ねずみ ど し 2020 運勢。 子年(ねずみ)生まれの2020年運勢

ねずみ年生まれの2020年の運勢は?出会いが多い恋愛運かも

ねずみ ど し 2020 運勢

子年女性の性格 子年の女性は素直で、人との付き合いを大切にすることができます。 いったん仲良くなった相手とは生涯付き合いをやめることはありません。 また、恋愛関係においても、相手の欠点を受け入れ、一途に人を愛することができます。 それだけ温厚で人に好かれやすい子年女性は、笑顔が素敵な女性が多く、周囲の人からは魅力的だと評価されやすいです。 少し気がかりな点があるとすれば、周囲に合わせすぎて無理をしてしまう傾向があることです。 とはいえ、普段から周りの人を大事にする子年女性なら、ちょっぴりワガママを言っても周りの人は快く聞いてくれるはずです。 たまには自分の意見を言うことが、うまく世の中を渡っていく秘訣です。 子年のポジティブな性格・特徴 子年の性格・特徴? :柔和 子年の女性は柔和な性格といわれております。 子年の男性の場合にはどちらかというと腹黒い性格の方が多いようなので、柔和な性格なのは女性が大多数だと考えても良いようです。 そんな柔和な性格の女性は人付き合いが良過ぎる傾向にあるため、付き合う相手はしっかりと選ばなければいけないのです。 そのため自分のパートナーが子年の女性の場合は、男性側は良い相手を選んだと思って良いのかもしれませんね。 子年の女性は、そのように人付き合いが良過ぎるため、少しくらいのミスならば大目に見てもらえることが多いなんとも不思議な魅力があります。 女性のみならず子年の男性も相手に合わせることができるのですが、女性の場合はそれ以上に相手に合わせられら他、愛嬌を思う存分に降り注ぎます。 しかし、それは表面上で見えるところだけで、実際には男性の好き嫌いがとてもはっきりしています。 ただしそれは表面上だけで男性の好き嫌いははっきりしています。 子年の性格・特徴? :穏やかで我慢強い 子年の性格の特徴は、誰とでもすぐに親しくなれ、明るく、目的をはたすために人一倍努力します。 どんなタイプの人でも、打ち解けられるので、多少自分と性格が合わなくても、我慢し、相手をたてて、対人関係でのトラブルが少ないです。 非常に穏やかな性格なので、相手もうけいれやすいです。 忍耐強いので、自分の能力以上のことを求められても、影ながら努力をし、相手の希望にそった結果をだせるようにします。 対人関係を円滑に運ぶことが得意なので、そこを活かして、自分の有利なように物事をすすめることができます。 子年の穏やかな性格は、集団の中では必要な存在で、周囲の人を和ませ、団結力が深まります。 芯が強いので、困難に対してもすぐにはあきらめず立ち向かっていきます。 子年の性格・特徴? :几帳面 大雑把な人も丁寧な人もいますが、子年の人はかなりの細やかさと注意深さを持った、几帳面なタイプです。 仕事上の細かなミスも決して見逃さず、また、同僚のちょっとした変化にも気が付くことができますし、プライベートの場でも、うまく空気を読んだり距離感を考えていくことができます。 威圧的、高圧的なタイプでもないので、仮に指摘したとしても周りが萎縮したり、場の空気が殺伐となってしまったりすることがないので、安心感を持って言える部分もあります。 また、単に対処しようとするだけではなく、本当にまずい状況であればいち早く「逃げる」ことができる良い意味での弱さを持ち合わせているので、結果的にトラブルへの対応も迅速になるという長所もあります。 子年の性格・特徴? :はっきりと物事を言えない 邪心や名声に対するこだわりもなく、コツコツと物事を進めていけるのが子年タイプの美点ですが、反面、プレッシャーに弱く引っ込み思案で、何かを思ってもはっきりと言えないことが少なくありません。 もちろん、何も思っていないわけではないのですが、意思表示が苦手なために、周囲からは「自分を持っていない」、「やる気がない」と見なされてしまうこともあります。 