになることが望ましいです。 勉強方法について 科目もたくさんありますし、短答と論文でも勉強方法違いますし、時期によっても違ってきます。 ですので一言では言い表せません。 カリキュラムに身を任せ、講師の指導に素直に従えというくらいでしょうか。 仮に講義なしで教材を理解できたとしても ネットに出品される中古の教材は大半が過年度のものなので特に会計基準や会社法、租税法は改正のスパンが短かく過年度の教材は役に立たなくなっているケースが多い。 2勉強期間 入門期5〜6時間、上級期7〜9時間 3、数学について 管理会計や経営学などでは基礎的微分程度を使う部分もある。 数学が苦手でも致命的に不利という訳ではないが簡単な二次方程式程度はマスト。 4、勉強方法について 受験予備校のスケジュールを予定された通りにこなしつつ、教材で粛々と万遍なくひたすら繰り返し復習する。 会計士受験の為の学習環境については、 会計士協会が日本の会計教育に言及する場合に、事実上 会計士になる為の会計教育は受験予備校が担っている と 認めている様な状況だ。 学内のダブルスクールを含めて受験予備校等を利用する のは 試験に合格する為の基本的な前提だ と言ってほぼ差し支えないだろう。

次の

公認会計士の大学ランキング(大学別合格者数)と大学・学部選び

公認会計士 予備校 ランキング

必見!おすすめ通信講座スクールBEST5 代表的な公認会計士の予備校の中からおすすめの通信講座をピックアップ。 学習方法や受講料金などで比較ランキング形式で紹介しています。 公認会計士の最短合格:オススメ通信講座BEST5 仕事を持つ社会人やダブルスクールで忙しい学生が難関の公認会計士試験合格を目指す場合は通信講座が最適です。 時間に縛られることなく自分のペースで学習を進められるので両立がしやすいからです。 そこで当サイトで紹介しているスクールの通信講座のコースを学習方法や講師、料金などで比較表にまとめました。 ここでは初学者でも学べる代表的なコースをピックアップして受講料金の安い順に掲載しています。 内容はインタビュー動画を文字に起こしたもので、元の動画を見ることも可能。 これらの リアルで臨場感あふれる力強いアドバイスは、今後、公認会計士試験の合格を「通信講座」で目指す人たちにとって、 必ず参考になるはずです。 総評 クレアールの象徴と言える非常識合格法は公認会計士試験合格のために必要のない部分を排除した勉強法です。 忙しくて学習時間が限られる受験生にとっては無駄がなく効率的な勉強ができるので合格への近道と言えます。 特に新試験制度に合わせた短答式と論文式に分けたカリキュラムは要チェックです。 またコースの案内も初級者向けと学習向けが明確に分けられており、 担当講師による実際の講座を動画で視聴できるので、雰囲気や講義内容が自分と合っているのかどうかがわかり選択に迷わないように工夫されています。 総評 現行の公認会計士試験制度に即した短答式と論文式を分けたカリキュラムは合理性を重視している受験生には最適です。 公認会計士試験は出題範囲が広いことが知られていますが、この方式に従うとやるべきことが明確になります。 3位 東京CPA 理解重視の圧縮講義とテキストで得点力アップを目指しマンツーマンサポートで安心 比較項目 概要 受講料金 【通信】1年速習コース 短答2回対応 WEB通信 588,000円 学習方法 ・短答式対策として圧縮講義で得点力アップ ・論文式対策は理解重視で得点力アップ ・通信講座でもマンツーマンサポートあり 講師 ・40年以上の超ベテランから短期合格した若手まで幅広い人材 ・個別に策定された学習スケジュールで専任講師が答練を添削 ・すべての講師が公認会計士合格者で常に受講生と向き合う指導 公式サイトの見どころ 東京CPAは昭和43年に開校し、公認会計士資格を専門に指導してきただけあって一般の4. 4倍となる合格率の高さが目を引きます。 公式サイトでは初学者向け、経験者向けにカリキュラムや各種制度が詳細に説明されています。 また 合格者の声のコーナーでは在学中合格、女性合格者、男性合格者、 社会人で合格、通信で合格など体験談が細かく分類されているため 自分と同じ環境の人がどのように合格達成したのかがわかり大変参考になります。 総評 長年ずっと公認会計士資格のための指導のみ行ってきたという安心感があります。 マンモススクールにあるような画一的なカリキュラムではなく受講生に向けた個別フォローがあるので無理なく合格まで導いてもらえるでしょう。 