おはよう はたらくくるま たち。 おはよう、はたらくくるまたち / リンカー,シェリー・ダスキー【文】〈Rinker,Sherri Duskey〉/リヒテンヘルド,トム【絵】〈Lichtenheld,Tom〉/福本 友美子【訳】

おはよう、はたらくくるまたち (のりもの×キャラクター【2歳・3歳・4歳児の絵本】)

おはよう はたらくくるま たち

1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の

おはよう、はたらくくるまたち / リンカー,シェリー・ダスキー【文】〈Rinker,Sherri Duskey〉/リヒテンヘルド,トム【絵】〈Lichtenheld,Tom〉/福本 友美子【訳】

おはよう はたらくくるま たち

この作品の関連記事• 「はたらくくるま」のおやすみ絵本、そんなのってあるの? 大好きな車が登場したら、嬉しくて目が覚めてしまいそうだけど…。 あるんです。 乗り物が大好きな子どもたちに贈る「おやすみなさい」の絵本が! それは作者のこんなエピソードがきっかけ。 そこで働く車たちが一日中元気に活躍し、夜になるとエンジンを止めて静かに眠りにつく様子を親子で想像したところ…ぐっすり、すやすや。 ブルドーザー、ショベルカー、クレーン車にミキサー車など人気の車が次々に登場、広い工事現場で昼間はいったりきたりと大忙し。 ビルを建てたり、道を作ったり、力強くがんがん働きます。 やがて、日が沈む頃、ようやく一日の仕事も終わり。 それぞれがエンジンを止め、ブームをちぢめ、ゆっくりと目を閉じ、夢を見始めるのです。 明るく元気に働く昼間の場面から、日が沈んでいき、だんだん暗くなっていくにつれ、ゆっくりと目を閉じてぐっすりと眠りにつく場面。 対照的な二つの場面を繰り返していくうちに、不思議と安らかな気持ちになってきます。 確かにこれなら気持ちの良い眠りにつけそうです。 頼もしい限りの車たちですが、その寝顔の可愛いこと! 「はたらくくるま」の力強さと愛嬌を併せ持ち、その上「おやすみ」へと誘ってくれるこんな絵本。 絶対欲しくなっちゃいますよね。 すでにニューヨークタイムズ ベストセラーリスト第1位!これは日本でも人気者になりそうです。 そして夜がおとずれ、車たちはそっと目をとじ、夢を見はじ めるのです。 作者のシェリーさんの息子は、大の車好き。 寝る前に車と聞くと 興奮して眠れなくなってしまいます。 そこで、働く車たちが一日中 元気に活躍し、夜になるとエンジンを止めて眠りにつく椅子を親子 で想像したところ…ぐっすり、すやすや。 子どもたちの安らかな眠 りのための絵本です。 工事現場の車たちの仕事ぶりが描かれています。 面白いのは仕事ぶりだけではなくて、仕事を終えたくるまたちの可愛らしい眠り方(休み方)まで描いてくれています。 その一つ一つに作者の車たちへの愛情が感じられ、優しい気持ちで読むことができました。 絵の質はややコミック的ですが、柔らク線がしっかりしていて遠目も利きそうです。 車の好きなお子さんたちに特にお薦めしたい1冊です。 (てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子14歳).

次の

【絵本レビュー】おはよう、はたらく くるまたち

おはよう はたらくくるま たち

この作品が含まれるテーマ• 『おやすみ、はたらくくるまたち』で登場した5台の車たちに加え、さらにスキットステアローダー、バックホーローダー、ひらだいトラック、フロントエンドローラー、ポンプしゃの5台が、助っ人として登場! 高いビルをつくるために、力をあわせてせっせと働いたあとは、助けに来てくれた5台を見送り、工事現場で夜の眠りにつきます。 さすがの人気作です。 もともとの大判絵本がぎゅっと小さくなり、ページが分厚く、丈夫になりました。 2冊そろえるのもいいですね。 そうそう、鉄道好きの子どもには『よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ』も、大判絵本とボードブック、両方あるのであわせてどうぞ。 (大和田佳世 絵本ナビライター) 持ち運びに便利なボードブックタイプが登場! 『おやすみ、はたらく くるまたち』に登場した5台の働く車たちが、今日も朝から働いています。 今日から大きなビルを作る新しい工事が始まります。 「ぼくたちだけで、できるのかな……」。 そこで、ミキサー車がクラクションを大きく鳴らすと、さらに5台の働く車たちがやってきました! 10台に増えた働く車たちで、今日も一日元気に働くぞ!.

次の