元々の臆病さに加えて、抜け目なく現実的課題をクリアしようとする性格が悪く出て、大言することが苦手という側面があるのかも知れません。 とは言え、仕事ぶりの確かさは必ず誰かが見ているもので、着実に評価は上がっていきます。 スっと簡単にうまく行かなくても、やる気を損ねないのが肝心ですね。 子年の性格・特徴? :溜め込んで爆発させる 周りが良く見え、頭の回転が早く、成功のための布石をじっくり打つことができる子年タイプ。 しかし、自分のことであれば柔軟に解決できたりするものですが、気弱で引っ込み思案な一面があるだけに、他人や組織のこととなるとなかなか口出しすることができません。 感覚も鋭いため、小さな違和感に気付き、見て見ぬフリもできない関係上、ストレスが溜まりやすく、しかも発散するのはなかなか難しい性質があります。 こうした点が重なってしまうと、限界ギリギリまで不満を溜め込んだ末に、どうにもならなくなって爆発させてしまうということになります。 結果、他の問題よりも子年の人のキレ方の強さが問題になってしまったりして、損な役回りを担ってしまうこともあり得ます。 あまり内にこもらずに不満は素直に発散すると良いでしょう。 子年の性格・特徴? :問題から逃げがち コツコツと仕事に取り組むことができ、「業務モード」に入るのも速い子年の人。 しかも判断力も高いため、日常業務はテキパキこなすことができます。 また、少々問題が発生したとしても、機転をきかせて対処することもできるでしょう。 しかし、本当に差し迫ったトラブルとなると、これはまずいという見切りが生じてしまい、早くに逃げてしまいがちという弱点を持ってもいます。 そのため、普段の仕事ぶりの正確さにも関わらず、彼は頼りにならないといった評価が広がってしまいがちで、なかなか周りからの信頼を得にくい感があります。 何でも自分ひとりで対処しようとはせず、緊急事態に強い人と組んでおくようにすれば、弱点は随分補えるでしょう。 子年の恋愛運や特徴は純粋だが不器用 恋に対するスタンスは人により極めて様々ですが、子年の人は元々の純粋さ、無邪気さもあいまって、恋や愛の対象となる相手を「値踏み」をしてしまったり、価値判断を恋愛に持ち込むことがありません。 そのため、想いもひたむきで清々しく、周りの人が応援したくなるような爽やかさがあったりもします。 しかし、想いのボルテージが高いため、仕事をしている時のように淡々と、あるいは軽く機転を効かせて、といった具合に捌くことができず、普段の態度とはまったく違う直球の態度や言葉で相手に熱をぶつけることもあります。 ただ、お相手が交際をOKしてくれたりしたのも普段の自分のことを認めてくれたからだという基本に立ち返ることで、さらに良い関係が築けるかも知れません。 恋愛を成功させるポイントは助け合う関係づくり 子年生まれの人の恋愛運についてご紹介します。 子年生まれの人の恋愛を成功させるポイントは、助け合う関係づくりです。 基本的に、子年生まれの人は、相手に合わせる協調性にとても長けています。 またまじめで一途であるため、ひとを好きになるとその人しか愛せなくなります。 しかし、子年生まれの人も人間ですので、ずっと相手に合わせてばっかりでは、疲れてしまい嫌になることも多々あるでしょう。 まじめ故になかなか言いたいことも伝えきれずに溜め込んでいってしまう傾向も見受けられます。 そんな時は、相手と助け合って解決していくことをお勧めします。 自分からも思いを伝えて良いんだと割り切り、相手にばかり合わせるのではなく、たまには自分に合わせてもらうように仕向けてみましょう。 子年の仕事運の特徴は従順で素直 子年の人は、仕事においてとても従順です。 上司から仕事を頼まれた時は、二つ返事でそれを引き受けるので、とてもいい部下だと思われています。 そのため、上司からの信頼はとても厚いのですが、無理をしてしまうことも多々あります。 