ビルス ドッカン。 『ドッカンバトル』【激情の破壊神】ビルスのアクティブスキルで全属性効果抜群で攻撃可能に

『ドッカンバトル』【激情の破壊神】ビルスのアクティブスキルで全属性効果抜群で攻撃可能に

ビルス ドッカン

【滅亡の審判】ビルスの考察です。 リーダー評価:3. 0点 サブ評価:7. 40 倍 必殺技倍率 5. が実装されています。 『』カテゴリに特化した性能を手に入れた、同カテゴリではサポートキャラとしてはトップクラスの実力を手に入れたキャラクターです。 『』カテゴリの優秀なサポート枠としては、同じく極限したやフェス限のが存在しますが、『気力・ATK・DEF』を同時にサポート出来るのはこのビルスのみです。 ベジータのLRなんかは今後も数が増えて行きそうですし、そうなれば気力の需要はますます増加して来る訳で、そんな中でこのビルスのサポート性能も一層輝くかもしれません。 そして、このビルスはサポート役としては十分なATK,DEFも発揮出来るキャラクターです。 このように、サポートキャラでありながら最大で『ATK280万・DEF8万』という水準の戦闘力を発揮することが可能となります。 当然ですが、これは並みのサポートキャラの水準を明らかに飛び越える値であり、確率依存な点を加味しても、アベレージで見れば『ATK150万~200万・DEF8万』くらいの領域に達せます。 虹にさえすれば…。 最近は『自分も戦えるサポートキャラ』が急激に増えていますが、このビルスは守りも中々で攻撃も確率依存ながら相当で、 『』カテゴリでは理想的なサポーターとして働けるでしょう。 しかし 、 キャラとしての差別化点は『サポート』に集約されている感は正直あります。 ATK,DEFに関しては『サポートキャラとしては』相当のモノではあるものの、『ATK,DEFだけをウリにするキャラ』としては、今のインフレ環境ではそこまでズバ抜けている訳でもありませんし、やはり使用は 『』限定になりがちです。 その他のカテゴリでもサポート出来る相手が居ない訳ではないですが、やはり編成・並び順共に大きく縛ってしまう形になるので…。 特に同名フェス限・を持っている人の場合、あちらはver4. 0へのアップデートで激怒の『確定気絶』効果が改善され、短期決戦適性が極めて高いキャラにもなっているので、他のカテゴリでの使用では勝負にならず、この 『』カテゴリですら、バトルロードのようなイベントだと勝つのも難しい所はあります。 ただ、長期戦や気絶無効のイベントでは激怒の影響力も相対的に薄れますし、そうなると『で長期戦の高難易度イベントに挑む場合』なんかにはしっかりあちらに対しても有利を取れもするでしょう。 勿論、フェス限の方を持っていなければシンプルに優秀なサポーターですし、同カテゴリ内での存在感は十分にあるでしょう。 『』カテゴリでの運用を考えるのであれば、解放も十分にアリでしょう。 スキルはやはり『会心』でしょう。 基本はカテゴリ運用でしょうし、高確率を引けた際の破壊力は凄まじいので、こちらを意識するなら全振りかその一歩手前まで行っても良いでしょう。 ただ、属性デッキでもサポートが掛かるキャラもそれなりに存在し、特に『』キャラはサポートも良く掛かるので、そちらを意識するなら連続攻撃をもう少し伸ばしておくべきです。 その辺は運用方法次第でしょう。 元々ベジータの系譜は力属性キャラが多く、ベジータのカードは大体が好敵手カテゴリ入りしているので、属性デッキへの親和性は意外とあります。 気力リンクは通りませんが、そこはサポートパッシブである程度はカバー出来ますし、やはり同カテゴリ内での使い勝手は悪くないです。 これでこのビルス&ウイスに 『』カテゴリが付いていれば、サポートも入って割と名コンビになっていたかもしれないのに…。 【老界王神は使うべき?】 ガシャから出る を使って必殺レベルを上げられます。 にドッカン覚醒して、更にZ覚醒させて URし て食わせれば確定でレベルが 1 上がるので、ゼニーやメダルさえ許せば9体のSRビルスを使って確実にレベル10には出来ます。 レベル11以降は技上げ素材必須ですが、ストックのSRビルスが居るなら是非利用しておきたいです。 【引けたら当たり?外れ?】 正確には覚醒前のを引き、そいつを超激戦でドッカン覚醒させることになります。 本領発揮の場は狭く、同名フェス限という対抗馬の存在はあるものの、基本的にはカテゴリ特化の非常に優秀なサポーターで、 当たり寄りと言えるカードにはなったでしょう。 特に『』カテゴリは、魔人ベジータやブルーベジータなど、LRで出て来そうな人材も割と残っていたりしますし、気力が重要なLRキャラが増えて来れば、またその価値が再発見されることもあるかもしれません。 あのー、夜中と昼間のお方 楽しいでござるか? なかなかユニークです by 60. 106. 148. 129. 103. 106. 148. 233.