4位 TAC 短答式と論文式を同時進行するカリキュラムで、通信メディア活用で通学生との差がない 比較項目 概要 受講料金 【2年S本科生】<簿記A(初学者)レベル> 770,000円(Web通信講座) 学習方法 ・短答式と論文式を同時進行で一括合格を狙う ・通信メディア活用で質問を受け通学生と変わらない対応 ・学習フォロー制度が充実し合格後の就職までサポート 講師 ・合格者講師主義を採用し会計のプロが講師を担当 ・経験豊富な講師が揃っており実務に即した出題にも対応 ・悩みや不安など知識以外のこともしっかりサポート 公式サイトの見どころ TACでの受講を検討中の一般向けサイトと、すでに受講生となっている人専用のサイトを明確に分けており、受講生専用サイトでは成績表や学習スケジュール管理表、教室情報検索などはログインが必要になります。 一般向けサイトは受講コースの案内の他に、 在学中や社会人などタイプ別合格者の声を多数紹介。 また受講前のガイダンスから受講中の相談、年間を通じた就職フォローまできめ細やかなサポート体制がわかりやすく解説されています。 総評 短期コースも用意されていますが全体的には1. 5~2年の比較的長めのコースが主流となっており、短答式と論文式を同時進行させることで一括合格を可能にしています。 学習フォローや就職サポートが充実している点も注目できます。 5位 資格の大原 毎年改訂されるオリジナル教材を採用し試験と就職対策が1つになったカリキュラムを提供 比較項目 概要 受講料金 【1. 5年オータム初学者合格コース】(DVD通信) 774,000円(簿記初心者) 学習方法 ・最新の試験傾向を分析し講師が毎年教材を改訂 ・試験と就職対策がひとつになったカリキュラム ・教室での授業と同時期に視聴できるWeb講座 講師 ・公認会計士講座担当講師のほとんどが常勤体制 ・通信講座でも専任講師が受講生をサポート ・試験委員と同じ視点で受験指導を行いテキストに反映 公式サイトの見どころ 資格の大原という名の通り、公認会計士や税理士を始めとする会計系からビジネス系、情報・クリエイター系、ブライダル・ビューティ系などすべての資格を網羅する勢いの専門学校や講座の案内があります。 公認会計士の通信講座にはDVD講座とWeb講座がありますが、Web講座は公式サイト上から 無料体験することが可能になっています。 また10年間の公認会計士の合格実績を公開しているので実績を重視する人は要チェックです。 総評 毎年最新受験データが反映される講師が作成する教材は他のスクールには見られません。 資格取得のマンモススクールなので設備やシステムが充実し、通信講座でも教室受講でモチベーション維持ができることも注目できます。 公認会計士の通信講座ならクレアールがイチオシ 当サイトは、公認会計士の通信講座なら クレアールをオススメします。 その理由を、3つの特徴から分かりやすく紹介しましょう。 (1)非常識合格法なら短期合格を効率的に目指せる クレアールの非常識合格法は、 合格に必要な点数を取る部分に 学習範囲を絞り込んでいるのが大きな特徴。 これによって、テキストは他スクールよりも遥かに濃密で、 非常に効率的な学習を可能にしています。 さらに、 勉強する単元ごとに専門家が抽出した論点を再編成。 1人の講師が一貫して指導するため、 学習方針にブレがありません。 公認会計士試験は、出題範囲が膨大で網羅的に学習するのは非現実的です。 すべてを勉強しようとすると、 時間も費用も多くかかってしまいます。 学生でも社会人でも、公認会計士の勉強にフルタイム割けない人にとって、この効率的な勉強法はもっとも適していると言えるでしょう。 合格に必要な範囲だけを徹底学習 新試験制度導入によって増えた試験範囲は、学習範囲の特定を難しくしています。 学習範囲が絞れないことで勉強効率が悪くなるため合格から遠ざかるのも当然です。 非常識合格法では満点を取ることを目指す勉強ではなく、全科目で合格ラインをクリアするために、試験に頻出される問題を分析して学習範囲を限定します。 試験範囲というのは、どこまで拡大したとしても公認会計士に絶対に必要とされる知識は変わりません。 合格範囲を明確化して徹底学習することで、公認会計士試験の土台を固めながら、効率よく学習をすすめることが合格への一番の近道です。 膨大な時間をかけてできない問題を解く力をつけるのではなく、 できる問題を増やして差をつける効率的な学習で確実な知識にしていきます。 テキストも合格に必要な範囲だけに絞り超薄を実現 通常、テキストというのは分厚いもので、厚みがあればあるほど知識が詰まっているように感じます。 しかし限られた時間の中で、幅広い出題範囲の論点をマスターするのは厳しいのが実情です。 クレアールでは、あらゆる知識をどんどん詰め込むのではなく、試験において重要な論点となる事項だけを絞ってテキストを作っています。 そのため、公認会計士試験のテキストとしては異例の薄さになりますが、限りなくミニマムにすることで重要論点に対しての理解力を高め、基本論点をマスターすることが可能です。 