また、素直な性格のため、自分の考えだけにこだわらず、人の考えをいいと思った時には、すぐにそれを受け入れることができます。 自分の感覚だけに固執することはなく、周りの人の良いところを取り入れるということが自然とできるので、特に何も意識せずとも様々な知識をつけられているのではないでしょうか。 また、共感的な話の聞き方をすることもできるため、多くの人から頼られる、ということも子年の人の特徴です。 仕事を成功させるポイントは誰でも公平に接する 機転がきき、仕事に対して真摯な態度を取ることができる子年の人ですが、にも関わらず業務上の評価が低くなってしまうことが珍しくありません。 それは、表面的には色々と言われるかも知れないですが、結局のところ他の人の「不満」が絡んでいることが少なくありません。 具体的には、、見切りの能力が高いために、能力の高い人や便利な人に対しては丁重な態度を取るものの、そうでない人には軽んじた態度を見せたり、もっとひどい場合には見下してしまうということもあり得ます。 多くは無意識上の行為なので、なかなか治らないかも知れませんが、人に公平に接するという基本中の基本をしっかりと守り、誰からも不快感を持たないようにすることが、仕事をより円滑にするためには必須と言えるでしょう。 子年と仕事の相性がいいのは丑年! 牛の背中に乗ってネズミがトップでゴールしたという逸話は有名ですが、実際に子年と丑年生まれの仕事上の相性は抜群です。 細かく周りが良く見え、敏感な子年が先導し、丑年が黙々と実行するというのが基本的な形ではあるものの、逆に丑年が先導する形でも子年はそれをうまく活かすことができますね。 かなり対照的な性格のようでいて、実際のところは似通った部分がかなり多く、「着実さ」という重要な一点において一致するからこそ、うまく仕事ができるという部分が非常に多い組み合わせと言えるでしょう。 一方、うまく出し抜く形になってしまう子年に対して、丑年からの不満が溜まってしまうという懸念があるのも事実ですので、うまくコミュニケーションを取っていきたいものです。 子年 ね年・ねずみ年)の2020年運勢 2020年は、子年生まれにとって人生の絶頂期ともいえる一年になりそうです。 「したたかさ」と「粘り強さ」が成功をつかみ取るための重要なポイント。 昨年までは縁の下の力持ちに徹することが多かった子年ですが、2020年は積み重ねてきたことが実を結ぶ年になります。 そもそも子年は温厚で人当たりの良い人物です。 あれこれ頼みごとをされることも少なくありません。 いつも辛抱強く仕事を引き受けているのに、表舞台で称えられるのは別の人、ということもしばしば。 ところが2020年の子年の運勢は、大きなステージの主人公となるにふさわしいと告げています。 これまで培ってきた人脈や粘り強く取り組んできたことが子年に追い風を吹かせてくれるのです。 多くの人の注目を急に浴びることになるので謙遜してしまうかもしれませんが、したたかに堂々としていましょう。 きっと来年以降にも繋がる結果が生み出せます。 子年の守護神は阿弥陀如来! 子年の守護神は、亥年と同じ『阿弥陀如来』です。 仏の悟りをひらかれたのはお釈迦様です。 阿弥陀様は、お釈迦様を含む十方諸仏(宇宙に存在する数え切れない程の仏さまを指す)の本師(先生)であり王でもあります。 阿弥陀如来の光は、あらゆる人々を照らし(無量光)寿命は限りない(無量寿)とされています。 阿弥陀様がたてられた48の願いの中の一つに阿弥陀様を信じる者は、どんな罪人・悪人でさえ一言『南無阿弥陀仏』と唱えると極楽浄土へと導いてくれるということがあります。 子年のあなたへの阿弥陀様からのご利益は、あなたが亡くなった後に極楽浄土へ導き修行をすれば仏にさせてあげるということです。 信仰のはじめとして初詣を機会として捉え、守護神のいらっしゃる神社仏閣を訪れてみてはいかがでしょう。