次の

【ドッカンバトル】LRビルス&ウイスの覚醒メダル

ビルス ドッカン

リーダースキルは力属性の超系、極系どちらにも補正がかかるため、リーダーとしても非常に優秀なキャラです。 補正値も超系は100%、極系は70%と十分な数値となっています。 必殺技追加効果は気力メーター12で7%回復、気力メーター18以上で12%回復と回復面でものように優れています。 パッシブスキルは自身のATK80%アップ&攻撃を受けてから5ターンの間ATKとDEF60%アップと、リーダースキル、パッシブスキル合わせると十分なステータス補正がかかります。 しかし、攻撃を受けてからでないと60%の補正が掛からないので、リーダーであるサンドのサブなどで十分な補正をかけ、サブで使用するのもおすすめです。 気力系リンクスキルはのみなので、気力メーター18以上の超必殺技が少し撃ちづらいキャラに感じます。 神次元カテゴリのなどと相性が良いので、一緒に組むのがおすすめです。 や、などATK補正がかかるリンクスキルを多数持っているため、パッシブスキル60%の効果も発動した状態でリンクスキルを多数発動することでかなりの火力が期待できます。 カテゴリは優秀、リンクは見ての通り半数近くが実用性のないもので占められており気力関連は辛い。 LRの中でもステータスが高く、特にDEFが優秀。 必殺技はかなり優秀、LR中堅クラスの火力にHP回復効果、超必殺はそれの上位互換といった感じで全体で見ても優秀な必殺技。 似たような受け前提キャラにLRロゼスがいるが、それとは違いDEFアップの手段を自力で持たず絶対的な相方もいないため若干使い難い。 必殺が命のキャラなのに発動難易度が全体で見ても高いという地味に悲惨なキャラ。 弱くはないが上手く使わないと本領を全く発揮できないという点では微妙なキャラ。