テキストにない論点が出たらどうするのか、不安を感じる方もいるかもしれません。 しかし問題は基礎に基づいて出題されるので、基本論点をマスターしていれば、知識を応用して解答できます。 記憶のメカニズムに基づいた暗記法で確実な暗記と理解を実現 記憶のメカニズムは暗記力と大きくリンクしています。 記憶法には、方法記憶と知識記憶、そして経験記憶の3種類がありますが、この中で成人が得意とするのが経験記憶です。 経験記憶とは、名前の通り自分が過去に経験したことに関連付けたり、体験したことを整理したりすることで記憶をしていく方法です。 暗記は頭で覚えることというイメージがありますが、元をたどると、覚えようとして勉強した経験記憶なのです。 非常識合格法では、この経験記憶を最大限に活かせるスピーチを取り入れています。 テキスト内容、重要な専門用語の定義、テキストの解答、論点やテーマなどを勉強してきた経験をスピーチすることで 正確に記憶にインプットし、確実に暗記をしておけば、難題であっても解答できるようになります。 (2)44年の指導実績と著名な講師が在籍 クレアールは、インターネットを活用した通信講座に対して積極的に取り組んでいます。 DVD講座も用意していますが、基本は インターネットのWeb動画がメインです。 必要なテキストもネットから ダウンロードできるようになっています。 映像学習は倍速再生や繰り返し再生も自由自在なので、 通学で受講するよりも時間を効率的に使えるというメリットがあります。 そして、DVDや製本といったパッケージを省くことで、他スクールに比べても 受講料金を安価な設定にしているのが特徴です。 このように、公認会計士試験に合格する仕組みが構築してあるクレアール。 数ある通信講座で勉強するスクールの中で、1位とさせていただきました。 その他の公認会計士講座 Z会 TACとの役割分担で学習段階に合わせた指導を実施 比較項目 概要 受講料金 【入門本科・実戦本科】 725,000円(Z会会員価格652,500円) 学習方法• テキストは出題傾向や試験委員の専門分野に合わせて毎年改訂• TACとの役割分担で学習段階に合わせた指導• 1カ月につき20回まで質問メールが利用可能 講師• 公認会計士講座担当講師のほとんどが実務経験者• 近年の実務に即した出題傾向にも対応 公式サイトの見どころ Z会の公認会計士通信講座は、公認会計士受験指導で定評のある TACとタッグを組み、より強力なプログラムを提供しています。 1人1人に割り当てられる専用マイページはZ会が管理し、計画的に学習を進めるサポートをしてくれます。 合格するための姿勢を整えた後は、TACの講師が実践的な指導を行い合格まで導いてくれるので安心です。 他の教材に手を伸ばさなくても十分合格できるため、余計な費用もかかりません。 また専用マイページでは、プログラムが会員の生活リズムに合わせて学習スケジュールを設定してくれます。 勿論進捗が遅れてしまった場合でも、再スケジュールは可能です。 総評 出題傾向や試験委員の専門分野に合わせて毎年改訂されるテキストは、図や表を豊富に使用して初学者にもわかりやすい内容に仕上がっています。 合格までの学習サポートだけでなく、合格後の就職まで完全バックアップしてくれるでしょう。 FIN 必要な情報が1冊にまとまったAll in ONEテキストでいつでもどこでも勉強できる 比較項目 概要 受講料金 【短答入門コース】 172,000円(短答試験に特化したコース) 学習方法• 講義動画データを記録したSDカードやUSBが届く• 必要な資料が1冊にまとまったフルカラーのAll in ONEテキスト• いつでもどこでもサッと学習できる 講師• 大手専門学校の元ベテラン講師陣のみで運営 公式サイトの見どころ スマホで講義動画や過去問集を閲覧できるので、空いた時間を使って学習できるのが魅力的です。 また、講義動画はSDカードやUSBメモリで自宅に届くため、繰り返し学習したい人も満足できるでしょう。 しかもAll in ONEテキストだから、たくさんの資料を机の上に開く必要がありません。 さらに日商1級コースや税理士簿財コースからの編入では、講座代金がお得になります。 また、メールで質問をした場合、24時間以内で質問に答えるなど、徹底したサポート体制を作ってくれているのも嬉しいポイントです。 総評 学習に必要な資料やデータがコンパクトにまとまっており、手軽に持ち運びできますし、モチベーションアップにも繋がります。 コース料金は、分割購入制度が利用可能です。 ローンとは異なり、少しずつ教材を買い進めるシステムなので、金銭的負担も少なくて済むでしょう。