次の

【2020年の運勢】どんな年になる?2020年(令和2年)~星の動きは新時代の幕開けを示唆

ねずみ ど し 2020 運勢

2020年は「山羊座」の年。 多くの天体が山羊座に集中し、これまでに誰も経験したことがない「変化」が起こります。 その瞬間は気がつかなくても、いずれ多くの人が「2020年が転換期だったな」と、語る一年になります。 2020年の変化の勢いを味方につけるには「変化に逆らわないこと」です。 流れに従い、受け入れること。 そして乗り遅れないことです。 チャンスは「1回」だけ。 今だと思った瞬間に、今年は「チャレンジすること」が大切ですよ。 ためらいは不要です。 最後に、全ての人に意識して欲しいことは「人」との繋がりです。 この先、12年間は、人との関係が社会を動かします。 人との縁、人との出会い、接し方。 そして人間の優しさ。 人との関わりを大切にすることが、この先の人生の大きな課題になります。 次のページから、星座ごとの「2020年の運勢」を見ていきましょう。

次の

【2020年を大予想】12星座占いで読み解くあなたの運勢

ねずみ ど し 2020 運勢

子年女性の性格 子年の女性は素直で、人との付き合いを大切にすることができます。 いったん仲良くなった相手とは生涯付き合いをやめることはありません。 また、恋愛関係においても、相手の欠点を受け入れ、一途に人を愛することができます。 それだけ温厚で人に好かれやすい子年女性は、笑顔が素敵な女性が多く、周囲の人からは魅力的だと評価されやすいです。 少し気がかりな点があるとすれば、周囲に合わせすぎて無理をしてしまう傾向があることです。 とはいえ、普段から周りの人を大事にする子年女性なら、ちょっぴりワガママを言っても周りの人は快く聞いてくれるはずです。 たまには自分の意見を言うことが、うまく世の中を渡っていく秘訣です。 子年のポジティブな性格・特徴 子年の性格・特徴? :柔和 子年の女性は柔和な性格といわれております。 子年の男性の場合にはどちらかというと腹黒い性格の方が多いようなので、柔和な性格なのは女性が大多数だと考えても良いようです。 そんな柔和な性格の女性は人付き合いが良過ぎる傾向にあるため、付き合う相手はしっかりと選ばなければいけないのです。 そのため自分のパートナーが子年の女性の場合は、男性側は良い相手を選んだと思って良いのかもしれませんね。 子年の女性は、そのように人付き合いが良過ぎるため、少しくらいのミスならば大目に見てもらえることが多いなんとも不思議な魅力があります。 女性のみならず子年の男性も相手に合わせることができるのですが、女性の場合はそれ以上に相手に合わせられら他、愛嬌を思う存分に降り注ぎます。 しかし、それは表面上で見えるところだけで、実際には男性の好き嫌いがとてもはっきりしています。 ただしそれは表面上だけで男性の好き嫌いははっきりしています。 子年の性格・特徴? :穏やかで我慢強い 子年の性格の特徴は、誰とでもすぐに親しくなれ、明るく、目的をはたすために人一倍努力します。 どんなタイプの人でも、打ち解けられるので、多少自分と性格が合わなくても、我慢し、相手をたてて、対人関係でのトラブルが少ないです。 非常に穏やかな性格なので、相手もうけいれやすいです。 忍耐強いので、自分の能力以上のことを求められても、影ながら努力をし、相手の希望にそった結果をだせるようにします。 対人関係を円滑に運ぶことが得意なので、そこを活かして、自分の有利なように物事をすすめることができます。 子年の穏やかな性格は、集団の中では必要な存在で、周囲の人を和ませ、団結力が深まります。 芯が強いので、困難に対してもすぐにはあきらめず立ち向かっていきます。 子年の性格・特徴? :几帳面 大雑把な人も丁寧な人もいますが、子年の人はかなりの細やかさと注意深さを持った、几帳面なタイプです。 仕事上の細かなミスも決して見逃さず、また、同僚のちょっとした変化にも気が付くことができますし、プライベートの場でも、うまく空気を読んだり距離感を考えていくことができます。 威圧的、高圧的なタイプでもないので、仮に指摘したとしても周りが萎縮したり、場の空気が殺伐となってしまったりすることがないので、安心感を持って言える部分もあります。 