次の

【振り下ろされた罰】ビルスの考察 ※2019/11/8改定

ビルス ドッカン

破壊神ビルスとは、『』以降のに登場するである。 概要の前に破壊あり!! のような創造をるの対極に位置する、破壊の。 そのが「様」づけ、で呼んでいるため、より高い格であるようだ。 は知っていてもは知らない、ちょっとな。 見たはヒョとした老のような姿をしている。 「」と対決するため、年という半端な期間の眠りから覚め、付き人のと共にを訪れた。 ちなみに以前寝坊した時は実に15年も寝坊したとか。 旧の敵役と違い、悪しき存在というわけではない。 気分屋でわがままでっぽい性格だが、話は通じる相手で、的な対応も可。 接し方さえ間違えなければ友好的な存在である。 また間違いを犯しても『 反省・謝罪・懺悔』をした者に対してはそこそこ寛容な面があり、のやに対してそういった面が見られる。 ただしビルス本人も という立場で相手人物のを見抜いた上で然りとした判定(判決)をしている。 だからと言って「根は善良」というわけでもなく、やなどともつながりを持っており、実は消滅にも関わっていた。 そのため、はビルスの存在を知っていた。 また、怒らせると大変なことになるため、様やからも恐れられている。 何よりも脅威なのは自身の圧倒的な強さであり、のを大幅に越している。 そのは『Z』史上とも言われるが(:号とか)、全く誇ではなく、歴代の敵たちとはべ物にならない強さを持つ。 これについてはどおり「が違う」という説明がなされており、そのも『気』として表面化していない。 何か特別なや術を使うわけでもなく、むしろにおいて本来持つ『破壊』のなどの特殊はろくに披露せず、ほぼ純な強さだけでを圧倒した。 も同じくののを持つとなったが、善戦できた程度に終わっている。 ……もっとも、本当に「ビルスが」なのかはだけでも疑問が残るようになっており、はもっと強いやつが何人もいることが知れ渡っている。 ビルスもというひとつののにすぎないという。 しかし各に一人ずついるたちの中では強いほうであるようだ。 のはの。 ちなみにビルスの方が強いらしい。 『』より、たびたびを訪れるようになる。 あくまで中立的存在という体ではあるが、敵として現れるわけではなく、またの問題が連続してビルス自身も結構危ない状態が続いており、たちに協したり、させたりという官的立場となっている。 初期構想など のはの飼っている、コーニッシュという種類のであるとのこと。 当初の脚本では「破壊の心を植え付けるを持つ悪しき存在で、の悪の心のでもある」という構想だったが、の「な話にしたい」との意向で全く違うになった。 残っているのが確認できるのはという設定のみである。 しかしとの関わりについても初期脚本から受け継いでいるのかもしれない。 名前の由来についても、名づけたのはス()のつもりだったが、はだと思って、付き人を(。 こちらもと似ているが)と名づけてしまった。 このような経緯により、のはのほうが正しいようである。 その後登場したと付き人()は全ての名前で統一されている。 物語への絡み 神と神(破壊神ビルス)編 年ぶりに覚め、予知夢で見たと戦うべく行動。 でと出会い、にしたをたった2撃で倒す。 その後からを聞くためにに伺うが、のを気に入る。 しかしをに食べられてしまい。 たちを倒してを破壊しようとしていたが、そこにが現れる。 のを経てにしたと戦う。 とでは戦いの衝撃で周りのの間がむ描写が加わっていた。 のが解けつつのを吸収したを圧倒したが、決着はつかなかった。 では小さな気弾で小規模な破壊、「」では眠った演技をしたためにを破壊せずと共に帰った。 復活の「F」編 眠っている間にとがをしていて驚く。 と共にを食べるためにに来るが、と再会する。 「どちらの味方でもない」とし、のとの戦いを中立的に見た。 しかしがを破壊した後、に「をに送ってやれ」とを肯定している。 破壊神シャンパ編 ののと再会し、食べ物対決を繰り広げた末に格闘試合を開くことになる。 この時一強かった者としてを紹介し、一番最後に戦わせることにこだわっていたが、実際は格闘に縁のないただので、終盤が負けることに冷やていた。 格闘試合が終わった後にが現れしていた。 未来トランクス編 で何かがあったことを聞き、、、と共にに行く。 のが現代に来たことを知り、時間の移動は重罪だと咎めた。 その後に赴き、と見習いのと対面。 とので、との気が同じであることを突き止めた。 で起きたことを知り、がに殺される危険を考え、、、()と共に再びを訪問。 がを殺す確が持てた後、を破壊した。 これでは変わるだろうと思っていたがそうはいかず、く柄になくを感じ、のの元を訪れる。 宇宙サバイバル編 の元に向かうを破壊しようとしていたが、不意を付かれの元に向かわれる。 帰還後に忠告を視した罰としてに一撃を食らわせた。 その後界に向かってと会い、が行われることを知るが、負けたが消滅すると聞いて。 関連動画は破壊させてもらおう。 関連商品分けてくれないの!?こんなに一杯あるのに!? 関連コミュニティも今度破壊しちゃおうかなー。 関連項目を破壊してんじゃねーぞ!!• そもそもはをさせる形態じゃないから。 における最大の問題点は 自身の体・スタミナが追い付かないと言う事。 戦はそうやってを倒し切る前に 自身の体にが来てが解除されると言う物であったわけだし。 がにに関しての話はしてもそのやり方についてのをしなかったのは、 まだ体的にその域にはいと判断されていたんじゃないかと思う。 含めて現職のが破壊の技に頼らない単純フィジカルでも強いのは に耐えるにはその位に鍛え込まなきゃいけないと言う事を示してるのではと… そう言う意味では身勝手に頼らずに地に素のを高めて行く事も必要だと思う。 2443 ななしのよっしん.

次の