次の

公認会計士になれる大学おすすめランキング【合格者データあり】

公認会計士 予備校 ランキング

公認会計士専門学校の口コミ!おすすめ比較ランキング 人気のあるTAC公認会計士講座は横浜市、金沢市、池袋、渋谷、新宿、水道橋、八王子市、町田市、札幌市、津田沼、さいたま市、仙台市・・・など全国に通学教室がある業界大手です。 その他の資格の大原やLEC東京リーガルマインドについても実力派ですので公認会計士専門学校評判&口コミ評価には優れています。 さらに忘れてはいけないのが近年人気のある公認会計士通信講座おすすめの1つであるクレアールです。 会計士講座には力を入れているので注目度は高いと言えるでしょう。 公認会計士予備校ランキング【最新版速報】 公認会計士専門学校比較ランキングについて紹介!公認会計士専門学校おすすめはココだ! なお、当サイトは評判&口コミ評価の人気公認会計士スクールを比較してランキングを作成しています。 公認会計士予備校・講座・塾をお探しの方はまずは気軽に 複数の学校へ資料を請求しておきましょう! 公認会計士専門学校評判&口コミの総評 コストパフォーマンスを意識して安い・格安公認会計士専門学校を探すのであれば上記の4社は必見です。 特にクレアールは超小規模の資格スクールですので、値段・価格の金額設定が比較的安いと評判になっています。 公認会計士予備校費用・学費に注目するのであればクレアールは必見ですね。 TAC、大原、LECの公認会計士講座については費用・学費にそれほど差はありません。 今回の公認会計士専門学校ランキングではやはりTACが上位に食い込みました。 人気の理由は全国各地に通学講座があることや通信教育の教材レベルの高さです。 また、講師陣の評判&口コミにも優れているので、TACは公認会計士試験を受験する方、独学で勉強中の方にも視野に入れておいて頂きたいところです。 会計のスペシャリスト 会計系資格の中では最も専門性に優れている国家資格の1つです。 東証一部上場企業を筆頭に株式公開している企業や資本金が一定金額以上になっている規模の大きな会社については適性な経営をしているか、法律を遵守しているか?など様々なポイントにおいて監査される義務が発生されます。 特に監査においては財務・会計書類のチェックですね。 企業には収支を記録している書類がありますので、それらを細かく監査するのが主な公認会計士の仕事内容・業務内容になります。 ちなみに公認会計士専門学校比較&評判についてはページ最後におすすめランキング共に掲載してるのでチェックしてください。 会社の内部だけで経営書類をチェックするのでは、やはり適性に判断するのは難しく、第三者の立場で未然に改善や粉飾決算等の事件を防ぐことに繋がりますからね。 特に上場企業の場合ですと個人投資家、法人投資家など様々な株主によって支えられていますので、そのようなスキャンダルをすることで大勢の損失を招く結果になりますので、公認会計士の監査の仕事は欠かせないと言っても過言ではないはずです。 メインとなる仕事は監査ですが、実は多岐の分野において活躍することができます。 実は公認会計士は税の上級資格と言える存在ですので、税理士の仕事をこなすこともできます。 税理士会に登録するなど一定の手続きは必要ですが、税理士として活躍することができるのは大きいですね。 そのため、事務所を開業することはもちろん、確定申告の代理業務、税務相談などをこなすことができるのです。 