また、単に対処しようとするだけではなく、本当にまずい状況であればいち早く「逃げる」ことができる良い意味での弱さを持ち合わせているので、結果的にトラブルへの対応も迅速になるという長所もあります。 子年の性格・特徴? :はっきりと物事を言えない 邪心や名声に対するこだわりもなく、コツコツと物事を進めていけるのが子年タイプの美点ですが、反面、プレッシャーに弱く引っ込み思案で、何かを思ってもはっきりと言えないことが少なくありません。 もちろん、何も思っていないわけではないのですが、意思表示が苦手なために、周囲からは「自分を持っていない」、「やる気がない」と見なされてしまうこともあります。 元々の臆病さに加えて、抜け目なく現実的課題をクリアしようとする性格が悪く出て、大言することが苦手という側面があるのかも知れません。 とは言え、仕事ぶりの確かさは必ず誰かが見ているもので、着実に評価は上がっていきます。 スっと簡単にうまく行かなくても、やる気を損ねないのが肝心ですね。 子年の性格・特徴? :溜め込んで爆発させる 周りが良く見え、頭の回転が早く、成功のための布石をじっくり打つことができる子年タイプ。 しかし、自分のことであれば柔軟に解決できたりするものですが、気弱で引っ込み思案な一面があるだけに、他人や組織のこととなるとなかなか口出しすることができません。 感覚も鋭いため、小さな違和感に気付き、見て見ぬフリもできない関係上、ストレスが溜まりやすく、しかも発散するのはなかなか難しい性質があります。 こうした点が重なってしまうと、限界ギリギリまで不満を溜め込んだ末に、どうにもならなくなって爆発させてしまうということになります。 結果、他の問題よりも子年の人のキレ方の強さが問題になってしまったりして、損な役回りを担ってしまうこともあり得ます。 あまり内にこもらずに不満は素直に発散すると良いでしょう。 子年の性格・特徴? :問題から逃げがち コツコツと仕事に取り組むことができ、「業務モード」に入るのも速い子年の人。 しかも判断力も高いため、日常業務はテキパキこなすことができます。 また、少々問題が発生したとしても、機転をきかせて対処することもできるでしょう。 しかし、本当に差し迫ったトラブルとなると、これはまずいという見切りが生じてしまい、早くに逃げてしまいがちという弱点を持ってもいます。 そのため、普段の仕事ぶりの正確さにも関わらず、彼は頼りにならないといった評価が広がってしまいがちで、なかなか周りからの信頼を得にくい感があります。 何でも自分ひとりで対処しようとはせず、緊急事態に強い人と組んでおくようにすれば、弱点は随分補えるでしょう。 子年の恋愛運や特徴は純粋だが不器用 恋に対するスタンスは人により極めて様々ですが、子年の人は元々の純粋さ、無邪気さもあいまって、恋や愛の対象となる相手を「値踏み」をしてしまったり、価値判断を恋愛に持ち込むことがありません。 そのため、想いもひたむきで清々しく、周りの人が応援したくなるような爽やかさがあったりもします。 しかし、想いのボルテージが高いため、仕事をしている時のように淡々と、あるいは軽く機転を効かせて、といった具合に捌くことができず、普段の態度とはまったく違う直球の態度や言葉で相手に熱をぶつけることもあります。 ただ、お相手が交際をOKしてくれたりしたのも普段の自分のことを認めてくれたからだという基本に立ち返ることで、さらに良い関係が築けるかも知れません。 恋愛を成功させるポイントは助け合う関係づくり 子年生まれの人の恋愛運についてご紹介します。 子年生まれの人の恋愛を成功させるポイントは、助け合う関係づくりです。 基本的に、子年生まれの人は、相手に合わせる協調性にとても長けています。 またまじめで一途であるため、ひとを好きになるとその人しか愛せなくなります。 しかし、子年生まれの人も人間ですので、ずっと相手に合わせてばっかりでは、疲れてしまい嫌になることも多々あるでしょう。 まじめ故になかなか言いたいことも伝えきれずに溜め込んでいってしまう傾向も見受けられます。 そんな時は、相手と助け合って解決していくことをお勧めします。 自分からも思いを伝えて良いんだと割り切り、相手にばかり合わせるのではなく、たまには自分に合わせてもらうように仕向けてみましょう。 