さらに最近で多いのはコンサルティングです。 これは簡単に言えば公認会計士としての知識を依頼者に与える代わりにアドバイス料を貰う業務内容のことです。 経営戦略の知識が豊富な会計士は多いので、コンサルティングとして企業に重宝されやすいのが特徴的です。 コスト削減に悩んでいる企業はたくさんありますからね。 公認会計士コンサルタントとしての需要は十分にあると言えるのではないでしょうか? 独立開業・就職・転職について 続いては公認会計士の資格取得後の就職・転職先や独立開業について解説していきたいと思います。 就職先として公認会計士で養った知識を活かせる職場は数多くありますが、その中でも就職・転職先に選ぶ方が多いと言われているのは監査法人です。 日本の代表的な会社を挙げると新日本有限責任監査法人、有限責任あずさ監査法人、有限責任監査法人トーマツ、あらた監査法人になります。 日本においてビック4と呼ばれているようです。 その他の有名どころで言えば東陽、京都、太陽ASG、仰星、三優などが挙げられます。 就職・転職を考えている方は注目しておきたいところです。 ちなみに等ページでは公認会計士専門学校ランキング&口コミを紹介してます。 予備校や通信講座を比較したい方はページを先飛ばししてみてくださいね。 また、公認会計士の転職・就職先として一般企業についても需要があるのが特徴的です。 特に新興企業(ベンチャー)についてはM&A事業に力を入れているケースもありますので、財務・会計のスペシャリストである公認会計士のコンサルティングの需要はあります。 さらに独立開業・起業についてですが、資格取得後にすぐに会社を作るパターンより、一定年数経験を積んでから独立開業するケースが多いと言われています。 仕事内容についてはかなり高度な内容になりますので、ある程度は勉強して力を付けてから独立を検討することをおすすめします。 平均年収・給料や将来性について 続いては多くの資格対策をしている方が気になる取得後の平均年収・給料についてです。 合格までの勉強期間・学習時間が長いと言われている公認会計士試験ですので、平均年収・給与をモチベーションに日々頑張っている方も結構多いのではないでしょうか?将来性と一緒に解説していきます。 ズバリ!公認会計士の平均年収は800~1000万円程度と言われています。 民間企業の平均年収が400万円弱のことを考えると相当な高収入であると言えるでしょう。 ただ、注意しておきたいのが公認会計士の有資格者は近年増加傾向にあり、一括りに年収1000万前後を簡単に稼げる訳ではありません。 実際に就職先が見つからない公認会計士をはじめ、独立開業しても稼げない人は結構います。 将来性については安定感のある需要とニーズで、数多くある国家資格の中でも期待できると思いますが、昔に比べるとライバルが増えている分、新規で1人勝ちするのは難しい状況にあると言えます。 公認会計士予備校費用・学費安い比較についてはもう少しで紹介しますので、ページ下へGO! 公認会計士の難易度・合格率推移 司法書士、国家総合職(官僚になるための試験)と並び日本三大国家試験の1つとされてます。 難易度は凄まじく高く、合格率についても低いのが特徴的です。 受験生のレベルもかなり高い水準にありますので、行政書士などの合格率の低さと比べても格別に難しいことが分かります。 公認会計士試験の難易度は国内最上級である。 今後の合格率の推移についても注目ですね。 公認会計士専門学校の口コミ&ランキング記事一覧.

次の