子年の仕事運の特徴は従順で素直 子年の人は、仕事においてとても従順です。 上司から仕事を頼まれた時は、二つ返事でそれを引き受けるので、とてもいい部下だと思われています。 そのため、上司からの信頼はとても厚いのですが、無理をしてしまうことも多々あります。 また、素直な性格のため、自分の考えだけにこだわらず、人の考えをいいと思った時には、すぐにそれを受け入れることができます。 自分の感覚だけに固執することはなく、周りの人の良いところを取り入れるということが自然とできるので、特に何も意識せずとも様々な知識をつけられているのではないでしょうか。 また、共感的な話の聞き方をすることもできるため、多くの人から頼られる、ということも子年の人の特徴です。 仕事を成功させるポイントは誰でも公平に接する 機転がきき、仕事に対して真摯な態度を取ることができる子年の人ですが、にも関わらず業務上の評価が低くなってしまうことが珍しくありません。 それは、表面的には色々と言われるかも知れないですが、結局のところ他の人の「不満」が絡んでいることが少なくありません。 具体的には、、見切りの能力が高いために、能力の高い人や便利な人に対しては丁重な態度を取るものの、そうでない人には軽んじた態度を見せたり、もっとひどい場合には見下してしまうということもあり得ます。 多くは無意識上の行為なので、なかなか治らないかも知れませんが、人に公平に接するという基本中の基本をしっかりと守り、誰からも不快感を持たないようにすることが、仕事をより円滑にするためには必須と言えるでしょう。 子年と仕事の相性がいいのは丑年! 牛の背中に乗ってネズミがトップでゴールしたという逸話は有名ですが、実際に子年と丑年生まれの仕事上の相性は抜群です。 細かく周りが良く見え、敏感な子年が先導し、丑年が黙々と実行するというのが基本的な形ではあるものの、逆に丑年が先導する形でも子年はそれをうまく活かすことができますね。 かなり対照的な性格のようでいて、実際のところは似通った部分がかなり多く、「着実さ」という重要な一点において一致するからこそ、うまく仕事ができるという部分が非常に多い組み合わせと言えるでしょう。 一方、うまく出し抜く形になってしまう子年に対して、丑年からの不満が溜まってしまうという懸念があるのも事実ですので、うまくコミュニケーションを取っていきたいものです。 子年 ね年・ねずみ年)の2020年運勢 2020年は、子年生まれにとって人生の絶頂期ともいえる一年になりそうです。 「したたかさ」と「粘り強さ」が成功をつかみ取るための重要なポイント。 昨年までは縁の下の力持ちに徹することが多かった子年ですが、2020年は積み重ねてきたことが実を結ぶ年になります。 そもそも子年は温厚で人当たりの良い人物です。 あれこれ頼みごとをされることも少なくありません。 いつも辛抱強く仕事を引き受けているのに、表舞台で称えられるのは別の人、ということもしばしば。 ところが2020年の子年の運勢は、大きなステージの主人公となるにふさわしいと告げています。 これまで培ってきた人脈や粘り強く取り組んできたことが子年に追い風を吹かせてくれるのです。 多くの人の注目を急に浴びることになるので謙遜してしまうかもしれませんが、したたかに堂々としていましょう。 きっと来年以降にも繋がる結果が生み出せます。 子年の守護神は阿弥陀如来! 子年の守護神は、亥年と同じ『阿弥陀如来』です。 仏の悟りをひらかれたのはお釈迦様です。 阿弥陀様は、お釈迦様を含む十方諸仏(宇宙に存在する数え切れない程の仏さまを指す)の本師(先生)であり王でもあります。 阿弥陀如来の光は、あらゆる人々を照らし(無量光)寿命は限りない(無量寿)とされています。 阿弥陀様がたてられた48の願いの中の一つに阿弥陀様を信じる者は、どんな罪人・悪人でさえ一言『南無阿弥陀仏』と唱えると極楽浄土へと導いてくれるということがあります。 子年のあなたへの阿弥陀様からのご利益は、あなたが亡くなった後に極楽浄土へ導き修行をすれば仏にさせてあげるということです。 信仰のはじめとして初詣を機会として捉え、守護神のいらっしゃる神社仏閣を訪れてみてはいかがでしょう。

次の